漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

マグカップの容量はどれくらい?用途に合わせたマグカップを選ぼう!

マグカップの容量はどれくらい?用途に合わせたマグカップを選ぼう!

朝のコーヒータイムから、仕事の合間、休日ののんびりタイム。私たちの生活の中の、ほっと一息休憩時間の相棒マグカップ。自分で買うのはもちろんですが、マグカップはプレゼントの定番商品としても人気がありますよね。

そんなマグカップ、日々の暮らしに密着するものだから、機能性にもこだわりたいし、お気に入りのデザインのものも気になる・・・・そんな方も多いのではないでしょうか。かわいいキャラものやおしゃれな北欧柄から、歴史ある食器メーカーや海外輸入のブランド品まで、さまざまな商品がありますよね。さらに、保温に優れたもの、レンジOKのものなど機能性もまちまちなので、どれを選ぶべきか迷ってしまいませんか?

この記事では、マグカップの「容量」に注目していきます。この記事を読んで、あなたのお気に入りのマグカップをぜひ見つけてみてください。

目次

「マグカップ」とは?

「マグカップ」とは?

マグカップの一番の特長は、持ちやすい大きな取っ手です。手の大きい方は、コーヒーカップの取っ手が小さく感じられる機会があるのではないでしょうか。マグカップは、熱いコーヒーやお茶などを快適に飲むために、とてもよく工夫されたカップです。コーヒーカップやティーカップに比べ、片手でしっかり持つことができます。

ちなみに、マグカップという言葉は和製英語で、英語ではマグ(mug)といいます。

マグカップの容量

マグカップの容量

明確な定義があるわけではありませんが、マグカップはコーヒーカップやティーカップより容量が大きめです。

一般的には250ml〜400mlくらいの容量のカップを指します。

ラス製のマグカップやサーモマグなどは厚みがあるため、他のものと比べて容量が少なくなっており、200ml〜250mlくらいのタイプが主流です。

また、プレゼントや記念品等で使われることの多い「オリジナルマグカップ」を作る場合、「オリジナルデザインをプリントする」という前提があるためか、350ml〜450mlくらいの比較的大きめのサイズのものが使われることが多いです。

普段そこまで意識することのないマグカップの容量ですが、注目してみると入れる飲み物や使う場面によって変わってきます。

コーヒーを例にした様々なカップの容量の目安~カップ選びの参考に~

レギュラーカップ

容量はおよそ120ml~150ml程度。
レギュラーコーヒーを提供するのによく用いられるカップで、飲み口の厚みや広がり方がカップによって異なり、それぞれ風味の感じ方が異なります。
カフェによっては、提供するコーヒーの銘柄や焙煎度合いでカップを変えるこだわりがある所もあります。
様々なコーヒー器具の1杯分の基準はこのレギュラーカップ1杯分(120ml程度)のことが多いです。

マグカップ

縦長のカップで容量は200ml~250mlくらい。
レギュラーコーヒー以外にもアレンジコーヒーなど色々なドリンクに活用され、家庭でも広く使われています。

エスプレッソカップ

1ショット=約30mlのエスプレッソを入れるのに適したカップ。
容量は30~60mlくらいで、エスプレッソが冷めないように厚手のものが多く、苦味を抑えて飲みやすくするため飲み口に丸みがついていることがあります。エスプレッソを美味しく飲むための工夫が随所に見られます。

デミタスカップ

「demi(デミ)」「tasse(タス)」はフランス語でそれぞれ「半分」「カップ」の意味。
レギュラーカップのおよそ半分、60~80ml程度の容量のカップです。
濃いコーヒーやエスプレッソを提供するのに使用されます。
容量が似ているエスプレッソカップと混同されがちで、エスプレッソカップとしてデミタスカップが販売されたり、逆にデミタスカップとしてエスプレッソカップが販売されたりしていることもあります。

マグカップの正確な容量を確かめたい

マグカップの正確な容量を確かめたい

基本的には、おおよその目安でよいと思いますが、中には正確な容量が知りたい方もいますよね。マグカップの容量の記載がある場合はそれを確認すればよいでしょう。しかし、ショップやメーカーによっては、マグカップの寸法だけが書いてあって容量が書いていない場合があります。

その場合「底面積×高さ」(半径×半径×3.14)で求めることができます。ちなみに、【1cc = 1ml = 1㎤】も覚えておくと便利です。

用途に合わせた容量のマグカップを選ぼう

用途に合わせた容量のマグカップを選ぼう

マグカップは日常でも親しまれる物なので様々な種類の物があります。しかし、自分に合ったマグカップはどんな物なのか分からないという方は少なくないでしょう。そこでマグカップの選び方の目安をご紹介します。

マグカップは、飲み物を持って歩くこともあるので基本的には大きめの物をおすすめします。そして、普段、どんな飲み物を良く飲むかによって使いやすいマグカップのサイズも変わりますので、その判断基準をご紹介します。

ホットがメインの方

暖かい飲み物をメインに飲むなら250cc~300ccのサイズの物がおすすめです。一般的なコーヒーの1杯の容量は120cc~150ccと言われているのでその基準を考えたら250cc~300ccが適切だからです。

