作成購入前に!パーカーの生地の種類やおすすめ

作成購入前に!パーカーの生地の種類やおすすめ

オリジナルパーカーを作成する前に知っておきたいのが、パーカーの種類や生地。パーカーとひとことで言っても、種類や使われる生地はさまざま。着用する時期によって、おすすめの素材も違います。これらの違いをしっかりおさえておけば、スムーズにオリジナルパーカーを作ることができるでしょう。

目次

  1. パーカーの種類
  2. パーカーの生地の厚さ
  3. パーカーの裏地
  4. 春~夏におすすめのパーカーの種類・生地
  5. 秋~冬におすすめのパーカーの種類・生地
  6. オリジナルでパーカーを作るならTMIXがお得!

パーカーの種類

パーカーの種類は、大きくわけて「ジップアップパーカー」と「プルオーバーパーカー」の2つ。それぞれの特徴について、簡単に説明しましょう。

ジップアップパーカー

ジップアップパーカー

ジップアップパーカーは、前身頃にジッパー(ファスナー)がついたパーカーです。ジップパーカーとも呼ばれます。Tシャツなどのインナーを着用し、羽織ものとして使われることも多いパーカーです。脱ぎ着がしやすいため、こまめに脱ぎ着して体温調節ができるのが特徴です。また、羽織って着るため、特に女性にとってはきっちりまとめた髪の毛が乱れないというメリットもあります。

オリジナルパーカーを作成するときは、前身頃にジッパーがあるため、画像のように、ワンポイント的にエンブレムやロゴをあしらったデザインで作成することになります。

ジップアップパーカー前身頃の印刷領域

プルオーバーパーカー

プルオーバーパーカーは、ジッパー(ファスナー)なしのパーカーです。プルパーカーとも呼ばれます。カットソーやセーターのように上からかぶって着用するタイプで、Tシャツなどのインナーの上に着るのはもちろん、薄手の生地を使ったものはカットソーのように1枚で着ることもできます。すっぽりかぶるタイプのため、特に厚手の生地を選ぶと防寒性が高くなるという特徴があります。

プルオーバーパーカー

オリジナルパーカーを作成するときには、前身頃にジッパーがないため、画像のように、前身頃一面に大きなデザインをあしらうことが可能です。

プルオーバーパーカー前身頃の印刷領域

パーカーの生地について

パーカーに使われる生地には、コットン、リネン、ニット、ベロアなど、さまざまなものがあります。ここでは特に、オリジナルパーカーによく使われるスウェット生地とナイロン生地について説明します。

スウェット生地

スウェット生地は、表地と裏地の二重構造をしている生地です。伸縮性や吸湿性に優れた丈夫な生地で、主に運動着やカジュアルウェアなどに使われます。

二重構造をしているため生地はやや厚めになる傾向がありますが、最近は薄手の夏用スウェットも登場しています。また、綿にポリエステルなどを混紡し、吸湿性を高めた素材を使って織り上げた生地もあります。

ナイロン生地

ナイロン生地は、ナイロン樹脂を使って作られた生地です。吸湿性、速乾性が高いという特徴があります。また、カビや虫害を受けにくいという特徴があるため、部活動やサークル活動のユニフォームとしてそろえて代々受け継いで使っていくような場合に適しています。

パーカーの生地の厚さ

オリジナルパーカーのカタログを見ていると、「oz(オンス)」という単位が出てくることに気づく人もいることでしょう。オンスとは、アメリカなどで使われるヤード・ポンド法の重さの単位で、1オンスは約28.35グラムです。

オンスは、スウェットなどの生地の厚さを示す単位としても使われます。生地の単位にオンスが使われる場合は、1平方ヤード(約0.835平方メートル)あたりの重さを示しています。オンスの数字が大きいほど、生地は厚くなります。

一般的に、パーカーには8~9オンス以上の生地が使われます。この数字を標準的な目安とし、さらに着用する時期も考慮して生地を選ぶといいでしょう。

パーカーの裏地

オリジナルパーカーの生地を選ぶときに、もうひとつ注目すべきポイントがあります。それは、パーカーの裏地です。オリジナルパーカーに使われるスウェット生地の裏地には、「裏毛(うらげ)」と「裏起毛」の2種類があります。

裏毛

裏毛

裏毛は、裏パイルとも呼ばれる生地。その名前のとおり、パイル織りの生地が使われています。パイル織りというのはタオル地に使われる織り方で、吸湿性が高い、つまり汗を吸い取りやすいという特徴があります。

裏起毛

裏起毛

裏起毛は、裏地の繊維を毛羽立たせた生地。ふんわりしているため肌触りがよく、保温性が高いことが特徴です。

春~夏におすすめのパーカーの種類・生地

春から夏は、日陰は肌寒いけれども日向に出て少し体を動かすと暑くなるような日が続きます。そんな時期におすすめなのが、脱ぎ着が楽で、体温調節も簡単にできるジップアップパーカーです。軽く、汗を吸いやすい裏毛の生地を選ぶと着心地もよく、快適に着ることができます。

ジップアップライトパーカー

秋~冬におすすめのパーカーの種類・生地

秋から冬にかけて着る場合は、重めで、保温性の高い裏起毛の生地を使ったものを選ぶことをおすすめします。秋ごろなど、まだ汗ばみやすい時期に着るのであれば脱ぎ着がしやすいジップアップパーカーを、冬の寒い時期に着るのであればすっぽり着られるプルオーバーパーカーがおすすめです。秋冬通して着る場合は、厚めの生地のジップアップパーカーを選び、インナーで調節できるようにするといいでしょう。

プルオーバーパーカー

オリジナルでパーカーを作るならTMIX(ティーミックス)がお得!

最後に、オリジナルパーカーを作成するときのショップ選びについてポイントを3つご紹介しておきます。それは、料金、パーカー本体の種類の豊富さ、そしてサービスです。

料金のなかで特に注目したいのが、プリント代です。オリジナルパーカーの作成には、パーカー本体の料金に加えデザインのプリント代がかかります。プリント代は、使う色が多くなるほど高くなるケースがありますので、プリント代がいくらになるかは必ず確認するようにしてください。

そこでおすすめしたいのが、TMIX。何色使ってもプリント代は一律。パーカー本体も、厚手から薄手までさまざまな種類の生地が、最大12色のカラーバリエーションでそろっています。また、チャットやメッセージで疑問点をすぐに質問することもできるので、カスタマーサービスもばっちり。

オリジナルパーカー作成をお考えなら、ぜひチェックしてみてください。

オリジナルTシャツマガジンの記事をもっと読む

オリジナルTシャツ・オリジナルウェアに関する記事はこちらでほぼ毎日追加されています。
どんな風に作れば良いの?といった作り方に関する疑問やどんな時に作ると楽しいの?といったオリジナルTシャツの利用シーンを様々な形でご提案する記事を紹介しております。
オリジナルTシャツマガジン

作成購入前に!パーカーの生地の種類やおすすめに属する関連記事

記事のカテゴリ一覧