オリジナルキーホルダーを激安価格で手頃に作るには?

オリジナルキーホルダーを激安価格で手頃に作るには?

目次

オリジナルキーホルダーを激安価格で手頃に作るには?

オリジナルキーホルダーを作りたいけど少しでも価格を抑えたい、でも安っぽいオリジナルキーホルダーは作りたくはないと思ってはいないでしょか。 そこで、オリジナルキーホルダーの価格が決まるポイントを解説していきます。大体が下記の要素で価格が決まってきます。大事だと思うポイントには予算をかけ、こだわっていないポイントで価格を抑えるのが最も賢く、満足のいくオリジナルキーホルダーを作ることができます。

オリジナルキーホルダーの価格を決めるポイント

オリジナルキーホルダーの価格を決めるポイント

1.キーホルダーの種類と大きさ

オリジナルキーホルダーの元となるキーホルダーの種類によって価格が変わってきます。アクリル素材とPUレザーだと後者のPUレザーのほうが少し価格が安くなります。また、キーホルダー自体の大きさでも価格が変わり、小さいサイズのキーホルダーだと価格が少し安くなります。キーホルダーの大きさにこだわりのない方は小さいサイズのキーホルダーを選ぶのがおすすめです。

キーホルダーの種類と大きさ

2.印刷する面積

キーホルダーにプリントする面積によっても価格は変わってきます。一般的にはプリントする面積が大きいほど価格が高くなり、プリントする面積が小さくなればその分価格は抑えられます。TMIXのオリジナルキーホルダーの場合、印刷範囲がありますが、それぞれ印刷可能な範囲いっぱいにデザインをしても面積が大きくなることによって料金が上がることはありません。

印刷する面積

3.プリントする色数

キーホルダーにプリントする色数によって価格が変わってきます。色数が多いほど価格が高くなり、色数が少ないほどその分価格が抑えられます。TMIXのオリジナルキーホルダーは何色使っても、高解像度の写真を使っても価格は一切変わりません。

4.制作する点数

オリジナルキーホルダーは、制作する点数が多いほど1点あたりの価格が下がります。TMIXでは商品やデザインがバラバラでも、10点から割引が適用されるドンドン割は、最大50%OFFの割引が適用され大変お得となっております。また、購入点数が10点未満でもTシャツやパーカーなどと一緒に購入いただければオリジナルキーホルダーが30%割引で購入できるとってもお得な割引制度「あわせ買い割引」がございます。

※カートの商品数が10点以上の場合は、ドンドン割が適用されます。あわせ買い割引は、9点以下の場合に適用されます。

キーホルダーの種類と特徴

キーホルダーの種類と特徴

アクリルキーホルダー

アクリル素材で作られているタイプで、透明なキーホルダーの他、ホワイトアクリルなど、カラーベース素材のアクリルキーホルダーもあります。

クリアアクリルのキーホルダーは、透明感が高いという特徴があるので、どのようなデザインでもキレイに映えますし、逆に淡いカラーで透明感を生かしたデザインするなど工夫した作りも可能です。

デザインをしっかりと映えさせたいのであれば、ホワイトアクリルキーホルダーへの印刷加工がおすすめです。 渇水性があるので、汗や雨にも強いという特徴があります。

しなやかさや耐久性はガラス素材よりも優れているといわれており、耐久性を要する水族館の水槽として使われているほど。 長く使えるというメリットもあります。

鍵につけたり、カバンやスマホにつけて使用しても破損はしにくいです。 他にもポーチのチャームとしてつけたり、自分の私物を見分けやすくする目印としても最適。 利用用途が多いので、ノベルティとして作られる事も多いです。

形状も自由に加工できるという特徴もありますので、丸型や四角形など、自分の好みの形状を選べます。 価格も他の素材に比べ、比較的安価で作る事が出来ますので、手軽に購入、使用できる素材として愛用されています。

レザーキーホルダー

動物の革を使用した本革のキーホルダーと合成皮革素材(PU革・合皮)のキーホルダーがあります。

共に加工はしやすいという共通の特徴がありますので、形状の加工は自在。

本革は高級感もあり、手にしっくりと馴染みやすい使用感です。 そして使い込むごとに色合い、風合いが濃くなるなど、経年変化を楽しみながら使用できる素材なので、長く使用できるといった特徴があります。

