パーカーにできた毛玉をきれいに取り除く方法

パーカーにできた毛玉をきれいに取り除く方法

普段パーカーを着ていて何度か洗濯をしているうちに毛玉が出来てしまった!という経験があると思います。毛玉がついたままのパーカーを外出時に着ていくのって嫌ですよね。お気に入りのパーカーであれば尚更のことだと思います。
このページではパーカーにできた毛玉をきれいに取り除く方法について解説していきます。

目次

毛玉ができる原因とは?

毛玉ができる原因とは?

パーカーに毛玉ができる原因は主に「摩擦」と使われている「素材」によるものです。
まず、摩擦は生地へのダメージから毛玉ができやすくなってしまいます。
摩擦が起きる場面としては、パーカーを保管してある場所で他の衣類との摩擦、着用しているときの摩擦などがあります。ショルダーバッグやリュックを普段使われている方はベルトが当たる肩や背中でも摩擦が起きます。意外と様々な場面でパーカーへの摩擦が起きているんですね。洗濯も摩擦が起きるので、単純に洗濯頻度が多い場合はその分毛玉ができやすくなってしまいます。

次に使われている素材ですが、パーカーで毛玉ができやすいといわれているのがポリエステルなどの化学繊維が使われているものです。化学繊維は繊維自体の強度が高いのでその分摩擦の力も強くなってしまうためです。綿とポリエステル両方が使われている混紡素材も毛玉ができやすい素材に含まれます。逆に毛玉ができにくい素材としては綿(コットン)100%が挙げられます。

やってはいけない毛玉の取り除き方

やってはいけない毛玉の取り除き方

間違った毛玉の取り方をしてしまうと毛玉周りの繊維を痛めてしまい、逆に毛玉が増えてしまうこともあります。やってはいけない毛玉の取り除き方について解説していきます。

手で引っ張って毛玉を取る

毛玉があると気になってしまい、思わず手で引っ張って取り除いたことってありませんか?つい気になってやってしまいますよね。
毛玉を引っ張ってしまうと、毛玉になっていない周りの繊維も一緒に引っ張ってしまうため毛玉になっていない繊維まで痛めてしまいます。痛めた繊維は毛玉ができやすくなってしまいます。気になっちゃいますが、毛玉は引っ張って取り除かないようにしましょう!

食器用スポンジを使って取り除く

この方法はよく紹介されていますが、実はあまりおすすめできない取り除き方になります。その理由が、食器用スポンジの硬い面を使って取り除くのですが、このときに毛玉になっていない細かい繊維まで引っ張ってしまうためです。手を使って取り除くのと同様に毛玉の周りの繊維まで痛めてしまうので更なる毛玉の元を作ってしまいます。

パーカーにできた毛玉をきれいに取り除く方法

毛玉ができる原因とやってはいけない毛玉の取り除き方を解説してきましたが、ここからはパーカーにできた毛玉をきれいに取り除く方法について紹介していきます。

ハサミを使って毛玉を取り除く

ハサミを使って毛玉を取り除く

この方法が一番繊維を痛めずに取り除く方法になります。やり方は至ってシンプルで、毛玉を少し浮かせてハサミで切っていくだけ!ただ、毛玉が大量にあると非常に大変で根気のいる作業になっていきます。

T字カミソリを使って毛玉を取り除く

T字カミソリを使って毛玉を取り除く

次に紹介するのが、ひげ剃りに使うT字カミソリを使った方法です。毛玉部分を撫でるようにカミソリを当てていくと毛玉を取り除くことができます。ハサミだとちょっと辛いときや脇の下などの細かい部分はこのT字カミソリを使った方法がおすすめです。ただし、力を入れすぎると生地自体を切ってしまうので力加減に注意する必要があります。優しく撫でるイメージで取り除きましょう!取り除く際はご自身の手を切らないように注意してください。

毛玉取りブラシを使う

毛玉取りブラシを使う
引用元:Amazon

 

次に毛玉取りブラシを使った方法です。ブラシ代が少々かかってしまいますが、この方法は広範囲で大量の毛玉があるときにとてもおすすめです。
ちゃんとした毛玉取り用のブラシであれば繊維を痛めないようにブラシが作られています。毛玉を取り除くだけでなく、取り除いたあとの繊維もキレイに整えてくれるブラシも販売されています。そのため毛玉周りの繊維にとても優しいのがブラシを使った方法です。取り除き方は毛玉部分をブラッシングするだけです。

