どうやるの?自分でポロシャツの裾を簡単に上げる方法

どうやるの?自分でポロシャツの裾を簡単に上げる方法

デザインや色が気に入って購入したポロシャツ。でも、「実際着たら裾が少し長いので、自分で裾を上げたい!」

そういった経験はありませんか?今回は、ポロシャツを自分で裾上げする方法と、裾上げを業者に依頼する場合の業者の探し方と料金についてご紹介します。

目次

  1. ポロシャツの裾上げの方法 その1:裾上げテープを使う
  2. ポロシャツの裾上げの方法 その2:手縫いもしくはミシン縫い
  3. ポロシャツの裾上げをしてくれる業者の探し方&値段の相場
  4. ポロシャツの裾上げをしてくれるお店
  5. オリジナルポロシャツを作ってみませんか?

ポロシャツの裾上げの方法 その1:裾上げテープを使う

では、まず自分でできる方法を画像つきでご紹介します。画像は、私物の古いポロシャツを使って自分で撮影したものです。いろいろお見苦しいかと思いますが、ご容赦ください。
さて、ポロシャツの裾上げの方法としてもっとも手軽な方法は、裾上げテープを使って裾上げをする方法です。

用意するもの:

  • 裾上げするポロシャツ
  • 伸縮性のある裾上げテープ
  • アイロン

裾上げの方法:

1. 裾上げしたいポロシャツの裾を、上げたい分だけ裏に折り曲げてアイロンでクセをつけます

ポロシャツの裾

2. 折り曲げた裾の中に裾上げテープを入れ、アイロンをあてます。アイロンの設定温度などは裾上げテープの注意書きを参照してください。このとき、生地をひっぱりすぎると形が崩れます。ひっぱりすぎないように注意!

ポイント:

裾上げテープは、伸縮性があるものを選ぶようにしてください。ポロシャツを着るときは、頭からかぶって、裾をぐっと伸ばし広げて着ますよね。伸縮性がないテープを選ぶと、このときぐっと裾が伸びなくなり、ポロシャツが着にくくなってしまいます。

メリット:

テープを貼るだけなので、簡単に、安価でポロシャツを裾上げすることができる。

デメリット:

裾上げテープの種類によっては伸縮性が損なわれ、着られなくなる可能性がある。裾上げテープを貼るときに生地を引っ張りながら貼ってしまうと、形が崩れる。

ポロシャツの裾上げの方法 その2:手縫いもしくはミシン縫い

手縫いもしくはミシンを使って裾上げをする方法もあります。ただし、裾上げテープで行なうとき同様、問題になるのは仕上がり後の伸縮性。着やすいように伸縮性を維持したまま裾上げをするとなると、素人では難しいケースもあります。一度、もう着ないポロシャツなどで練習をしてから裾上げをすることをおすすめします。

用意するもの:

裾上げするポロシャツ縫い針・まち針・しつけ糸・手縫い(ミシン)糸(ニット用のもの。糸の色は裾上げするポロシャツに合わせる)アイロンミシン

裾上げの方法:

1. 裾上げしたいポロシャツの裾を、上げたい分だけ裏に折り曲げてアイロンでクセをつけます(画像略)

2. まち針をつけ、しつけ縫いをします。

 

3. 手縫いもしくはミシンで縫っていきます。手縫いの場合はまつり縫いがおすすめ。ミシンを使用する場合は、ニット生地用の糸や針を使うようにしましょう。画像はまつり縫いをした様子です。わかりやすいよう鮮やかな糸を使っていますが、実際に縫うときには目立たないよう、生地の色に使い色を使ってください。

まつり縫い

この方法のメリット:

縫い付けるので、洗濯をしてもほつれにくい この方法のデメリット: 生地を縫い付けるため、伸縮性が失われる可能性がある ポロシャツの生地はストレッチ性が高いので、特にミシンを使って縫う際にはパッカリングと呼ばれる縫い縮みや歪みが生じやすく、初心者にはおすすめしにくい。

ポロシャツの裾上げをしてくれる業者の探し方&値段の相場

自分でポロシャツの裾上げをする方法をご紹介しました。しかし、自分でするとなるとどうしても失敗したり、納得がいかない仕上がりになったりすることが多々あります。しっぱいなく、納得いく仕上がりでポロシャツの裾上げをしたいなら、リフォーム業者にお願いするのがベター。 ポロシャツの裾上げをしてくれるリフォーム業者の探し方には、次のようなものがあります。

ミシン

インターネットで検索する

「ポロシャツ 着丈 お直し」などのキーワードで検索をかけると、全国規模で展開しているリフォームショップなどが多数見つかります。近くで探したい場合は、これに地元の地名などを加えて検索するといいでしょう 。

ショッピングモールや大型スーパーのテナントをチェックする

ショッピングモールや大型スーパーのテナントにリフォームショップが入っている場合があります。ショッピングモールや大型スーパーによく行く人、近くにショッピングモールや大型スーパーがある人はぜひチェックしてみてください

クリーニング店をチェックする

クリーニング店がリフォームを行っている、あるいはリフォーム業者への取次を行っている場合があります。いつも使っているクリーニング店がある人は、ポロシャツの裾上げができるかどうか確認してみてはいかがでしょうか。

ポロシャツの裾上げの値段はいくら?

