漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

ドリンクボトルはロードバイクの必需品!目的に合わせた選び方を解説

ドリンクボトルはロードバイクの必需品!目的に合わせた選び方を解説

目次

ロードバイクとは

ロードバイクという言葉を聞いたことがあっても、実際に乗ってみたことはないという方もいるのではないでしょうか。

ロードバイクとは、長距離のツーリングのための自転車のことです。

一般的な自転車よりも軽く、前傾姿勢で乗るタイプのもので、スピードが出やすいのがいちばんのポイントです。

このロードバイクに乗れば、10キロ以上走ることもできます。

ロードバイクに乗って本格的にレースに参加するだけでなく、最近は日常使いとしてロードバイクで通勤や通学をする方も増えています。

街中で、前傾姿勢で軽やかに走り去るロードバイクを見かけたことがある方もいることでしょう。

ロードバイクの特徴に、ドロップハンドルがあります。

このドロップハンドルは、握る位置次第で乗る時の姿勢が変わるので、長時間乗り続けても疲労がたまりにくく、スピードを調整しやすいという特徴があります。

初めてロードバイクを購入する場合は、細かく下調べをするのはもちろんのこと、実際にショップに行って乗り心地やハンドルの形状をチェックすることが大切になってきます。

ロードバイクを選ぼう

まずは何はなくとも、ロードバイクを用意する必要があります。

ロードバイク経験者は、カスタマイズをすることも多いものですが、初心者の場合はカスタマイズはほぼ不要です。

一般的な自転車と異なり、ロードバイクは付属品が付いていない状態で販売されていることがほとんどです。

中には、ペダルが付いていないものも多く、別料金になります。

雨が降った時のための泥よけ、自転車を立てておくためのスタンド、朝や夜に乗る時にはライトも不可欠です。

普通の自転車には必ずと言ってもいいほど付いている付属品が、ロードバイクには付いていません。

初めてロードバイクを購入する時には、実際にショップに足を運んでスタッフの方にアドバイスしてもらいながら選ぶようにしましょう。

細かいものもいろいろと必要になります。

スピードが出るロードバイクでは、どんな事故が起きるか分かりません。

ヘルメットは必ず装着するようにしたいものです。

鍵やタイヤに空気を入れるための空気入れも用意しましょう。

ロードバイクのフレームは、スピードを出すために軽い素材でできています。

大半は軽量でリーズナブルなアルミ製のフレームになります。

他に、衝撃吸収に優れているクロモリ、いちばん軽いカーボンなどがあります。

クロモリは、割れたりヒビが入ったりした時に修理しやすいメリットがありますが、費用が高額です。

ロードバイクを始めてみて、長く続けたいと思ったらクロモリを検討してもいいかもしれません。

初めて購入する時のおすすめは、やはりリーズナブルなアルミです。

アルミ製のフレームは軽い上、さびにくいメリットがあるので、扱いやすいのが特徴です。

目的に合わせてロードバイクを選ぶ

自分の背丈に合ったロードバイクを選ぶためにも、ショップで一度試乗してみることが大切です。

腕や脚の長さによっても乗り心地が違ってくるので、自分の体型に合ったモデルのものを選ぶことが重要です。

何台かのロードバイクを試してみましょう。

もちろん見た目も大切です。

せっかくのロードバイクですから、デザインや色が気に入ったものを選んで長く愛用したいものです。

多くのメーカーから様々なタイプのロードバイクが発売されているので、時間をかけて自分が気に入る1台を探してみてください。

更に、自分の目的に合わせて選ぶことも忘れないようにしましょう。

レースに参加したいのか、50キロ以上の長距離を走りたいのか、通勤や通学用として街中を走りたいのか…など、目的に合わせてフレームやグレードを選ぶことが重要です。

例えば、通勤や通学、ちょっとしたサイクリングなどで20キロぐらいまでの距離を走る場合、比較的リーズナブルなもので10万円前後のものを選べば快適に楽しめます。

5万円前後の安すぎるものは、ロードバイク用の部品を使っていないこともあるので注意が必要です。

50キロから100キロの長距離を走りたい場合は、コンポ(自転車を構成する部品)にこだわりましょう。

