パーカーに使われている生地と特徴

パーカーに使われている生地と特徴

オリジナルパーカーのアイテムを選ぶ際に使われている生地を気にされたことはありますか?生地によって特徴があり、肌触りが良いものや耐久性が高いもの、保温性が高いものまで様々あります。
このページではパーカーに使われる生地とその特徴について徹底解説していきます。

目次

スウェット生地

スウェット生地

スウェットは綿を平編みにしているニット生地を意味します。
表裏で違いがあり、表面は細かい網目なので触り心地もなめらか。裏面は起毛が起きているような加工がされています。裏地は裏毛・裏起毛とも呼ばれ、裏毛はタオルのように小さな輪になっている起毛がたくさんついてパイル状になっているので、肌触りも良いです。裏起毛は繊維を毛羽立たせる加工をしています。毛羽立たせた後に均一の起毛の長さでカットして仕上げてありますので、触り心地も裏毛加工に比べて柔らかでフワフワな質感。保温性も裏毛加工に比べて高いです。
伸縮性に優れているため、スウェット生地の衣類は窮屈感なく着る事が出来ますし、動きやすいといった特徴もあるので、リラックスできる部屋着には最適。また、裏面がパイル状になっている事から吸水性や吸湿性にも優れていますので、汗をかいてもしっかり吸水してくれます。寒い時期は裏面のパイル状起毛に程よく空気を含んでくれるので、適度な保温性があるのも特徴の一つ。裏起毛加工の生地で作られた服は寒い時期に活躍してくれます。部屋着やトレーナーなど、リラックスして着る事が出来る服はスウェット生地を使っている事が多いです。
ここ最近では様々なデザインのパーカーやパンツも見かけるようになりましたので、リラックス感を重視した服を探したいという時はスウェット生地に注目してください。

パイル生地

パイル生地

パイルは、小さい輪っか(ループ)がたくさん並んだ織り方を指し、パイル状に織られた生地はパイル生地と呼ばれています。
一番、身近なアイテムではタオルが代表的。触った感じもふんわりと柔らかいです。パイル加工をする事で生地に適度な柔軟性、優しい肌触りを実現しています。先述しているスウェット生地の裏面にも、パイル加工がされている事が多いです。
パイルには2種類あります。小さなループ加工をしたままの状態のループパイルと、ループ加工後に先端部分をカットした状態のカットパイルです。ベロア生地やコーデュロイもカットパイルに当てはまります。
パイル生地の特徴は、吸水性も優れており、汗をしっかりと吸ってくれるので、薄手のさらっとしたパイル生地は汗をかきやすい時期に適しています。 その一方、パイル生地には保温性がある一面も。パイルを密集させるように織る事で、パイル部分に空気を適度に含み保温性が出てきます。寒い時期にパーカーやトレーナーを着る事で温かいのはこのパイル加工のおかげです。
その一方で、小さい輪がたくさんついている状態ゆえに引っかかると糸が飛び出てしまったり、生地自体のほつれの原因になります。パイル加工がされた服を脱ぎ着する時は、装飾の金具や爪に引っ掛ける事が無いように注意してください。糸が飛び出るパイル抜けがあった場合は、飛び出た糸をカットしましょう。

裏起毛

裏起毛

裏起毛は表面は普通の生地で、裏面は繊維を毛羽立てている加工生地です。
加工は、平織の生地の裏面を針などの尖ったもので引っ掻くようにして繊維を出し、毛羽立たせています。最後に毛羽立たせた部分を揃えるようにカットしているものが多いです。
裏起毛の毛羽立てた部分はフワフワで触り心地も抜群。たくさん空気を含むので保温性にも優れています。ここ最近では、見た目には普通のアウターやボトム、スカートだけど、裏起毛で温かいといった機能性に優れたアイテムも増えつつあります。似たような生地では裏毛や裏フリースがありますが、裏毛は裏面にたくさんループがついたパイル加工がされている生地、そして裏フリースもポリエステル系の化学繊維から作られたフリース生地を裏面に合わせた作りになるので、それぞれ裏起毛加工とは別のものになります。
裏起毛加工をする事で一見薄手の生地に見えるけど、裏面は温かいといった機能面にも優れた特徴があります。冬にレギンスを履いてパンツを履くと重ね着している分、脚が太く見えてしまいがちですが、裏起毛のパンツであれば1枚でも保温性があるので、スッキリとした印象にまとまります。裏起毛加工のおかげで、寒い時期でもファッション性を重視した服を楽しむ事が出来るようになりました。

ワッフル生地

ワッフル生地

縦糸と横糸を浮かすように編んでいき、見た目ではスイーツでもお馴染みのワッフルに似たデコボコの編み上がりになっている生地をワッフル生地と呼びます。アウトドアやミリタリー系のインナーでもあるサーマルシャツとしてもお馴染みの生地です。
ワッフル生地は見た目にも柔らかい印象がありますが、機能面でもとても優秀。糸を浮かせながら編んでいるため、触り心地を含めた柔軟性は抜群、ほぼニットと同レベルの伸縮性もあります。他の生地に比べると糸と糸の間の空間が大きく吸水性も高いため、インナーとしてはもちろん、タオルにもワッフル織りは取り入れられています。そしてデコボコになるように作られているので空気の層を作り出し適度な保温性もあるのも特徴の一つ。デコボコが特徴的な見た目ゆえ、毛羽立ちなども目立ちにくい、夏は吸水性に優れ、寒い時期は若干の保温性もあるため、ワッフル生地の服はオールシーズン愛用できます。
ワッフル生地は柔軟性や伸縮性には優れているのですが、デメリットとして洗濯をすると縮みやすく、他の生地と比べると変形もしやすいです。対策としては、洗ってから縮む事を見込んで若干ゆとりのあるサイズを選んでおくと良いでしょう。洗濯をする時は手洗いする事をおすすめします。

