漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

オリジナルTシャツTシャツ作るならここ!安くて高品質のおすすめサイト10選比較表付

オリジナルTシャツTシャツ作るならここ!安くて高品質のおすすめサイト10選比較表付

「部活やサークルのメンバーTシャツに」

「文化祭の出し物で着るクラスTシャツに」

「会社やイベントの参加者用ノベルティに」

さまざまなシーンで「オリジナルTシャツを作りたい」と思うときは多いのではないでしょうか。そのようなニーズに合わせて、近は自分のデザインを印刷したTシャツを小数部からカンタンに制作できるサービスが増えています。

「Tシャツを作るのにどこの店舗がおすすめなんだろう?」

「はじめてのTシャツ製作は分かりやすいところがいい!」

この記事では、上記のような疑問を持つ人に向けて、オリジナルTシャツを作るときにおすすめの10店舗を厳選しました。利用用途によっておすすめのオリジナルTシャツの店舗が少しずつ変わってくるので、ぜひ自分に合った1店舗を探してみてくださいね。

それでは順番に見ていきましょう。

評価基準の紹介

おすすめのプリント会社を見る前に、まずはこの記事における評価基準をご紹介いたします。今回10社を厳選するにあたり、大切にした評価基準は下記の4点となっております。

デザインがしやすいかどうか

オリジナルTシャツのデザインのしやすさTMIX

1つ目の評価基準はデザインがしやすいかどうかです。オリジナルTシャツを製作するときにもっとも大切なのは、デザインがしやすいかどうか、また入稿方法がわかりやすいかどうかです。とくにはじめてTシャツを製作する人にとっては、デザイン面の依頼が難しいと挫折するきっかけにもなってしまいますので、重点的に考慮しました。

会社によっては、独自のデザインエディタを設けていたり、初心者でもわかりやすい入稿ステップを説明していたりするところもあります。またデザインがはみ出してしまったり、印刷不備になったりしてしまうことを避けるため、店舗独自のテンプレートやデータチェックシステムを設けているかどうかも選考基準にあります。

 

 

利用しやすい価格かどうか

2番目に重視したのは価格帯です。基本的に、Tシャツに限らずオリジナルグッズの製作というものは、製作部数が少なければ少ないほど単価が高くなる傾向にあります。

TMIX(ティーミックス)でも、どんどん割りといって、注文枚数によりなんと最大半額、またプリントする色数を抑え一定の枚数以上の場合に利用できるシルクスクリーンプリントの場合さらに安くなる可能性があります

納期に余裕があるかどうか

納期に余裕があるかどうかも重要なポイントです。

Tシャツプリント専門店のなかには、即日発送可能のものから、数日間の印刷期間が必要になるところもあります。

店舗名

発送納期

TMIX

最短当日(即日Tシャツなど)

オリジナルプリント

最短当日(特急プリントTシャツの場合)

ピクシブファクトリー

約4営業日(短納期Tシャツ)

たとえば、下記のような出来事があったとします。

「急遽Tシャツを製作する企画が発案された!頒布まで1週間しかない!」

「依頼していたTシャツのデザインが1週間も遅れてしまった!」

そのような場合に、『TMIX』のように即日発送可能な店舗を利用すれば、余裕を持った日取りで受け取ることが可能です。

しかし、会社によっては即日発送を利用する場合は選べる生地が限定され、値段が割り増し価格となる場合もあります。納期にそれほど焦りがない場合は、都合に合わせて“3営業日発送”や“5営業日発送”などを選ぶと、費用も抑えられるでしょう。 オリジナルTシャツTMIXの場合は即日発送による割増料金はございません。

Tシャツの種類が豊富かどうか  

印刷できるTシャツの種類が豊富かどうかも考慮するとよいでしょう。ひとくちにTシャツと言っても、素材はさまざまですし、利用シーンによって得意不得意があります。スポーツシーンには薄手で吸水力の高いものが望ましいですし、冬用であれば生地が分厚いものが好まれるでしょう。

自分の利用シーンに合わせて柔軟に生地素材が選べるかどうかも、店舗選定の大事な要素となります。

小数部印刷が可能かどうか

最後に、小数部印刷が可能かどうかもチェックしておきましょう。

オリジナルグッズの製作は、店舗によっては「最低枚数10枚から」などのような制限を設けているところが多くあります。

何枚から印刷できるのかは、「最小ロット」という言葉で表現されているところが多くあります。帆布数が少ないサークルや、個人的なプレゼントとして製作する場合はかならず事前にチェックしましょう。

今回紹介する店舗はすべて1枚から印刷可能となっています。

厳選した10社を比較表でご紹介!

