写真やイラスト等を使った、プリントの著作権と肖像権

TMIXで写真やイラスト等を使用し、オリジナルプリントをする場合の著作権、肖像権について簡単にご説明します。

著作権とは(著作物)を制作した人が持っている権利です

著作権について

・人が心で思ったことを個性的に表現したものを著作物といい、著作物を創った人を著作者といいます。
・著作者は、その著作物の利用を独占する権利(著作権)を持っています。
・著作物を利用したい時には、著作権を持っているひとからの利用許可が必要となります。
・必要な許諾を受けずに、他人の著作物を利用する事は著作権法の侵害となり、損害賠償、侵害の停止・予防に必要な措置を請求される事があります。
・著作権を侵害すると刑罰が科せられる場合があります。

肖像権について

・人が自己の肖像を、みだりに写真に写されたり、絵に描かれたりしない権利
・写されたり、描かれたりした自己の肖像を、他者に勝手に使用されない権利

タレントやプロスポーツ選手・政治家などについては、肖像権が保護されている為、侵害した場合は 罰則が適応される事があります。
ここでは、ご注文時のデザインが以下に該当する場合は弊社の方から確認のメールを送らせて頂いております。大変申し訳ございませんが、制作を中止する場合もございますのでご了承頂けますようお願い申し上げます。

  1. 有名人(国内外のアイドルグループのメンバー・俳優・タレント・声優他)の写真
  2. 有名ブランドのロゴ(スポーツ関連・音楽アーティスト関連・作家関連・他)
  3. 有名ブランドのキャラクター
  4. マンガ、アニメのキャラクター

肖像件著作物の創作者である著作者や、著作者から権利を委託・譲渡された会社などが保有する著作権を侵し、利益や名誉を損なう行為を行なうことを「著作権侵害」といいます。

著作権侵害・罰則などについて

権利の侵害について

著作権のある著作物を著作権者の許諾を得ないで無断で利用すれば、著作権侵害となります。
ただし、許諾なく使える場合には、無断で利用しても著作権侵害にはなりません。
また、著作者に無断で著作物の内容や題号を改変したり、著作者が匿名を希望しているのに
著作物に勝手に本名をつけて発行すれば著作者人格侵害となります。

さらに、無断複製物であることを知っていながら当該複製物を頒布したり、頒布の目的で所持する行為や
著作物に付された権利者の情報や利用許諾の条件等の権利管理情報を故意に改変する行為なども権利侵害となります。
十分にご注意くださいませ

ご注文商品のオリジナルデザインが著作権違反と判断した場合は?

ご注文時のデザインが著作権違反と判断させて頂きた場合は以下のメールか又はお電話でご連絡させた頂きますので
ご理解頂けますようお願い申し上げます。


この度は、ご注文誠にありがとうございます。

xxxx 様のご注文のデザインの内容に関しまして、念のためご確認させていただきたい点がございます。

xxxx 様のご注文のデザインは以下をお約束いただけますでしょうか?

1.著作権保有者に無断で画像や写真を使用していない。
2.写真を著作権保有者または、著作権利用許諾業者に許可なく使用していない。


※著作権保有者の方に無断で画像や写真を使用することは法律により禁止されています。
※作成依頼をお受けした場合、作成後のトラブルは弊社側では一切責任を負いかねますので、
あらかじめご了承ください。

大変お手数ですが、○月○日○時までに本メールの返信にてご連絡いただけますようお願い申し上げます。
お約束のご連絡が確認でき次第、ご注文商品の作成・発送手続きをいたします。

また、○月○日○時までにお約束いただけない場合はご注文をキャンセルさせていただきます。

上記メールがお客様に届きましたら、速やかにご連絡をお願いいたします。著作権について