オリジナルTシャツの印刷に使われる3つのプリント方法(インクジェット、シルクスクリーン、昇華転写)

オリジナルTシャツの印刷に使われる3つのプリント方法(インクジェット、シルクスクリーン、昇華転写)

オリジナルTシャツを作る際には、印刷方法を知っておくといいでしょう。実は印刷方法は1つではありません。 主に使用されるのがインクジェット、シルクスクリーン、昇華転写の3種類。

それぞれにメリット・デメリットがあり、印刷方法によってデザインを変更できると完璧です!

今回は3種類の印刷方法について解説します。この記事を読むことで、あなたにピッタリの印刷方法を選択できるはずです。

目次

インクジェットプリント

インクジェットプリント

インクジェットプリントとは、デジタルデータをそのままTシャツの生地に印刷する方法です。圧力や熱を加えてインクを微粒子にした後、直接生地に噴きつけます。

インクジェットプリントは、1枚からフルカラープリントできるのが最大の特徴。そのため、TMIXでは、ほぼすべてのアイテムに対応しています。

メリット1:高い再現性

色を直接噴きつけるので、インクジェットは色やデザインの再現度が非常に優れています。複雑なデザインはもちろん、フルカラーの写真や複雑なイラストなども高いクオリティーで仕上げることができます。

メリット2:何色使っても値段は同じ

通常の印刷では、色ごとに版を作ります。つまり、色を使えば使うほど、版の数が多くなり値段が高くなるというわけです。しかし、インクジェットプリントでは版を作る必要がありません。
そのため、白いTシャツはもちろん、黒やネイビー、赤などの濃色のTシャツやポロシャツなどの生地へのプリントも可能です。濃色のTシャツへプリントする場合は、白インクを下地に使うことによりしっかりと色が再現されます。

デメリット:同じデザインの大量生産には向いていない

インクジェットプリントは1枚だけのデザインや1枚づつ異なるデザインの印刷には向いていますが、同じデザインを大量生産する場合にはおすすめしていません。
インクジェットには様々な色のインクカートリッジが搭載されています。しかし、1つのインクカートリッジの容量は大きくありません。数枚程度の印刷ならば問題ありませんが、大量の印刷となるとカートリッジの交換頻度が多くなり、結果的にコストがかかるためです。

インクジェットプリントが向いている方

  • 少数のオリジナルTシャツを作りたい
  • 色やデザインの再現性を重視している

【TMIX対応商品】

全商品(即日ドライTシャツを除く)

半袖Tシャツ

半袖Tシャツ

大人気の半袖Tシャツは豊富な種類を取り揃えています。
定番Tシャツはもちろん、スポーツシーンに欠かせないスポーツドライTシャツドライメッシュTシャツスリムTシャツ、そしてアメリカン風のヘビーウェイトTシャツなどなど。種類は全10種類! あなたのお気に入りのTシャツが必ず見つかるでしょう。

ポロシャツ

ポロTシャツ

ありとあらゆるシーンで活躍するポロシャツは全4種類ご用意しています。
オススメは、しっかりとした生地で色数、サイズ展開も豊富な定番ポロシャツ。他にもスマートな見た目のライトポロシャツ、抜群の通気性を実現したライトドライポロシャツ、そして袖口と衿に入った2本のラインが格好いいラインポロシャツがあります。

長袖Tシャツ、七分丈Tシャツ、ラグラン長袖Tシャツ

長袖Tシャツ

年じゅう活躍すること間違いありません。 定番ロングTシャツ(長袖Tシャツ)は、何枚持っていても困るアイテムではありませんよね。人気のラグラン長袖Tシャツは野球などのチームTシャツで大活躍します!

スウェット(トレーナー)

スウェット

厚くて暖かい定番スウェットと薄くて軽いフィットライトスウェットをご用意しています。着回し抜群で、秋から春にかけて大活躍します。

パーカー

パーカー

定番のパーカーからジップパーカーまで、全7種類ご用意しています。種類によって、厚さや暖かさが異なるので、あなたにピッタリのタイプのパーカーを見つけてください!

ベビー服

ベビーTシャツ

愛するわが子のためにも、出産祝いとしてもベビー服は喜ばれます。親子でベビーTシャツを作ってもいいですし、何かと便利なロンパスもあります。

キャンバスポーチ、カラートートバック

カラートートバッグ

カラートートバックは、使いやすい3種類のサイズをご用意。また、TMIXイチオシのキャンバスポーチは、旅行や日常に大活躍間違いなし!

エプロン

定番エプロン

プレゼントに大人気の定番エプロン。オリジナルエプロンを着用して、料理をより楽しく美味しくしましょう!

