オリジナルキャップ・ハット

0d37ea115e8d54fe9856f21731ed4ae1f26c175a44926f3ea0373bd9c9aef0c1

あなた好みのオリジナルキャップ・ハットをプリントしよう!デザイン作成も簡単♪

TMIXなら、高品質なオリジナルキャップ・ハットを1点からデザインを作成してプリントできます。目的や好みのデザインに応じ、豊富なカラーからお選び頂けます!スポーツやプライベートはもちろん、販促・物販用、ノベルティとしても大人気です! オリジナルTシャツプリントなら、デザインエディタ利用満足度No.1のTMIXにお任せください!

このカテゴリ「オリジナルキャップ・ハット」の商品は、あわせ買い割引30%OFFが適用できます!
詳しくは、あわせ買い割引のページをご確認ください。



キャップ・ハット人気ランキング!

オリジナルキャップ・ハット│全4種

全品、アイテム+プリント代込み!魅力的なオリジナルキャップ・ハットが1枚(個)から簡単に作れます♪
10枚(個)以上なら、どんな商品やカラー・サイズの組み合わせでも最大半額になる「ドンドン割」で更にお得に購入できます!
シルクスクリーンプリントはドンドン割対象外です。


カラー

メッシュキャップ

豊富なカラーがうれしい39色展開のイベントなどに最適なメッシュ素材のキャップです。

定価(アイテム+プリント代込)
片面:¥2,280(税込¥2,508)
フルカラー(インクジェット)プリント代込最安
片面:¥1,140(税込¥1,254)

ナイロンバケットハット

程よい深さの円筒型クラウンと顔のラインがスッキリ綺麗に見える絶妙な角度と大きさが特徴。ブラックとネイビーの全2色。

定価(アイテム+プリント代込)
片面:¥3,980(税込¥4,378)
フルカラー(インクジェット)プリント代込最安
片面:¥1,990(税込¥2,189)

ハニカムエアーキャップ

軽くて涼しいハニカムエアーキャップ! スポーツシーンにおすすめ♪

アクティブドライキャップ

UVカット機能搭載のドライキャップ! スポーツシーンで大活躍すること間違いなし♪

オリジナルキャップ・ハットをご購入頂いたお客様のプリント作成事例

2021年10月26日 現在 :2 件


プリント作成事例をみる >
ツーリングで、ヘルメットを取った時に被ろうと作ってみましたが、思った以上の出来で満足してます。 コロナのおかげで、まだ使うシーンになってないですが、騒動が落ち着くのが楽しみですね。
お店のスタッフ様に店の名前を入れたキャップを試しに1個だけ作ってみました。こういったものは通常最低ロットがあって数十個から作成可能、というイメージでしたがこちらのサイトでは1個からキャップが作成できたので、試しに作成。品質は問題なかったので、次はスタッフの意見を取り入れたデザインで5〜6個正式に作ろうと思います。
お客様のプリント作成事例(口コミ/レビュー/評判)

オリジナルキャップを激安価格で手頃に作るには?

オリジナルキャップを作りたいけど少しでも価格を抑えたい、でも安っぽいオリジナルキャップは作りたくはないと思ってはいないでしょか。 そこで、オリジナルキャップの価格が決まるポイントを解説していきます。大体が下記の要素で価格が決まってきます。大事だと思うポイントには予算をかけ、こだわっていないポイントで価格を抑えるのが最も賢く、満足のいくオリジナルキャップを作ることができます。

オリジナルキャップの価格を決めるポイント

1.キャップ、ハットの生地

オリジナルキャップの元となるキャップ、ハットの生地の使用量よって価格が変わってきます。生地の使用量が少ないメッシュキャップの方が価格が少し安くなります。ツバが360°囲う形となるハットは使用する生地の量が多いため価格が高くなる傾向です。そのため、生地の使用量が少ないキャップを選ぶと価格が抑えられます。

