【永久保存版】手間をかけずに簡単にTシャツ(シャツ)の黄ばみを落とす方法

【永久保存版】手間をかけずに簡単にTシャツ(シャツ)の黄ばみを落とす方法

「お気に入りのTシャツ(シャツ)に黄ばみができたからもう着られない!」
「首/脇の下にできた黄ばみが恥ずかしい・・・」

このような悩みをお持ちではありませんか?

首や脇の下にできる頑固な黄ばみですが、実は自宅で簡単に落とせます。必要な道具は、スーパーやコンビニで買えるものだけ。

今回は黄ばみの原因、そして黄ばみを簡単に落とす3つの方法をご紹介したいと思います。クリーニング店に駆け込む前に試す価値がある物ばかりです!ぜひ参考にしてください。

目次

そもそもTシャツ(シャツ)黄ばみの原因とは?

Tシャツ

黄ばみの原因は、ずばり皮脂汚れ。黄ばみができる多くの個所は汗がよく触れる場所です。例えば、Tシャツの襟や脇の下など。洗濯で十分に落とせなかった皮脂汚れが空気中の酸素と結合することで黄ばみが起きてしまいます。

また皮脂汚れのほかに、油汚れや紫外線なども黄ばみの原因となります。気をつけたいのが、洋服の保管。クローゼットやタンスの中は高温多湿です。その中に汚れが付着した洋服を長期間保管することで、黄ばみができてしまうこともありますのでご注意ください!

自宅でできるTシャツ黄ばみの落とし方3選

自宅でできるTシャツ黄ばみの落とし方

ここからは、自宅で簡単にできるTシャツの黄ばみの落とし方3選をご紹介します。どの方法を試すにしても、まずは目立たない箇所でテストしてください。(思わぬ脱色や穴が開く原因ともなります)

1.軽いTシャツ(シャツ)黄ばみは重曹で落とす

重曹

薄い黄ばみは重曹だけで落とせる可能性があります。手順は以下の通り。

【手順】

1.40°程のお湯に重曹をとかす(大さじ2/ 500ml)
2.黄ばみ部分のみを重曹入りのお湯にひたし、1時間待つ
3.1時間後、洗濯機でいつも通り洗う

2.普通のTシャツ黄ばみは漂白剤につけて洗う

漂白剤

重曹で落ちそうにない黄ばみは酸素系漂白剤を使用します。漂白剤の種類は弱酸性とアルカリ性の2種類。アルカリ性の方が効果は高いですが、色落ちや色移りのリスクも高くあります。Tシャツの黄ばみ落としには、必ず弱酸性を使用しましょう。

【必要なもの】

・重曹
・綿棒(歯ブラシなどでも可)
・ドライヤー

【手順】

1.酸素系漂白剤(大さじ1)と重曹(大さじ1)を混ぜる
2.黄ばみ部分をぬるま湯で湿らせる
3.「1」で作ったペーストを綿棒で黄ばみ部分に塗る
4.ドライヤーで10秒ほど加熱
5.通常の洗濯へ

3.頑固なTシャツ(シャツ)黄ばみは自家製漂白剤で落とす!

オキシドール

頑固でしつこい黄ばみは自家製漂白剤を試してみます。

【必要なもの】

・オキシドール
・アンモニア水
・綿棒
・ドライヤー
・ゴム手袋

【手順】

1.漂白剤を作る
漂白剤の作り方はとても簡単。小皿の中にオキシドール少量と5~6滴のアンモニア水を混ぜるだけ。たったこれだけですが、非常に強力な漂白剤の完成です。注意点は2つ。1つ目は、絶対にアンモニアの刺激臭を直接かがないこと。2つ目はゴム手袋を着用することです。

2.衣服の油分を落とす
漂白に取りかかる前に、黄ばみを覆っている油分を落とす必要があります。洗濯石鹸や洗剤で丁寧に該当箇所を洗いましょう。

3.漂白
先ほど作った漂白剤を綿棒につけて、黄ばみに塗ります。漂白剤は強力なので、黄ばみの外側まで塗ってしまうと色落ちの可能性があるので注意しましょう。その後ドライヤーで8~10秒ほど加熱。これを2~3回繰り返します。

黄ばみが落ちたら、綿棒に水をつけて染み抜き部分を流します。そのまま洗濯する場合は、水でゆすぐ必要はありません。

クリーニング店に頼むのもオススメ

クリーニング店

頑固な黄ばみや家庭で洗濯できない衣服はクリーニング店に持っていくのがいいでしょう。Tシャツを新品のような状態に仕上げてくれます。また季節ものの服は、クリーニング店で洗濯してもらってから収納するのがオススメです。

まとめ

Tシャツやシャツにできた頑固な黄ばみは自宅でも簡単に落とせます!

beforeafter

今回、紹介した技は一度覚えておくと何度でも使える一生モノです。もうお気に入りのTシャツにつく黄ばみも怖くありませんね。
またお気に入りの洋服は時々クリーニング店に持っていくといいですよ。汚れが綺麗に落ち、アイロンも綺麗にかけてくれるのは嬉しいですよね。

【永久保存版】手間をかけずに簡単にTシャツ(シャツ)の黄ばみを落とす方法に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