ただ、水分には弱く、雨や汗・水辺のアウトドアなど、濡れやすい状況下での使用はあまりおすすめできません。

一方、合成皮革素材はポリ塩化ビニールやポリウレタン樹脂が主な原料。 本革に比べると使える年数は約3年程度と考えられています。 使われているポリウレタンは、空気中の水分を含んで化学反応を起こし分解されてしまう加水分解現象が起きる事も。 合皮の表面にヒビが入り、剥がれたりべたつくといった変化があった時は合皮の寿命(交換時)と考えてください。

とはいえ、合皮素材の方が本革に比べて価格も安く入手できるので、使用時の手軽さやコスト面は合成皮革素材の方が優秀と言えるでしょう。

本革に似た風合いの素材に加工されており、耐水性が高いです。 ちょっとした汚れや水分であればサッと拭く程度でキレイになるので使いやすいというメリットもあります。

メタルキーホルダー

金属類を加工して作られたキーホルダーで、金属の種類はチタン・ステンレス・亜鉛合金・真鍮などさまざま。

プレート状といったベーシックなものから、立体や半立体といった形状の加工、複雑なデザインも可能ですし、動きのあるギミックのキーホルダーなど、加工技術次第で多数のデザインがあります。

型に圧入する事で瞬時に形を加工するダイキャスト技術もあるおかげで、形のある金属加工も自在です。 金属性なので強度がありますが、その分、他の柔らかい素材に傷をつけてしまう可能性があります。 収納時は専用のポーチやポケットに入れるといった対策で他のアイテムとの干渉を防ぐと良いでしょう。

金属製キーホルダーは見た目でも存在感は抜群。 金属ならではの重厚感があり、強度もあるので長く使えるといった特徴があります。

色の塗装はニッケルメッキが使用されています。 仕上げにニッケルメッキを飾す事で、発色の良さが映えるだけでなく、光沢の良さや変色が起きにくいという特徴も。

金属というと錆びてしまわないだろうか?という心配もあるかもしれませんが、その場合は錆びにくい素材を選んでみてください。 錆びにくい金属としてチタンやステンレス、アルミニウム(アルミ合金)などがあります。

木製キーホルダー

様々な木材を加工して作られる木のキーホルダーです。

木の材質はヒノキやカシ・ナラ・ヤマザクラ・チーク・竹素材など多くのキーホルダーがあります。 ここ最近では、森林環境の保全を意識して、適切に管理されたFSC認証材を使用しているキーホルダーも見かけるようになりました。 カット技術も向上しているおかげで多彩な形状にも対応でき、より複雑なデザインに対しては、レーザーを活用したカットで制作されています。

キーホルダーへのデザイン加工は印刷や焼き印、レーザー彫刻など、自由度が高いです。 加工の仕方によって違った印象の見た目になります。 デザイン次第で和風な感じからモダン調、アンティーク感ある見た目など違う雰囲気に仕上がるのも楽しいです。 ウッドキーホルダーの良いところは持った時に手にしっくりと馴染む感覚の良さ。

使用する木材によって木の風合い、色、木目などそれぞれ違いますので、他に全く同じものが存在しないです。

プレートタイプにして軽くて使いやすいキーホルダーにするのも良いですが、ホテルのキーホルダーのような大きさで作るのも木のキーホルダーなら可能。 存在感があるのでカバンの中で迷子になりにくいです。 木素材のキーホルダーは長く使えますが、傷やへこみが入りやすいのでご注意ください。

ラバーキーホルダー

ラバー製のキーホルダーというと本物のゴム素材で作られているイメージがありますが、実はゴム素材に似た別の素材です。

ここ最近ではPVC素材から作られる事が多いソフトラバー製のキーホルダー。 ラバー製のキーホルダーでも一般的なPVC素材を使用している例もあります。 環境ホルモンに配慮したいようであれば、素材の確認をすると良いでしょう。 環境問題に関わるフタル酸エステルを含まないPVCとしてATBC-PVCやDOTP-PVCラバーもありますのでチェックしてみてください。

