アイロンプリントシートの使い方を知りたい!布に転写する方法を徹底解説

アイロンプリントシートの使い方を知りたい!布に転写する方法を徹底解説

アイロンプリントシートの使い方を知りたい!Tシャツやバッグなど自分のオリジナルで簡単に作れるなら挑戦したいですよね。プリントしたいイラストや写真・文字などを転写できるシートに、家にあるプリンターで印刷して布にアイロンをかけるだけで、簡単にオリジナルグッズが完成します。
素材や用途に合わせていろんな種類のアイロンプリントシートがありますので、初めての人にもわかりやすいように使い方を徹底解説します。ご家庭用のプリンターに対応できる、アイロンシートの購入についてもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みくださいね。

目次

アイロンで転写できるシートの種類と目的について

アイロンで転写できるシートの種類と目的について

アイロンシートには、各メーカーによってプリントできる物とできない物、温度は何度で何秒と決まっており、取り扱いや使用条件が異なります。お気に入りのデザインをどんなタイプの布にプリントしたいのかで、使うアイロンシートの種類が変わるので、チェックしておきましょう。
ここでは、転写できるシートの種類から、生地の素材・プリンターのインクの種類など、目的に合わせた選び方を説明します。

アイロンプリントシートの種類

布地の色が赤や黒のような濃い場合は「濃色・カラー布用」で、白やパステルカラーのような薄い色には「白・淡色用」と、生地の色に合わせて選びましょう。無地だけではなく、初めからイラストや文字が印刷されたシートや、アニメのキャラクターが印刷されたものもあり、初めから選んでもOK。
また、ゼッケンや名札として名前を入れても印刷できるので、入園・入学準備にも活用できて便利ですよ。

生地の素材別の選び方

アイロンシートは、Tシャツやスエットのような綿生地やジャージ生地のポリエステル、傘やカッパなどのナイロン製など、いろいろな生地の素材に対応できます。
綿や綿混紡素材は熱に強いのでどんなプリントシートのタイプでも大丈夫ですが、熱に弱いポリエステルやナイロンなどの化繊は、低温用の接着シートを使用しましょう。

プリンターのインクの種類

家庭用のプリンターに対応できるかチェックが必要です。インクの種類には、インクジェット用とレーザー用があります。インクの中にも、染料インクと顔料インクの2種類あり、アイロンプリントに向いているのは顔料インクです。染料インクは水に弱いので向いていません。
プリンターで印刷する時は、一度普通紙で試し印刷すると良いでしょう。アイロンプリントシートで失敗しないですみますよ。

アイロンプリントシートの使い方

アイロンプリントシートの使い方

初めてアイロンプリントシートに挑戦しようと思っているあなたに、Tシャツやバッグなどの布製品がお気に入りグッズになるよう、失敗しないで転写する方法を分かりやすく解説します。
せっかくプリントしても剥がれてしまったり、洗濯して画像が割れてしまってはショックですよね。ここでは、Tシャツを例にアイロンシートの使い方やコツ・注意点なども交えて紹介しますので、ぜひ一緒にやってみましょう。作り方の順序は次の通りです。

1.プリントしたい絵や文字をアイロンシートに印刷する

自分で絵を描いたり、写真を撮ったり、またはパソコンでプリントしたいデザインを作成します。そのデザインを、ご家庭のプリンターでアイロンシートに印刷しますが、左右反転に設定しなくてはいけません。プリントした時に反対に写ってしまわないように注意が必要です。

2.プリントしたい画像をシートから切り抜く

プリントしたい部分の画像をキレイに切り抜きます。少し余白を残せば良いのですが、細かい作業になりますので、画像の部分を切らないように注意しましょう。

3.切り抜いたシートをのせてアイロンプレスする

切り抜いたシートをTシャツにのせて、アイロンで均一にプレスします。ここでは、空気が入らないように上からしっかり押しましょう。横に滑らせてアイロンをかけると、ムラができてしまう可能性があります。また、アイロン台は柔らかいものではなく硬いものを使うとしっかり圧着できますのでおすすめです。

4.アイロンの熱が冷めたらシートの裏側をはがす

アイロンプリントシートが完全に冷めてから、ゆっくりとシートの裏側をはがします。熱いうちにシートを剥がすと、プリントの部分が剥がれる可能性があるので注意が必要です。
また、アイロンの温度は低くてもしっかり圧着できませんので、アイロンの温度にも気を付けましょう。

5.仕上げシートをのせてもう一度アイロンをかける

プリントした画像の上に仕上げ用のシートをのせて、再度Tシャツにアイロンを上からプレスします。画像の周りも剥がれないように、しっかりと念入りにアイロンで圧力をかけましょう。
洗濯は、インクが落ち着くプリント後1日以上たってからおこないます。洗濯ネットに入れて優しく洗い、洗濯後はすぐに干すことで長持ちできます。また、色落ちする可能性がありますので、他のものとの洗濯は避けて下さいね。

アイロンプリントシートを剝がしたい時は?

