パーカーのサイズ感とは?おしゃれに見えるサイズの選び方

パーカーのサイズ感とは?おしゃれに見えるサイズの選び方

パーカーといえば、今や老若男女問わず人気のアイテム。真夏を除けば、街で見かけない日は無いほどの鉄板アイテムですよね。しかし、そのように幅広く浸透しているアイテムであるからこそ、しっかり自分に合ったサイズを選ばなければ子どもっぽい印象になってしまうことも・・・。
そこで今回は、パーカーを選ぶ際に注意したい「サイズ感」についてまとめてみました。今が旬のオーバーサイズのコーデからジャストサイズコーデまで、合わせたいスタイルごとにまとめていますので、是非参考にしてみてください。これを読めば、今日から早速オシャレなパーカーコーデができるようになりますよ!

目次

そもそもパーカーとは?

そもそもパーカーとは?

パーカーとは、もともとはロシア地方のフード付き防寒着のことを指す言葉でした。しかし日本においては、フード付きの衣服は広く「パーカー」と呼ばれていて、マウンテンパーカーやアノラックパーカー、ダウンパーカーなど様々なものが存在します。
ちなみに、日本以外の国では同じようなフード付きの衣服のことを「フーディー(hoodie)」と呼ぶようです。最近では日本国内でもこちらの名称で販売されているパーカーも多くなってきたので、「フーディー=パーカー」だと認識しておきましょう。
以上のように、もともと様々な形が存在するパーカーですが、今回は最も一般的なパーカーであるスウェット素材のトップスについて扱っていきます。
スウェット素材のパーカーを更に詳しく分類すると、以下の2種類に分けられます。

プルオーバーパーカー

前開きが無く、カットソーのように頭からかぶって着用するタイプ。「パーカーといったらコレ」といった感じの最もオーソドックスな形です。
次に紹介するジップアップのものと比べると着脱が面倒なイメージがありますが、その分こなれた印象があり、オシャレに見えるという利点もあります。

ジップアップパーカー

前身頃にジッパーが付いていて、羽織のように着用するタイプ。ジッパーのおかげで着脱が容易なのと、寒暖での温度調整がしやすいのがポイントです。
ジッパーが付いていて便利なことから、より幅広い方に親しまれている形であり、差別化が難しいのが玉に傷。よりオシャレな着こなしをしたい場合には、プルオーバータイプを選んだ方が無難です。

おしゃれに見えるパーカーの選び方

おしゃれに見えるパーカーの選び方

パーカーのサイズ感で重要なのは「着丈」

それでは本題。パーカーをオシャレに着こなす際のサイズ感についてです。洋服のサイズ感というと、肩幅や身幅、着丈などと様々な指標があってわかりにくいですよね。
また、近年は「オーバーサイズ」や「ビッグシルエット」などがトレンドになっていて、よりサイズ選びが難しくなってきています。
でも大丈夫。パーカーを選ぶときに最も気にすべきなのは「着丈」です。
着丈とは、洋服の胴体部分の縦の長さのことで、簡単に言ってしまえば、「着たときに裾がどの位置に来るか」ということです。着丈さえ気にしてあげれば、他の要素はそれほど気にしなくてもオシャレに着こなすことができてしまいます。
新しくパーカーを買う際には、試着をした上で、着丈が自分に合っているかをしっかり確認するようにしましょう。試着が難しい場合には、身体に当てて裾の位置を確認するだけでもOKです。
また、実店舗ではなくインターネットなどで購入する場合には、洋服の寸法が必ず記載されているはずなので、その数値を参考にしながら選ぶようにしましょう。その際、あらかじめ自分自身の肩から腰骨までの長さを計っておくか、手持ちの服の着丈を計っておくと、目安になるのでオススメです。

基本のジャストサイズ

基本のジャストサイズ
引用元:WEAR

 

まずは基本となるジャストサイズでの着こなしです。パーカーをジャストに着る場合、着丈は「腰骨が隠れるくらい」がベスト。腰骨とは、脇腹の下にある骨のことで、ベルトを巻く際の目安になる部分ですね。男性の場合には、「腰パンをする位置」と言った方がわかりやすいかもしれません。ジャストサイズで合わせたい場合には、パーカーの着丈は腰骨が隠れるくらいのものを選んであげるようにしましょう。
最近のトレンドを踏まえると、この後紹介する「ちょいゆるサイズ」と「オーバーサイズ」の方が今っぽくオシャレに見えますが、それも時と場合によります。スッキリ綺麗めに見せたい場合や、インナーとして使いたい場合などには、ジャストサイズの方が着ぶくれなどせずオシャレに見える場合もあります。迷った場合には、やはり基本のジャストサイズを指標にするのが間違いありません。

ちょいゆるサイズ

ちょいゆるサイズ
引用元:WEAR

 