店舗名

デザイン

少数印刷

納期

種類

価格

TMIX

オリジナルプリント

ラブラボ

ピクシブファクトリー

エスグラフィック

吉成サービス

プリントフル

ビスタプリント

ウィーティー

デジタ

 各Tシャツプリントサービスをご紹介!

次に各Tシャツプリント専門店を詳しく見ていきましょう。

サービス選びでは、それぞれの特徴をチェックして、自分に合っているかどうかも確認してみてくださいね。

 

オリジナルTシャツTMIX(ティーミックス)

オリジナルTシャツTMIX

デザイン

デザインエディタ、デザインサポート有り

最小ロット

1枚~

納期

最短1営業日(即日),即日料金なし

Tシャツの種類

114種類

価格

・1,240円〜(ユーロカラーTシャツ片面フルカラープリント割引適用時の場合)

・576円~(ユーロカラーTシャツ片面1色シルクプリント大量枚数の場合)

TMIX』は、デザインのしやすさや出荷までの速さ(納期)、製作できるTシャツの種類の豊富さが特徴です。そのなかでもとくに、デザインツールでのデザインのしやすさ、スマホでの作りやすさが特徴です。TMIX自社開発の独自のデザインエディタは、デザインやパソコン作業があまり得意でない人でもストレスを感じることなく利用でき、誰でもカンタンに素敵なTシャツを作ることができますよ。

デザインの提出方法はデザインエディタのほかに、専用テンプレートを用いたPhotoshop(psd入稿)やIllustrator(ai入稿)での提出も可能です。そのほかにも、プロにデザインをすべてお任せもOK。手描きイラストやスマホのスクリーンショットを絵柄として使用できるのも特徴です。

出荷までの日数はTシャツによって異なりますが、『即日Tシャツ』などのように「即日対応」と記述されているアイテムに関しては、最短1営業日でのお渡しが可能。1日でも早く安くTシャツが必要な利用者にとって嬉しいサービスですね。

今すぐTMIXのサイトを見る TMIX

オリジナルプリント

デザイン

デザインツールあり

最小ロット

1枚~

納期

最短1営業日

Tシャツの種類

69種類

価格

1,600円(特急プリントTシャツ・片面の場合)

『オリジナルプリント』も、最小ロット数1枚からTシャツが製作できます。『特急プリントTシャツ』を利用すると、TMIXと同じように最短1営業日での出荷に対応してもらえるので、お急ぎの場合はぜひチェックしてみてくださいね。

データの入稿方法は、オリジナルプリント独自開発のデザインツールのほかに、各種ファイルのアップロード入稿も可能です。対応している拡張子は、psd形式やai形式のほかにPDF形式、画像拡張子としてはpng形式に対応しているので好きなものを選べます。psd形式やai形式とちがい、PDF形式やpng形式であれば、ほとんどすべての人が提出可能です。

「デザインは自分でできるけど入稿形式に対応していなくて……」という人は、オリジナルプリントがおすすめかもしれません。

ラブラボ

デザイン

デザインシミュレータあり

最小ロット

1枚~

納期

最短1営業日

Tシャツの種類

183種類

価格

2,400円(ヘビーウェイトTシャツ・片面の場合)

『RUB-LAB.(ラブラボ)』では、1枚から100枚単位の大量印刷にも対応したオリジナルTシャツプリント専門店です。

デザインの入稿は専用の送信フォームのほかにメールや郵送、ファックスなどにも対応しています。また、別途料金はかかりますが、手書きのラフ原稿をデザイン画に起こす修正作業もしているとのこと。psd形式のほかに、デジカメなどで撮影したJPEGファイルにも対応しています。

ラブラボではお急ぎの人のために、超特急サービス(即日出荷)や特急サービス(3営業日出荷)なども用意されています。大量制作もできるので、イベントのノベルティとして急いで作りたいという人はぜひチェックしてみてくださいね。

ピクシブファクトリー

デザイン

デザインシミュレータあり

最小ロット

1枚~

納期

最短4営業日

Tシャツの種類

9種

価格

2,100円(カラー片面印刷の場合)