タオル

マフラータオル

吸水性に優れた、ハンドタオル、フェイスタオル、スポーツタオル、バスタオルをご用意。ノベルティやプレゼントなどのオリジナルタオル作りに最適♪

シルクスクリーンプリント

シルクスクリーンプリント

昔からある定番の印刷方法がシルクスクリーンプリント。穴の開いた版を作り、インクを流して印刷していきます。定番なだけあり、一般的にお店で販売されている洋服やイベントグッズなどはシルクスクリーンプリントで製作されたものが多いです。

メリット1:大量生産するほど安い

大量生産するほど安い

企業イベントや学校のイベントなどでオリジナルTシャツを大量製作しなければいけない人は多いでしょう。そんな方にピッタリなのがシルクスクリーンプリント。
一度版ができてしまえば、同じデザインである限り何百枚と製作できます。作れば作るほど、1枚当たりの値段がお手ごろになるのがシルクスクリーンプリントです。

メリット2:アパレル商品のような美しい仕上がりに

アパレル商品のような美しい仕上がりに

アパレルメーカーが採用しているプリント方法だけあり、シルクスクリーンプリントは素晴らしい仕上りです。特に注目したいのは、インクが生地深くまで沈まないこと。そのため、濃い色の生地に薄い色をプリントしても発色良い仕上がりになります。
また、シルクスクリーンプリントで使用されるインクは色あせにくく、耐久性があります。繰り返し洗濯をしても、剥がれにくい性質を持っています。

デメリット1:色数が多いと割高になる

色数が多いと割高になる

シルクスクリーンプリントは少量はもちろん、色をたくさん(5色以上)使うデザインには向いていません。版は1色ごとに製作されるので、色の数が多いほど版の数も多くなり、コストがかかってしまいます。
少ないカラーデザインを大量製作するためには、最適なプリント方法です。

デメリット2:特殊なデザインは印刷できない

版を使って印刷するという性質のため、シルクスクリーンプリントではグラデーションや半透明化処理などのような特殊なデザインの印刷はできません。

シルクスクリーンプリントが向いている方

  • 同じデザインのアイテムを大量製作したい
  • 1枚当たりのコストを抑えたい

【TMIX対応商品】

お手ごろTシャツ 537円~定番Tシャツ 676円~スポーツドライTシャツ 571円~スリムTシャツ 671円~VネックTシャツ 692円~ラグランTシャツ 768円~ヘビーウェイトTシャツ 810円~ドライメッシュTシャツ 824円~ライトポロシャツ 843円~定番ポロシャツ 971円~ライトドライポロシャツ 839円~ラインポロシャツ 1,063円~フィットライトプルパーカー 1,550円~定番プルパーカー 1,819円~定番ジップパーカー 1,969円~定番ロングTシャツ 906円~定番スウェット 1,490円~ハンドタオル 376円~フェイスタオル 512円~マフラータオル 512円~スポーツタオル 691円~バスタオル 914円~定番エプロン 1,050円~キャンバスポーチ 478円~クラッチバッグ 605円~

昇華転写プリント

昇華転写プリント

昇華転写プリントとは、あらかじめ専用の紙にデザインを印刷して、印刷物を熱で気化して生地にデザインを染めこむ印刷方法のことです。インクジェットと同じく版を使う必要はないので、大量生産よりも少量生産に向いています。

メリット1:発色がとにかく良い

昇華転写プリントの最大の特徴は、デジタルデータに限りなく近い色合いを再現できるということ。特にグラデーションや写真の印刷が得意です。また、色が生地に染み込むため、自然な仕上がりに期待できます。

メリット2:インクのひび割れがない

インクが生地に染み込むため、耐久性が非常に強いです。洗濯してデザインが剥がれることがなければ、プリントにひび割れが現れたり、色落ちしたりすることもありません。

デメリット1:プリントできる生地はポリエステル素材だけ

昇華転写プリントの大きな弱点は、天然素材やナイロン生地のアイテムには印刷できないということ。熱で気化してインクが写るのは100%ポリエステルだけです。そのため、ユニフォームなどに昇華転写プリントは使用されます。
また、濃い色の生地の場合は色が沈んでしまうという問題も。インクジェットはホワイトインクを使用できるので、濃い色の生地でも高いクオリティーの仕上げにできます。しかし、昇華転写プリントはホワイトインクが使えません。そのため、濃い色の生地だとプリントカラーが沈んでしまうのです。こういった理由により、TMIXでは、即日ドライTシャツの白Tシャツのみに昇華転写プリントしております。

デメリット2:アイロンや乾燥機が使えない

昇華転写プリントは熱を利用して生地に印刷します。そのため、アイロンや乾燥機にかけると熱が再び気化して色落ち、もしくは他の衣服へ色写りする可能性があります。
また、使用されるインクが紫外線に弱いため、長時間紫外線に当たると色落ちする可能性があることも覚えておきましょう。

昇華転写プリントが向いている方

  • 少量のアイテム製作したい
  • 写真やグラデーションなどを美しくプリントしたい
  • スポーツ系Tシャツを制作したい

【TMIX対応商品】

オリジナル即日ドライTシャツ 即日ドライTシャツ

即日ドライTシャツは紫外線カットと吸水速乾性を併せ持ったスポーツにオススメのアイテム。軽く薄手ではありますが、透けすぎることもありません。洗ってもしわになりにくいので、アイロンは不要です。

まとめ

今回は、オリジナルTシャツの印刷によく使われる3つのプリント方法をご紹介しました。

オリジナルTシャツを作るときには、製作枚数や使用するプリントの特徴に合わせてデザインを楽しむといいですね。最後に、簡単な比較図を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

インクジェットプリントシルクスクリーンプリント昇華転写プリント
枚数少量向き大量生産向き少量向き
色の数フルカラー対応色の数は少ない方がいいフルカラー対応
対応素材多い多い少ない(ポリエステルのみ)
グラデーションや写真プリントへの対応強い弱い非常に強い

オリジナルTシャツの印刷に使われる3つのプリント方法(インクジェット、シルクスクリーン、昇華転写)に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