シワになりにくい、パーカーの正しい洗い方と干し方

シワになりにくい、パーカーの正しい洗い方と干し方パーカーを洗濯したら、シワやヨレがついてしまってくたびれた雰囲気になってしまった。そんな経験をした人もいることでしょう。 せっかく買ったお気に入りのパーカーは、できるだけきれいに、丁寧に着続けたいもの。そこで今回は、パーカーにシワやヨレがつきにくい洗い方と干し方を紹介します。

パーカーを洗濯する前に、まず確認!

まずは、洗濯をする前の準備をします。 洗う前には、パーカーの洗濯表示を確認しましょう。洗濯表示というのは、その衣類に合った洗濯方法を記号で表示したもの。昔からあった記号ですが、平成28年12月1日から記号のデザインが一新されています。旧記号は消費者庁のサイト内「洗濯表示(平成28年11月30日まで)」ページで、新記号は同じく消費者庁のサイト内「新しい洗濯表示」ページなどを参考にして意味を確認してください。 パーカーの洗濯表示 ちなみに、これは私の私物のパーカーの洗濯表示です。記号だけでなく、文章で細かな注意事項が書かれていますね。これを参考に洗います。 また、目立つ汚れがある場合は、洗濯前に下処理をしておくといいでしょう。泥汚れなどがついている場合は液体洗剤を少量つけて、歯ブラシなどで軽くこすって落とします。食べこぼしなどがついている場合は、中性の食器用洗剤をつけて同じく歯ブラシなどでこすったり、つかみ洗いをしておいたりすると落ちやすくなります。

パーカーの正しい洗濯方法とは?

では、いよいよパーカーを洗っていきましょう。洗濯機で洗う方法と手洗いの方法をご紹介します。

パーカーを洗濯機で洗う方法

パーカーを洗濯機で洗うときは、まず、洗濯機内でほかの衣類と絡まったりしないよう、洗濯ネットに入れます。洗濯ネットに入れるときは、以下の3つのポイントを抑えてたたんでからにしてくださいね。
  • ひっかかるのを防ぐため、ファスナーは閉める
  • フードに紐がついている場合は、抜けないように軽く結ぶ
  • 汚れがつきやすい襟・袖・裾が表に出るようにたたむ
ちなみに、私はこのようにしてたたんでいます。 1.背中側を上にして床に置き、フードを裏返して襟が表に出るようにする 2.裾を半分くらい折り上げる 3.袖を折る 4.裾や袖が表になるよう、半分にたたむ こうやると、襟・袖・裾が表に出るようにたためると思います。 洗う前のパーカーの畳み方 たたんだら、洗濯ネットに入れ、洗濯機へ。洗濯表示に合わせて選んだ洗剤・柔軟剤を入れたら、スイッチオン。 なお、スウェット地などの綿を使ったパーカーの場合は、強い水流で洗濯すると水流に揉まれるため、シワやヨレがつきやすくなってしまいます。「おしゃれ着洗いコース」「手洗いコース」などの弱い水流で洗うことができる洗濯であれば、そのコースで洗うようにするといいでしょう。 洗濯コース 脱水もシワやヨレがつく原因になるので、1~2分程度の短時間ですませるのがベターです。

パーカーを手洗いする方法

よりシワやヨレをつけたくない場合は、手洗いするのがおすすめです。洗剤を桶に溶かし(溶かす量は洗剤のパッケージで確認してください)、全体を押し洗い。襟・袖・裾などはつかみ洗いで洗います。 押し洗いとは、パーカー全体を両手で桶の中に押し付け、力を抜いて浮かんできたところをまた両手で押し付けるというのを繰り返す洗い方です(写真は、片手にカメラを持っているため片手で押し洗いをしています)。 パーカーを押し洗い つかみ洗いは手のひらでつかんで離すのを繰り返す洗い方。もんだり引っ張ったりこすったりして洗うのは、シワ・ヨレ・伸びなどの型崩れの原因になるので避けてください。 パーカーをもみ洗い 洗えたら、全体をロール状にして、両手の手のひらで挟んでぐっと押して脱水します。 パーカーを脱水

知ってましたか? パーカーの正しい干し方!

脱水まで済んだら、パーカーを干します。最初に見た洗濯表示では、「日陰のつり干し」という指示のマークがありました。その指示に従い、日陰につり干しすることにします。 パーカーを干すときのポイントは、袖の重みで袖や肩が伸びないようにすることと、フードを乾きやすく広げることの2点です。最近はフードを大きく広げて干せるパーカー用のハンガーもありますが、これだと、袖の伸びは防げません。そこでおすすめなのが、ハンガーを3本使って干す方法です。 パーカーの干し方 このように、パーカー本体と、袖、フードをそれぞれ別のハンガーにひっかけて干します。乾きやすいように、ファスナーは開け、フードもきちんと広げて、風通しのいい場所に干しましょう。また、袖にハンガーのあとをなるべくつけたくない場合は、袖をかけるハンガーにタオルを巻いておくといいでしょう。 きちんと乾かしたいから日向に干したい、という人もいることでしょう。しかし、特に濃い色のパーカーの場合は、日が当たる場所に干すと色あせが起こりやすくなります。そのため、できるかぎり日陰の風通しのいい場所に干しておくことで、色あせを防ぐことをおすすめします。日陰の風通しがいい場所がない場合は、室内干しをして、扇風機や送風機で強めの風を送って乾かすと乾きやすくなります。

プリント付きのパーカーも、この洗い方で長持ち!

パーカーの中には、前面にプリントが入っているものがあります。市販のものもそうですが、たとえばオリジナルプリントでパーカーを作った時もそうですね。学校や会社、趣味の集まりなどでおそろいのオリジナルパーカーを作って持っているという人は決して少なくないでしょう。 オリジナルパーカー このようなプリントパーカーには、洗濯を繰り返しているうちにプリント部分が傷んできてしまうことがよくあります。 できるだけプリント部分の痛みを少なくし、長持ちさせたいなら、今回ご紹介した洗い方をぜひ試してみてください。大切なオリジナルパーカーを、長く大切に着ることができますよ!

シワになりにくい、パーカーの正しい洗い方と干し方に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