漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

賃貸のお部屋もOK!ウォールステッカーでラクラク模様替え!

賃貸のお部屋もOK!ウォールステッカーでラクラク模様替え!

賃貸マンションやアパートにお住いの方の強い味方であるウォールステッカー。勝手にDIYやリフォームができない点が、賃貸物件の悲しい現実ですね。ウォールステッカーはそんな問題を手間・時間・お金をかけずにやってのけてくれます。この記事ではそんなウォールステッカーの疑問・使い方・おすすめの商品まで、詳しく網羅したいと思います!賃貸・分譲・一戸建て問わず、お部屋の雰囲気を変えて気分転換したい方の参考になると思います。

目次

ウォールステッカーとは?

「そもそもウォールステッカーがなんなのか分からない」という方のために、ウォールステッカーとは何なのかを簡単にご紹介します。その名の通り、壁用のシールというイメージです。壁に貼っていくもので、商品によってはまるで壁紙を張り替えたかのような劇的な変化を可能にします。

ウォールステッカーの種類2つ

そんな頼もしいウォールステッカーは貼り方によって種類が分かれます。それぞれの特徴を詳しくご紹介しますので、購入の前に確認しておきましょう。大きく分けて二つの種類があります。

ステッカー(シール)タイプ

一般的なシールやステッカーと同じ要領で、もとの台紙から剥がして、貼りたいとこにペタッと貼り付けます。凹凸のない壁面であれば問題なく利用できるでしょう。壁以外にも、窓・家具・冷蔵庫など工夫次第で活用の幅が広がります!おすすめのポイントをいくつか挙げたいと思います。

・台紙から剥がして貼るだけなので簡単

・失敗しても貼りなおしができる

・シール感覚で楽しめるため、初心者におすすめ

様々なメーカーで取り扱いがあります。自身の好みのデザインを見つけるのも楽しみのひとつ。注意点として、まれに品質が悪い(剥がれやすい、材質が悪いなど)商品があるので購入の際には口コミや材質などをチェックしてみましょう。

転写タイプ

ステッカー(シール)タイプに比べて、若干工程が増えるのが転写タイプです。実際に壁へ貼る前に、ステッカーの上に透明のシートを貼って転写します。それを貼りたい場所(壁)にシートごと貼り付け、シートのみを剥がせば完成です。ステッカー(シール)タイプと比べて、ステッカーの上に転写する作業が増えるので、初めての方は難しく感じるかもしれません。以下が転写タイプのおすすめポイントです。

・本格的なデザインが楽しめる

・フチがないため、本格的

・貼りなおせないが、剥がれにくくて丈夫

注意点としては、貼る際にしわが出ないようにすること。さらに、細かいデザインのものだと、フチがないので貼る難易度が上がります。二人がかりで作業するのがおすすめでしょう。とはいえステッカー(シール)タイプよりも本格的なインテリアとしてデザインを楽しめるのが転写タイプの良さですので、クオリティを求める方は是非挑戦してみてください。

賃貸向けのウォールステッカーとは

賃貸向けのウォールステッカーとは

賃貸の壁紙に貼れるウォールステッカーを選びましょう。また壁の種類によってはウォールステッカーが貼れない・貼りにくい・剥がれやすいといった問題が発生します。若干の模様が入ったものや、完全な平ではなく少し凹凸のある壁の場合は、その可能性があるでしょう。出来ればウォールステッカー本体を貼る前に、台紙の切れ端などを用いて試し貼りをしてみましょう。数日放置してみて、それでも大丈夫なようであれば問題ないですが、少し剥がれてしまう、あるいは見栄えが良くない(凹凸のせいで)場合は、貼る場所を再検討したほうが良さそうです。

ウォールステッカーをキレイに貼る方法

ウォールステッカーを貼れるベストな壁が決まったら、次は実際に貼る作業ですね。貼ろうとしている壁の汚れや染みなどをキレイにしましょう。凹凸のない壁でも、小さなゴミや。油汚れなどが原因でウォールステッカーが剥がれてしまうかもしれません。あらかじめ壁用のクリーナーなどを使い、綺麗にしておくのがオススメです。

それでは、ウォールステッカーを壁などへキレイに貼る方法をご説明いたします。シールタイプは簡単ですが、転写タイプのウォールステッカーもちょっとしたコツで誰でもきれいに貼ることが出来ますよ!それぞれ貼る際のポイントをご紹介します。