ジャストサイズでの着こなしをマスターしたら、次はトレンドを取り入れた「ちょいゆるサイズ」です。大きめサイズ、ビッグシルエットのトレンドは2018年頃から始まって、未だに衰える気配がなく、今後もしばらく継続しそうなムードにあります。そのため、ジャストよりも少しサイズに余裕のある「ちょいゆるサイズ」のパーカーを選んであげることで、手軽に今っぽいシルエットで着こなすことができちゃいます。この後ご紹介する「オーバーサイズ」での着こなしに比べて難易度がそれほど高くないため、幅広い方にオススメのサイズ感です。
ちょいゆるで合わせる場合、パーカーの着丈は「お尻が半分隠れるくらい」を目安に選びましょう。感覚としては、ジャストサイズから1サイズ上げるイメージです。たとえば、SサイズでジャストのパーカーならばMサイズを、MがジャストならLを選ぶと、自然と「ちょいゆるサイズ」のシルエットが得られます。是非試してみてください。

オーバーサイズ

オーバーサイズ
引用元:WEAR

 

そして、トレンドど真ん中なサイズ感である「オーバーサイズ」。上手く着こなせれば今っぽくとてもオシャレに見える一方で、コーディネートが難しく上級者向けなのも事実。慣れないうちは先程ご紹介した「ちょいゆるサイズ」を選んであげた方が安心です。とはいえ、上手く着こなせればとってもオシャレに見えるシルエットですので、大きめサイズの着こなしにある程度慣れてきたら、是非チャレンジしてみて欲しいです。
さて、オーバーサイズで合わせたい場合、着丈は「お尻が完全に隠れるくらい」を目安に選んであげましょう。そのくらいの着丈のものを選ぶと、肩幅や身幅などの他の寸法も自然とオーバーサイズになっているため、全体的にボリュームのある着こなしが完成します。バランスを取るのが難しい場合には、ボトムスをスキニーパンツなどの細めのもので合わせると、上が太く下が細い「Yラインシルエット」になり、緩急のあるオシャレな着こなしになりオススメです。
サイズ表記の目安としては、ジャストのものから2サイズ上げるとオーバーサイズなものになります。しかし、メーカーによっては最初からオーバーサイズを想定しているサイズ表記があるので注意が必要です。たとえば、本来はSサイズがジャストだとして、メーカーがオーバーサイズに作っているSを購入すれば自然とオーバーサイズになるところを、2サイズ上げてLサイズを買ってしまった場合、結果的に4サイズ上がる計算となるので、それはオーバーサイズを通り越してぶかぶかになってしまいます。不安な場合にはしっかり実際の店舗で試着をする、もしくはサイズの寸法を確認してから購入するようにしましょう。

TMIXで世界に1つだけのパーカーを作ってみませんか?

TMIXで世界に1つだけのパーカーを作ってみませんか?

「サイズ感の選び方はわかったけど、気に入るデザインのパーカーが見つからない・・・」
「せっかく着るなら、人と被らないパーカーを選びたい」
そんな風にお悩みの方は、TMIX(ティーミックス)にお任せください!

TMIX(ティーミックス)ではお好きなプリントやデザインを加えたオリジナルパーカーを1枚から作成可能です。プルオーバーはもちろんジップアップもあり、生地の厚みもライトなものからヘビーウェイトまで、多くの種類を取り揃えています。カラーバリエーションも豊富に展開していますので、好みの一着が必ず見つかりますよ。

デザインが苦手でも安心!

デザインが苦手でも安心!

デザインが初めての方、自分でデザインするのが苦手だという方もご安心ください。TMIX(ティーミックス)ではプロのデザイナーによる「デザインサポート」を実施しており、お手持ちのラフ画やイメージ画像、インスタグラムなどのスクリーンショットがあれば、それをもとにプロがデザインのお手伝いをさせていただきます。
全体のバランス調整や色付け、小さい画像を大きくしたり背景を透明にしたりなど、様々な画像加工についてもサポート可能です。デザインサポート料金は無料ですので、是非お気軽にお試しください。

TMIXなら1枚からオリジナルパーカーが作成できます!

TMIX(ティーミックス)なら1枚からオリジナルパーカーを作成することができます。銀行振り込み、クレジットカード決済で送料も無料!もちろん複数枚での作成もできますので、ご自分用だけでなく、チームのユニフォームなどにもオススメです。通常で3営業日、即日対象商品であれば午前9時までのご注文で当日発送とスピード発送が可能です!
世界に1つだけ唯一無二のパーカーを作りたい、皆でお揃いのユニフォームとして特別なパーカーを作りたい、そんな方はTMIXを是非ご利用ください。

TMIXでオリジナルパーカーを作ってみる

まとめ

いかがだったでしょうか。ひとくちにパーカーといっても、どのようなサイズ感で着るかによって、その印象は様々に変化します。せっかく着るのであれば、人からオシャレと言われる着こなしをしたいですよね。
パーカーをオシャレに着こなす上で最も大切なのは「着丈」の位置です。ジャストサイズなら「腰骨が隠れるくらい」、ちょいゆるで着たいなら「お尻が半分隠れるくらい」、オーバーサイズに挑戦するなら「お尻が完全に隠れるくらい」、自分の着たいイメージによって着丈のバランスをしっかり見てあげるようにしましょう。
ジャストからオーバーサイズまで、今回ご紹介したポイントを参考に、是非ご自分にしっくりくるパーカーを選んでみてください。


「パーカーのサイズ感とは?おしゃれに見えるサイズの選び方」に属する関連記事

パーカー人気ランキング!

記事のカテゴリ一覧