電動の毛玉取り器を使う

電動の毛玉取り器を使う
引用元:Amazon

 

毛玉を取り除くときに真っ先に頭に浮かぶのが電動の毛玉取り器を使った方法かと思います。電動なので楽に毛玉を取り除けるところが良いところです。
注意しなければいけないのが、物にもよりますが毛玉取り器は小さな穴に毛玉が入り、そこを内蔵されている刃で毛玉を切り落とす仕組みです。このときに繊維を引っ張って周りの繊維まで痛めてしまう物もあります。電動毛玉取り器を購入される際はしっかり調べてから購入することをおすすめします。

毛玉ができにくい綿100%素材のオリジナルパーカー

TMIX(ティーミックス)では毛玉ができにくい素材である綿100%を使ったパーカーを数多く取り揃えております。その中でTMIXおすすめのオリジナルパーカーをいくつかご紹介します。

スウェットフルジップパーカー

スウェットフルジップパーカー

スウェットフルジップパーカーの魅力は大きめに作られた2重構造フード!デザイン、シルエットはベーシックで程よいカジュアル感が出ますので様々なコーデに合わせやすいです。素材には綿100%を使用し、生地の厚みは10.0ozとしっかりとした厚みがあるので耐久性も抜群です。着心地、耐久性を両立させたパーカーです。このパーカーがあれば通年で着回せるので1枚あればとても重宝しまよ♪

スウェットフルジップパーカーはこちら

スウェットプルオーバーパーカー

スウェットプルオーバーパーカー

スウェットプルオーバーパーカーの素材は綿100%を使用しております。毛玉ができにくいだけでなく綿は通気性がよく、保温性の高い素材です。生地の厚みは10.0ozと厚めに作られているので寒い冬でもインナーとして着ていただくことができます!カラーも全17色と豊富に取り揃えているので色違いでオリジナルパーカーを作成するのもおすすめです!

スウェットプルオーバーパーカーはこちら

ヘヴィーウェイトスウェットプルオーバーパーカー

ヘヴィーウェイトスウェットプルオーバーパーカー

ヘヴィーウェイトスウェットプルオーバーパーカーはフードが立体的で綺麗な形状をしており、ゆったり大きめのシルエットが特徴です♪このパーカーに使われている生地には水洗いとタンブル乾燥を製造行程で施した「プリシュランクファブリック」を採用しているため、洗濯後の縮率を軽減させているのも魅力の一つです。生地の厚みは12.7ozとしっかりとした厚みがあるので耐久性が高く、繰り返しの洗濯でも簡単に型崩れを起こしません。サイズもS~XXLまでの5種類をご用意していますのでメンズ、レディース問わず着ていただけます♪

ヘヴィーウェイトプルオーバーパーカーはこちら

ヘビーウェイトP/Oパーカー

ヘビーウェイトP/Oパーカー

ヘビーウェイトP/Oパーカーの裏面生地には裏毛のパイル部分を羽毛立たせている裏起毛を採用しています。裏起毛は暖かく、肌触りが優しく着心地抜群です。
素材には綿100%を使用(ヘザーグレーを除く)しています。綿も保温性が高い素材なので裏起毛との組み合わせでとても暖かいです。本格的な冬になったらアウターを羽織れば防寒対策はバッチリ!生地の厚みも12.4ozと厚めなので耐久性も高く長きに渡って愛用いただけます。
おしゃれで暖かいオリジナルパーカーをこのヘビーウェイトP/Oパーカーでぜひ作ってみてください!

ヘビーウェイトP/Oパーカーはこちら

まとめ

いかがでしたか?パーカーにできた毛玉は周りの繊維を痛めないように取り除くことが長く着るためにとても重要です。このページを参考にぜひやってみてください。また、毛玉を取り除くということはパーカー自体の生地を少しずつ減らしていっているという認識だけは忘れないでくださいね!
毛玉を取り除き続けて、パーカーの生地が薄くなってきたら新しくオリジナルパーカーを作ってみませんか?TMIX(ティーミックス)なら手軽に1枚からフルカラーでプリントができますよ!

TMIXでオリジナルパーカー・スウェットを作る


「パーカーにできた毛玉をきれいに取り除く方法」に属する関連記事

パーカー・スウェット人気ランキング!

記事のカテゴリ一覧