漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

【贈り物にも】肌触り重視・一生大事にできる赤ちゃん用バスタオルとは!【個性をプラス】

【贈り物にも】肌触り重視・一生大事にできる赤ちゃん用バスタオルとは!【個性をプラス】

赤ちゃんは、やわらかくて優しい存在。

イメージとしてこのような見解を持つ人がほとんどです。

このイメージ通り赤ちゃんは、敏感で繊細ですので、常に守られるべき立場にあります。

そんな赤ちゃんを優しく包むタオルに注目してみませんか?

出産の贈り物としても肌触りが良いタオルが選ばれるようになりました。

また赤ちゃん自身が自分の心が落ち着くアイテムとして、一生大事にすることもあるようです。

赤ちゃんのためのタオルを吟味してみませんか?

目次

赤ちゃんへ贈るバスタオル選びのポイント

わが子はもちろんのこと、赤ちゃんが生まれたらお祝いとしてタオルをプレゼントしたいと考える人も見られます。

いろいろな製品が販売されている昨今、赤ちゃんへ贈るバスタオル選びに悩まれることもあるでしょう。

どのようなバスタオルを選ぶと赤ちゃんが喜ぶのでしょうか。

バスタオルですので、赤ちゃんの体をすっぽりと包み込める大きさが必要です。

中でも正方形のものや、大き目の長方形サイズのものが一般的です。

バスタオルサイズの大判のタオルは、「包む、掛ける、敷く、羽織る、拭く」などさまざまな用途で使えます。

赤ちゃんはデリケートなのでちょっとした気温の変化でも体調を崩してしまいます。

洗い替えなどに何枚あってもよいですね。

おくるみタイプ

新生児期の赤ちゃんが安心できるように、全身をくるんでおけるタオルです。

正方形のものが一般的で、一辺の角に二重に布がついており、帽子のようにかぶせたり、枕替わりとして頭を乗せたりできるメリットがあります。

ベビー服ブランドなどで作られることが多く、優しい素材で作られたものが多いのも特徴です。

正方形タイプ

おくるみタイプと同様、正方形のタオルです。

図柄が描かれているものが中心で、ねんね期の赤ちゃんの敷物などに使われます。

簡易的な身長計が意匠としてプリントされているものもあり、そのタオルに乗せて毎月同じポーズで撮影することで、赤ちゃんの成長を感じられるアイテムとしても人気です。

ママとしては洗濯後に畳みやすく収納しやすい形として支持されています。

長方形タイプ

一般的なバスタオルの形といえばイメージしやすいでしょうか。

ベビーベッドやベビーカーの敷物として使いやすい形をしています。

赤ちゃんは吐き戻しやすいうえに、おむつの漏れなども考えられます。

おいそれと洗えないリネン類に長方形タイプのタオルを敷いておくだけで汚れ防止がかないます。

デメリットとしては、天気の悪い日などは乾きにくいことがあげられます。

またかさばりやすいこともデメリットの一つになるでしょう。

乾きやすい薄手のタオルがあれば喜ばれます。

バスポンチョタイプ

湯上りタオルなどといわれるポンチョタオルです。

お風呂あがりにかぶせるだけで水分を吸い取ってくれます。

風呂上りに動き回ってしまう赤ちゃんが湯冷めをしないよう対策を講じることもできます。

ポンチョタイプのタオルは、新生児期の赤ちゃんはもちろんのこと、一人で歩けるようになった乳幼児期にも使えます。

湯上りに使わない場合には、スリーパーという使い道があります。

寝冷えをしないよう眠る前に着せておけるため、便利です。

素材

基本的には、肌触りがよくやわらかい素材が選ばれます。

肌触りのよさは赤ちゃんも実感できるとされており、気に入った素材のものは「お昼寝の時に欠かせないもの」「気持ちが落ち着くもの」として長い間使うことができるようです。

