法被(はっぴ)とは?意味や由来、現代における法被の役割を解説

法被(はっぴ)とは?意味や由来、現代における法被の役割を解説

お祭りなど様々なシーンでよく見かける羽織である「はっぴ」。漢字では「法被(半被)」と書きます。どうでしょう、全然読めないですよね。いったいどうしてこんな字を使うのでしょうか。また、法被はそもそもいつ頃から存在するものなのでしょうか。
そこで今回は、今や日本人にとって欠かせない存在である法被について、その名前の由来や歴史、現代における使い方についてまとめてみました。この記事を読めば、「法被とは何か」について誰かに話したくなること間違いなしですよ。

目次

法被(はっぴ)とは?

法被(はっぴ)とは?

お祭りで神輿の担ぎ手が着ていたり、家電量販店の店員さんが着ていたりと、何かと非日常的な匂いがする「法被(はっぴ)」ですが、その由来は江戸時代にまで遡ります。

法被(はっぴ)はもともと、武士の着るものだった?

江戸時代初期、当時の武士たちは背中に家紋を大きく染め抜いた胸紐つきの単(ひとえ)の衣服を着始めました。これが法被の始まりだとされています。武士というのは別の言葉で「侍(さむらい)」、人に仕える者という意味です。
当時の武士たちは、自らが仕える主人が誰なのかを示すために、家紋を大きく染め抜いた法被を着始めたのでしょう。

庶民の間での法被(はっぴ)の流行

それから時は流れて、江戸時代末期。江戸幕府は贅沢品を禁止する名目で奢侈(しゃし)禁止令を発令し、それにより一般庶民は衿(えり)付きの羽織を着ることができなくなってしまいました。羽織=贅沢とは、なかなかの横暴ですよね・・・。このとき注目を浴びたのが、武士が着用していた「法被」です。
法被はもともと衿を折り返して着用するものなのですが、これを折り返さないで着用すれば、「衿付きの羽織」とは言えません。そのようにして幕府の禁止令の穴を突く形で、一般庶民の間に衿を折り返さずに法被を着るファッションが流行することとなりました。このとき以来、主人の家を示す背中の染め抜き家紋も用をなさなくなり、次第に現代の法被のように家紋以外も様々なデザインが入るようになっていきました。

法被(はっぴ)と半纏(はんてん)の違い

ちなみに、法被とよく似たものに「半纏(はんてん)」というのがありますね。
半纏はもともと庶民の間で着られていた防寒着で、現代で言う「どてら」、「ちゃんちゃんこ」とほぼ同じものです。生地は表地と裏地を重ねた「袷(あわせ)」で、衿を返さずに着るものでした。そう、先ほどご説明した江戸庶民の法被の着方は、半纏に見せかけるためのカモフラージュだったのです。
法被を着ることが流行した結果、当初こそ法被を「印半纏(しるしばんてん)」と呼んで半纏と区別していたものの、徐々にそれぞれの使い分けが曖昧になり、後に両者が混同されるようになってしまったものと考えられます。

法被(はっぴ)の持つイメージ

もともと武士が着用していた頃の家紋の影響から、法被は背中の染め抜きによって共同体の連帯感を表すのにとても便利でした。そのため、同じ記号を背中に染め抜いた法被が、一種のユニフォームとして使われるようになりました。
その結果、職人や商人が背中に店の屋号を入れて着たり、火消人が制服代わりに着用するようになったりすることで、現代に至るような特別な場面での正装としてのイメージが付随するようになりました。

法被?半被?

「はっぴ」にはここまで使ってきた「法被」の他に「半被」という表記の仕方も存在します。その由来については諸説あるものの、江戸庶民の間で法被と半纏とが混同される中で、半纏の「半」の字が当て字として使われるようになったとする説が最も有力に思われます。
また、「法被」という字自体も、もともとは禅寺で椅子にかける布を表す「法被(ほうひ)」から来ているようです。しかし椅子にかける布である「法被(ほうひ)」と着る「法被(はっぴ)」との間に関連性は見られず、こちらも音からの当て字だと言われています。
ちなみに、「はっぴ」という発音自体も、「束帯(そくたい)」という高貴な人々の正装の下に着用する下着「半臀(はんぴ)」が転じたものとされています。半臀も袖なしだったため、形からの連想で「はっぴ」に当てられたようです。結果的に、「法被」にまつわる言葉のほとんどが当て字ということになります。江戸時代の人々は当て字が好きだったのかもしれませんね。