ステッカー(シール)タイプを貼る時のコツ

ステッカー(シール)タイプを貼る際のポイントが何点かあります。

・かならずステッカーを貼る前に、貼る場所(壁など)は綺麗に汚れを取り除いておく

・あらかじめ小分けに切り取って、貼りやすくしておく

・ステッカーを台紙から剥がした後は、極力粘着部分に触れない

・壁に貼った後、堅い平なものでステッカーの上からゆっくりなでるようにして空気がはいらないようにする

・ガラスに貼る際は、気泡ができやすいので注意する

・製品によって他にも注意する点や準備する必要がある場合があるので、必ず製品説明書をみてから作業する

以上が貼る時の注意点とポイントです。よく準備せずに貼ってヨレてしまった、すぐに剥がれてしまったなんてことのないように気を付けましょう。

転写タイプを貼る時のコツ

以下が転写タイプのウォールステッカーを貼る時のポイントです。

・まず透明シートに貼り付ける際、しっかりこすりつけて隙間ができないようにする

・気泡ができないように、布などで押しながら透明シートに貼りつける

・ステッカーのついた透明シートを、貼りたい場所に合わせる際はヨレないように慎重に

・壁に貼り付ける際も、透明シートをしっかりとこすりつける

・細かい部分までしっかりと壁につくように、慎重に透明シートを剝がしていく。

・製品によって他にも注意する点や準備する必要がある場合があるので、必ず製品説明書をみてから作業する

ウォールステッカーをキレイにはがす方法

次は今貼っているウォールステッカーをキレイにはがす方法をご紹介いたします。新しいものに貼りなおしたい時や、転居などで剥がさなくてはならない場合があるかと思います。そんな時に焦ってむやみにはがしてしまうと、壁に傷ができたり綺麗に剥がしきれなかったりしてしまうかもしれません。

・端から少しずつゆっくりと剥がしていく

・剥がれにくいステッカーや、一部分のみはがれにくかった場合はドライヤーで少し温める

以上2点をはがす時のポイントとして覚えていただければと思います。

ウォールステッカーを使うときの注意点

ウォールステッカーを使う上で注意していただきたい点がいくつかございます。

・壁に直射日光が当たって色が褪せる、あるいは日焼けしてしまうことが考えられるような場所に貼るのは控える。(ステッカーの跡が残ってしまうため)

・ペンキなどを塗った場所に貼ると、塗料が剥げてしまう恐れがあるので貼らない。

・転写タイプの大きいウォールステッカーは二人係で作業する

ウォールステッカーを使用する際、以上のことは頭に入れておいていただくと問題なく楽しめるでしょう。

ウォールステッカーで賃貸のお部屋をおしゃれに模様替え

賃貸物件でウォールステッカーを使用する時におすすめなのが、大きめの転写タイプのウォールステッカーで部屋の雰囲気をガラリと変えてしまうことです。ステッカー自体が大きいので貼る時は大変ですが、小さいステッカータイプの物よりインパクトが出せます。雰囲気を一変させたい時には、本格的な転写タイプのウォールステッカーをぜひ使用してみてください。

ウォールステッカーの購入方法

冒頭でご紹介したステッカー(シール)タイプと転写タイプそれぞれの特徴やおすすめポイントを比較して、自身の希望に合うウォールステッカーを選びましょう。購入方法は以下のようにいくつかあります。

・ネット通販

・インテリアショップ

・雑貨屋

もっともお手軽なのがネット通販になります。安くてお買い得な商品が見つかるのは、ネットショップで間違いないですね。インテリアショップや雑貨屋さんでは、お店によって取り扱いがない店舗もあるかもしれませんが、ネットにはない掘り出し物や、オリジナル性が強いものが見つかるかもしれません。時間があるのでしたら、ネット通販と雑貨屋など両方見てみるのがおすすめです。

インテリアの雰囲気にあわせたウォールステッカー

インテリアの雰囲気にあわせたウォールステッカー

壁は部屋の雰囲気を最も左右する大事な存在です。インテリアの雰囲気に合わせたウォールステッカーを選ぶのも重要なポイントです。例えばインテリアを茶系のカラーで揃えて、部屋の雰囲気を落ち着いた印象にしたいのに、その方向性と違うウォールステッカーを選んでしまうと、そのせいで一気に台無しになってしまいます。それだけ壁は部屋の雰囲気を左右するので、慎重に選びましょう。

自分でステッカーを作ってみる

好みの雰囲気やデザインのものを探す以外におすすめなのは、「自分で作る」ことです。ステッカーを自分で作ると聞くと、すごい事のように感じますが、実際はとっても簡単です。というのも、自分で一から作るということではなく、オリジナルグッズが作れるサービスを利用するということです。オリジナルTシャツ作成は聞いた事ある方が多いのではないでしょうか。そのステッカー版だと思ってください。オリジナルステッカーを作るということは

・自分の好きなデザインが楽しめる

・被らない

・ノベルティとして作ることもできる

といったメリットがあります。欲しいウォールステッカーのイメージはあるのに、市販されているものではイメージに合致するものがない…。なんてこだわりの強い方にはとってもおススメですよ。さらに飲食店やサロン経営されている方であれば、イベントのノベルティやプレゼントとしてステッカーを作るということも出来ちゃいます!

TMIXでオリジナルステッカーを作ってみる

まとめ

ウォールステッカーについて、その特徴や扱い方、おすすめの使用方法をご紹介しました。この記事を参考にして、DIYの強い味方となるウォールステッカーを上手に活用してくださいね!お部屋の雰囲気を一変して、新鮮な気持ちになりましょう。

賃貸のお部屋もOK!ウォールステッカーでラクラク模様替え!に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