ラバー製のキーホルダーはカラーが豊富。 フラットな形状から半立体の2D 、3D形も自在に作れるので、キャラクターやロゴに合わせた形状での作成もできます。 他の素材のキーホルダーと比較しても比較的安価で作る事も可能です。 制作に関する自由度が高いので、ノベルティや販促、物販用やグッズなどでも使われます。

ラバー製のキーホルダーは傷もつきにくく、ちょっと汚れてもさっとふき取る程度のお手入れで大丈夫です。 本物の生ゴムなどは経年劣化しやすいといった特徴がありますが、一般的にキーホルダーで使用されているPCVラバーは経年劣化もしにくいといったメリットがありますので長く愛用できます。 また、熱にも強い一面を持っており、硬さ自体もそれほどありませんので、無造作にカバンにしまったとしても、他の物に当たって傷がついてしまうといった心配も少ないです。

キーホルダーに使われる金属パーツの種類と特徴

キーホルダーに使われる金属パーツの種類と特徴

ボールチェーン

玉がたくさんつながっている形状のチェーンです。

球体がたくさん連なっている一般的なボールチェーンもありますが、多面体にカットされたような形状のボールが連なっているチェーンもあります。

細いタイプから球が大きめのタイプまで様々なタイプがありますが、キーホルダーで使用するタイプはキーホルダー本体の穴自体がそれほど大きくないといった都合で、やや細めのボールチェーンを使用する事が多いです。 好みの長さに調整してエンドパーツ(コネクター)でつなげて使用します。

カラーも以前はシルバーのみというイメージがありましたが、最近ではアンティーク調やゴールドカラーのメッキ、そしてカラーボールチェーン等多様化してきていますので、キーホルダーのカラーに合わせてカラーボールチェーンを使用する人も。

材質は鉄製や真鍮製が一般的に多いですが、金属アレルギーが気になる人向けにステンレス製やゴールドフィルド製のボールチェーンも登場していますので、好みのボールチェーンをカスタムして使用する事が出来ます。

汚れにも強く使いやすいのですが、ボールチェーンを使用している時にエンドパーツ自体が外れやすいといったデメリットも。 最近はこのエンドパーツ部分(コネクター)に装着してはずれにくくするアイテムも登場していますので、合わせて使用すると対策できます。

ナスカン

ナスカンはDカン部分のパーツとフック部分の間に回転カンがついているパーツ用金具です。

キーホルダーの金具として装着する場合は、Dカンにリングがついているタイプがおすすめ。 リング部分にキーホルダーを装着して使います。 装着はフック部分を押し込んで装着できる網ナスカンタイプと、レバー式で装着できるレバーナスカンタイプがあります。

イナスカンは押し込む形状の網ナスカンと同じ分類になりますが、押し込み部分がやや細めです。 ナスカンの形状は多く見かける細長い形状の鉄砲ナスカン以外にもハート形やスターなど様々な形状があります。 通常、Dカン使用部分も角型や楕円型があり、ナスカンのサイズ表記については、Dカン部分の内径サイズを元に表記されていますので、参考にしてみてください。

ナスカン製品の材質は、亜鉛ダイキャスト製の場合カラーはニッケル・アンティーク・金メッキなどで表面処理されています。 他にもプラスチック製のナスカンもあり、カラーが豊富です。 そしてナスカン金具の多くは回転式になっているので、カバンの中で色々な向きになっても柔軟に対応でき、壊れにくいといったメリットも。 先述のボールチェーンに比べて、外れにくいという安心感もあるので、バッグや金具部分に引っ掛けてしっかりと装着できます。 実用性重視で利用できる金具です。

二重リング

二重カンとも呼ばれている金具で、二重に巻かれている見た目です。

種類は通常の線二重カンと、押し加工がされている押し二重カン、二重まで巻いておらず、1周半程度の巻き加工がされている半二重カンといった種類もあります。

材質は鉄製のものが多く、カラーではゴールド、シルバー、アンティーク調カラー(金古美)、銅といったカラーのメッキ処理が施されています。金属アレルギーの人向けにステンレス製、チタン製、ゴールドフィルド製も販売されるようになりました。

購入の際にサイズ表記されている場合は、最初の数字が巻いている金具線の太さ×内径という表記です。

キーホルダーやアクセサリーをつける際に、丸カンを使用する機会がありますが、丸カンは強く引っ張られる力には弱く、隙間ができやすいです。 そのため丸カン自体が外れやすくなるといったデメリットがあります。