このサイズであればコーヒー1杯が大体マグカップの6割くらいになるので誤ってこぼしてしまうという思わぬトラブルを避けやすくなる事でしょう。

ホット、コールド併用

ホット、コールド両方で使うという方はやや大きめのサイズがおすすめです。特に夏は汗をかいて水分補給が大事ですからたくさん飲みたいという場合も少なくありません。大は小を兼ねるという諺がありますが、多少大きめのサイズであれば少なめにも対応できるのでおすすめです。

サイズの目安は350cc~400ccです。

アウトドアで使う

多くのマグカップは300cc~400ccが一般的ですが、アウトドアでの利用も考えると、400ccを超えるマグカップもあります。マグカップとしての用途以外にもクッカーとして利用することがあるからです。

一般の家庭であれば400ccを超えるマグカップはやや使いにくいシーンが出てくる可能性もあるため、300cc~350ccを目安に購入するのがおすすめです。

容量以外でマグカップを選ぶ基準

容量以外でマグカップを選ぶ基準

素材別で選ぼう

陶器

マグカップの代表的な素材といえば、『陶器』ですよね。陶器の特徴は、何と言っても熱の伝導性が低いこと。陶熱々のコーヒーやキンキンに冷えたビールを入れても持ちやすく使い勝手がよいのが特徴です。また釉薬を塗っているため、水や汚れが付きにくく手入れが簡単なのが助かります。焼き加減や作り手によっても特徴があるので、お気に入りのマグカップを探すのも楽しいですよね。

陶器には様々な絵柄が描かれているものがあるため、好きなデザインを選びやすいのも魅力です。

ステンレス

最近よく目にするようになったステンレス製のマグカップ。軽くて頑丈なマグカップで小さい子どもから使うことができます。ステンレスは金属のなかでも熱伝導率が低めなため、保温効果が高いものが多いのが特徴です。

とくに真空になるタイプのものだと、6〜9時間経過してもなかに入れた飲み物の温度が保たれているため、外出するときに助かります。

また落としても割れにくく耐久性にも優れているため、高級な陶器よりも手軽に使えるとして人気があります。

ガラス

透明な『ガラス』製のマグカップは、花や色が美しいハーブティを入れると綺麗な見た目でも楽しめるのが魅力です。カップの中身が透けて見えるため、どんな飲み物を入れているのか、飲み物の残量がどのくらいあるのかもわかりやすくて助かります。紅茶好きの方にぴったりです。

またガラスは冷たい飲み物にはもちろん、熱に強いため温かい飲み物にも使えるのが便利です。電子レンジや食器洗浄機でも使えるため、綺麗な見た目だけではなく使い勝手のよさにも人気があります。

保温性で選ぼう

デスクワークをしている方は、保温性を重視する方が多いですよね。温かい飲み物をいつまでも熱々で飲みたい方は、金属製や陶器など保温性の高いものを選ぶのがおすすめです。

例えばステンレス製のマグカップで、なかが真空になる蓋付きタイプのマグカップは数時間経っても温かい状態が続くため人気があります。保温性が高いタイプは冷たい飲み物も保冷できるため、冷蔵庫までいちいち取りに行く必要がなく便利です。

また飲み口がスライド式になっているものもあり、狭いデスクスペースでも大事な書類の上にコーヒーをこぼす心配がなく助かります。

ブランドで選ぼう

プレゼントにもぴったりのマグカップ。大切な人への贈り物や少し特別感のあるマグカップを選びたい場合には、有名なブランドで選ぶのがおすすめです。

相手の好みや雰囲気にぴったりのブランドを探してみましょう。マグカップは何個あっても困らないし、高級感があり、洗練されたデザインのものはインテリアとしても素敵なので、喜ばれること間違いなしです。

オリジナルデザインのマグカップを作ろう!

オリジナルデザインのマグカップの作ろう

デザインにこだわって選びたいならオリジナルデザインのマグカップもおすすめです。オリジナルのマグカップなら、いつもの休憩時間がとても楽しい気分になります。

オフィスでは誰かと被ることもないし、洗って置いておいても間違えて持っていく人もいなくなるのもよいですよね。イニシャルや名前を入れれば、記念品やプレゼントにもぴったりです。お子さんと一緒にデザインを考えるのも楽しいですよね。

オリジナルデザインのマグカップを作るならTMIXがおすすめです。

TMIXはフォトショップなどの専用ソフトがなくても無料専用エディタで誰でも簡単にデザインが作りことができます。スマホからでもすぐにデザインを作ることができます。
オリジナルデザインですが、マグカップ1個~注文することができるのも大きな魅力です。さらに、オーダーメイドで作れるのに注文してからなんと3営業日で発送可能で、急なイベントやプレゼントにも利用することができます。

オリジナルデザインマグカップを作る場合は、ぜひTMIXをお試しください。

TMIXでオリジナルマグカップを作ってみる

マグカップの容量はどれくらい?用途に合わせたマグカップを選ぼう!に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