有名メーカーであるシマノなどは、日本製ということもあり、特に人気があります。

レースに参加したいと思ったら、できるだけ性能のいいものを選ぶことをおすすめします。

軽いカーボンフレームのものであれば、速度が上がったり、坂道を楽に上れたりと、様々なメリットがあります。

とにかく価格が高額なので、初心者はめったに手を出さないタイプです。

とにかく水分補給が大事

ロードバイクで走る時にいちばん大切なのは水分補給です。

夏場はもちろんのこと、特に暑さを感じない時期にも水分は忘れずに摂るようにしましょう。

暑い時期に自転車に乗ったことがある方は感じたことがあると思いますが、汗をかくような季節でも自転車に乗っている間はあまり汗を感じません。

自転車に乗り続けている間は常に風が体に当たっているため、汗が乾きやすい状態にあります。

でも、実は体内の水分は自転車をこいでいる間に体内から汗として出ています。

その汗が風に当たることによってすぐに蒸発してしまうため、自分が汗をかいているということに気づきにくいのです。

人間の体は水分が体重の約3%失われると、危険な状態になってしまいます。

自転車をこぐような動きをしていると、特に汗をかきやすく水分がすぐに不足してしまいます。

ロードバイクで長時間走っていると、ついつい水分補給のことを忘れてしまいがちですが、できるだけ意識してこまめに水分補給をすることが大切です。

額など、顔に汗を感じないとどれぐらい水分が不足しているのか気づかないため、口の中に粘りを感じるようになってきたら、水分を摂るようにしましょう。

「のどが乾いたな」と思った時には遅すぎるとも言われます。

脱水症状になる前に水分補給をすることを忘れないでください。

長時間水分を摂らずにロードバイクで走り続け、喉が渇いた時にだけ大量の水を一気に飲むという飲み方は避けましょう。

長時間に一度、まとめて水分を摂っても吸収される量には限りがあるため、ほとんどの量が吸収されずに、尿となって排せつされてしまいます。

ロードバイクで走り始める前に、まずはコップ1杯の水を飲みましょう。

個人差や環境にもよりますが、走っている間には1時間に500ミリリットル以上水分が必要なので、20分間隔でこまめに摂取するようにしてください。

スポーツドリンクは体内に吸収されやすいと言われていますが、ロードバイクで長距離を走る時に適しているのは、水です。

スポーツドリンクには意外と糖分が多く含まれているため、1日にたくさんの量を摂るのには適していません。

その点、水だったら不要な糖分を摂り過ぎる心配もありませんし、万一、途中でケガをした時にも、傷口を洗い流したり、患部を冷やしたりすることもできます。

また、水がなくなってしまっても、道中どこででも、水だったら調達することができます。

そのためにも、ボトルは忘れずに携帯するようにしましょう。

ロードバイク用のドリンクボトルを用意しよう

速く走ることに特化して作られているロードバイクには、余計な装備が一切ありません。

そのため、普通の自転車のように前や後ろに荷物を入れるカゴのようなものも付いていません。

自転車をこぎ続ける時に水分は必需品だからボトルを携帯しよう…そう思っても、果たしてボトルをどうすればいいのでしょうか。

リュックなどに入れておいては、飲みたいときにサッと取り出せず不便です。

ロードバイクで移動中は、信号で止まった時などにサッとボトルを取り出して水分補給をしたいものです。

そんな時に、いちいちリュックやバッグからボトルを取り出している時間はありません。

また、ペットボトルのようにキャップの開閉が必要なものも、自転車に乗ったまま飲むことには向いていません。

実は、そんな時に便利な、ロードバイク用のドリンクボトルがあるのです。

ロードバイク用に作られたボトルには、飲みやすさを始めとして様々な工夫がされています。

ロードバイクのフレームにボトル用のパーツを付ければ、簡単にボトルを取り付けられて、ちょっとした時間にすぐに水分を摂ることができます。

ボトルをセットするためのパーツのことをボトルケージと呼び、様々な種類や素材のものがあります。

ロードバイクの前輪上部のあたりのフレームか後輪手前あたりのフレームに、自転車にまたがったまま、すぐにボトルを手にとって飲むことができるボトルケージを装備しておきましょう。

