ゲストにも喜んでもらいたい!結婚式で配る引き出物は何がおすすめ?

ゲストにも喜んでもらいたい!結婚式で配る引き出物は何がおすすめ?

結婚式では、準備するべきものがたくさんありますよね。

会場やドレス選び、ゲストへの招待状の手配、演出やプログラムの検討など、挙げればキリがありません。

そして、引き出物の用意も欠かせない準備の1つ。せっかく足を運んでくれたゲストに満足してもらうためにも、引き出物は十分に吟味したいところです。

とはいえ、ゲストの好みやライフスタイルは様々なため引き出物を決めるのは簡単ではありません。

そこで、ここではもらって喜ばれる引き出物ともらって困る引き出物についてまとめました。

引き出物を何にするかで迷っているという人は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

引き出物のマナー

引き出物とは、結婚式に出席してくれたゲストに対してお礼として配る品のことです。

品数としてはメイン品に引き菓子や縁起物を加えた2~3品が一般的で、予算は披露宴の飲食費の3分の1ほどが目安だといわれています。

ゲストへの大事なおもてなしである引き出物ですが、全員に同じ品を贈ると不満が出やすいのが難しいところ。

そのため、最近ではゲスト別に引き出物を選ぶ「贈り分け」が一般的になっています。

性別や年代、趣味嗜好などによって3パターンほどに分けることが多く、これもゲストへの心遣いの1つだといえるでしょう。

もらって喜ばれる引き出物

どれだけ結婚式の演出にこだわっても、引き出物がいまいちだとゲストはがっかりしてしまいます。

そのため、ゲストに満足してもらうためには引き出物はとても重要。ここでは、たくさんある引き出物の中でも特に喜ばれるものをご紹介します。

カタログギフト

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アクタスさん(@actus_press)がシェアした投稿 -

すっかり引き出物の定番となったカタログギフトは、やはり嬉しいという人が多いようです。

カタログギフトの良いところは、たくさんの商品の中から自分の好きなものを選べるというところ。

欲しいものはゲストによって違うので、より多くの人に喜んでほしいと思うならカタログギフトは鉄板だといえるでしょう。

ただし、中には「カタログの中にいい商品がなかった」という不満の声も。

一口でカタログギフトといっても種類は数多くあるので、どのような商品が掲載されているかを必ずチェックするのが大切だといえるでしょう。

食器類

食器は実用性が高くどの家庭でも必要なため、引き出物の鉄板となっています。

特に自分ではなかなか買わないブランド物の食器は、インテリアとしても役立つため喜ばれる傾向にあります。機能性の高い、おしゃれなデザインの食器を選びたいですね。

人気の高い引き出物食器のブランドは、ウェッジウッドやティファニー、イッタラ、NARUMI、ノリタケ、ロイヤルコペンハーゲンなど。

どのブランドの食器がいいか、予算などに応じて考えてみてください。

バス用品

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

luana/okinawa さん(@luana.aroma0625)がシェアした投稿 -

バス用品は数があっても困らないため、引き出物としてよく選ばれる傾向にあります。

女性ゲスト向けの引き出物としては、詰め合わせのバスソープセットなどが人気。また入浴剤などのセットも捨てがたいところです。

さらにタオルも喜ばれる引き出物の1つで、今治タオルやジル・スチュアートのタオルなどは特におすすめ。

地味な消耗品のため、数が増えると助かるという人も多いようです。

キッチン用品

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

miaさん(@miamia.mh)がシェアした投稿 -

多くの人に喜んでもらおうと思うと、どうしてもありきたりになってしまうのが引き出物選びの難しいところ。

それを避けたいと思うなら、キッチン用品にするといいでしょう。カタログや食器、タオルなどと比べると、友人たちが結婚式で用意していた引き出物と被りにくくなります。

キッチン用品を選ぶときに一番に重視したいのは、機能性です。デザイン性の高さよりも、使いやすさを優先するようにしてください。

お菓子

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yoko Tsunoさん(@lily_lily821)がシェアした投稿 -

メインの引き出物も大切ですが、引き菓子もゲストが楽しみにしているものの1つ。

百貨店のお菓子などを食べる機会はそうそうないので、やはりテンションが上がる人が多いようです。

お菓子のいいところは、消耗品なので処分に困ることがないということです。

引き出物でもらったものは、たとえ使わないものであっても捨てにくいですよね。

そのため、ずっと棚の中に閉まっておかなければいけない、ということも。その点、お菓子ならその心配がないのでゲストとしても助かるようです。

もらって困る引き出物

新郎新婦がゲストのことを想って一生懸命選ぶ引き出物ですが、選んだ品によってはゲストを困らせてしまうことも。

このような失敗を避けるためには、ゲストの立場になって考えることが大切です。

ここでは、もらって困る引き出物として代表的なものをみていきましょう。

名前・写真入りのもの

ひと昔前は、新郎新婦の名前や写真の入ったアイテムは引き出物として贈るのは一般的でした。

しかし、他人の名前や写真が入ったものはやはり使いにくいもの。挙式の日付なども、できれば入れないほうがいいでしょう。

結婚式の準備をしているときは新郎新婦共にテンションが上がっているため、つい名前や写真を入れたくなってしまいがちです。

しかし、引き出物を使うのはあくまでゲスト。名前や写真入りのアイテムは、できるだけ避けることをおすすめします。

かさばるもの・重いもの

結婚式のゲストは、遠方からはるばる来ていることが少なくありません。そのため、荷物が増えると帰りに困ってしまいます。

また近場に住んでいる人でも、女性はヒールを履いているため荷物を持つのが大変。かさばるものや重いものは、全体として不評だといえるでしょう。

ただし、最近では宅配引き出物を利用するという方法もあります。どうしても引き出物にかさばるものや重いものを選びたいなら、ぜひ検討してみてください。

配る人数が多いならオリジナルの引き出物がおすすめ

引き出物選びは結婚式準備の楽しみの1つですが、色々な条件を考慮するとどうしても他人と似通ったものになってしまいがち。

しかし、せっかくならオリジナリティのあるものにしたい!という人は少なくないと思います。そんなときは、オリジナルの引き出物を作ってみてはいかがでしょうか。

オリジナルとはいっても、完全な手作りはNG。なぜなら、結婚式ではゲストもそれなりのクオリティを求めているからです。

オリジナルの引き出物を作るなら、業者のサービスを利用しましょう。

TMIXなら質の高いオリジナルグッズを作ることができ、グッズの種類もバラエティに富んでいます。

また、注文数が多ければ多いほど単価が安くなる「どんどん割 」がありますので、多くの人が参加する結婚式にぴったりです。

自分たちだけの特別な引き出物にしたいという場合は、ぜひ検討してみてくださいね。

オリジナルグッズを作ってみる!

ゲストにも喜んでもらいたい!結婚式で配る引き出物は何がおすすめ?に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