パーカー1枚で「さまになる」差がつく着こなしお洒落テク【レディース編】

パーカー1枚で「さまになる」差がつく着こなしお洒落テク【レディース編】

さまざまなスタイルにプラスすることができる万能アイテム「パーカー」。

ファッションに興味がある方なら、1枚は持っているのではないでしょうか。そんな “使える” アイテムを、全然“使いこなせていない” という方はいませんか!?

それは本当にもったいない!
おしゃれな着こなしを紹介するので、ぜひ、手持ちのアイテムとミックスして「さまになる」素敵なコーデに仕上げてみてください。

目次

パーカー × ステンカラーコート の着こなし

春先や秋口に大活躍してくれる「ステンカラーコート」とパーカーの相性は抜群。

1枚でさらりと着るのも十分素敵ですが、少しアクセントを加えたい時や、薄手のコートだけでは寒くなってきた時は、コーデに合わせたパーカーを1枚プラスするとおしゃれに仕上がります。

【おしゃれテク:インナーにさりげなくボーダー】

コートもパーカーもシンプルなデザインになってしまった時は、インナーにボーダーカットソーをプラスするだけで一気におしゃれに見えます。

まるで気分はパリジェンヌ?

パーカー × チェスターコート の着こなし

今や冬の定番アイテムである「チェスターコート」とパーカーの相性も抜群です。

首元が比較的スッキリしたデザインなので、ボリュームを出すとバランス良くキマります。いつもはマフラーやストールを巻いているという方は、パーカーに変えてみるとおしゃれ度が増しますよ。

パーカー × トレンチコート の着こなし

トラッドで上品なイメージの「トレンチコート」にパーカーをプラスすることで、適度にカジュアルダウンすることが可能です。

トレンチコートはタイトなシルエットが多いので、パーカーもジャストサイズで薄手のデザインを選ぶとゴワつきません。

パーカー × ロングカーディガン の着こなし

カジュアルスタイルにぴったりの「ロングカーディガン」とは、同じカジュアルアイテム同士、とても相性は良いです。

コートでは少し重たく感じるけれど、カーディガンだけでは寒いかも…という時は、パーカーを1枚プラスするのがおすすめ。肩の力が抜けたリラックススタイルの完成です。

【おしゃれテク:ロング丈の足元はスニーカー】

よりおしゃれに見せるためのテクニックは、ロング丈のアウターとパーカーを合わせる際の足元は「スニーカー」を選ぶということ!

いつも通りパンプスもいいですが、それでは少し普通すぎると思いませんか?

女性らしいシルエットのアウターを選んだ時は、パーカーだけでなくスニーカーもプラスして思いっきりカジュアルダウンするのがおしゃれ。
トップスにボリュームが出るため、足元をすっきりまとめるとバランス良く見えますよ。

パーカー × ライダースジャケット の着こなし

ハードで男性的なイメージの「ライダースジャケット」ですが、パーカーをプラスすることでやわらかく着こなすことができます。

その際は足元に女性らしいパンプスを合わせると、より一層フェミニンな仕上がりに。女性らしくライダースを着こなしたいという方におすすめ!

同じく「ライダースジャケット」を合わせたコーデでも、全体をワントーンで揃えて、足元のスニーカーを差し色に使ったスタイル。

一見、ハードになりそうな黒で揃えていますが、ボトムをスカートにしたことと、足元に鮮やかな黄色を選んだことで、女性らしくおしゃれに仕上がっています。

パーカー × ダウンベスト の着こなし

秋冬の定番アイテムとなった「ダウンベスト」とパーカーの鉄板コーデ。

ダウンジャケットだとどうしてもボリュームが出過ぎますが、ベストにすることでコーデ全体がバランスよくキマります。ボリュームダウンした分、パーカーで首元にボリュームを足してあげるのがおすすめです。

パーカー × デニムジャケット の着こなし

カジュアルスタイルの定番アイテム「デニムジャケット」とパーカーの組み合わせも鉄板です。

程よく色落ちしたデニムジャケットの時は濃いめ色のパーカーを、濃いめインディゴのデニムジャケットの際はキレイめ色のパーカーを選ぶと、色のコントラストでおしゃれに見えます。

【おしゃれテク:開けて見せる】

ライダースやデニムジャケットなどの短め丈のトップスや、ダウンベストにパーカーを合わせる時は、フロントを思いっきり開けてプリントや柄を見せるのがおすすめ。

プルオーバーデザインの時はパーカー自体の色やプリントで、ジップアップデザインの時はインナーに着たカットソーの色やプリントで遊べます。

パーカー×スカート の着こなし

カジュアルアイテムのパーカーですが、スカートと合わせてフェミニンに着こなしたいですよね。

そんな時は、やはりスカートを選ぶのが一番。いつものスカートスタイルに1枚パーカーをプラスするだけで、一気におしゃれに、人とは差がつく着こなしが完成します。

【おしゃれテク:サイズ感にコダわる】

スカートとパーカーのミックススタイルの際の、おしゃれテクはずばり “サイズ感” です!

写真のように少しオーバーサイズのパーカーを選ぶと、ナチュラルなリラックススタイルに仕上がります。パーカーをアウターとして着る際には、パーカーの色やデザインにこだわって選ぶのがおすすめです。

反対に、フェミニンに着こなしたい時はジャストサイズを選ぶのが正解!

写真のように体にフィットしたサイズ感を選びスカートと合わせると、華奢な部分が強調されて全体的に女性らしい仕上がりに。
ジャストサイズのものを選ぶことで、アウターを着てもバランス良く仕上げることができます。

最後に

さまざまなスタイルを紹介しましたが、好きなスタイルは見つかったでしょうか。

いつものコーデでもパーカーを上手に合わせることで、さらにおしゃれに魅力的に見えます。
貴女のコーデに1枚プラスしてみてはいかがですか?

「でも…味気ないパーカーは嫌だ」
「人と差をつけた着こなしをしたい」
「もっとフェミニンなデザインはあればいいのに」

そう思っているおしゃれな方は、自分で1枚からデザインして作れる、オリジナルパーカーがおすすめです!実はデザインするのも、オーダーするのもとても簡単です。
ぜひチャレンジしてみてくださいね!

オリジナルパーカーを作ってみる

パーカー1枚で「さまになる」差がつく着こなしお洒落テク【レディース編】に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