丈夫なTシャツとは?Tシャツを選ぶときのポイントを徹底解説

丈夫なTシャツとは?Tシャツを選ぶときのポイントを徹底解説

お気に入りのTシャツ、できることなら長く着続けたいですよね。でも、いざ着ようと思って見てみたら、首元や裾がヨレヨレになっていたり、生地にダメージがあったりしたことはありませんか?身体に馴染んだTシャツはカッコイイ一方、使い古したTシャツはみっともない印象を持たれてしまいます。たかがTシャツ、されどTシャツ。せっかく買うのであれば、長く使える丈夫な一着を選びたいものです。
そこで今回は、丈夫なTシャツを選ぶ上で気を付けたいポイントについてまとめてみました。この記事を読めば、長く付き合えるお気に入りのTシャツが選べるようになりますよ。

目次

丈夫なTシャツのポイント①:首元

丈夫なTシャツのポイント①:首元

他の部分がどんなにキレイでも、Tシャツの首元がヨレヨレに伸びてしまうと、途端にだらしない印象になってしまいます。首元をいかにヨレヨレにしないか、これがお気に入りのTシャツを長く愛用するために最も大切なポイントとなります。
しかし、ひとくちにTシャツの首元といっても、そこにはいくつかの種類が存在します。首元の種類によって注意すべきポイントも変わってくるので、それぞれの違いと特徴を確認しておきましょう。

クルーネック

クルーネック
引用元:Amazon

「THE Tシャツ」といって良い、最も一般的な形がこちら。英語で表記するとcrew neckとなりますが、このcrewは「船員、乗組員」という意味。もともとは、漁船の乗組員たちが着ていたセーターの首元の形状から、「クルーネック」と名付けられた経緯があります。
首の部分をしっかり覆っているデザインのため、老若男女問わず人気で、幅広いシチュエーションで使うことができます。しかし、首まわりがしっかり詰まっている分、他の種類に比べ、伸びてヨレヨレになってしまいやすいので注意が必要です。クルーネックのTシャツを選ぶ際には、首まわりのリブ(網目)がしっかりしたものを選ぶようにしましょう。

Vネック

Vネック
引用元:Amazon

クルーネックの次に一般的なのが、Vネックです。その名の通り、首元がVの字に開いている形状で、鎖骨を含めた胸元が見えることから、他のものよりセクシーな印象があるのが特徴です。また、上にシャツなどを着た際に胸元の生地が見えにくいことから、インナーとして使いやすいというメリットもあります。
Vネックの場合、クルーネックと比べて首元にゆとりがあるため、リブ部分は伸縮しづらく伸びにくい傾向にあります。しかし、生地が弱ってくると首元もヘタってきてしまいがちです。VネックTシャツを選ぶ際は、生地のしっかりしたものを選ぶようにしましょう。

Uネック(ラウンドネック)

Uネック(ラウンドネック)
引用元:Amazon

次に一般的なのがUネック、別名ラウンドネックとも呼ばれる形状です。首元がUの字に空いていて、クルーネックより首まわりにゆとりがある形状になっています。ゆとりがある分、他の形状に比べてリラックス感があるのが特徴です。ただし、開きの大きいUネックは女性的な印象が強くなるので、男性が着用する場合には注意が必要です。
UネックもVネック同様、クルーネックより首元にゆとりがあるため、リブ部分は伸びにくい傾向にあります。Vネックと同じように、生地のしっかりしたものを選ぶようにしましょう。

ボートネック

ボートネック
引用元:Amazon

首まわりが横に広がった形状のものを、ボートネックと呼びます。名前の由来は、海や川で乗るボート(boaT)の形状に似ていることから来ています。先ほどのUネックと比べ、横の開きは大きい一方で前はあまり開いていないのが特徴です。
肩のラインが出るためセクシーな印象が生まれますが、VネックやUネックほど見える面積が大きくないため、男女問わずカジュアルに着まわすことが可能です。ボートネックの場合、首元は伸縮性のないものがほとんどです。そのため、全体がよれないように、生地のしっかりしたものを選ぶようにしましょう。

ヘンリーネック

ヘンリーネック
引用元:Amazon

首元にボタンの付いた形状のものをヘンリーネックと呼びます。イギリスのボートレース「ロイヤル・ヘンリー・レガッタ」に出場する選手のユニフォームの形状から名づけられました。ポロシャツの襟を取り除いたような形であるため、他の首元デザインに比べてきちっとした印象になるのが特徴です。
首元をボタンで留めることから、首まわりの生地に伸縮性は無いのが一般的です。こちらの場合にも、生地がしっかりしたものを選ぶことで長く着ることができるようになります。

丈夫なTシャツのポイント②:生地の厚み

丈夫なTシャツのポイント②:生地の厚み

次に重要となってくるのが、Tシャツの生地の厚みです。Tシャツは肌に直接触れるものであるため、着る度に洗濯します。そして、洗濯をすればするほど、生地は摩擦によって薄くなっていきます。
そのため、長く着られる丈夫なTシャツを選ぶ際には、生地が厚くしっかりしたものをチョイスするようにしましょう。

オンス(oz)に注目

Tシャツの厚みを表す尺度としては、よく「オンス(oz)」という単位が使用されます。あまり聞き慣れない単位だと思いますが、距離を表すヤード、重さを表すポンドと並んで海外で用いられる単位の1つです。
Tシャツに限らず洋服はもともと海外由来のものであることから、未だにその厚みを表す際にはオンスが用いられています。

