Tシャツの干し方のコツとは?きれいに干すためのポイント10選

Tシャツの干し方のコツとは?きれいに干すためのポイント10選

直接肌に触れることの多いTシャツは、洗濯の頻度も高くなりますよね。しかし正しい干し方をしないと、首元が伸びてしまうなどの型崩れ、シワや色褪せの発生、そして着た時の嫌な臭いの原因になってしまうこともあります。お気に入りのTシャツと長く付き合うためには、干し方にも気を配らなければなりません。
そこで今回は、Tシャツの正しい干し方について、4つのテーマで合計10個のコツをまとめてみました。これを読めば、お手持ちのTシャツの寿命が延びること間違いなしです!

目次

首元が伸びないように干すコツ

首元が伸びないように干すコツ

Tシャツの印象を最も左右する場所が首元。ここが伸びてしまっていると、途端にだらしない印象になってしまいます。長年着続けることで伸びてしまうのは仕方ないですが、買ってもすぐに首元が伸びてしまう場合は、原因は干し方にあるかもしれませんよ。

コツ①:ハンガーは裾から入れる

ハンガーを使って干す場合、首元を伸ばしてハンガーを入れる人も多いと思いますが、これは絶対NGです。そうすることで首元に余計な負荷がかかって、生地が伸びる原因になってしまいます。そのため、ハンガーを使ってTシャツを干す場合には、上からでなく下から、つまり裾の部分からハンガーを入れるようにしましょう。
また、ハンガーは針金などの細いものでなく、肩に丸みのあるもの、滑り止めの付いたものを使うようにすることで、肩部分の型崩れを予防することができます。慣れないうちには少々面倒に思うかもしれませんが、それほどの手間ではありません。首元のヨレが気になる場合は是非実践してみてください。

コツ②:逆さにして干す

地球には重力があるため、濡れた洗濯ものの水分は上から下へ下がっていきます。その結果、ハンガー干しをするとどうしても首回りと肩の部分に負荷がかかり、首元の伸びや型崩れの原因になってしまいます。それを防ぐためには、ハンガーを使わずに、洗濯バサミを利用して逆さ干しするのがオススメです。
このとき、洗濯バサミ1つで干すと、不要なシワを生む原因になってしまうので注意。最低でも2つは使い、左右をしっかり伸ばした状態で干すようにしましょう。

コツ③:半分に折って干す

Tシャツを上下半分に折った状態で、物干し竿に直接かける干し方もオススメです。こうすることで首元と肩へ余計な負荷がかかるのを防ぐことができます。ただし、生地と生地が重なり合うことから、ハンガーを使って干すよりも乾くのに時間がかかります。取り込む際には内側がしっかり乾いているか確認するようにしましょう。
また、外干しする場合、物干し竿は風雨にさらされて汚れていることが多いため、そのまま干すとTシャツの胴体部分に汚れが付着してしまいます。干す前に雑巾などでしっかり汚れを取っておくよう注意しましょう。風に飛ばされるのが心配な場合には、洗濯バサミで挟んでおくと効果的です。

コツ④:平干しする

洗濯ものを縦にすると、どうしても重力の影響で伸びが生まれてしまいます。そのため、縦ではなく横、つまり平らな状態で干すのが理想的です。平干しをする際には、専用の「平干しネット」が市販されているので、それを使うのが最も効果的。メッシュ状になっているため、まんべんなく乾かすことができます。洗濯ネットが無い場合には、ピンチハンガーの上に置いて干すのもアリです。
とはいえ、平干しはスペースを取るため、全てのTシャツに適用するのは現実的ではありませんよね。特にお気に入りのものは平干しにするなど、他の干し方と上手く組み合わせて活用するようにしましょう。

シワにならないように干すコツ

シワにならないように干すコツ

干していたTシャツを取り込む際、シワが気になったことはありませんか?
シワというのは乾くときに定着する性質があるため、干し方を工夫するだけで防ぐことができるんです。ということで、ここではTシャツのシワを防ぐための干し方のコツについてご紹介していきます。

コツ①:洗濯後はすぐに干す

洗濯が終わったTシャツを洗濯機の中に放置しておくと、その間にシワが定着してしまい、せっかく干してもシワシワなままになってしまいます。
そのため、洗濯機が止まったらなるべく迅速に干すのが大切です。タイマー機能を活用するなどして、なるべくタイムラグを無くすようにしましょう。

コツ②:振りさばいて、余計なシワを取る

洗濯が終わった直後のTシャツは、他の衣服と絡み合ってシワだらけの状態。そのまま干してしまえば、シワもそのままに定着してしまいます。
Tシャツを干す前には、しっかり振りさばいて余計なシワを取るようにしましょう。両肩の部分を持ち、バサバサと数回上下に振るだけでOKです。ハンガー干しする際には、ハンガーにかけた後に手でTシャツをパンパン叩くのも効果的です。