2.印刷する面積

オリジナルキャップにプリントする面積によっても価格は変わってきます。一般的にはプリントする面積が大きいほど価格が高くなり、プリントする面積が小さくなればその分価格は抑えられます。TMIXのオリジナルキャップの場合、印刷範囲がありますが、それぞれ印刷可能な範囲いっぱいにデザインをしても面積が大きくなることによって料金が上がることはありません。

3.プリントする色数

オリジナルキャップにプリントする色数によって価格が変わってきます。一般的に色数が多いほど価格が高くなり、色数が少ないほどその分価格が抑えられます。TMIXのオリジナルキャップは何色使っても、高解像度の写真を使っても価格は一切変わりません。

4.制作する点数

オリジナルキャップは、制作する点数が多いほど1点あたりの価格が下がります。TMIXでは商品やデザインがバラバラでも、10点から割引が適用されるドンドン割は、最大50%OFFの割引が適用され大変お得となっております。また、購入点数が10点未満でもTシャツやパーカーなどと一緒に購入いただければオリジナルキャップが30%割引で購入できるとってもお得な割引制度「あわせ買い割引」がございます。
※カートの商品数が10点以上の場合は、ドンドン割が適用されます。あわせ買い割引は、9個以下の場合に適用されます。

キャップ・帽子の種類と特徴

ベースボールキャップ

ベースボールキャップは「野球帽」、「ベースボールハット」とも呼ばれ、頭の形状に沿った半球形のトップの前方にツバがついた形をしているのが基本です。
素材は自然素材から化学繊維までさまざまで、後方にサイズ調整用のアジャスターやベルトなどがついているものもあります。 アメリカの野球チームが日光から選手の目を守るために作成したものが最初だと言われていますが、現在ではファッションアイテムのひとつとして幅広い世代から人気を集めています。

メッシュキャップ

半球形にツバのついたベースボールキャップのような形で、頭部の横面と背面に網状のメッシュ素材が使われているのがメッシュキャップです。
ベースボールキャップと同様、背面にはアジャスターやマジックテープなどが配置されてサイズを調節できるものもあります。
通気性が良いため児童のスポーツ用として使われるほか、デザインやかぶり方によっては大人がオシャレに使えるカジュアルアイテムにもなります。 特に夏場に人気が高くなるキャップです。

マリンキャップ

マリンキャップは「フィッシャーマンキャップ」とも呼ばれ、漁師や水兵といった海で働く人たちがかぶっていた帽子が元になっていると言われています。
形としては警察官がかぶる警帽や学生帽に似ていて、平らなトップに小さなツバが特徴です。
シンプルなものからデザイン性のあるものまでさまざまですが、男性がかぶったときにはそのワーク感のある雰囲気から武骨なイメージになり、反対に女性がかぶるとマニッシュで中性的なイメージになります。

ワークキャップ

ワークキャップは、もともと鉄道作業員が使っていた「レールキャップ」と呼ばれる帽子が元になっていると言われています。 現在ではフランスのシャルル・ド・ゴールが使っていたとされる「ドゴールワークキャップ」と、技術者用の帽子がベースになった「エンジニアキャップ」と呼ばれる二種類があります。
どちらも頭部をおさめるトップの部分に短いツバがついていますが、ドゴールワークキャップは平たい円柱形、エンジニアキャップはトップにふくらみがあり横に数か所のタックが入っているのが特徴です。

フライトキャップ

飛行機のパイロットが使っていた帽子が元になっているのがフライトキャップです。 半球形のトップに錣(しころ)と呼ばれるボアやファーでできた耳当てがついているのが基本で、「トラッパー」や「パイロットキャップ」などと呼ばれることもあります。
デザインによってはツバがついているものもあり、防寒性や防風性が高いためバイクを運転するときにもよく使われます。 ファッションアイテムとして使う場合は秋から冬にかけて、寒くなってきた時期にかぶるのにぴったりです。