洗うほどふっくらと柔らかくなる素材もありますので、チェックしていきましょう。

洗濯をする際には、風合いを損ねないために洗濯表示を必ずチェックして指示に従って洗濯をするようにしましょう。

丁寧に乾かすことも大切です。

ガーゼタオル

コットンで作られたガーゼ地のタオルです。

赤ちゃんの肌着としても用いられる素材です。

毛羽立ちが少なく体を傷つけないため、皮膚が弱い赤ちゃんにもおすすめです。

ふわふわとした風合いのダブルガーゼは、体を洗うためのタオルとしても使われます。

型崩れも少なく、洗濯しても速乾性が高いので、衛生的に使えるメリットもあります。

タオル地よりも安価なものが多いので、何枚もそろえたくなります。

このところでは3重ガーゼや6重ガーゼというようにガーゼを何層にも重ねて作られたタオルも販売されています。

コットンタオル

綿100%で織られたタオルです。

一般的なタオルはほぼ綿100%ですが、とりわけオーガニックコットンといわれる有機栽培で育てられたコットンで作られたタオルを指しています。

今治タオルなどが代表例ですね。

タオルには、マイクロファイバータオルなどポリエステルファイバーが混紡されたタオルの存在もあります。

やわらかく吸水性に優れており、汚れ落としがよい素材として掃除用品などに使われています。

しかし、化繊であることから赤ちゃんの肌には不向きです。

パイル地タオル

パイル地というのは糸がループ状に織られたもので、いわゆる「タオル地」です。

ループ状の糸の隙間に空気が含まれ、ふっくらとした感触が楽しめます。

また洗うほどに繊維が柔らかくなるため、ふんわりとした風合いが実感できます。

赤ちゃんを包んだり、湯上りに拭き上げたりといろいろな使い道ができるタオルです。

昨今では、表地がパイル地で裏地がガーゼ生地というように織り方を変えて両面で風合いが楽しめるタオルも増えています。

使う時期

タオルは一年を通じて使うものではあるのですが、贈り物として渡すならば、時期を見据えた品物選びをすることも一案です。

時期によって当然使い方も変わってきます。

使い方の知恵を見つけることで、赤ちゃん期を過ぎても長い期間使えるものを選ぶこともできます。

衣類は「大きくなってから使えるもの」を選ぶ傾向にありますが、タオルを贈り物に選ぶ場合は、「今すぐ使えるもの」「予備としていくつか持っておきたいもの」を想定すると自然とどのような品物を選べばよいのか候補が決まってくるでしょう。

