オリジナルユニフォームを激安価格で手頃に作るには?

オリジナルユニフォームを激安価格で手頃に作るには?

目次

オリジナルユニフォームを激安価格で手頃に作るには?

オリジナルユニフォームを作りたいけど少しでも価格を抑えたい、でも安っぽいデザインのユニフォームは作りたくないと思ってはいないでしょか。 そこで、オリジナルユニフォームの価格が決まるポイントを解説していきます。大体がこの要素で価格が決まってきます。大事だと思うポイントには予算をかけ、こだわっていないポイントで価格を抑えるのが最も賢く、満足のいくオリジナルユニフォームを作ることができます。

オリジナルユニフォームの価格を決めるポイント

オリジナルユニフォームの価格を決めるポイント

1.オリジナルユニフォームの生地

オリジナルユニフォームの元となる生地によって価格が変わってきます。ユニフォームの生地の厚みで価格が変わり、薄い生地ほど価格が少し安くなります。また、紫外線対策としてのUVカット機能などユニフォームとしての機能以外にプラスの機能がついてるユニフォームよりもついていないユニフォームの方が少し安くなります。UVカットなどのプラスの機能にこだわりがない方はプラスの機能がないシンプルなユニフォームをおすすめします。

2.印刷する面積

ユニフォームにプリントする面積によっても価格は変わってきます。一般的にはプリントする面積が大きいほど価格が高くなり、プリントする面積が小さくなればその分価格は抑えられます。TMIXのオリジナルユニフォームの場合、印刷範囲がありますが、それぞれ印刷可能な範囲いっぱいにデザインをしても面積が大きくなることによって料金が上がることはありません。 ※お見積もり必須のシルクスクリーンプリントの場合は、プリントする大きさにより料金が異なる場合があります。詳細はお見積もりをお願いします。シルクスクリーンプリントは30枚以上からお申し込み可能です。

印刷する面積

3.印刷の方法(単色・フルカラー)

印刷の方法は、一般的にインクジェット・トナー転写(フルカラー印刷)、シルクスクリーン印刷(単色×色数)が選べます。インクジェットやトナー転写のフルカラー印刷は、印刷する色ごとに版を作る必要がないため、ユニフォーム1枚だけのご注文や色を何色使っても料金は変わりません。そのため、小枚数をご希望のお客様や、あるいは色を何色も使いたいといった場合はインクジェット・トナー転写プリントがお安くなる可能性があります。また、10枚から割引が適用され最大半額になるドンドン割をご用意しています。逆に、30枚以上や、利用する色数が1色や2色など少ない場合はシルクスクリーンプリントの方がお安くなる可能性があります。シルクスクリーンプリントの場合お見積もりが必須となるため、ご希望のお客様はこちらからお見積もり下さい。

印刷の方法(単色・フルカラー)

4.制作する枚数

オリジナルユニフォームは、制作する枚数が多いほど1枚あたりの価格が下がります。商品やデザインがバラバラでも、どんな組み合わせでも10枚から割引が適用されるドンドン割は、最大50%OFFの割引が適用され大変お得です(※シルクプリントなど一部対象外)。シルクプリントの場合、版を作成して同一デザインを大量にプリントするのに向く印刷方法なので、100枚以上など枚数が多いほど、ユニフォーム1枚あたりの版代をおさえて安くご購入いただけます。イベントやノベルティ等、ある程度の枚数が必要になる場合は、できるだけまとめてシルクプリントで注文するのがお得です。 いきなり大量の枚数を注文するのが不安な場合は、無料のお見積りからお気軽にご相談ください。

ユニフォームに使われている素材と生地

ユニフォームに使われている素材と生地

ポリエステル素材

ユニフォームに使われている素材の大半はこのポリエステルです。ポリエステルの特徴は速乾性に優れ、シワになりにくく耐久性に優れているところがあります。汗をかくスポーツでは速乾性が優れていることで、肌へのベタつきがなく快適にプレーをすることができます。また、ユニフォームは汗や泥で汚れますので着るたびに洗濯をします。耐久性が高くないと繰り返しの洗濯による型くずれを起こしてしまい長持ちしないところから、耐久性の高いポリエステル素材が使われています。