色褪せを防ぐコツ

色褪せを防ぐコツ

黒や紺などの濃色のTシャツは、色褪せが気になりますよね。布の色を褪せさせる一番の原因は太陽光。太陽光に含まれる紫外線によって色を形成する分子がダメージを受け、それが退色を生み出します。そのため、太陽光をいかに避けるかがTシャツの色褪せを防ぐ際のポイントとなります。

コツ①:裏返して干す

外干しをする場合、太陽光に当たるのは避けられません。その影響を最小限に抑えるためには、裏返しにした状態で干すのが効果的です。
また、日なたより日陰の方が太陽光による紫外線ダメージは軽減されます。可能であれば日陰を選んで干すようにしましょう。

コツ②:部屋干しする

外に干すと、どうしても太陽光に当たってしまい、紫外線によるダメージを受けてしまいます。その結果、黒などの濃い色合いのTシャツの場合、首元や袖口などから退色してしまいがちです。そんな色褪せを防ぐためには、太陽光の当たらない室内で干すのが最も効果的です。
とはいえ、部屋干しをする場合には外干しよりも乾くのに時間がかかる場合が多いので、風通しを良くするなどして対策するようにしましょう。

嫌な臭いを防ぐコツ

嫌な臭いを防ぐコツ

洗濯したTシャツを着ようと思って、嫌な臭いが鼻についた経験はありませんか?その原因の大半は、完全に乾き切っていないままに取り込んでしまった結果生まれる「生乾き臭」です。
直接身に付けることが多いTシャツは、特に臭いが気になりますよね。そこで最後に、生乾き臭などの嫌な臭いを防ぐための干し方のコツについてご紹介していきたいと思います。

コツ①:風通しの良いところで干す

洗濯ものが乾くというのは、そこに含まれる水分が蒸発することを意味します。このとき、水分が蒸発するまでに時間がかかってしまうと、そこに臭いの原因菌が長く留まることにより、嫌な臭いである「生乾き臭」を作り出す原因となります。これを防ぐために最も重要なのが、風通しを良くするということ。
室内で干す場合にはどうしても風通しが悪くなってしまいがちなので、乾燥機やエアコンの除湿機能、扇風機やサーキュレーターなどを使って風通しを良くしてあげるのが効果的です。その際、可能であれば一方向からだけでなく、まんべんなく風が当たる状態にするようにしましょう。扇風機やサーキュレーターを使う場合には、首振り機能を利用するのがオススメです。

コツ②:1枚1枚を数センチ離して干す

洗濯もの同士の距離が近いと、せっかく風通しが良くても水分の逃げ場が無くなり、乾くのに時間がかかってしまうだけでなく、生乾き臭の原因になってしまいます。そのため、1枚1枚の間は最低でも数センチ間隔を空けて干すようにしましょう。
また、同じ大きさのものを並べて干すより大小入れ違いに干す方が、隙間が多くできるため、水分の逃げる余地が多く生まれます。Tシャツ以外にも干すものがある場合には、互い違いに干して空間を多く作るようにしましょう。

オリジナルTシャツの作成ならTMIXにお任せください!

オリジナルTシャツの作成ならTMIXにお任せください!

正しい干し方を実践して長く着られるとなれば、お気に入りのTシャツを新調したくなりますよね。そう思って探してみても、なかなかしっくり来るものが無い・・・。
そんな人は、オリジナルで作ってみてはいかがでしょうか?世界に1つだけのオリジナルTシャツを作りたい場合には、TMIX(ティーミックス)に是非お任せください!

TMIXなら簡単にデザインが作れます!

TMIXなら簡単にデザインが作れます!

TMIX(ティーミックス)では専用のデザインエディタをご用意しております。PhotoshopやIllustratorなどのデザインツールが一切必要がなく、パソコン、スマートフォンから簡単にデザインが作成できます。お気に入りの写真や画像も簡単にアップロード!テキストやスタンプを組み合わせて直感的にデザインが作れるのがTMIXのデザインエディタの特徴です。

デザインに困ったときはTMIXのデザインサポート

デザインに困ったときはTMIXのデザインサポート

「自分でオリジナルのデザインを作りたいけど、やったことがなくて不安・・・」
そんな方もご安心ください。TMIX(ティーミックス)ではプロのデザイナーによる「デザインサポート」を実施しており、手描きで書いたラフ画やイメージ画像、インスタグラムなどのスクリーンショットなどがあれば、それをもとにプロがデザインのお手伝いをさせていただきます。デザインサポート料金は無料!是非お気軽にお試しください。

TMIXでオリジナルTシャツを作ってみる

まとめ

いかがだったでしょうか?干し方1つで、Tシャツのヨレやシワ、嫌な臭いなどを予防することができます。
お気に入りのTシャツと長く付き合うためにも、今回ご紹介した方法を参考に、正しい干し方を実践するようにしましょう。


「Tシャツの干し方のコツとは?きれいに干すためのポイント10選」に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