ニット帽

糸を編んで作られた生地をニットと言いますが、そのニットを使って作られた帽子がニットキャップです。 どのタイプのニットキャップも頭の形に添う半球形がベースになりますが、そのまますっぽりとかぶるタイプを「ビーニー」、すそを折り返してかぶるタイプを「ワッチキャップ」と呼びます。
ほかにも頭頂部にポンポンのついた「正ちゃん帽」や、シンプルなニットキャップにツバがついた「オスロキャップ」などさまざまなデザインがあります。

ベレー帽

ベレー帽はウールのフェルトなどの柔らかい素材を用いて作られたツバやふちのない帽子のことで、丸く平たい形をしているのが特徴です。
もともとは15世紀から16世紀ごろ、フランスとスペインの国境にあたるバスク地方で生まれたものだとされています。 現在販売されているベレー帽には、大きく分けると頭頂部にチョボ(つまみのような飾り)のある「バスクベレー」と、チョボがなくふちにパイピングなどの飾りがほどこされている「ミリタリーベレー」の二種類があります。

中折れ帽

「クラウン」と呼ばれる頭頂部の真ん中を縦に折るようにしてかぶるツバつきの帽子を「中折れ帽」と言います。 フェルトでできている場合が多いことから「ソフトフェルトハット」や、略して「ソフトハット」、「ソフト帽」、そのほか単に「ソフト」などと呼ばれることもあります。
真ん中に折れ目があるため、正面から見るとトップの部分がM字型になっているのが特徴です。 ツバとトップの境目にリボンが巻いてあることもあり、男女問わずシックなファッションによく合います。

ストローハット

ストローとは英語で麦わらを指し、日本語で言うと「麦わら帽子」に当たるのがストローハットです。
ただ麦わら帽子と言ったときには、カンカン帽など天然の草を素材として使った帽子全般を指す場合もありますが、ストローハットと呼ぶときはトップ部分が頭の形に添う半球形で幅広のツバがある帽子のことだけを言うパターンが多くなります。
通気性が良いため夏用の帽子としては定番で、老若男女を問わないカジュアルなファッションアイテムとして人気です。

カンカン帽

麦わら帽子の一種で、水兵や船乗りのための帽子が元になっていると言われているのがカンカン帽です。 もともとは水による劣化を防ぐために硬く編んだ麦わらを使っていましたが、現在ではファッション小物として使われることが多いためそのような特徴は見られません。
高さ10cm程度の円筒形のトップに短いツバがついていることが多く、トップとツバの間にはリボンなどで装飾がほどこされているデザインが一般的です。
男性向けの帽子として作られたカンカン帽ですが、現在では女性向けの夏用帽子の定番になっています。

パナマハット

パナマハットはトキヤ草(パナマ草)という植物を使って作られる帽子のことを指します。 ストローハットと同じく天然草を使って作られますが、原材料が麦わらではないため区別されています。
主にエクアドルで作られており、比較的高価であることからファッションを格上げする目的で使われることが多いアイテムです。 大きな特徴は、中折れ帽のように正面から見たときにトップがM字でツバのあるデザインになっていることです。 遮熱性や耐久性にすぐれており、機能面でも充実しています。

バケットハット

バケツを伏せたような台形のフォルムに、短めのツバがついた帽子がバケットハットです。 似たような帽子には地面と平行についた長めのツバが特徴的な「サファリハット」や、頭頂部が丸くなったデザインの「メトロハット」などがあります。
素材はコットンなどの柔らかいものが使われるのが一般的で、ストリート系ファッションやレディース向けの外しアイテムとしても人気があります。 また、撥水性などの機能を持たせたものはスポーツ観戦やアウトドアなどさまざまなシーンで使われています。

キャスケット

キャスケットは狩猟などの際に使われる「ハンチング」と呼ばれる帽子の一種です。 2~8枚はぎ(偶数のみ)で作られたふっくらと丸みのあるトップに短いツバがついたデザインがほとんどで、頭頂部にボタンなどの飾りがついていることもあります。
兜を意味する「カスク」というフランス語がもとになっているとおり、フランスで人気のある帽子です。 欧米ではハンチングと明確な区別はありませんが、日本では違うものだとされています。