混紡素材

ユニフォームにはポリエステル素材の使用が大半を占めていますが、中には混紡素材のものもあります。混紡素材とは異なる別々の素材を組み合わせて作ってある素材で、例えばポリエステル30%、綿70%などのことを指します。 ユニフォームにはポリエステルと綿を組み合わせた混紡素材があります。ポリエステルの特徴は上記に述べましたが、綿の特徴は吸水性、通気性に優れていて肌触りが良いので着心地も良くなります。ユニフォームの混紡素材では1枚の生地にそれぞれの素材の良さを引き出すために織り方を工夫し、肌に直接触れる裏面に綿を採用し、表面に速乾性の高いポリエステルを採用することが多いです。

メッシュ生地

スポーツユニフォームではこのメッシュ生地を使用することが多く、素材はポリエステルで作られています。ポリエステルは本来、通気性はあまりよくありません。メッシュ生地にすることによりこの通気性が格段によくなるのです。メッシュ生地にも種類があり、生地に凹凸をもたせ、肌に触れる面積を減らし着心地の良さを併せ持つ「ハニカムメッシュ」や「ダブルフェイス」と呼ばれる表と裏を違うメッシュ生地にしたものまで様々存在します。速乾性能がアップし、汗をかいたときや洗濯をしたときも普通の生地よりも早く乾きます。

スポーツ別ユニフォームの選び方

サッカー

サッカー

サッカーユニフォームの選び方としてまず、素材と生地を気にすることです。サッカーに限らずユニフォームの素材はほとんどポリエステル素材で作られています。そのポリエステルで作られた生地がどのような加工がされているかが重要です。サッカーは常に動いていることが多いスポーツなので汗を多くかくかと思います。上下ともに速乾性能と着心地が両立されたメッシュ生地を選ぶのがおすすめです。パンツには素材生地とは別にスリットが入っているものがおすすめです。スリットとは動きやすくすることを目的とした切れ目のことを言いますが、これがあるのとないのとでは動きやすさが変わってきます。 次にサイズです。ご自身の身体にあったサイズのユニフォームを着ることが最大限のパフォーマンスを発揮するのに重要な部分になります。身体に合っていないサイズだと動きにくく疲労度が増してしまうなどの影響がでます。そのため、ご自身の体型を把握してパフォーマンスを最大限に発揮できるサイズを選ぶようにしてください。

野球

野球

野球のユニフォームを選ぶのに、最も気にしなければいけないのがパンツの耐久性です。野球はスライディングを多くするので特にパンツに耐久性がないと簡単に破けてしまいます。また、破けることを気にしてしまうと思い切ったスライディングができず、走塁や守備でのダイビングキャッチでパフォーマンスを発揮できずプレーに支障が出てしまうからです。スライディングをするとお尻の部分とひざ周辺が破けやすい箇所なので、その部分の生地の補強がしっかりしている生地のユニフォームを選ぶと良いです。パンツのことをここまで記載しましたが、上に着るユニフォームの耐久性ももちろん大事です。使うたびに洗濯は欠かせないので耐久性が高ければ繰り返しの洗濯で伸びたり、型崩れが起きにくくなり長く使用することができます。 サイズ選びも重要です。サッカーユニフォーム同様にご自身の体型を把握して、伸縮性のある動きやすい生地とサイズを選ぶようにしてください。

バスケットボール

バスケットボール

バスケットボールのユニフォームの選び方は上記のサッカーや野球とは少し異なるところがあります。それがサイズです。バスケットボールはシュートやパス、ディフェンスなどで腕を上下させることが多いスポーツです。また、常に動いているスポーツなので汗を多くかきやすいところから、身体にまとわりつかないために少し大きめのサイズがおすすめです。それは上のユニフォームだけではなく下に履くパンツも同様です。バスケットボールはプレーの中で腰を落とすシーンが多いかと思います。その時に太ももに力が入るのでサイズが小さいとパンツに太ももがあたってしまい動きにくくなるためです。上下ともにピッタリのサイズよりも、少し余裕をもたせると動きやすさが格段に増します。素材も重要で、汗を多くかくうえに屋内でのプレーになるので通気性、速乾性能が高い生地を選ぶようにしてください。