冬場の使い道

冬場のタオルの使い道として思い浮かぶことはどんなものでしょうか。

真っ先に思い浮かぶことは保温目的となるでしょう。

これを基本にどのようなタオルを選ぶのがよいか、考えていきましょう。

おくるみ

新生児期から生後3~4ヶ月ころまで使います。

赤ちゃんはタオルでくるまれると暖かいということと母体にいたころの安心感が生まれるそうです。

事前に出産グッズの一つとして準備されている品物ですが、洗い替えなどはまだまだ数が少ない状態にあるでしょう。

おくるみとして使う時期を超えても、ベビーカーやクーファン用などいろいろな場所で使い道があるので、準備しておくと喜ばれます。

冬場を超えても使えますので、肌触りが良いものや優しい色合いのものを選びましょう。

防寒

寒さから身を守るものとして真っ先に考えるものです。

布団の上に足したり、外にいるときに赤ちゃんをくるんだりといろいろな使い道で暖かさをプラスしてあげられます。

少し厚みがある大判のバスタオルがあれば、防寒グッズとして使えるでしょう。

暖かくなったら、ベビーベッドのシーツとして使うなど別の使い道も生まれます。

子供が大好きなキャラクターなどがついているものを選んでみてはいかがでしょうか。

夏場の使い道

「夏は暑いからタオルは必要ない」と言われることもありますが、夏だからこそタオルがあると便利です。

夏場は薄手の柔らかい素材を選ぶとよいでしょう。

また長さがあるもの、大判のものなどをあえてセレクトすることも一案です。

寝冷え防止

赤ちゃんは暑がりなので、お布団をかけ直しても寝相で抜け出してしまうことが大半です。

こんな時に大きくて薄手のバスタオルがあると、ふんわりとかけるだけで体を冷やすことが少なくなります。

通気性もあるので、赤ちゃんが蒸れを感じることも少なくなります。

暑くて泣いてしまうことも減らせることでしょう。

3重ガーゼ生地の薄手で柔らかいものなどを準備すると喜ばれます。

また、ガーゼ生地などで作られたスリーパーもよいでしょう。

これを一枚寝巻の上に着せるだけでも、布団の代わりになりますので便利です。

湯上りタオル

赤ちゃんは暑がりなので、夏場のお風呂のお湯はぬるめに設定することが多いでしょう。

それでも心配されるのが湯冷めです。

体に水分が残っていると夏風邪をひく原因になってしまうこともあるでしょう。

湯上りタオルやベビーポンチョがあれば、お風呂上りに着せるだけで夕涼みをさせてあげることができます。

またママの湯上り後の時間にわずかな余裕ができるのではないでしょうか。

湯上りタオルは、動物柄など子供が好み興味をひくような柄がついているものがおすすめです。

通年の使い道

もちろん、春や秋生まれの赤ちゃんにもタオルは必要です。

季節を想定して近い使い道ができるタオルを選択するとよいでしょう。

また、赤ちゃんが大きくなってからもタオルは十分に使えます。

どのような使い道ができるのかを検討してみるとよいでしょう。

汚れ防止

ベビーベッドやチャイルドシートの汚れ防止にタオルが一枚あると便利です。

特にベッドは吐き戻しやおねしょなどで洗濯も頻繁になってしまうもの。

子供が成長してもベッドリネン類の洗濯は切り離せません。

タオルを敷いておくと、タオルだけの洗濯で済む場合があるので、便利に使えることでしょう。

プレイマット

滑り止めなどがついていないので、本来のプレイマットとしての使い道には危険を伴うのですが、赤ちゃんの寝返り練習やお昼寝時に一枚タオルを敷いておくとよいでしょう。

畳やカーペットの埃をよけることもできますし、体をぶつけることも少なくなります。

おすすめできるタオルとは

赤ちゃん向けのタオルもいろいろありますが、記念に残るものや個性的なものを準備することもよいですね。

普段使いできるものや保存できるものなどどのようなタオルがあるのでしょうか。

写真プリントタオル

赤ちゃんの写真が全面的にプリントされたタオルをプレゼントするとよいでしょう。

フェイルタオル大のものならば、写真を引き伸ばしたものを全面プリントできるので、等身大に近いサイズの写真を楽しめます。

出産祝いだけではなく、内祝いの品物として準備することもよいでしょう。

名入れタオル

赤ちゃんの名前が入ったタオルは、「自分のお気に入り」として長い期間使えます。

一般的にはネーム刺繍が中心ですが、アーティストのファングッズのようにタオル全面に大きな名前が入ったものもよいでしょう。

防犯面を考えると、名入れタオルはタブーとなる場合もありますが、おじいちゃんたちへプレゼントすることを想定して作るのも楽しみの一つになるはずです。

イラスト入りタオル

イラストを描くことが大好きな人ならば、赤ちゃんのイラストをタオルにプリントしてもらうこともよいでしょう。

ちょっとしたアニメグッズのような感覚で使ってもらえることでしょう。

こちらのタオルも内祝いなどに使えるメリットがあります。

お店によってはフルカラー印刷ができるため、美麗なイラストをタオルに施すこともできます。

TMIXを利用しよう

個性的な写真プリントタオルやイラスト入りタオルは、オリジナルグッズを作成するTMIXへ注文することをおすすめします。

私たちにとってメリットが先行する印刷会社なので、お得に、そして便利に使えます。

全面プリントが可能

タオルのラインナップが限られますが、タオル全面にプリントすることが可能です。

写真やイラストなどあらゆるデータをタオルに施すことができるので、赤ちゃんの写真や赤ちゃんのイラスト、名前を抽象化させたイラストなどアイディア次第で、オリジナリティあふれるタオルが作れます。

全面プリントだから、バランスが取れたタオルが作れます。

1枚から注文可能

TMIXは1枚から注文が可能です。

プレゼントとして1枚だけ作りたいという希望にもきちんと対応してもらえます。

たくさん作ることで1本あたりの単価が安くなるという「ドンドン割」の設定もあるため、内祝いとしての返礼品や、家族でお揃いの赤ちゃんグッズを作りたいという場合にもおすすめです。

画像から加工可能

TMIXではインスタの画像などからも印刷データ化させることが可能です。

撮りためていた画像データからもタオルへプリントすることができるので、まずは候補となる画像データを探してみましょう。

解像度などの問題もありますが、スマホの画像でもきれいにプリントアウト可能です。

記念に残る一枚にしよう

出産祝いなどにおすすめできるタオルの選び方や、個性的なプリントタオルに関する事柄などをまとめました。

プリント会社で作るオリジナルタオルは、赤ちゃんが使えるものやご挨拶の品として作るものなど、いろいろな使い道ができます。

記念に残る一枚を作る場合にはTMIXなどのオリジナルグッズ制作会社を利用してみませんか?

なお、TMIXではデザインやイラストなどが苦手な方向けに、プロの無料サポートのサービスも実施しています。

オリジナルグッズ制作にご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

TMIXでオリジナルタオルをプリントする

【贈り物にも】肌触り重視・一生大事にできる赤ちゃん用バスタオルとは!【個性をプラス】に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