インクジェットプリント(Webデザインエディタ及び入稿によるご注文)は、機械により均一にインクを載せる印刷方法です。

インクジェットプリント

カラーTシャツのプリント品質を上げる為に、人体に無害なプリント用薬剤(以下、下処理剤)を使用する必要があります。

当社では、価格を抑え迅速な発送を実現する為に、プリント後の製品洗い(洗濯)を行いませんので、カラー素材を選択された場合には、必ず下処理剤が残った状態でのお届けとなります。
また、迅速にお届けする為に複数の提携工場を利用しており、プリンタのメーカー/機種により適切な下処理剤やインクが異なります。そのため、一部の提携工場でプリントされた製品については、前処理剤が無臭ではない場合があります。

下処理剤/インクを乾燥させる際にある程度匂いも緩和されますが、製品洗い(洗濯)をしてお届けしませんので完全にはなくなりません。お手元に届きました製品は、一度洗濯頂く事で、下処理剤の跡や匂いはなくなりますので、着用前に洗濯されることをお勧めいたします。

下処理剤は人体・製品の品質に影響はありませんのでご安心ください。
ギフトなどでプレゼントにされる際は、下処理剤(シミ・匂い)の影響をなくすために、一度ご自宅で受け取っていただき洗濯後のものをお渡しする事をお勧めいたします。

 

カラープリントの基本的な工程は以下の通りです。詳細な説明はこちら

  1. 印刷面全体に下処理剤を散布
  2. 下処理剤の定着処理
    • 所定の温度・時間で加熱プレスを行います。
  3. 白引きプリント
    • カラーが綺麗に発色するように、下地として白インクで印刷を行います。
  4. 白引き定着処理
    • 所定の温度・時間で加熱プレスを行います。
  5. カラープリント
  6. カラー定着処理
    • 所定の温度・時間で加熱プレスを行います。

※生地が白の場合は、下処理剤が不要となり、工程の1~4がないため、この事象は生じません。

上記でご紹介した工程を踏まえ、濡れたようなあとは、人体に無害なプリント用薬剤(下処理剤)であり、乾いてテカっているように見えるのは、プリントを乾燥し定着させるためにプレスした下処理剤痕です。

下処理剤

目立つようであればご使用頂く前に洗濯することで落とすことができます。

 

多くても3回程の洗濯で完全に落ちますのでご安心ください。お急ぎでしたら湿らせたタオルなどで叩くように洗う事で軽減されます。

インクジェットプリントのインクは熱に弱い特性がございますので、乾燥機のご利用は避けてください。

 

万が一洗っても解消しない場合は弊社までご連絡ください。

このFAQは参考になりましたか

参考にならなかった

ご利用ありがとうございました


今すぐオリジナルTシャツを作ってみる

お問い合わせ窓口から相談する


お問い合わせ窓口

カテゴリーから探す