現代における法被(はっぴ)の役割

現代における法被(はっぴ)の役割

このような流れで江戸庶民の間に流行した法被ですが、明治以降に西洋の衣服である「洋服」が流入定着したことにより、しばらくはその鳴りを潜める形となりました。そんな法被が再び脚光を浴び始めるきっかけとなったのが、昭和45年(1970年)に開催された大阪万博だと言われています。
当時の日本は、高度経済成長期の真っただ中なこともあり、全国各地で伝統的なお祭り行事が見直されるようになっていました。そんな中で行われた大阪万博で、法被がイベント衣装として使われたことから、「法被=お祭りごと」という構図が定式化し、それ以来お祭りに限らず諸々のイベントごとには法被が使われるようになりました。
それでは、続いて現代社会において法被がどのような場面・役割で用いられているかを確認していきましょう。

お祭り

お祭り

やはり「法被=お祭り」という図式は根強いですね。全国各地で開催されるご当地祭りでは、神輿を担いだり山車を引いたりする際の衣装として、ほぼ間違いなく法被が着用されています。
お祭りで法被が使われるようになった経緯は先述の通りですが、今日まで使われ続けているのは、法被が連帯意識を高めるために非常に有用だからだと思われます。

学園祭・文化祭

学園祭・文化祭

お祭り繋がりで、学園祭や文化祭での法被着用も非常に多く見られます。クラスやチームなどのグループで同じデザインの法被を着ることで、普段以上の連帯感が得られるとともに、お祭り特有の非日常感も楽しめます。
学園祭・文化祭の名称や、所属するグループの名前などを入れたオリジナルの法被であれば、より高い連帯感が得られるでしょう。

飲食店や家電量販店の制服

飲食店や家電量販店の制服

家電量販店などで制服代わりに使われるというのも、現代における法被の代表的な使われ方です。法被はスーツなどの上からでも羽織れるため、手軽に連帯感や統一感を演出することが可能です。
また、店名を入れて店のユニフォームとして利用すれば、お祭り由来の賑やかなイメージも得られて、お店の活性化にも繋がります。

スポーツやライブ、アイドルの応援

スポーツやライブ、アイドルの応援

スポーツやライブなどのイベントごとにおいても法被は定番です。運営スタッフ側の衣装としての利用はもちろん、ファンの間で連帯感を高めるために着用するケースも多く見られます。
応援しているチームやアーティスト、アイドルなどのイメージカラーで特注した法被を着れば、気分が更に上がること間違いなしです。

オリジナルの法被(はっぴ)制作ならTMIXにお任せ!

オリジナルの法被(はっぴ)制作ならTMIXにお任せ!

「学園祭や企業の催し事、イベントの参加などでオリジナルの法被を作りたい!」
そんなときはTMIX(ティーミックス)にお任せください!TMIXでは、色はもちろんデザインに至るまで完全オリジナルの法被を制作することが可能です。

TMIX独自のデザインエディタで簡単デザイン

TMIX独自のデザインエディタで簡単デザイン

TMIX(ティーミックス)では専用のデザインエディターをご用意しております。専用のデザインツールは一切必要なくパソコン、スマートフォンから手軽にデザインができます。写真や文字を挿入したり、スタンプを追加したりすることで、直感的にデザインを組み立てることが可能です。企業ロゴや学校の校章、チームのエンブレムなどのロゴデザインについても、もちろん再現可能です。
デザインテンプレートの種類は600種類以上ご用意!豊富なテンプレートから自由にデザインを選んでいただけます。デザインテンプレートを元にカスタマイズもできます!

プロによる無料のデザインサポート

プロによる無料のデザインサポート

「オリジナルのデザイン案があるんだけど、上手く描けなくて・・・」
そんな場合でもご安心ください。TMIX(ティーミックス)では、プロのデザイナーによる「デザインサポート」を行っております。
お手持ちの手書きラフ画やイメージ画像、インスタグラムなどのスクリーンショットなどをお見せいただければ、それをもとにプロの手でデザインを作成させていただきます。デザインサポートの費用は無料ですので、是非お気軽にご利用ください。

TMIXなら1枚から注文できます!

TMIX(ティーミックス)ならオリジナル法被(はっぴ)を1枚からご注文いただけます。発送は通常3営業日、即日対象商品なら午前9時までのご注文でその日のうちに発送が可能となっております。特別なアイテムであるオリジナル法被を作る際は、是非TMIXをご利用ください。

TMIXでオリジナル法被(はっぴ)を作ってみる

まとめ

いかがだったでしょうか?江戸時代から続く法被の文化は、私たち日本人の心に完全に沁みついており、見るだけで何か特別な印象を抱かせます。
また、羽織るだけで連帯感や特別感が得られる法被(はっぴ)は、催し事をする際には非常に便利なアイテムです。お祭りやイベントでは積極的に活用し、今後も日本独自の文化である法被を守っていきたいですね。


「法被(はっぴ)とは?意味や由来、現代における法被の役割を解説」に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