陸上

陸上

陸上競技用のユニフォームの選び方ですが、まずはサイズです。陸上競技には様々な種目がありますが、どのような種目でもサイズは少し余裕のあるものを選んでください。ピッタリしすぎると身体全体が動かしにくくなってしまい、パフォーマンスを発揮できなくなるからです。かといって大きすぎるのもユニフォームが邪魔になったり、違和感があったりするので避けるようにしてください。 次に素材も重要になってきます。他のスポーツにも言えますが吸汗速乾性能が高いポリエステル素材を使ったストレッチ性のある生地を選ぶようにしてください。また、マラソンなど長距離を走る競技は季節に合わせてユニフォームを変えるのがおすすめです。夏は暑さと紫外線が強く、冬は寒さがあります。季節と競技を行う場所の環境に応じた素材の使い分けが重要となってきます。

テニス

テニス

テニスのユニフォームを選ぶのに、まずはJTA(日本テニス協会)の規定に沿ったものを選ぶ必要があります。男子は襟付きシャツとショーツ、女子は襟付きシャツとショーツor襟付きシャツとスコートorワンピースのいずれかになります。 規定を踏まえた上でどのようなユニフォームを選んだらいいかですが、テニスは動きの激しいスポーツで汗を多くかきます。そのため、素材は吸汗速乾性に優れたポリエステル素材の生地を選ぶことです。汗を吸ってくれても素早く乾いてくれないとユニフォームが重くなってしまい動きに影響がでてしまうためです。 次に動きやすさを考えた伸縮性のある生地を選ぶことです。今では複雑な動きに対応できるように、カッティングが施されていたり、ラケットをスウィングしやすいように肩周り、腕周りに伸縮性をもたせたものまであります。また、テニスは季節を問わず一年中行うスポーツです。暑い時期と寒い時期でのユニフォームをそれぞれ変えるのがパフォーマンスを最大限に発揮するのにおすすめです。プラスアルファの機能としてUVカット、クーリング機能などがついているユニフォームもあるのでご自身で優先されたい機能を選ぶと良いです。

バレーボール

バレーボール

バレーボールでのユニフォームの選び方は、まず汗を発散させ、素早く乾かしてくれるユニフォームが必要になってきます。バレーボールも他のスポーツ同様に汗を多くかきます。屋内での試合なので、暑い時期だと気温だけでなく湿度も高くなります。吸汗速乾性能と通気性にも優れたポリエステル素材のメッシュ生地を選ぶと良いです。そうすることでベトつかずに快適にプレーができます。 次に、バレーボールは全身を使った激しく動くスポーツです。上下ともに全身が動きやすい伸縮性に優れたユニフォームを選びましょう。また、バレーボールはボールを取りに行く時に飛び込むこともあります。この時に床との摩擦熱が発生し破れやすくなります。そのため、耐久性の高さも重要になります。 バレーボールは一年中行うスポーツです。暑い時期、寒い時期の両方に対応できるように袖には三つ種類があり、ノースリーブ・半袖・長袖があります。暑い時期はノースリーブか半袖、寒い時期は長袖と使い分けるとパフォーマンスが発揮しやすくなるでしょう。

バドミントン

バドミントン

バドミントンのユニフォームの選び方は、まずバドミントンが細かな動きが多いことを念頭におき、動きやすさを重視して選ぶことです。特に腕周りが動かしづらいとラケットを自由に扱えずプレーに大きな支障をきたします。下半身も足を大きく広げることが多いので、太ももに引っかかりが起きないものを選ぶのが重要です。腕周りと足回りを気にしつつ、身体に合ったサイズのもので、伸縮性に優れた動きやすいユニフォームを選ぶようにしましょう。 次にバドミントンは動きが激しい上に屋内で行うスポーツなので、夏場は室内が蒸してしまい汗を多くかくのに乾きづらいところがあります。そのため、吸汗速乾性と通気性に優れ、耐久性の高いポリエステル素材とメッシュ生地のユニフォームを選ぶと快適にプレーができるので良いでしょう。 また、バドミントンの公式試合には大会主催者ごとに服装規定を設けていることが多いです。日本バドミントン協会が主催する大会では白を基調としている場合は問題ないようですが、カラーのユニフォームだと協会の審査合格品のみとなるので注意が必要です。通販やカタログに「日本バドミントン協会審査合格品」と記載があるので公式試合に出場の際は気にして購入をしましょう。

