漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

ゴルフウェアにパーカーは大丈夫?ゴルフ場でのマナーも併せて解説

ゴルフウェアにパーカーは大丈夫?ゴルフ場でのマナーも併せて解説

寒いときに便利な服装がパーカー。

カジュアルな印象があるので、ゴルフ場で着用できるのか疑問ですよね。

  • プレイ中にパーカーを着用できるのか
  • そもそもドレスコードとは何なのか
  • ゴルフ場へ行くときの注意点を知りたい

紳士のスポーツだけに、何も知らないとマナー違反になることも…

最低限の知識があれば、存分にゴルフを楽しむことができます。

今回の記事では、ゴルフでパーカーを着用できるのかという疑問だけでなく、マナーやドレスコードについてもお話していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

目次

ゴルフにパーカーを着ても大丈夫?

ゴルフにパーカーを着ても大丈夫?

結論からいうと、仲の良い人同士でのゴルフなら問題ありません。

家族や気心の知れた友人と、一緒に行くような場合です。

しかし、目上の方が参加する場合やドレスコードの厳しい「名門クラブ」と呼ばれるゴルフ場では、カジュアルな印象を与えるパーカーの着用は避けましょう。

服装は人によって印象が異なるため、パーカーの着用は異動時だけに限定する方が無難です。

ドレスコードとは?

ドレスコードとは?

日本語に訳すと、「服装規定」です。

ゴルフをプレイするときのドレスコードは、襟付きのシャツ(裾はパンツに入れる)や帽子の着用を基本としています。

以下のような服装はNGです。

  • Tシャツ、タンクトップ
  • ジーンズ、作業ズボン
  • カーゴパンツや迷彩柄のパンツ
  • スニーカーやサンダル
  • キャミソールやミニスカート
  • ホットパンツ
  • タオルの肩掛け

 

また、ゴルフ場へ行くときの服装は男性ならジャケット着用(夏場を除く)を原則としています。

ゴルフ場への服装は、「高級ホテルのロビーへ行くときの服装」ともいわれています。

男性のコーディネート

男性のコーディネート

男性のコーディネートの基本は、「襟付きシャツの上にブレザーやジャケット」です。

夏以外はブレザー着用がドレスコードであり、一部のおしゃれなゴルファーはゴルフウェアに合った色や柄のブレザーを使い分けています。

名門と呼ばれるゴルフ場へ行くときは、誘ってくれたメンバーの品格が試されます。

紺色などの落ち着いた色のブレザーやジャケットに襟付きのシャツ、スラックスパンツといった英国風のコーディネートがおすすめです。

また、名門のゴルフ場にはそのゴルフ場のエンブレムが付いたジャケットがあります。エンブレム付きのジャケットを着用していたら、そのゴルフ場のメンバーであることが一目でわかります。

女性のコーディネート

女性のコーディネート

女性には、男性のような「ブレザー着用が必須」といったルールがありません。

ゴルフ場によって異なるので、予定しているゴルフ場の公式サイトで調べましょう。

ただし、女性の私服のパターンは2つにわかれます。

  • ゴルフウェアで行って私服で帰る場合
  • ゴルフ場への行き帰りだけ私服

 

それぞれ、簡単にみていきましょう。

パターン①:ゴルフウェアで行って私服で帰る

以下のケースでは、ゴルフウェアでゴルフ場へ行く人が多いです。

  • 気心の知れた友人や家族と一緒にゴルフ場へ行く
  • 到着後すぐにゴルフをプレイする
  • ゴルフ場でメイク、スキンケア、ヘアメイクがしたい

最近はゴルフ女子が増えてきているので、自撮りやSNS投稿に時間を割きたいのかもしれません。

パターン②:ゴルフ場への行き帰りだけ私服

私服でゴルフ場へ行ってゴルフウェアに着替え、私服で帰る人のケースです。

  • 目上の車に乗せてもらう
  • 友人ではなく知人と一緒にゴルフ場へ向かう
  • クラブバスの発着場所までは電車で向かう

 

電車などの公共機関を利用する際にゴルフウェアでは浮いてしまうので、私服で乗ることが多いようです。

ゴルファーの多くは「1時間前にゴルフ場へ到着」するようにしているので、私服からゴルフウェアに着替える時間は十分にあります。

服装のルールに厳しい理由

お互いが、気持ちよく過ごすためです。

ゴルフ場は社交場でもあるので、自分の立場や他人に配慮ができる人間であることを理解してもらうためにも、ドレスコードを守る必要があります。

あくまでも強制ではなく、自主的に「目的、場所、時間を考えて、他人に気配りをする」という姿勢を見せることが大切なのです。

また、ゴルフ場は自分の所有物ではありません。

他人の土地(コース)であり家(クラブハウス)でもあるので、訪問するのであれば相応の服装を心がけるのは最低限のマナーです。

事前にゴルフ場を調べておくこと

ゴルフ場の中には、100年以上の歴史をもつ格式の高い場所もあるからです。

特に、「名門」と呼ばれるゴルフ場の会員権は高額です。

しかも、メンバーからの紹介を受けないと入手できないなど、会員権自体が手に入れにくいゴルフ場もあります。

全体がまるで一流の高級ホテルのような佇まいをしているゴルフ場もあるので、初めて訪れるときは事前に下調べしておくことをおすすめします。

ゴルフのプレイ中にパーカーのフードが邪魔になる?

