漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

ハンドタオルとは?他のタオルとの違いとおすすめ商品5選を解説

ハンドタオルとは?他のタオルとの違いとおすすめ商品5選を解説

「ハンドタオルってどんなタオル?」「他のタオルと何が違う?」「おすすめのハンドタオルはどれ?」このような疑問を抱えていないでしょうか。

ハンドタオル以外にも、フェイスタオルなどさまざまなタオルがあります。そういったタオルとどう違うのかといわれると、よく分からない人も多いかと思います。

また、ハンドタオル自体も種類が多くどれを買うべきか迷うこともあるでしょう。そこでこの記事では、以下のことを解説していきます。

  • ハンドタオルはどんなタオル?
  • 他のタオルとの違い
  • おすすめのハンドタオル

ハンドタオルがどんなものか知りたい・購入を検討している場合は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ハンドタオルは手を拭くのに使う持ち運びやすいタオル

ハンドタオルとは、手を拭くのに使うタオルです。顔を拭くフェイスタオルよりも小さく、持ち運びもできます。

正方形サイズが最も多く、手を拭く以外にハンカチの代わりやコースターとしても使えます。

綿(コットン)素材のハンドタオルが主流ですが、最近ではオーガニックコットンのものも多いです。

ハンドタオルとフェイスタオルの3つの違い

ハンドタオルとフェイスタオルの3つの違い

ハンドタオルとフェイスタオルは、どう違うのかと感じている人もいるのではないでしょうか。どちらも手や顔を拭くのに使えるタオルで、違いが分かりにくいかもしれません。

ハンドタオルとフェイスタオルには、以下3つの違いがあります。

  • タオルのサイズ
  • タオルの用途
  • タオルを持ち運べるか

 

順番に見ていきましょう。

【違い1】タオルのサイズ

ハンドタオルとフェイスタオルは、サイズが異なっています。ハンドタオルの大きさは25cm〜30cm四方。ハンカチよりも少し大きく、持ち運びにも便利なサイズです。

フェイスタオルのサイズはおよそ80×30cmで、バスタオルと比べると小さめです。ものよよっては85×34cmほどのサイズもあり、商品によって若干異なります。

ホテルや旅館に行くと顔を拭くための小さいタオルが用意されていますが、これがフェイスタオルとして一般的なサイズです。

まとめますとハンドタオルはハンカチより大きく、フェイスタオルはバスタオルより小さめで、サイズに差があるのです。

【違い2】タオルの用途

ハンドタオルとフェイスタオルは、用途が異なっています。

ハンドタオルは手を拭くのはもちろんのこと、おしぼりやコースター、手芸用にも使えるタオルです。ハンカチよりも吸水性に優れていて、汗をしっかり吸い取る効果もあります。そのため夏の汗拭きタオルとしても、快適に使えます。

フェイスタオルは、顔を拭く他に以下の用途があります。

  • 家庭のキッチンや洗面所で手を拭く
  • 浴室で体を拭く
  • 枕カバー
  • 赤ちゃんのタオルケット

 

ハンドタオルと比べてもサイズが大きいため、幅広く活用できるタオルです。

【違い3】タオルを持ち運べるか

ハンドタオルとフェイスタオルには、持ち運べるかどうかという違いがあります。ハンドタオルは25cm〜30cm四方のサイズなので、家だけでなく外に持ち運んで使うこともできます。

フェイスタオルは85×34cmほどの大きいサイズなので、持ち運んで使うにはあまり適していません。

そのためハンドタオルは家でも外でも使える、フェイスタオルは家の中でのみ使うタオルといえます。

ハンドタオルに関するよくある質問・疑問

ハンドタオルに関するよくある質問・疑問

ここまでの内容以外にも、ハンドタオルについて気になっていることがあるかと思います。そこでここからは、ハンドタオルに関するよくある質問・疑問について答えていきます。

  • 使い道のないハンドタオルはどうすればいい?
  • ハンドタオルは何枚くらいあればいい?
  • ハンドタオルの交換時期は?

 

順番に見ていきましょう。

【質問1】使い道のないハンドタオルはどうすればいい?

プレゼントなどでもらったものの使わずに溜まっているハンドタオルは、フェイスタオルとして活用しましょう!具体的には、共有で使っていたフェイスタオルをハンドタオルに変えるのです。

フェイスタオルを共有で使っていると、インフルエンザなどの家庭内感染のリスクがあります。また、複数の人で使いまわしていくため、衛生的にもあまりよくないです。

ハンドタオルを1人1枚フェイスタオルとして活用するようにすると、余っていたタオルを効率的に活用できます。タオルを共有しないので、衛生面でも安心です。サイズ的にはフェイスタオルより小さいですが、顔を拭くのには十分なサイズです。

こういった使い方だと、中には「洗濯物が増えてしまう...」と感じている人もいるかもしれません。確かにタオルを洗濯する・干す枚数は増えますが、洗濯機に入れる量が少ないです。そのため全体で見ると、洗濯の量を減らせています。

ハンドタオルが余ってしまったら、フェイスタオルとして有効活用しましょう。

【質問2】ハンドタオルは何枚くらいあればいい?

