洗えるマスク

タオルのカビ対策を知って、もっと快適な毎日に

タオルのカビ対策を知って、もっと快適な毎日に

こまめに洗って清潔に保とうとしているのに、ふと見てみるとタオルに黒い斑点や嫌な匂いがする、そのような経験はありませんか。

この黒い斑点や匂いの原因は「カビ」なのです。

カビと聞くと諦めてしまいがちですが、綺麗にする方法や発生しないための予防策というものがあります。

それを知っておけば、お気に入りのタオルも長く気持ちよく使えるでしょう。

目次

まずは知りたいカビの原因

カビの原因としてよく言われるものがあります。

それが「水分を含んだまま放置していた」ということです。

例えば、生乾きのまま放置していた、使用後の入浴用のタオルを洗濯機の中に入れたまま放置していた、バッグの中に汗を拭いたタオルを忘れて入れっぱなしにしていた、などです。

さらにはタオルばかりではなく、洗濯槽そのものに問題がある場合も考えられます。

洗濯槽を全く掃除していないという場合、そこがカビの発生源となってしまうのです。

洗濯では大量の水を使用しますから、いくら脱水を行っていても水分が飛んでいても湿気は取り切れません。

目に見えない部分(洗濯槽の裏側)にカビができてしまい、それが洗濯物に移ってしまうのです。

月に1回のペースでも良いので、洗濯槽専用のクリーナーを使用するのがオススメです。

タオルについてしまったカビを洗濯で落としたい

ついてしまった黒カビを洗濯で落としたい、清潔にするというとやはり洗濯というイメージが強いので、そう考える方も多いのです。

しかし、答えから言えば、洗濯をするだけでは綺麗に落としきれません。

落とせる場合もあるのですが、カビは頑固で強力で、布そのものにしっかりと根を張り、広がっているのです。

ループ部分に入り込んでいるように見えるのは根が張っている証拠とも言われています。

どうしても綺麗に仕上げたいというようでしたら、少し手間をかけて取るのが良いでしょう。

黒カビを取る方法について

まずお手軽な方法としては、酸素系漂白剤とバケツか洗面器をご準備ください。

酸素系漂白剤には除菌作用がありますので、しっかりと取り除くことができます。

バケツや洗面器にぬるま湯と洗剤を入れてよく混ぜましょう。

その中に、タオルをしっかりと浸します。

気になる部分が液に浸り切るようにしてください。

浸透するまでだいたい30分程度ですのでそのまま放置しておきましょう。

その後、水で手洗いすすぎをしていただくか、ぬるま湯ごと洗濯機に入れて洗濯していただいても構いません。

あとはしっかりと乾かしていただくだけです。

酸素系漂白剤はどこでも販売されていますので、どなたでも実践していただける方法です。

液体タイプと粉末タイプがある場合、除菌漂泊の効果は「粉末タイプ」の方が高いとされています。

また、驚かれるかもしれませんが、「煮る」という方法で落とすことも可能です。

頑固な黒カビに効果的です。

鍋に水を入れて沸かした後、酸素系漂白剤を入れます。

同時に、洗濯用洗剤も一緒に入れるとさらに効果を発揮してくれるでしょう。

そして、弱火に落として10分ほどタオルを煮ます。

時々、割りばしなどで構いませんから、かき混ぜていただくのが綺麗に取れるポイントです。

その後、洗濯物を鍋から取り出し、冷めるまで待ちましょう。

手で持てるくらいになれば、すすぎを行うか洗濯機で洗って、干すだけです。

「煮洗い」とも呼ばれている方法なのですが、熱の力を利用した洗い方です。

ただ、注意点が1つあります。

それは生地に負担がかかりやすいことや色落ちの可能性があることです。

生地に負担がかかると手触りが悪くなるということもあります。

柔軟剤を使うことで解決する場合もありますが、慎重に行ってください。

酸素系漂白剤といわゆるキッチン用の漂白剤の使用について

白いタオルであれば、キッチン用の漂白剤でも黒い斑点や嫌な匂いを取り除いていただくことは可能です。

ただ、あくまでキッチン用なのでつけ置いた後にすすいだだけでは肌触りが落ちてしまいがちです。

その後に洗濯用洗剤や柔軟剤を使用して洗濯しましょう。

なお、酸素系漂白剤ですが、色柄物用と白専用のものが販売されているというケースもあります。

色柄が入っているものは必ず前者のタイプを選びましょう。

白専用のものですと、柄落ち・色落ちしてしまう可能性があります。

柄落ち・色落ちがどうしても気になるというのでしたら、人間でいうパッチストを実践していただくのが良いかもしれません。

目立たない部分に洗剤や漂白剤を付けて数分放置し、確認をしてみてください。

色に変化があったり柄が薄くなったりしていないようであれば、安心して洗っていただけます。

どうしても落としきれないという場合

自宅でできる方法を実践してはみたけれど、やはり黒い斑点が消えない、匂いが消えないという場合には、残念ですが、捨てるしかないかもしれません。

余程の思い入れがあるというのであれば、クリーニング店など「プロ」に相談をしてみるのも良いでしょう。

新しくタオルを買い替える際、思い切ってお気に入りのタオルを作って大切に使うというのもオススメです。

カビの原因や気が付いた時にすぐにできる対処法を知っておくと、長く愛用できるでしょう。

例えば「TMIX」という作成サービス会社があるのですが、自分の好みのデザインを使用したり、タオルサイズを選んで作れます。

タオルのタイプからサイズまで幅広く展開しており、何とフェイスタオルだけでも全6種類も用意されています。

そして、イラストレーターやフォトショップを使用してオリジナルデザインを作成することも可能ですし、それらが苦手だという方にはスクリーンショットやお気に入りの写真をTMIXに送るだけでプロがデザインしてくれるサービスまで展開されているのです。