二重カンの場合は引っ張られる力にも強く、丸カンのように隙間が出来てしまう事もありません。 ただ、装着の際に二重カンを広げつつ装着したいものに通さなくてはいけないため、若干のコツと力がいります。 広げることが出来る幅もあまり広げられないので、あまり太さや幅広のものに通すのには不向きなので注意してください。

ワイヤーリング

ワイヤーキーホルダー・キーリング・キーチェーンといった名前でも呼ばれているパーツ。

ワイヤーとクラスプのみの構成なので、かさばらないというメリットもありますし、つけるキーホルダーやチャームを工夫してオリジナルキーホルダーを作れます。

サイズやワイヤーの太さ、カラーも豊富にあり、しっかりとつなぎ留める事が出来るのも特徴の一つ。 一般的に見かけることが多いのはねじタイプで、クラスプ部分のつけ外しは金具部分を回転させてねじ式金具を外し、お好みのチャームやキーホルダーをつけ、再び金具同士をねじ込む要領で締めていきます。

ワイヤー部分は外れた時に、まっすぐになろうとする反動があり、クラスプ部分が外れた瞬間にワイヤーがピシッと反って手などに当たってしまう事がありますので、ご注意ください。 ねじ込み回転式なので、外れにくいしワイヤーだから丈夫というメリットがある一方、しっかりつなぎとめているクラスプ部分そのものがデメリットなる事も。

クラスプ部分は多少の太さがあるので、通す穴自体が小さいチャームやーキーホルダーの場合は通しにくいです。 対策としてはワイヤーリングを細いサイズに変更してみてください。 通せないけれどチャームやキーホルダー側の金具を広げる事が出来る場合は、金具を開いてワイヤー部分に直接つけるといった方法で対応できます。

キーフック

見た目は釣り針のようなデザインのキーフック。

好みのキーホルダーをつけ、フック部分をベルト通しやベルト、金具などに引っ掛けて利用します。 キーホルダー金具として利用するキーフックは釣り針をイメージしたデザインのものが一般的ですが、外れにくいように細長いUの字になっているデザインのものが多いので、手軽に引っ掛けることが出来るようになっています。

組み合わせるキーホルダーやチャーム次第でかなりファッション性を意識したアイテムとしても活躍してくれるでしょう。 見た目のデザイン性では優れていますが、Uの字型という形上、何らかの動きや金具の方向次第では、外れやすくなってしまうという可能性もありますので、注意してください。 もし外れるのが心配という場合はカラビナタイプを選ぶという選択肢もあります。

シンプルなデザインから、メタル真鍮製のトライバルデザインまで。 男性向けのデザインも多いです。 キーホルダーの金具としてキーフックを使用している割合は少ないので見た目のインパクトはあります。 特に真鍮製のキーフックは使い込むごとに色合いが濃くなっていく特徴がありますので、その色の変化を楽しみつつ長く愛用できますし、キーフック自体が重厚な作りなものが多いので丈夫といったメリットがあります。

キーホルダーに付いたサビの落とし方

キーホルダーに付いたサビの落とし方

キーホルダーで使われる金属は鉄や真鍮製が多いです。 クロムメッキをしていると錆びにくいのですが、使用していくうちにサビが気になる事も。 鉄製だと茶色のサビが出てきますし、真鍮製だと緑青(ろくしょう)と呼ばれる緑色のサビが出たりするため、定期的にお手入れする事をおすすめします。

キーホルダーの金具部分のサビ取りで手軽にできる方法が重曹です。 重曹はお掃除に、クレンザー代わりにと使えるので、どこの家庭にもあるお手軽なアイテム。 重曹ペーストを作り磨きます。 重曹ペーストは重曹2に対して1の割合の水を混ぜてください。 混ぜてペースト状になったら、布や歯ブラシ、綿棒などに重曹ペーストをつけてサビた部分をこすっていきます。 磨き終わったら重曹成分が残らないように水洗いをして、乾拭きしてください。

