【ファスナーの直し方】「ファスナーが外れた!閉まらない!壊れた!でも修理はお金がかかるからイヤ!」というときの為のファスナー直し方まとめ

【ファスナーの直し方】「ファスナーが外れた!閉まらない!壊れた!でも修理はお金がかかるからイヤ!」というときの為のファスナー直し方まとめ

ファスナーに纏わるこんな経験、一度はありませんか?

「そうだ!この間、買ったばかりのおろしたてのパーカー着ていこう♪ こんな感じのコーディネートで〜 ファスナー閉めてみたらどんな感じかなぁ?(鏡の前でファスナーを閉めようとする)

ん、んん?!このファスナー固い(汗) 閉まらない…

あーーーーーっ!!!(下の方だけハズレてX字状態) 買ったばかりなのに(涙)

でも、修理に出すとお金かかるし、どこにだしたらいいの? 自分で治したいけど、工具とかないし…。
手間暇かけずに簡単に治したい!!!

どうしたらいいの???」

そんなときに、手軽に簡単に出来るファスナーを直し方をお教えします。

目次

知っておきたい、ファスナーの構造とスライダーの仕組み

修理の前に、まずはファスナーの構造と仕組みを理解しましょう。ファスナーには、大きく分けて次の3つの種類があります。

  1. 金属でできている、金属ファスナー(左端)
  2. 樹脂製のビスロンファスナー(真ん中)
  3. コイル状の樹脂でできている、樹脂ファスナー(右端)

Zippers.jpgBy Rabensteiner

よく見かけるのは、ジーンズなど多くの衣類に使われている「金属ファスナー」ですよね。どれも馴染み深い形です。

そしてファスナーの構造は、大きく以下の4つに分かれています。

ファスナーの構造

始点となる「箱」。生地を繋ぎ合わせる「テープ」。テープを繋ぎ合わせる役割の「エレメント」。エレメントを閉じる役割の「スライダー」

ファスナーは、スライダーによって湾曲させて歯車の原理でかみ合って閉じます(上に引き上げる)。逆にスライダーを下に引けば開きます。

ちなみにスライダー部分は、あまり見る機会がないと思いますが、このような構造になっています。ダイヤモンドの用な形をしています。

出典:YKK出典:YKK

知っておくと、どのパーツが問題となって外れているのかが素早く判断出来るようになります。要は、「噛み合ってない」から「外れる」のがファスナーなのです。

【ファスナー 直し方】ファスナーが、外れてしまった場合

よくあるケースが、ファスナーを閉めてもスライダーの下の方が開いてしまい、X字に外れてしまうケース。案外厄介なこのケースに有効な2つの方法をご紹介します。

ラジオペンチを使う直し方

ラジオペンチなら、100均にもあるのでぜひ1つは手元に置いておきましょう。役に立つ機会が度々訪れます。

それでは早速、ラジオペンチを使った直し方を見ていきましょう!

1.下が外れてしまったファスナーです。X字になっていますね、、、。
下が外れてしまったファスナーです

2.ファスナーを裏返すとこんな感じ。
裏返し

3.こんな時に使うのがラジオペンチです!
ラジオペンチ

4.スライダーの左右下部分が開き気味なので、赤丸部分を軽くラジオペンチで押しましょう。力を入れすぎるとスライダーが動かなくなるのですこ~しづつ確認しながら進めてください。
ラジオペンチで押す

5.いい感じになってきましたか?上にぐっとスライドさせて見ましょう!
スライダーを動かしましょう

6.そして、下に動かして下の外れていた部分を閉じていきます。
下を閉じていく

7.どうです?完全にくっつきましたよ。
引っ張っても取れません!引っ張っても取れません!

8.これで修理完了です!お疲れ様でした
これで修理完了です

↓ 動画は、こちらでチェックできます(英語)!

マイナスドライバーを使う直し方

こちらは、生地を噛んでしまったケースです。マイナスドライバーを使って、スライダーから生地を取り外してファスナーを復活させています。

ポイントとしては、スライダーの隙間に生地が破けないように押し入れてゆっくりと外していくことです。くれぐれもヤケになって壊してしまわないように!

動画を見て頂くのが早いので、まずは一度ご覧ください。

【ファスナー 直し方】ファスナーが、噛んでしまった場合

パーカーやジーンズなど、ファスナーが生地を噛んでしまうケースは多いですよね。
ファスナーが噛んでしまった

噛み方が浅い場合

1.噛んでしまった生地を左右にゆっくりと引っ張ります。強く引っ張らないでくださいね!
2.噛んでしまった方向と逆の方向に向かってゆっくりとファスナーを動かします。大抵は、これで外れます。

「生地別」対処法

【柔らかい生地】
柔らかい生地
生地をゆっくりと慎重に横(ファスナーと水平方向)に伸ばすように水平に引っ張ってください。
【硬い生地】
硬い生地

スライダーやエレメントをドライヤーで軽く温めておくと、少し柔らかくなって動かしやすくなります。
定規・マイナスドライバーなど、薄く平べったい、ある程度の硬さがあるものを生地とファスナーの間に挟むと隙間ができるので、そこから生地をゆっくりと取り出してください。

【ファスナー 直し方】ファスナーの滑りが悪い時は

新品のファスナーや長年使ったファスナーは、滑りが悪いときがありますよね。そんなときは、こんな方法で対処しましょう。

リップクリームを塗る

リップクリーム

リップクリームを綿棒などに付けて、エレメント部分に薄く塗りましょう。その後、何度かスライダーを滑らせましょう。
※色が付いたリップクリームは、衣類に色が付く恐れがあるので、なるべく着色料の入っていないものでお試しください。

油を挿す

油
金属のファスナーに効果的な方法です。ミシン油、なければサラダ油を1〜2滴スライダーやエレメントに垂らしましょう。もちろん、KURE 5-56 などの潤滑スプレーを用いてもOKです!そして、何度かスライダーを動かします。

これでファスナーの滑りが滑らかになるはずです!ぜひ、お試しください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これで、ファスナーが外れたときやファスナーに生地が噛んだときも慌てずに対処出来るようになると思います。ポイントは、無理やり力を入れて動かさないこと!何事も力加減は重要なのです。

万が一、ファスナーの修理が難しい場合は、無理せずにリフォーム屋さんなど修理してもらえるところに駆け込みましょう。スライダーだけの交換は1,000円くらい。ファスナー全体の交換となると1箇所2,000円くらいと言われています。ファスナー代と工賃がかかってしまうため少し高額になります。だけど、大切なものや高価なものは修理屋さんにお任せするのが安心です!

まずは、一度ご自身でトライしてみてからでも遅くはありません。

ファスナー付きのパーカーを見る

【ファスナーの直し方】「ファスナーが外れた!閉まらない!壊れた!でも修理はお金がかかるからイヤ!」というときの為のファスナー直し方まとめに属する関連記事

記事のカテゴリ一覧