初めて作成をするという場合もAIオペレーターがすぐに対応してくれますし、不安に感じることもまずないでしょう。

お気に入りの1枚を作ってみたいものの、作成発注をするとなると時間がかかるのでは?という声もあるかもしれません。

しかし、個人でも気軽に利用しやすい環境があります。

1枚から作成可能で、フルカラーでももちろんOKです。

気になるコスト的な部分においても、銀行振り込みかクレジットカード決済という指定はありますが、送料無料です。

しかも、業界では最速と言われる最短即日の発送も行っているのがTMIXで、欲しいものが早く手に届く嬉しさや楽しさも感じていただけるでしょう。

TMIXは上手に使うとお得にタオルを作ることができる

TMIXで展開されている生地は、ポリエステル100%とコットン100%があります。

ポリエステルは速乾性も耐久性も高いので、長く愛用したいという方にオススメです。

スポーツタオルとしても使用をされることが多く、ふんわりというよりもキュッとした肌触りが特徴的です。

コットンは柔らかい肌触りが特徴で、吸水性が高く水にも強いことから、洗濯を繰り返しても型崩れなどが起きにくいとされています。

いつでも安心して使用ができる素材でもあります。

1枚からでも作成発注ができるTMIXですが、日常的に使用するタオルは「すべてお揃いにしている」というご家庭もあるでしょう。

そのような場合、まとめて作成発注をするのもオススメです。

10枚以上の注文が割引対象で、100枚以上であれば最大何と50%オフというサービスが展開されています。

「ドンドン割り」というもので、数が増えるほど利用者にとってお得な割引率を提案しています。

気持ちよくいつまでも使用し続けるためにできること

黒い斑点や嫌な匂いをつけないための予防策というものも知っておくと、いつまでも気持ちよく、そして大切なものを長く愛用していただけます。

毎日意識をしていただきたい点は「湿ったままの放置を避ける」というものです。

使用後はすぐに洗っていただくのがベストではありますが、一人暮らしの方や洗濯物の量が少なければなかなかそうもいかないでしょう。

そのような場合には、一度乾かしてから置いておきましょう。

少し広げて乾燥させた後にランドリーバスケットへ、その意識だけでも大きく変わってきます。

くれぐれも乾かしたからといって洗濯機の中で放置をしないようにしてください。

湿気の多い洗濯槽の内側は菌が発生している可能性が高い場所です。

定期的に洗濯槽クリーナーを使って掃除をし、使用後には軽く拭いて蓋を開け、しばらく中を乾かしておくのも良い方法です。

洗濯槽クリーナーはドラッグストアや今では100均でも売られています。

水をためてクリーナーを投入し、回して放置をするというだけの簡単なものが大半ですから、面倒な手間は一切かかりません。

月1を目安に行うのが理想的です。

黒い斑点や匂いの原因は湿気であるということは、季節の中で考えると、湿度が高くなりやすい梅雨時期対策も押さえておきたいポイントです。

高温も好みますので、夏場も注意をしておきましょう。

乾きやすくする工夫やこまめな洗濯をしていただくと、気持ちよい状態で、肌触りもキープできます。

梅雨時期はどうしても洗濯物が乾きにくく、結果として予防対策にならなかったということがないように、上手な乾かし方も知っておくのがオススメです。

例えば、除湿器さえあればしっかりと乾かすことができます。