ハンチング

日本では「鳥打ち帽」と呼ばれるとおり、もともとは19世紀中ごろのイギリスで狩猟用として使われていた帽子です。 上から見ると短いツバとトップ部分が一体化したような楕円形のデザインになっているのが特徴で、「ハンチングキャップ」や「ハンチングベレー」とも言われています。
縦に細長いデザインの「モナコハンチング」や円形でベレー帽に近い形をした「プロムナード」、トップにボリュームを持たせた「キャスケット」などもハンチングの一種です。

キャップとハットの違い

「キャップ」と「ハット」はどちらも帽子のことですが、日本の日常生活で使われるときには区別されることが多くなっています。 最も簡単な見分け方はブリムと呼ばれるツバの形です。
一般的にキャップはツバがないかバイザーと呼ばれる前面だけのツバがあるものを言い、ハットはクラウン(頭を入れるトップの部分)のまわりにぐるりと一周ツバのある帽子を指します。
キャップに含まれるのは、ベースボールキャップやマリンキャップ、ワークキャップなどのほか、ツバの短いハンチング、キャスケット、ツバのないニット帽やベレー帽などです。
これらはスポーツや仕事、趣味などの際にかぶることを想定して作られているものが多く、ほとんどの場合ツバは日よけの目的でつけられています。
日本で単にハットと言ったときには中折れ帽を指すことがほとんどですが、カンカン帽などのストローハット、テンガロンハットやシルクハットなども含まれます。
基本的にキャップはカジュアルなファッションに、ハットは素材によって変わるもののシックな装いや上品なスタイルに合うと考えておくと良いでしょう。
英語でハットと言った場合にはキャップを含めた帽子全般を指しますので、海外で使う場合には注意が必要です。

似合うキャップ・帽子の選び方

似合う帽子を選ぶ時に基本になるのは顔の形です。 どの帽子が似合うか分からない時は、まずは自分の顔のラインに合うものを把握しておきましょう。 顔の形に合うものがある程度分かったら、ファッションやその日の気分に合わせて選ぶようにすると失敗しにくくなります。

①丸顔の人

小ぶりでふんわりとしたものや縦長のものが特に適しています。 ベレー帽やニット帽、ベースボールキャップなどで全体に縦長のシルエットを出すとバランスが良くなります。

②面長の人

面長さんは横長の帽子で全体にまとまりを作るのがおすすめです。 縦が短いタイプのカンカン帽やハンチング、ツバ広の帽子などの全体に平たいものが合います。

③四角顔・ベース顔の人

ボリューム感のあるデザインや目を引くデザインの帽子が似合うのがこの顔型の人です。 中折れ帽や大きめのワークキャップのほか、コサージュなどのアクセントがついたデザインのものを選んでみましょう。

④逆三角形顔の人

小ぶりで頭に沿う形の帽子が似合いますが、特にトップの形が丸いものや細長いものがぴったりです。 ベースボールキャップやキャスケットなどの幅の主張が少ないデザインや、ボリュームの少ないニット帽なども似合います。

型くずれしないキャップ・帽子の洗い方

キャップや帽子を型崩れさせずに洗いたいときは、以下のような手順で行いましょう。

①洗濯表示と素材、色落ちしないかどうかを確認する

最初に帽子についている洗濯表示タグを確認して、家庭洗濯可能のマークがあれば手洗いができますし、クリーニング可のマークがあればクリーニングに出すことになります。
洗濯表示がない場合、麦わらなどの植物素材や皮革・フェルト・ファーなどの動物性素材のほか、麻や合皮などは洗濯ができません。 それ以外の素材は基本的に洗えますが、洗濯前に目立たない部分に洗剤を少量つけ、白い布で拭いて色落ちがあるときは避けたほうが良いでしょう。