ゴルフアパレルブランドが販売するパーカーなら、邪魔になることはないでしょう。

次のように、ゴルフ向けに開発されているからです。

  • フードのサイズが小さめ
  • 防水、撥水、伸縮性が考慮されている
  • オシャレなデザインを採用

 

一緒にプレイするメンバーやゴルフ場によっては好ましくないこともあるので、状況によって着用するべきかどうか判断する必要があります。

判断に迷うようなら、プレイ中の着用は避けて移動中だけに留めておきましょう。

時代や考え方は少しずつ変わってきている

欧米でも、パーカーを着用するプロゴルファーは増えてきています。

欧州ツアーの「BMW PGA選手権」で優勝した「ティレル・ハットン」選手が、ゴルフウェアにパーカーを着用したことが論争の的になりました。

ハットン選手の勝利を受けて、英国のとあるゴルフクラブは「フーディー(パーカー)は受け入れられない」という声明をメンバー向けに発表したのです。

SNS上では議論が巻き起こり、「時代遅れ」の意見が多く寄せられました。

ほかにも、ロリー・マキロイがZOZO選手権最終日をパーカー着用でプレイしています。

女子プロゴルファーの間でも、パーカーの着用は定着化しつつあるのが現状です。

独特なゴルフの服装ですが、マナー違反にならないようにはどのような配慮が必要なのか、季節ごとにパーカーのコーディネートをご紹介します。

ゴルフに合ったパーカーを季節ごとに選ぶ

季節に合ったパーカーのコーデをご紹介します。

 

下記から、順にみていきましょう。

パーカーコーデ①:春のゴルフ

春のゴルフには、ポリエステル素材のパーカーをおすすめします。

春のラウンドは肌寒さが残っているので、防寒対策をする必要があるからです。寒暖差を考慮すると、ポリエステル素材を選んでおいた方がいいでしょう。

パーカーでおすすめなのは、ジップ付きのものです。

たとえ天候が良くて気温が高くても、急に下がってしまう場合もあります。素早く脱着できるジップ付きパーカーなら、急な気温の変化にも対応できるからです。

インナーについては長袖のポロシャツ1枚でも問題ないですが、不安ならセーターを着用しましょう。

パーカーコーデ②:夏のゴルフ

夏のコーディネートは、基本的に半袖シャツとパンツ/スカートです。

しかし、夏に半袖のシャツでは紫外線を多く浴びてしまいます。

紫外線は「紫外線疲労」や「お肌のトラブル」のほか、「白内障」や「皮膚がん」の原因になる場合もあるのです。

夏には、UVカット機能のあるパーカーをおすすめします。

UVカット機能が備わったパーカーを着用することで、紫外線が浸透するのを防止して肌に届くのを阻止してくれるからです。

紫外線が強いのは9月頃まで続くので、涼しくなっても油断しないようにしましょう。

パーカーコーデ③:秋のゴルフ

秋のゴルフコーデも、基本的には春と同じで問題ありません。

注意したいのは立秋で、急に夏と同じような暑さが戻ってくることもあります。

寒暖差を考慮してパーカーやウィンドブレーカーの持参をおすすめしますが、インナーは薄めのものにすると上手く調整できるはずです。

晩秋になると急に冷え込むことがあるので、パーカーは厚手のものを選んでおきましょう。やはり、秋もジップ付きのパーカーにすると、着脱が容易です。

パーカーコーデ④:冬のゴルフ

最後は、冬のゴルフコーデです。

防寒性を重視したパーカーや、ウィンドブレーカーをおすすめします。

保温性や吸水性に優れているのは、裏毛のパーカーです。生地の厚みが少ないので、重ね着をしてもゴワつきにくいという特徴もあります。

ただし、防寒性の高いウェアは重量があるものも多いです。重量があると動きにくくなってしまうので、できれば軽量に設計されたものにしましょう。

急な雨や雪は特に冷えるので、撥水性も備わった多機能なパーカーが最適です。

ゴルフコンペの景品にはオリジナルパーカーがおすすめ

ゴルフコンペの景品にはオリジナルパーカーがおすすめ

オリジナルパーカーは、記念に残るからです。

ゴルフコンペの景品にオリジナルパーカーを選ぶなら、TMIXをおすすめします。

  • パーカーの種類が豊富で、季節別のコーデに対応
  • 急な注文にも対応している(最短で即日発送)
  • まとめて注文すると安くなる
  • 色数に上限がなく、プリント代や送料が無料
  • スマホで簡単にデザイン可能

 

デザインに自信がない場合も、プロにデザインを依頼することができます。

次回のゴルフにも使えて思い出にも残る、そんな1枚を制作するなら検討してみてください。

TMIXでオリジナルパーカーを作ってみる

ゴルフウェアにパーカーは大丈夫?ゴルフ場でのマナーも併せて解説に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