漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

ノベルティグッズとは?成功するノベルティグッズを作るポイントも解説!

ノベルティグッズとは?成功するノベルティグッズを作るポイントも解説!

初めてノベルティグッズ製作を考えているのなら、様々な疑問があると思います。

・ノベルティグッズはどんな効果があるの?

・販促品やプレミアムとの違いは?

・失敗しない作り方が知りたい!

そこで記事では、ノベルティグッズの効果や人気のアイテムなど解説したあと、初めてでも失敗しないノベルティグッズの作り方を紹介します。

目次

ノベルティグッズとは?どんな効果があるの?

ノベルティグッズとは?どんな効果があるの?

ノベルティグッズとは、企業がブランドや自社製品のプロモーションを目的として、無料で配布する記念品のことです。店舗前やイベント会場などで配布されることが多いですね。手軽に宣伝を行えるので、多くの企業がノベルティグッズを活用しています。

ノベルティグッズを配布することで期待できる効果は以下の通りです。

・企業アピールや商品の宣伝

・集客

・印象付け

特に大きなメリットは、低予算で宣伝を行えること。CM制作や広告をのせるよりも、ずっと早くお手頃に宣伝を行えます。ただ、低予算ばかりにこだわる必要はありません。最近は、予算をかけてクオリティの高いアイテムを、少数製作するところも増えています。

定番のノベルティグッズが、企業ロゴや商品名をプリントした文房具やタオル、カレンダーなど。しかし最近は、ノベルティグッズの種類も豊富になっております。宣伝効果を高めるためにも、グッズ選びは慎重に行いましょう。

ノベルティと販促品・プレミアムとの違い

ノベルティと販促品・プレミアムとの違い

無料で配布するノベルティグッズと聞くと、販促品や記念品を思い浮かべる方も多いでしょう。一見すると同じ意味に思えますが、詳しく見ていくと各単語の意味は異なります。ここからは、ノベルティと販促品やプレミアムの意味の違いを、簡単に解説していきます。

販促品との違いは配布する人々の範囲

販促品もまた、企業や商品宣伝のために無料で配布されるグッズです。ノベルティとの大きな違いは、配布する対象者の範囲。

販促品は不特定多数の人々に配布されます。例えば、駅前で新商品の洗剤ミニパックを無料配布していたら、それは販促品です。

一方、ノベルティグッズの場合、配布対象者への範囲が限られています。たとえば、イベント参加者や製品購入者にだけ配られるのです。

また、販促品には企業ロゴなどがプリントされていないものが多いです。そのため、ノベルティグッズの方が限定感がずっと高くなっています。

プレミアム品との違いは配布目的

プレミアム品は商品購入者に、追加で物をつけるアイテムのことです。

基本的にノベルティグッズは無料で配布されるので、ブランドや商品アピールの目的があります。

一方、プレミアム品は購入者への特典の意味合いが強いため、購入意欲を高める目的があるのです。

ただし、最近はノベルティグッズがプレミアム品のように使われるケースが増えています。たとえば、同人イベントのグッズ購入者にノベルティグッズを配布するなど。

プレミアム品の意味合いでノベルティグッズを配布しても問題ありません。しかし、目的の違いだけは意識しておきましょう。

人気のノベルティグッズは実用的なもの

人気のノベルティグッズは実用的なもの

ノベルティを作るうえで重要なのは、アイテム選びです。宣伝やブランドイメージを高めるには、実際に使ってもらう必要があります。例えば、ノベルティで渡したエコバッグを使ってもらえると、利用者だけではなく、そのエコバッグを見た人々にも宣伝できるのです。

そう考えると、適当にノベルティグッズを製作してはいけません。使ってもらえないどころか、最悪の場合、捨てられる可能性さえあるのです。現在、人気のあるノベルティグッズは実用的なものが多いです。

タオルは何枚あっても困らないからこそ、定番のノベルティグッズとなっているのですね。

しかし、競合と同じようにタオルやマグカップだと、あまり差がつけられないのも事実。実用的であり、物珍しいアイテム選びこそが、ノベルティグッズ製作の成功を決めます。

TMIXでは、タオルやマグカップなどの定番アイテムはもちろん、マスク、トートバッグ、スマホケース、モバイルバッテリーなどを豊富に取り揃えております。アイテム自体で他社と差をつけられますよ。

成功するノベルティグッズを作る3つのポイント

成功するノベルティグッズを作る3つのポイント

人々に使ってもらい、宣伝効果を高めるノベルティグッズを作るには、これから紹介する3つのポイントを意識してください。

1:目標とターゲットを明確にする

まずはノベルティグッズを作る目的とターゲットを決めましょう。

ノベルティグッズを配布することで、

・認知度をあげたい

・売上を伸ばしたい

・顧客満足度を高めたい

など様々な目標があるはずです。

目標が決まったら、ターゲット選定となります。ノベルティグッズは不特定多数に配るものではありません。限定的に配布するものなので、ある程度ターゲットを定めることで、宣伝効果も高まるのです。

配布するターゲットが明確になると、選ぶべきグッズもおのずと明らかになります。

例えば、メインターゲットが主婦ならば、タオルやトートバッグなどが喜ばれ、実際に使われるでしょう。逆に、主婦が使う機会の少ない文房具はあまり喜ばれません。

目標とターゲットを明確にすることが、宣伝効果を高めるノベルティグッズ作りの第一歩です。自分がターゲットになったつもりで、何をもらったら使うのか、どんなアイテムだと喜ぶのかを考えましょう。

2:会社や商品を連想させるデザイン

ノベルティグッズでは、デザインよりもアイテム選びの方が重要なのは事実です。しかしだからといって、適当にデザイン制作しては、宣伝効果を得られません。

基本的には、会社や販売商品を連想させるデザインをプリントしましょう。多いのは、企業ロゴや商品名などを印刷したもの。

しかし、効果を高めようと、大きくデザインするのはNGです。自分が使う身になると分かりますが、大きく企業名がプリントされたノベルティグッズは、あまり使う気にはなれませんよね。

デザイン制作も、受け取る側の気持ちになって行いましょう。まずは他社の、ノベルティグッズ制作事例を見るのもおすすめです。成功事例を見ることで、良いデザイン案が思いつきますよ。

3:色展開と費用の関係

ノベルティグッズの大きなメリットは、低予算で宣伝できること。そのため、あまりにも大きな予算を立てるべきではありません。予算内に収まるように、アイテムや製作数などを決めましょう。

ここで一つ知っておいて欲しいのが、デザインのカラー展開と費用の関係について。フルカラーで鮮やかなノベルティグッズを製作したい方もいるはずです。しかし、多くのオリジナルグッズ制作会社では、使用色数に制限があったり、色数を増やすたびに費用が上積みされることがあります。

そのため、プリント範囲やカラー数、費用などは事前に確認しておきましょう。

まとめ

ノベルティグッズを作るうえで重要なのは、実際に使ってもらい、人々の印象に残ることです。そのためにも、以下の2点は必ず守るようにしてください。

・実用的なアイテムを選ぶ

・企業名やロゴのプリントは必須

TMIXは定番からユニークなものまで、様々なアイテムを取り揃えています。どんなデザインでも、フルカラーでも値段は変わらないので、色鮮やかなノベルティグッズ制作も可能です。さらに、最大50%オフになる割引制度も用意しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

TMIXでノベルティグッズを作ってみる

ノベルティグッズとは?成功するノベルティグッズを作るポイントも解説!に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