『pixiv FACTORY』では自作のイラストを用いて1枚からTシャツを製作できます。ピクシブファクトリーはイラスト投稿サービスサイト(pixiv)と連携しているため、「アニメ系のイラストで作りたい」と考えている人におすすめです。印刷費用はほかのサイトよりも若干高めに設定されていますが、フルグラフィック(全面プリント)にも対応しています。

エスグラフィック

デザイン

Ai形式、psd形式など

最小ロット

1枚

納期

7営業日以内

Tシャツの種類

73種類

価格

2,475円(ホワイト生地、A4サイズプリントの場合)

『エスグラフィック』が持つ一番の強みは、何と言っても職人の手作業による繊細な印刷技術です。複雑なデザインでも確かな技術力で丁寧に再現してもらえるので、デザイナーの皆さんにも人気なのだそう。

ラメインクや蛍光インクを用いた特殊なプリントもできるので、「手軽さよりも見た目の良さを重視したい」という人にオススメです。

デザインの提出は基本的にデータ入稿となります。ai形式のほかpsd形式、gif画像、JPG画像などに対応しているとのことです。

吉成サービス

デザイン

データ入稿、デザイン代行

最小ロット

1枚~

納期

10営業日出荷

Tシャツの種類

約60種

価格

1,500円~

次に紹介する『吉成サービス』では、Tシャツのほかにポロシャツやパーカー、ブルゾン、ベビー用品などのプリント製作にも対応しているところが特徴的です。

小ロットで気軽に製作できるインクジェット印刷のほかに、シルクスクリーンや昇華プリントなどにも対応しています。

しかし出荷までに約10営業日かかる点、ウェブ上でできるデザインツールはありません。ai形式やpsd形式のほか、jpgやbmpなどの各種画像拡張子に対応しているところは魅力的です。

プリントフル

デザイン

デザイン作成ツールあり

最小ロット

1枚~

納期

最短2営業日

Tシャツの種類

メンズ35種、レディース38種

価格

1,500円~(ベーシックソフトスタイルTシャツの場合)

『Printful(プリントフル)』は、上記で紹介してきたサービスとは少し違い、注文を受けてから必要な数だけ印刷するオンデマンドサービスとなっています。

そのため、発送先は日本国内のみならず、世界中の各都市へも送ることができます。

レビューを見てみると、海外からの英語の書き込みが多いようです。利用者は自分自身で在庫を抱える必要がなく、AmazonをはじめさまざまなECサイトやマーケットプレイスで販売可能なのがポイントです。

ビスタプリント

デザイン

デザイン作成サービスあり

最小ロット

1枚~

納期

最短4営業日

Tシャツの種類

4種

価格

1,580円~(Tシャツ・ウルトラソフトの場合)

『ビスタプリント』でも、最小ロット1枚からオリジナルTシャツが製作できます。選べるTシャツの種類はほかの店舗と比較して少なめですが、そのかわり男女兼用のものが3種、キッズ用Tシャツが1種用意されています。

大量のTシャツを製作する場合、1枚当たりの単価も下がりますので、イベントノベルティや、需要が見込める場合におすすめです。

ウィーティー

デザイン

3案まで無料で提案サポート

最小ロット

1枚

納期

約8営業日

Tシャツの種類

6種

価格

1,600円(コスパTシャツの場合)

次に紹介するオリジナルプリントサービスは『WeTy(ウィーティー)』です。

ウィーティーでは、6種類のTシャツのなかから好きなものを1枚から製作できます。ウィーティーはオンラインでも製作できますが、実店舗数が多いところも魅力的。そのため「デジタル入稿が難しくてわからない」と悩んでいる人でも気軽に利用できます。

デジタ

デザイン

デザインシミュレータあり

最小ロット

1枚~

納期

最短3営業日~

Tシャツの種類

40種

価格

1,700円(インクジェット、中サイズプリントの場合)

『DIGITA(デジタ)』では、インクジェットプリントとシルクスクリーンプリントが選ぶことができます。デザインシミュレータもあるため、ほかの店舗と同様に直感的にデザインを作ることができますよ。

特急プリントに対応していますが、それでも最短納期が3営業日と、あまり早くないところが少しだけネックです。

各店舗の得意な印刷を知ろう

上記の通り、オリジナルTシャツを製作できる店舗はいくつかあります。どの店舗でも、使用している生地や素材にほとんど差はありませんが、利用目的や利用層には差があります。