ナイロン生地

ナイロン生地

ナイロン生地は石油から作られている化学合成繊維です。ポリマーやアジピン酸、ヘキサメチレンジアミンなどを重合して作られています。
一般的には「ナイロン」と表記されている事が多いですが、「ポリアミド」と表記されている場合も同じナイロンと判断してください。ポリアミド合成樹脂もナイロン生地に分類されています。ナイロン生地は表面がすべすべしているのが特徴です。同じ合成樹脂としてポリエステルがありますが、製造時に添加されている成分に違いがあります。
吸湿性はポリエステルに劣るものの、吸水性や耐久性はナイロンの方が優秀。通気性が悪いので蒸れやすいというデメリットもありますが、ナイロンの特徴を生かしたメリットも多いです。ナイロン生地のメリットとして注目したいのが耐久性の強さ。引っ張ったりこすれても、破れにくいですし傷みにくいです。 弾力性があり引っ張っても元に戻ろうとするため、型崩れも起こしにくいという優れた特徴を持っています。そして吸湿性がほとんどないため水をはじくので、雨の時に濡れても大丈夫。雨風にも強いウエアとして活躍してくれますので、雨合羽の素材として使われていますし、パーカーにおいてはマウンテンパーカーの素材として使われています。

生地ごとのTMIXおすすめのオリジナルパーカー

生地ごとのTMIXおすすめのオリジナルパーカーを一部ご紹介します。表面の生地には伸縮性に優れたスウェット生地を使用し、裏面にパイル生地や裏起毛を組み合わせております。同じスウェット生地でも裏面の生地が異なることでパーカー自体の特徴も変わってきます。用途にあった生地のパーカーを選んでみてくださいね!

裏面にパイル生地を使用したオリジナルパーカー

スウェットプルオーバーパーカー

スウェットプルオーバーパーカー

スウェットプルオーバーパーカーの裏生地には伸縮性と着心地に優れた裏パイル生地を採用しているため、着心地も抜群です!伸縮性があるので動きもスムーズです。素材には綿100%を使用し、生地の厚みは10.0ozとしっかりとした厚みをもっています。そのため耐久性もバッチリ!繰り返しの洗濯でも簡単にはへたりません。

スウェットプルオーバーパーカーはこちら

ヘヴィーウェイトスウェットプルオーバーパーカー

ヘヴィーウェイトスウェットプルオーバーパーカー

ヘヴィーウェイトスウェットプルオーバーパーカーはざっくりした風合いの生地と大きめのフードとのバランスが絶妙で、どんなファッションとも合わせやすいため人気があります!
生地の厚みは12.0ozと厚めの生地を採用し、生地の表面には、空気をたっぷり含んだオープンエンド糸を使用しています。この生地の厚みとオープンエンド糸の組み合わせで耐久性が抜群に高いのが大きな特徴です。

ヘヴィーウェイトスウェットプルオーバーパーカーはこちら

裏面に裏起毛を使用したオリジナルパーカー

T/Cスウェットフルジップパーカー(裏起毛)

T/Cスウェットフルジップパーカー(裏起毛)

T/Cスウェットフルジップパーカーは脱着が簡単なフルジップタイプを採用しております。脱着が簡単なので体温調整も楽に行なえます。裏面の生地にはふわふわ感にこだわった保温性の高い裏起毛となっております。
T/C(綿52%×ポリエステル48%)の生地を採用することで軽くて丈夫なスウェットフルジップパーカーに仕上げているため、長年愛用できるはずです。カラーも全13色と豊富に取り揃えております♪

T/Cスウェットフルジップパーカー(裏起毛)はこちら

ヘビーウェイトP/Oパーカー

ヘビーウェイトP/Oパーカー

こちらのパーカーは生地の厚さが自慢のヘビーウェイトパーカーです。フードは2枚生地で、生地の厚さは12.4ozとボリュームたっぷり!そのため、耐久性が高く長きに渡って愛用いただけます。
裏面の生地には裏起毛を採用、素材は綿100%なので保温性が抜群です。真冬でもアウターの下に着れば防寒対策もバッチリできちゃいます!

ヘビーウェイトP/Oパーカーはこちら

まとめ

ここまでパーカーに使われている生地と特徴について紹介してきました。パーカーに使われれている生地によって特徴がそれぞれ異なってきます。
生地の厚みも大切ですが、春や秋に着る場合と真冬で着る場合などでの用途で生地を使い分けると良いかもしれませんね!オリジナルパーカーを選ぶときはこちらのページを参考に使われている生地も気にしながらアイテムを探してみてくださいね♪

TMIXでオリジナルパーカー・スウェットを作る


「パーカーに使われている生地と特徴」に属する関連記事

パーカー・スウェット人気ランキング!

記事のカテゴリ一覧