もう一つ、サビを落とす方法として酸を使った方法があります。 お酢やレモン汁、クエン酸をお湯で溶いた液などにアクセサリー金具を浸ける方法です。 数時間ごとに様子を見つつ、歯ブラシでこすったりしてある程度サビが落ちたら充分に水洗いをして乾拭きしてください。 これらの方法は、家庭に常備しているもので手軽にお手入れできますので、サビが気になった時は早めに取ってあげると長く使い続ける事が出来ます。

キーホルダーの収納方法

キーホルダーの収納方法

キーホルダーの収納に関しては、見せる収納、もしくはしっかりと保管する目的の見えない収納のいずれかになります。

見せる収納では、たくさんフックがついているネックレス、キーホルダー用の収納スタンドやラックを購入してキーホルダーを飾るという方法があります。 他にもコルクボードに押しピンを使ってキーホルダーをぶら下げる専用ボードを自作するのもおすすめ。 100円ショップで購入できるワイヤーネットにキーホルダーをかけるという方法もあります。 見せる収納でもホコリはかぶりたくない!という場合は、透明なウォールポケットやアクリル製のコレクションケース、木製のアクセサリーボックスを利用してみましょう。

ここ最近では、キャラクターや動物、ビンの形のデザインなどカラフルで可愛いデザインのジッパーバッグが登場しています。 マチもついているので自立させる事も出来る優れもの。 この中にキーホルダーを入れる事で見た目にも楽しめるし、他のキーホルダー入りジッパーバッグをディスプレイしたい時も、そのまま一時的に収納する事が可能です。

そして見せない収納、保管する目的の収納としては、缶や箱に入れて保管するという方法もありますが、たまには見たい!わかりやすく収納したい!という場合、立体でないキーホルダーであればファイルを利用しましょう。 写真用や名刺用のアルバムであれば、個別に収納できるのでごちゃつきません。 見えない収納の場合、保管状態を良くするためにも小さめのジッパー袋に個別収納してからしまうと湿気からも守れるだけでなく、他のキーホルダーとの干渉も防げます。

オリジナルキーホルダーのプリント手法

UVインクジェットプリント

UVインクジェットプリント

UVインクジェット印刷は、直接インクジェットプリンターを使用し、紫外線を照射することで硬化・定着する仕組みの印刷です。色鮮やかに印刷できることが特徴で、オリジナルキャラクターやロゴ、写真などを綺麗に印刷でき、仕上がりの良い高品質なアクリルキーホルダーの製作が可能です。乾燥も素早いので短期間での納品も可能となっています。TMIXのデザインエディタからデザインしご注文いただいた場合に自動で適用され、1点から色数無制限のフルカラーでお得にプリントができます。

UV印刷

UV印刷

紫外線の照射によって硬化するのが特徴のUV印刷は、短時間でインクが乾いてくれるため、スムーズな印刷が可能です。短期納期にも対応しやすく直接素材に印刷もできるため、アレンジしやすいのが特徴です。傷もつきにくく、思いのままの色味をそのままプリントできます。UVインクジェットプリントと同様にTMIXのデザインエディタからデザインしご注文いただいた場合に自動で適用され、1点から色数無制限のフルカラーでお得にプリントができます。

大量制作やノベルティ利用ならお見積もり・ご相談を

大量制作やノベルティ利用ならお見積もり・ご相談を

オリジナルキーホルダーを数百個以上の制作やノベルティグッズとしての利用検討されている場合は、一度法人窓口へご相談ください。できる限り安い制作手法でコストを抑えた制作対応をさせていただきます。サイトにない商品でもご相談いただけましたら検討も可能ですので、お気軽にご相談ください。

TMIXでオリジナルキーホルダーを作ってみませんか?

TMIX(ティーミックス)ならオリジナルデザインのキーホルダーを簡単に作成することができます。TMIX独自のデザインエディタなら専用のデザインツールがなくてもパソコン、スマートフォンでサイト上でデザインが作れます。キーホルダーにプリントしたいお気に入りの写真や画像のアップロード、テキストやスタンプを組み合わせて直感的にデザインを作ることができます。どこにもない自分だけのオリジナルキーホルダーをぜひ作ってみてください!

TMIXでオリジナルキーホルダーを作ってみる


「オリジナルキーホルダーを激安価格で手頃に作るには?」に属する関連記事

グッズ(マスク等)人気ランキング!

記事のカテゴリ一覧