ユニフォームの役割とは

ユニフォームの役割とは

皆さんはユニフォームの役割というのを考えてみたことはありますか?スポーツを行う上で「ユニフォーム」というのは大きな役割を果たしてくれます。まず、チームの味方と敵を分かりやすくするためにあります。これは皆さんもご存知のことかと思います。他にも例えばバレーボールではリベロと呼ばれるポジションの選手のみ違う色のユニフォームを着ているのは見たことがあるかと思います。これはリベロという特殊な守備専門の選手を周りから見た時に分かりやすくし、ルールが他の選手とも違ってくるので審判も判別がしやすくするためです。サッカーでもゴールキーパーだけ違うユニフォームを着ていますよね。味方と敵を分かりやすくする以外にも、同じチームでも異なったルールをもったポジションに対して周りの人たちが分かるように違うユニフォームを着るようになっています。

次に、ユニフォームはチーム内や選手個人にも良い影響を与えてくれます。団体競技のスポーツではチームとして同じユニフォームを着ることにより、団結力や一体感が増すことで試合での士気が高まり、パフォーマンスに大きく影響してきます。個人競技のスポーツでもユニフォームを着ることでオンとオフを切り替えられるので、試合に望む意識や集中力が高まりこちらもパフォーマンスに大きく影響してきます。これは試合に限ったことではなく、普段の練習でも変わってきます。練習用のユニフォームやチーム用の練習着を着ることにより一人ひとりが練習に対しての意欲や意識も変わってきます。試合は普段の練習の積み重ねが発揮されます。選手個人の練習への意欲、意識が高まることで個人の能力アップに繋がり、試合で最大限のパフォーマンス、今まで以上の実力を発揮する大きな役割を果たしてくれます。

汚れたユニフォームの洗い方

汚れたユニフォームの洗い方

ユニフォームを着て試合や練習をしていると、普通の洗濯では中々落とすことができない頑固な汚れが付いてしまうことがあるかと思います。そこで頑固なユニフォームの汚れを落とす方法をご紹介します。

まずは、汚れている部分に泥や砂がついているときは、必ず乾いている状態で手でしっかりはたき、ブラシなどを使って落とせるところまで落としてください。この下処理が意外と大事なところになってきます。ここから頑固にこびりついた汚れを落としていきます。最初に用意する洗剤ですが、洗濯用洗剤の濃縮タイプを選ぶようにしてください。普通の洗濯洗剤に比べて洗浄力が強いためです。洗剤の用意ができましたら、汚れている部分に洗剤をかけて馴染ませます。ここでスポンジやブラシなどを使ってたたくようにすると繊維に馴染みやすくなります。その後、手でもみ洗いをしながらぬるま湯で洗い流します。水で洗い流すよりもぬるま湯のほうが繊維が柔らかくなり、繊維と繊維に隙間が開くため汚れが落ちやすくなります。最後の仕上げで洗濯機で洗えば大抵の汚れは落とすことができます。

上記の方法でも落とすことができない場合の洗い方ですが、つけ置き洗いが有効です。水に漬ける方法とは少々異なります。その方法はまず、上記にある砂などを落とす前処理は同様に行うようにしてください。その後、濃縮タイプの洗剤を汚れている部分に馴染ませます。馴染ませたあとはそのまま一晩放置してください。これが水に漬けるつけ置き洗いとは異なる部分です。最後に洗濯機で洗えば頑固な汚れも落ちてしまいます。

オーセンティックユニフォームとレプリカユニフォームの違い

オーセンティックユニフォームとレプリカユニフォームの違い

皆さんは好きなプロチームのユニフォームを応援のときに着たり、練習などで着られたことはないでしょうか?プロチームのオフィシャルユニフォームには「オーセンティックユニフォーム」と「レプリカユニフォーム」の2種類があります。「レプリカユニフォーム」はよく耳にしたり、応援の試合会場などでレプリカユニフォームを購入したことがある方もいらっしゃるかと思います。レプリカユニフォームとは売店などでお客さんが購入するために作られた、いわゆる商品用のユニフォームのことを言います。機能性よりも耐久性を重視して作られており、シルエットは少しゆったり目に作られており、オーセンティックユニフォームより安価に購入することができます。