また、今では浴室に乾燥機がついているというところも増えました。

それを上手に活用するのも良いでしょう。

除湿器も乾燥機もないし、わざわざ買うのも嫌だというのであれば、扇風機やエアコンのスイッチをオンにして風で乾かすという方法もあります。

部屋干しではなく湿度のある時期でも外で干したいという方は、ずらして干したり洗濯もの同士の距離を置いて乾かすといった方法もあります。

その時、速乾ハンガーといった便利グッズを使うとさらに乾かしやすくなります。

少しアイロンをかけてから干すというのも、手間はかかりますが、シワも入りにくく乾いてくれます。

洗濯機の脱水時間を長めにするというのも早く乾きやすくしてくれます。

ただ、この方法は型崩れやシワができやすくなりますので、この点は十分に注意しましまょう。

もし、洗濯機を使って少しでも早く乾かす時短テクニックを、というのでしたら、縦型洗濯機にもあることが多い「風乾燥機能」を活用するのが良いかもしれません。

予防をすると手触りもキープしやすくなりますから、毎日の生活の中で取り入れてみてください。

また、しっかり乾かして片づけているはずなのに、使おうと思って手に取ると湿っぽく感じる、そのような場合は片づけている場所そのものの湿度・温度が高くなっている可能性があります。

乾燥シートを敷くことや湿度の高くない場所に片づけるなどをしていただくのがオススメです。

TMIXが気になる方へ

せっかくだからTMIXでタオルを作ってみようかなという方は、まずは公式サイトにアクセスをしてみてください。

すべてオンライン上で進めることができますので、時間があるときで構いません。

好みのサイズを選び、デザインをする、そして注文と決済をするだけで商品が手元に届く、というとても簡単なステップですから、初めての方でも楽しく作成していただけるでしょう。

生地の厚さから素材詳細、そして納期までしっかりと表記されていますので、イメージ通りのものを手にしていただけるでしょう。

抗菌防臭効果に優れたものも用意されていますので、長く使いたい方はそうしたものを選ぶのもオススメです。

なお、注文作成に関する疑問点は対人でもサポートしていますので、お気軽に相談をしてみてください。

オリジナルにもかかわらず、市販品を購入するのと大きな価格差があるわけではありません。

ですから、いくつかのサイズ展開をお揃いで作成するというのも楽しめます。

自分のイニシャルを入れたり、ペットの写真をデザインに取り入れたりも簡単に行えるのです。

いつでも気持ちよい毎日のために

タオルはいつでも気持ちよく使いたいものです。

だからこそ、予防からいざというときの対処法までを知っておくと、とても便利です。

捨てるしかないと思っていても、綺麗になる可能性は十分にあります。

そして、世界でたった1つの「自分だけ」の製品を作ると、毎日がさらに楽しくなるでしょう。

また、洗濯機そのものの管理も考えると、すべての洗濯物をより快適に保つこともしやすくなります。

TMIXでは、ハンカチタオルやフェイスタオルなど数種類のタオルを扱っており、好きなイラストや思い出の写真をタオル全面にプリントできる「全面プリントタオル」も承っております。

世界に一つだけのオリジナルタオルを作ってみませんか?

TMIXでオリジナルデザインのタオルを作る

タオルのカビ対策を知って、もっと快適な毎日にに属する関連記事

記事のカテゴリ一覧