アイロンプリントシートを剝がしたい時は?

アイロンプリントシートは、どのタイプも剥がれないように作られています。そのため、失敗した時にどうしても剥がしたい時にはどうしたらいいのか、剥がす方法を3つご紹介します。

濡らしたタオルを使う

濡らしたタオルを剥がしたいプリントの上に置いてアイロンで熱くして接着部分のノリを溶かします。
熱くなったアイロンプリントシートをピンセットで剥がしていきます。プリントの厚みによっては途中で剥がれてしまうことも。一度に取れない場合は、再びぬれタオルを置いてアイロンで何度でもやってみましょう。ぬれタオルを置くときは完全に乾いている状態でおこないます。

アイロンプリントシートを使う

剥がしたいプリントの上に、印刷されていないアイロンプリントシートを重ねてアイロンで熱を加えます。上からアイロンで熱を加えるとキレイにプリントが剥がれます。アイロンプリントは洗濯に強くて、白色・淡色用を選んでください。

消毒用エタノールを使う

Tシャツやバッグなどのプリント部分に、消毒用エタノールを染み込ませて、ピンセットなどを使って端から剥がします。ポロポロと剥がれてきますが、Tシャツやバッグなどの種類によっては色落ちする可能性もありますので、初めに色落ちしないかテストしておくと良いでしょう。
※繊維にしみ込んだインクは取れない可能性がありますのでご了承ください。

アイロンプリントシートはどうやって購入するの?

アイロンプリントシートはどうやって購入するの?

アイロンシートは、家電量販店やカメラ屋さん、100円ショップやインターネットなどで簡単に手に入ります。初めて使ってみたい人は、セリアやダイソーなどの100円ショップで手軽に試してもみても良いでしょう。
ここでは、家庭にあるプリンターの種類で失敗しないように、インクジェット用とレーザー用の2点を紹介します。

①インクジェット専用のアイロンプリントシート

インクジェット専用のアイロンプリントシート
引用元:楽天

 

インクジェットプリンタ専用で、アイロンで簡単に転写できキレイに仕上がります。体に有害な物質は一切使用していないので、安心して使用できます。
材質:ホットメルト樹脂 ラベルサイズ:210mm×297mm 入り数:4シート

②レーザー専用のアイロンプリントシート

レーザー専用のアイロンプリントシート
引用元:楽天

 

カラーレーザー・カラーコピー専用で赤や黒などの濃い色用ですが、白色・淡色用にも使用できます。綿や綿混紡素材対応で、洗濯にも強いタイプです。
ラベルサイズ:210mm×297mm(A4サイズ) 入り数:転写紙×3シート/仕上げ紙×1シート

TMIXならオリジナルデザインがきれいにプリントできます!

TMIXならオリジナルデザインがきれいにプリントできます!

「アイロンプリントシートを家のプリンターで印刷するのが面倒」「アイロンでしっかり付けられるか心配」と感じたら、TMIX(ティーミックス)でプリントを頼んでみる方法もありますよ。
TMIX(ティーミックス)では、自分でデザインしたイラストや写真・ロゴをプリントしてオリジナルTシャツやグッズを簡単に作成することができます。
ご自分のデザインに自信のない場合は「デザインサポート」をご利用いただければプロによってイメージに近いデザインに仕上げることもできます。デザインのイメージはあるけど上手く形にできない場合にお試しください!

TMIXでオリジナルTシャツを作ってみる

まとめ

自分の好きなオリジナルTシャツを作るための、アイロンプリントシートの種類や使い方、購入の方法をご紹介しました。簡単にプリントできますが、使い方がわかってもプリンターのインクや布地の素材・アイロンの温度などそれぞれ異なります。
アイロンプリントシートで、自分の好きなデザインのオリジナルTシャツを作ってみたいが、家のプリンターでキレイにできる自信がない、手作りは苦手なので時間がかかりそう・・・
質の高いプリントでオリジナルTシャツやグッズを作りたい!と思ったら、この機会にTMIXでプリントをお願いしてはいかがでしょうか?


「アイロンプリントシートの使い方を知りたい!布に転写する方法を徹底解説」に属する関連記事

オリジナルTシャツ人気ランキング!

記事のカテゴリ一覧