「オーセンティックユニフォーム」は選手が実際に試合で着るユニフォームのことを言います。レプリカユニフォームとの違いは機能性を重視して作られている点です。選手は試合で実際に動くため、身体の動かしやすさや吸汗速乾性能などのパフォーマンスを最大限に発揮するための機能や工夫が施されています。一般の方も購入ができますが、レプリカユニフォームに比べて割高となります。

また、レプリカユニフォームと聞くと「偽物」というイメージをもっているかたも多いのではないでしょうか?実はレプリカユニフォームも”本物”になります。それはレプリカユニフォームもオーセンティックユニフォームと同じチームの公式ユニフォームメーカーが作っているからです。中には非正規品としてレプリカユニフォームを作って販売しているところもありますが、こちらは”偽物”です。非正規品はレプリカユニフォームというよりも、コピーユニフォームと言ったほうが分かりやすいかと思います。オーセンティックユニフォームだから本物、レプリカユニフォームだから偽物というのではなく、きちんと公式メーカーが作っていればどちらも本物ということになります。

オリジナルユニフォームのプリント手法

インクジェットプリント

インクジェットプリント

C(Cyan:シアン)M(Magenta:マゼンタ)Y(Yellow:イエロー)K(ブラック)と、下地用のホワイトインクで色を表現するプリント方法です。 高解像度の写真などの複雑なデザインでも鮮明に再現することができます。 大量生産に使用する版の製作やインクの調合といった余分な作業やコストがかからないので、1枚から色数無制限のフルカラーでお得にプリントができ、さらに通常3営業日発送が可能です。 通常TMIXのデザインエディタからデザインしご注文いただくと、このインクジェットプリントが適用されます。ポリエステル素材のビブスはトナー転写プリントとなります。

シルクスクリーンプリント

シルクスクリーンプリント

シルクスクリーンプリントは、最大4色までとして、1色ごとに版を作成してインクで刷るプリント方法です。 堅牢度が高く洗濯にも強いので、アパレル製品などの多くはこのシルクスクリーンプリントが採用されています。 同じデザインであれば、同じ版を使って費用を抑えることができるので、安く大量に作りたい方におすすめのプリント方法です。 シルクスクリーンプリントは30枚以上ご注文の方限定のプリント手法となります。お客様の色数や印刷位置ごとに価格が変わるため、個別にお見積もりとなり、お時間もかかりますが、色数が少ない場合価格を抑えられると同時に非常に堅牢度が高くなります。ご希望のお客様はこちらからお見積もりをお願いします。

トナー転写プリント

トナー転写プリント

トナー転写プリントは、専用の用紙にデザインを印刷したあとに糊(のり)のシートを貼り合わせ、プレス機で生地に圧着させてプリントする方法です。 生地に馴染むため、発色性がとても良く、高解像度のデザインでも鮮明に再現することができます。 オリジナルユニフォームではポリエステル素材のビブスがこちらのプリント方法となります。TMIXのデザインエディタからデザインしご注文いただいた場合に自動で適用され、1枚から色数無制限のフルカラーでお得にプリントができ、さらに通常3営業日発送が可能です。

TMIXでオリジナルユニフォームを作成してみませんか?

TMIXでオリジナルユニフォームを作成してみませんか?

TMIX(ティーミックス)では専用のデザインツールがなくてもオリジナルデザインが簡単に作れる「デザインエディタ」をご用意しております。写真や画像のアップロード、テキストやスタンプを組み合わせて直感的にデザインを作成することができてしまいます!Web上でPC・スマートフォンからデザインが可能です。
また、どんなアイテムとの組み合わせでも10点から割引になる「ドンドン割」がございます。(※シルクスクリーンプリントは対象外)
割引率は最大50%OFF!買えば買うほど安くなりますのでユニフォームと一緒にチームタオルや練習用のTシャツの作成も一緒にいかがでしょうか?団結力が増すオリジナルユニフォームをぜひ作ってみてくださいね♪

TMIXでオリジナルユニフォームを作ってみる


「オリジナルユニフォームを激安価格で手頃に作るには?」に属する関連記事

ユニフォーム人気ランキング!

記事のカテゴリ一覧