ハンドタオルは洗濯し干している間は、乾くまで使えません。仮に3人家族だった場合、3枚以上持っていないと洗濯して乾くまでハンドタオルを使えなくなります。そのため次の日に備えて、3枚以上持っている必要があります。

ただ3人家族に対して6枚だけではギリギリなので、予備として2枚程度持っておくと余裕をもてます。つまえ3人家族の場合、必要なのは最低でも8枚です。

また、ハンドタオルの予備はストックがありすぎても使わないタオルが出てきてしまいます。収納スペースが確保できているなら多めに買ってもいいですが、なるべく最小限の枚数にしておきましょう。

【質問3】ハンドタオルの交換時期は?

ハンドタオルは、半年から1年に1回の頻度で交換しましょう。使う頻度にもよりますが、洗濯回数が30回を超えると生地が痛みはじめ、肌触りが悪くなるためです。

ただ、半年を超えていなくても以下の状態になったら交換が必要です。

  • 水を吸わなくなってきた
  • ゴワゴワして肌触りが悪くなった
  • 異臭がするようになった

 

水を吸わない・ゴワゴワして肌触りが悪い状態では、使い勝手がよくありません。また、異臭がする場合、タオルに菌が繁殖していることが考えられます。ハンドタオルの状態が悪くなってきたら、早めに交換しましょう。

おすすめのハンドタオル5選

ハンドタオルは多くの種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまう場合もあるかと思います。そこでここからは、おすすめのハンドタオルを5つ紹介します。

  • ブルーム 今治タオル
  • 業務用 ハンドタオル
  • Sinland マイクロファイバー クロス
  • AKASKARI ハンドタオル
  • クレシア EFハンドタオル

 

順番に見ていきましょう。

【ハンドタオル1】ブルーム 今治タオル

【ハンドタオル1】ブルーム 今治タオル

参照:ブルーム 今治タオル 認定 レオン ハンドタオル 3枚

高品質な製品として有名な、今治タオルにブランド認定されたハンドタオルです。高級ホテルに置いてあるようなふわふわのタオルで、高い吸水性能を持ってます。

また、「無蛍光漂白仕上げ(蛍光染料不使用)」と毛羽立ちを防ぐ「コーマ工程」が行われているので、敏感肌の方や赤ちゃんでも問題なく使えるタオルです。

【ハンドタオル2】業務用 ハンドタオル

【ハンドタオル2】業務用 ハンドタオル

参照:業務用 ハンドタオル おしぼり 120匁 10枚セット

大阪泉佐野工場で織り、和泉山脈の天然水で洗い上げた日本製のハンドタオルです。製造には、タオルを織り上げてから水洗いや染色を行う独自の製法が行われています。そのため使い始めから柔らかな肌触りと吸水性の良さを感じられます。

厳選した綿花で織り上げているため、耐久性も高いです。飲食店などの業務用の製品ですが、一般家庭での利用もおすすめです。

【ハンドタオル3】Sinland マイクロファイバー クロス

【ハンドタオル3】Sinland マイクロファイバー クロス

参照:Sinland マイクロファイバー クロス

マイクロファイバーを使用して作られたハンドタオル。厚手でありながら吸水性が高く、優しい肌触りが特徴です。

面素材に比べて半分以下の時間で乾き、耐久性も高いので繰り返し使っていけます。ループフックがついているので、壁に吊るして使えて利便性も高いです。

【ハンドタオル4】AKASKARI ハンドタオル

【ハンドタオル4】AKASKARI ハンドタオル

参照:AKASKARI ハンドタオル

中国のブランド「AKASKARI」が販売しているハンドタオルです。薄手で高い吸水性がありながら、ガーゼ生地により速乾性も優れているのが特徴です。

軽くて薄い片面ガーゼタオルで、薄くコンパクトなため収納する際も場所を取りません。また、柔らかく吸水性のあるタ糸で織り上げられているため、毛足が長くふんわりと柔らかな肌触りを味わえます。

【ハンドタオル5】クレシア EFハンドタオル

【ハンドタオル5】クレシア EFハンドタオル

参照:クレシア EFハンドタオル ソフトタイプ 2枚重ね 200組

紙パックリサイクルパルプを配合した、環境に優しいペーパーハンドタオルです。パルプを原料に使用しており、やわらかな肌ざわりとなっています。

「吸収力」と「吸収スピード」が高いため、使用する枚数を少なくできてコストダウンも図られています。

蛍光染料不使用で衛生面でも優れており、一般家庭はもちろんのこと食品加工作業や飲食店でも使えるハンドタオルです。

まとめ

最後にここまでの内容をまとめます。

  • ハンドタオルは手を拭くのに使う25cm〜30cm四方のタオル
  • 手を拭く以外におしぼりやコースターにも使える
  • フェイスタオルとはサイズや用途、持ち運べるかといった違いがある

 

ハンドタオルは小さいながらも、さまざまな用途がある優れたタオルです。今回の内容を参考に自分にあったハンドタオルを選んでみてください。

また、ハンドタオルをプレゼント用に検討している場合は、「TMIX」でオリジナルデザインのタオルを作るのもおすすめです。

TMIX」は、タオルやTシャツでオリジナルデザインをプリントできるサービス。ハンドタオルからマフラータオルバスタオルまでサイズごとに対応しています。

また、「今すぐデザインする」というボタンを押すと、Webで簡単にデザインを作れるデザインエディタを持っています。通常納品が3日と早いのも特徴です。

オリジナルタオルならより相手に気持ちが伝わり喜ばれるプレゼントができるので、ぜひ使ってみてくださいね。

TMIXでオリジナルタオルを作ってみる

ハンドタオルとは?他のタオルとの違いとおすすめ商品5選を解説に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