丈夫なTシャツなら、ヘビーウェイトのものを選ぶべし

一般的に流通しているTシャツの多くは、「3~4オンス」程度の厚みです。長く着られる丈夫なTシャツを選ぶ場合には、「5~7オンス」程度のものを選ぶようにしましょう。「5~7オンス」のものを指して「ヘビーウェイト」と呼ぶこともありますので、その表記を参考に選ぶのもオススメです。

オンスの大きすぎるものは要注意

オンスの大きいものの方が丈夫だからといって、あまりにも厚過ぎるものは要注意です。生地が厚くなれば当然、着心地もゴワゴワしてきますし、風を通さず汗も乾きにくいなど、デメリットも発生してきます。
丈夫さを売りにしたTシャツの中には「10オンス」など極端に厚いものもありますが、慣れないうちには手を出さないようにしましょう。

丈夫なTシャツのポイント③:使われている素材

丈夫なTシャツのポイント③:使われている素材

首元、生地の厚みに次いで重要な要素が、Tシャツに使われている素材です。
洋服を買う際に素材まで気にしたことのない人も多いかと思いますが、長く着るアイテムを選ぶ上で素材選びは欠かせません。大抵の洋服には「製品タグ」というものが付いていて、そこに「綿100%」、「綿70% ポリエステル30%」などと記載がされています。左の脇下に付いていることが多いので、是非買う前にそこを確認するようにしましょう。

オススメの素材①:綿(コットン)

Tシャツの素材として最も有名なものが、綿(コットン)です。植物繊維であることから肌に優しく、耐久性も高いため、繰り返し洗濯してもヘタりにくいのが特徴です。長く使える丈夫なTシャツを選ぶ際には最もオススメしたい素材です。

オススメの素材②:ポリエステル

綿の次にポピュラーなのが、合成繊維であるポリエステルです。石油由来の強度の高い素材であることから、洗濯してもシワになりにくく、摩擦にも強いという特性があります。そのため、丈夫さという点では群を抜いてオススメな素材であるものの、着心地の点では綿に比べて好みが分かれがちです。
ポリエステル100%のものだけでなく、綿70%ポリエステル30%のように、他の素材と混紡(組み合わせて織られること)されることも多いので、自分好みの着心地のものを選ぶようにしましょう。

注意すべき素材①:ポリウレタン

ゴムのように伸縮するのが特徴である「ポリウレタン」も、Tシャツを始めとした洋服によく使われる素材です。Tシャツの伸縮性を高めるため、綿やポリエステルと混紡されることが多い素材ですが、「長く使う」という観点では注意が必要です。
というのも、ポリウレタンは経年によって「加水分解」という化学変化が起きるため、数年で伸縮性が無くなってしまいます。長く着続けたいTシャツを選ぶ場合には、ポリウレタンが含まれていないものを選ぶことをオススメします。

注意すべき素材②:レーヨン

木材パルプを原料として作られる「レーヨン」も、Tシャツの素材としてはよく使われます。静電気が起きにくく、サラッとした質感から人気の素材ですが、その一方で水に弱くシワになりやすい性質があるため、長く着続けるにはケアが必要になってきます。
その質感は魅力的ですが、ガシガシと着続けるタフなTシャツを探す場合には避ける方が無難です。

長く使える丈夫なオリジナルTシャツを作ってみませんか?

長く使える丈夫なオリジナルTシャツを作ってみませんか?

長く使える丈夫なTシャツ、せっかくならデザインも好みのものを選びたいですよね。しかし、星の数ほどもあるTシャツから、丈夫かつ好みのデザインのものを選ぶとなると、なかなか大変・・・。そこでオススメなのが、オリジナルTシャツです!
TMIX(ティーミックス)では、お好みのデザインやプリントを入れたオリジナルTシャツを1枚から作成可能です。弊社では一般的な4オンス前後のライトウェイトなTシャツはもちろん、「5.6オンス」や「7.1オンス」などのヘビーウェイトのもまで取り揃えていますので、長く使える一着が必ず見つかります。

TMIXのデザインサポート

TMIXのデザインサポート

「デザインはしたいけど、やったことがなくて不安・・・」
そんな方もご安心ください。TMIX(ティーミックス)ではプロのデザイナーによる「デザインサポート」も実施しており、簡単なラフ画やイメージ画像、インスタグラムなどのスクリーンショットがあれば、それをもとにプロがデザインのお手伝いをさせていただきます。デザインサポート料金は無料ですので、是非お気軽にお試しください。

TMIXのデザインエディタで簡単デザイン

TMIXのデザインエディタで簡単デザイン

TMIX(ティーミックス)では専用のデザインエディタをご用意していますので、初心者の方でも簡単にデザインをすることができます。デザインするための専用のツールは一切必要なく、サイト上でパソコン、スマートフォンからデザインができてしまいます。写真や画像のアップロードからテキストを入れたり、スタンプを組み合わせたりして直感的にデザインできるのが大きな魅力です。

丈夫で長持ちするオリジナルTシャツにご興味のある方は、是非TMIXにご相談ください!

TMIXでオリジナルTシャツを作ってみる

まとめ

いかがだったでしょうか。丈夫なTシャツを選ぶにあたっては、首元の伸びにくさ、生地の厚み、そして使われている素材について注意してあげるのがポイントです。
これらに気を配って選んであげれば、長年相棒として使える、丈夫なTシャツを手に入れることができるはずです。今回ご紹介したことを参考に、是非お気に入りの一着を見つけてみてくださいね。


「丈夫なTシャツとは?Tシャツを選ぶときのポイントを徹底解説」に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