たとえば、自作のイラストを用いて頒布用のグッズを作りたいときは、フルカラー印刷の実績の豊富な『TMIX』や『ピクシブファクトリー』などがおすすめです。

 

初めて作る人や高品質なオリジナルプリントTシャツを早く手に入れたいならTMIX

プリント品質へのこだわりや、早く届いて欲しい!という思いの強い人、また初めてオリジナルプリントTシャツを作るときは、『TMIX』の利用がおすすめです。お客様レビューにも、品質の高さをあげる声が多く揃っています。TMIXは、プリント品質の向上のため、プリント機へ国内トップクラスの投資を行い日々品質を向上させてきています。また、通常でも3営業日、一部アイテムは即日で発送しています。最近の通販サイトでは翌日には届く、ということが当たり前になりましたので、オリジナルTシャツに1週間も待たされるとストレスになるのではないでしょうか。その点TMIXでは通常3営業日、一部アイテムは即日で発送しています。また、TMIXのデザインエディタは、使用できるツールがシンプルにまとめられており、直感的に作業できるので初めての注文の人にもおすすめです。パソコンに保存してある写真(イラスト)を使うのはもちろんのこと、TMIX側で用意しているスタンプもあります。テキストフォントには定番のゴシック体や明朝体のほか、『みかちゃんフォント』や『あんずもじ』などの可愛くて使いやすいものも揃っているところも魅力的。テキストやスタンプは、重ねて配置することもできますよ。

オリジナルTシャツの作り方

次にオリジナルTシャツの制作手順をご紹介します。ここでは、今回TMIXの仕様をもとにご紹介します。

注文方法はシンプルで、全部で4STEPに分けられます。

STEP1 商品を選ぶ

はじめに今回製作したいTシャツの種類を選びます。Tシャツはたくさん種類がありますが、素材や生地の分厚さ(oz)を参考に一番理想に近いものを選んでくださいね。Tシャツの写真をクリックすると、商品詳細ページでシャツの色が選べます。

STEP2 Tシャツをデザインする

次に、先ほど紹介したデザインエディタを利用して、Tシャツのデザインを作成します。デザインが完成したら「保存」を押して、次にサイズと枚数を選び、カートに進みましょう。

STEP3 注文手続きをする

先ほど保存したデザインでよければ、注文手続きを始めます。サイズと枚数を選ぶところの下部に「他のサイズを追加する」ボタンがあるので、複数サイズを注文したいときはここで選んでくださいね。TMIXではデザイン、色、サイズがバラバラでも、10枚以上の購入で割引対象になります。

STEP4 お届けを待つ

TMIXでは、通常3営業日以内でTシャツを発送しています。

手元に届いたら商品がデザイン通りに印刷されているか確認してみましょう。

デザインでよくあるQ&A

次に、デザインでよくあるQ&Aを3つご紹介します。

Tシャツへはどのように印刷されるのですか?

インクジェットプリントでは、家庭内にあるプリンターと同じ原理で、生地の上にインクを吹き付けて印刷します。そのため、安価で鮮明な色使いが実現可能です。

もう一つ、大量印刷にも最適なシルクスクリーンというものがあります。シルクスクリーンは孔版印刷の一種で、メッシュ状の孔にインクを通すことで、高品質な印刷を実現しています。

Tシャツを持ち込み(実店舗)でプリントしてもらえますか?

プリント会社によっては持ち込み入稿に対応しているところもあります。

TMIXではデータ入稿が基本になっていますが、入稿方法がわかりやすくまとめられているので参考にしてみてくださいね。

画像のサイズはどれくらい必要ですか?

Tシャツにプリントする際の画像解像度は150~200dpiほどあれば十分と言われています。しかし、文字や絵柄が細かい場合は、300dpiほど準備しておくと安心です。

イラストを描き下ろす場合は、あらかじめ高解像度で制作すると失敗する可能性がグッと下がります。

まとめ

オリジナルTシャツを制作できる店舗はたくさんあるので、自分自身がどのようなTシャツを作りたいのか、予算はどれくらいあるのか、デザインは自分で用意できるのかなどをあらかじめ決めておくことが大切です。

TMIXは、費用・デザイン・クオリティのバランスがよいため、どの店舗を利用しようか迷っている人はぜひ、一度チェックしてみてくださいね。

オリジナルTシャツTシャツ作るならここ!安くて高品質のおすすめサイト10選比較表付に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