リフォーム業者に頼む場合、気になるのが料金。

ポロシャツの裾上げの相場は2,000円前後のようです。各リフォーム業者のサイトに料金表が掲載されているので、それを見て比較するといいでしょう。

ただし、安いからといって遠くのお店を選ぶのはおすすめできません。ポロシャツの裾上げは即日できるとは限らないからです。お預かりして数日後に仕上がりというケースもありますから、また取りに行く手間を考えて、行きやすい便利な場所にあるリフォーム業者を選ぶといいでしょう。

ポロシャツの裾上げをしてくれるお店

実際に探すのは、案外大変だったりするので全国に多数店舗を展開しているリフォーム店をいくつかご紹介します。

全国展開しているリフォーム店

マジックミシン

イオングループの会社で、北海道から沖縄まで店舗があるので買い物ついでにお願いするのが便利です。洋服のお直しの他に、リメイクやバッグ・鞄の修理、クリーニング、メモリアル、通園グッズ、ユニバーサルファッションなど多種多様なサービスを提供しています。

ビッグママ(BIG MAMA)

北海道から中国地方のデパート、パルコやルミネなどのファッションビルを中心に店舗を構えています。また、宅配お直し「ママネット」というサービスが便利で、近くに店舗がない方や忙しくて店舗へ持ち込む余裕がないときに活用できます。

おしゃれ工房

北海道から九州地方の百貨店・駅ビル・ショッピングモールなどに店舗を構えています。お直しやリメイクの他に、革製品のお直しや刃物研ぎなどのサービスも提供しています。

フォルムアイ

お直し一筋47年のフォルムアイは、北海道から九州地方のデパートやファッションビル、ショッピングモールなどに店舗を構えています。リフォーム、リペア、リメイクを中心にサービスを提供しています。

ママのリフォーム

北海道から沖縄までショッピングセンターを中心に全国約300カ所に店舗を構えています。通常のお直しの他にファスナー交換なども行っています。お買い物ついでにご利用される方が多いです。

オリジナルポロシャツを作ってみませんか?

既製品のポロシャツも素敵ですが、世界で1枚だけのオリジナルポロシャツをデザインして着るのがトータル的にみてお得かも知れません。

TMIXのポロシャツは、全4種類。全てのポロシャツで表と裏にフルカラーでプリント出来ます。色数によって価格が変わることがないので安心して作ることが出来ますよ。しかも豊富なサイズを取り揃えているので、裾上げの必要もないかもしれません。ぜひ一度、以下の商品ページを除いて、無料デザインをお試しください。

シンプルイズベスト「定番ポロシャツ」

サイズ:JS〜5L、カラー:16色、プリント代込み¥3,490(税抜)〜

定番ポロシャツ

プリントがすっきり映える、定番のポロシャツ!ジュニアサイズからメンズの大きいサイズ5Lまで11サイズ揃っており、カラーはバリエーション豊かな16色をご用意。幅広い年齢層の方に支持されています。

汗をすぐに吸収して乾かし日焼けを防ぐ「ライトドライポロシャツ」

サイズ:150〜3L、カラー:11色、プリント代込み¥3,990(税抜)〜

抜群の通気性に薄さと軽さをプラスした新しいドライポロシャツ。汗を素早く吸収して乾かすドライ機能と抜群の通気性のメッシュ素材を使用しています。薄くて軽く伸縮性もあるのでスポーツにぴったり!これ1枚で街中でのサイクリングやランニング(ジョギング)、ウォーキングやジムでのトレーニング、ゴルフ、イベントやスタッフ用のユニフォームまで幅広いコーデの着こなしができます。

安いのにイイ「ライトポロシャツ」

サイズ:SS〜3L、カラー:12色、プリント代込み¥2,990 (税抜)〜

ライトポロシャツ

シンプル&カジュアルなタイプで軽量な新定番。軽めの素材を使用し、ポケットがなく、袖口にリブを使用しないスマートなポロシャツでオリジナルポロシャツが作成できます。

スポーティな雰囲気の「ラインポロシャツ」

サイズ:SS〜3L、カラー:14色、プリント代込み¥3,990 (税抜)〜

ラインポロシャツ

衿、袖口に施された2本ラインがおしゃれなポロシャツ!こだわりのオリジナルポロシャツが作れます。

 

どうやるの?自分でポロシャツの裾を簡単に上げる方法に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