②帽子を洗う

汗止めなどの肌が当たる部分は、あらかじめ洗剤を直接つけて柔らかい歯ブラシなどでこすっておくと汚れが落ちやすくなります。 帽子がすっぽり入る洗面器やバケツなどにぬるま湯を入れ、おしゃれ着用洗剤または中性洗剤を溶かしておきます。 帽子を入れたら繊維のすき間に水を通すようにして押し洗いしましょう。
何回か繰り返したら液を捨ててぬるま湯に変え、また押し洗いして新しいぬるま湯を入れます。 2~3回繰り返せばすすぎが完了します。

③乾かす

バスタオルなどを帽子に押し当てて水分を取り、ざるなどに帽子をかぶせて風通しのよい日陰で平干しをします。

正しいキャップ・帽子の保管方法

キャップや帽子を長く使いたいときは以下のような方法で正しく保管しましょう。

①帽子箱に入れる

特にツバの広い中折れ帽などは、そのままにしておくと変形してしまうことが多くなりますので、帽子箱に入れて保管するのがベストです。
またウールなどの天然繊維は虫害を受けやすくなりますので、防虫剤を入れておきましょう。 さらに風通しの良い場所に置くことで、カビを防ぐことができます。

②壁にかけて収納する

ベースボールキャップなどの形を保つことができる帽子なら、壁につけたフックにかけて収納する方法もあります。 かけ外しがしやすく、「帽子を頻繁に使うが持っている数はそれほど多くない」という人におすすめです。
最近では穴の小さな押しピンなども販売されていますが、賃貸などで壁に穴をあけられない場合はドアに引っかけるタイプのフックなどでも代用できます。

③ワイヤーラックや箱に入れて収納する

専用の帽子箱を使わなくても、簡単な箱やワイヤーラックなどに入れて収納することも可能です。 型崩れの心配がないニット帽はこの方法が向いています。
ワイヤーラックに入れると中に何があるのかひと目で分かりますので、出し入れがしやすいというメリットもあります。

風でキャップ・帽子が飛ばないようにする方法

風の強い日にキャップや帽子をかぶりたいときは、あらかじめ以下のような対策をしておくのがおすすめです。

①サイズを調整してぴったりにしておく

キャップの中には、後部についたアジャスター等によってサイズを調整できるものがあります。
ハットでも内側に汗止め用のリボンなどがわたしてあるものは、その中にサイズ調整テープを挟みこんだりリボンに直接貼り付けたりすることで調節が可能です。

②ヘアピンやコームをつけておく

髪の長い方なら、帽子に2か所ほどヘアピンやコームをつけておいて髪に留める方法もあります。
コームの場合は風への耐性は高くなるものの、帽子に穴をあけなくてはならないこともありますのでよく検討してから行うようにしましょう。

③外側からリボンで締める

ハットのようにツバの広い帽子であれば、トップの下辺付近にぐるりとリボンを巻いて結んでしまう方法も使えます。
このときリボンをぎゅっと結ぶことで風対策になりますが、素材によっては型崩れしてしまうこともありますので注意が必要です。

④帽子クリップを使う

帽子のツバと襟元を専用のクリップで止める方法も風対策になりますが、使える帽子や洋服が限られてしまうという難点があります。 自分のスタイルに合う場合には取り入れても良いでしょう。

オリジナルキャップのプリント手法

インクジェットプリント

C(Cyan:シアン)M(Magenta:マゼンタ)Y(Yellow:イエロー)K(ブラック)と、下地用のホワイトインクで色を表現するプリント方法です。 高解像度の写真などの複雑なデザインでも鮮明に再現することができます。 大量生産に使用する版の製作やインクの調合といった余分な作業やコストがかからないので、1点から色数無制限のフルカラーでお得にプリントができ、さらに通常3営業日発送が可能です。 通常TMIXのデザインエディタからデザインしご注文いただくと、このインクジェットプリントが適用されます。