サドルの後ろに付けるタイプのボトルケージもあり、長距離の移動の時の予備をセットしておくことが可能です。

ケージには、プラスチック製、金属製、カーボン製と3種類があります。

カーボン製は軽さの点で優れていますが、価格が高額です。

そのようなことから、プラスチック製のものを使う方が多いようです。

使い勝手はどれもあまり変わらないので、価格、色やデザインなど、好みで選んでも問題ありません。

ただ、フレームに直接付けっぱなしにしておくため、夏場などはかなり暑さの影響を受けます。

ボトルの中身の温度が外気に左右されないタイプのものがおすすめです。

ロードバイクにケージをセットしたら、いよいよドリンクボトルを選びましょう。

ロードバイク用のドリンクボトルには、様々な容量、サイズのものがあります。

常に水分を調達できるとは限りませんので、夏場は特に大きめのボトルがあると安心です。

主流なのは、600ミリリットルから700ミリリットルぐらいの容量のものです。

もちろん、自分のロードバイクのフレーム部分に邪魔にならない程度に取り付けできるサイズのものを選ぶようにしましょう。

プラスチック製のボトルには、ほとんどの場合、保温や保冷の能力がありません。

もしも冷たいものを飲みたい方は、二層構造のものなど、温度をキープする能力のあるものを選ぶとよいでしょう。

そして大切なのが、飲み口の形状です。

ロードバイク用のドリンクボトルには、3つのタイプがあります。

『ジェットバブル式』は、ボトル部分を握ることで水分が飲み口から出てくるタイプです。

逆さまにしてもこぼれることがないので安心です。

『プル式』は、飲み口部分を引っ張る構造になっていて、指でつまんだり、歯で挟んで引っ張りして飲み口を開くことができます。

『ウォーターゲート式』は、逆さまにしてもこぼれず、飲み口は引っ張って開閉するという、両方のいいとこ取りのボトルです。

どの種類も、ペットボトルのようにキャップをひねって開ける手間が不要なため、ちょっとした短時間でもロードバイクにまたがったままで、スムーズに飲み物を飲むことができます。

タイプから選ぶ他、色やデザインから選ぶのも楽しい選び方です。

自分が乗るロードバイクと合う色や好きなデザインのものを選べば、ロードバイクに乗るたびに気分が盛り上がります。

また、意外と見落としがちなのが手入れのしやすさです。

飲み口が小さいものが多いドリンクボトルは、洗う時に手が入らないものも少なくありません。

手入れのしやすさを考えたときにおすすめなのは、飲み口と本体を分解することができるタイプです。

細かい部分やボトルの底部分まできれいに洗えるようなものを選びましょう。

ケージでドリンクボトルを取り付けておく他、予備のボトルをリュックや鞄の中に入れておけば更に安心です。

この場合は、ボトルをロードバイクに取り付けておく必要もないため、ごく普通のもので十分です。

ただ、プラスチック製のものなど、できるだけ軽いものを選んだ方がいいでしょう。

TシャツなどにオリジナルプリントをしてくれるTMIXでは、プラスチック製のドリンクボトルも扱っていて、このような商品にもオリジナルプリントをしてくれます。

透明のスクエア型のボトルは、ブラック・ホワイトの2色展開になっており、1点からオーダーが可能です。

自分の名前や好きな言葉、イラストなど、自由にプリントをしてもらえるので、オリジナルボトルを手軽に作れます。

友達やサイクリング仲間とお揃いで持つのも楽しいですね。

自分が持っている画像の背景を透過したり、手書きのデザインを元にデータ化することもできるので、デザインの幅も広がります。

薄型タイプなので、リュックやバッグの中で邪魔になることがないのも、ポイントです。

TMIXではドリンクボトルはございませんが、オリジナルデザインで作成できるクリアボトルやステンレスボトルを販売しております。

世界に一つだけのオリジナルデザインのボトルを作ってみませんか?

TMIXでオリジナルボトルを作ってみる

ドリンクボトルはロードバイクの必需品!目的に合わせた選び方を解説に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