オリジナル刺繍

お客様がご用意したお店のロゴ、会社のロゴ、チームのロゴ、オリジナルキャラクターなどのロゴやお名前などをオリジナル刺繍で作れるサービスです。 長年の実績で培われた技術力と丁寧な刺繍加工で高品質なオリジナル刺繍をご提供いたします。 文字の刺繍は弊社指定の書体(47種類)、大きさ、全46色の刺繍糸からお選びいただけます。ロゴの刺繍は平面の綺麗な画像データ(JPG、PNG、GIF)さえあれば作成可能です。 オリジナル刺繍は30枚以上ご注文の方限定となります。ご希望のお客様はこちらからお申し込みをお願いします。

お客様のオリジナルキャップ・ハット ご注文デザイン制作事例

「オフィスBigboy様」のオリジナルキャップデザイン

「オフィスBigboy様」のオリジナルキャップデザイン

「オフィスBigboy様」のオリジナルキャップデザイン制作事例です。

「ShotBar 2BEAT様」のオリジナルキャップデザイン

「ShotBar 2BEAT様」のオリジナルキャップデザイン

「ShotBar 2BEAT様」のオリジナルキャップデザイン制作事例です。

「GMDCグレートマリンダイバーズクラブ様」のオリジナルキャップデザイン

「GMDCグレートマリンダイバーズクラブ様」のオリジナルキャップデザイン

「GMDCグレートマリンダイバーズクラブ様」のオリジナルキャップデザイン制作事例です。

「BITTE」デザインのオリジナルキャップ

「BITTE」デザインのオリジナルキャップ

「BITTE」デザインのオリジナルキャップお客様制作事例です。

オリジナルキャップ・ハットのプリントについて

オリジナルキャップ・ハットに関するよくある質問

オリジナルキャップ・ハットが欲しいのですが、1枚だけでも注文出来ますか?
もちろんです!TMIXのデザインエディタを使えば、簡単に写真やテキストをデザインしてご注文頂けます。オリジナルTシャツ一覧を見る。
詳しい作り方はこちらをご覧ください。デザインが苦手な方は、デザインテンプレートや、プロのデザイナーが無料でデザインしてくれるデザインサポートがご利用いただけます。
オリジナルキャップ・ハットの価格は1枚いくら位ですか? 色数が増えると高くなるんですか?
TMIXでは、色数無制限のプリント(インクジェット)代+ボディ代込みの価格で提供しておりますので色数が増えてもお値段は上がりません。また、10枚以上のご注文でどんなデザインでも、どんな商品の組み合わせでも割引(最大半額)になるドンドン割というお得なサービスをご用意しております。
週末のイベントに使いたいのですが、オリジナルキャップ・ハットは注文してからどのくらいで届きますか?
即日対象の商品ですと、当日の午前9時までにご注文いただければ、その日のうちに発送致します。その他の通常商品は、ご注文完了後(決済済み)3営業日で発送致します(※一部対象外)。詳しくは、商品のお届け(納期)についてのページをご覧ください。
オリジナルキャップ・ハットの送料はいくらかかりますか?
お支払い方法に「銀行振込」、「クレジットカード決済」をご利用いただいた場合、1枚からでも、全国一律で送料無料(¥0)となります。その他、コンビニ払いなどをご利用頂いた場合は、全国一律490円(税込539円) となります。お支払い方法につきましては、お支払い方法についてのページをご覧ください。
学割、クラスTシャツ割引はありますか?
文化祭や体育祭でのクラスTシャツや部活・サークルでのご利用を想定し学割をご用意しております。20枚以上ご注文予定の学生様、または学生の保護者様や学校関係者様限定ですが、クラスTシャツページにて学校名を入力いただくと、全商品35%OFFで購入できるクーポンを発行しております。ぜひご利用ください。

オリジナルキャップ・ハットに関する記事


オリジナルキャップ・ハットが、何色プリントしてもお値段一律のシンプル価格

TMIX(ティーミックス)では、キャップ・ハットなどのアイテムにオリジナルデザインのプリント代を含めたコミコミ価格で提供しています。また、他社の場合色数を増やしたり、1枚1枚異なるデザインでオリジナルTシャツを作成、プリントするとその分料金が高くなりますが、TMIXならどんなデザインでも、フルカラーでも版代・インク代などの追加料金はかかりません!

どんなオリジナルデザインでもフルカラーでも一律のシンプル価格

オリジナルキャップ・ハット 10枚(個)以上でドンドン割引!ボリュームディスカウント

商品やデザイン・プリントがバラバラでも大丈夫!どんな組み合わせのご注文でも10枚(個)からドンドン割が適用されます。割引率は最大50%!買えば買うほどお安くなります。(※シルクスクリーンプリントは対象外)

最大50%OFF!ドンドン割

学生(教職員)の方には、断然おトクな学割ありのクラスTシャツがおすすめ!!

【後払いOK】オリジナルのクラスTシャツやサークル活動のTシャツを激安でプリント購入できる、35%OFFクーポンをGet♪

学割 クラスTシャツやサークル活動のTシャツをお得にプリント購入できる、学割クーポンをGet♪

オリジナルキャップ・ハットも同デザイン1〜3色プリントの大量注文でもっとお得に!

同じデザインであれば、さらにお安く制作できる場合があります。まずはお見積(ご相談)ください。

最大50%OFF!ドンドン割

あわせ買いで計9点以内の購入時 30%割引が適用されます!

オリジナルキャップ・ハットは、Tシャツパーカーポロシャツスウェット商品とのあわせ買い(同時購入)で30%の割引が適用されます。ただし、カートに追加したアイテムの数が計10点以上の場合はボリュームディスカウントであるドンドン割が適用され、同時適用はされません。あわせ買い対象アイテムの一覧とあわせ買い割引の詳細はこちら

あわせ買い割引対象!9枚以下の購入時30%割引を適用できます

オリジナルキャップ・ハットをWEBでデザイン作成してプリントしよう!

オリジナルキャップ・ハットをWEBでデザイン作成してプリントできるTMIXは、目的やデザインから│全4種種類のキャップ・ハットを選ぶことができます。
全商品1枚からオリジナルでプリント可能ですので、団体様以外にも、ご自身やご友人と着用される用、プレゼントとしてもご利用頂けます。

スポーツ、ライブ、プレゼント、アルバイトスタッフ、イベント、クラスTシャツなど、様々なシーンで活躍するオリジナルキャップ・ハットをTMIXでぜひデザイン作成してプリントしてみてください!

商品カテゴリ


オリジナルTシャツTMIXの運営会社概要

会社名オリジナルラボ株式会社
役員代表取締役 椛島誠一郎
取締役 宮本好雄
取締役 宮本米蔵
所在地〒151-0053
東京都渋谷区代々木1丁目30-15 天翔代々木ビル203号室
資本金等1億448万円(2018年4月末時点)
設立2007年5月7日
ホームページオリジナルラボコーポレートサイト

オリジナルTシャツプリントTMIX(ティーミックス)は、東京都渋谷区にオフィスがございます。現在、ショールームは停止しているため、オフィスにお越し頂くことはできません。
ご相談はWeb上のお問い合わせフォーム、またはお電話にてお願いいたします。

電話でお問い合わせ: 050-5808-8356(全日6:00〜24:00)
ご注文前専用の番号です。既にご注文いただいており、ご注文内容の確認や変更のご連絡はお電話では承ることができません。必ずお問い合わせフォームにてご連絡をお願いします。

bx_loader
オリジナルアイテム
発送予定日
通常
----(--)
\即日対応商品なら/
即日
----(--)
\使う色数が少なければお得に/無料お見積り
\悩んでいる方はこちら!/かんたん制作診断
法人、団体、30枚以上ご注文のお客様へ 個別見積もり対応OEM承ります!close