Tシャツをキレイに収納!省スペース、見やすい収納方法を紹介

Tシャツをキレイに収納!省スペース、見やすい収納方法を紹介

Tシャツはシーズン問わずに活躍する万能選手。使い勝手の良さから、気が付くと結構な枚数が集まってしまいがちですよね。しかし、枚数が多くなると悩ましいのが収納問題。なんとか収めたは良いものの、あのTシャツが着たいのに、なかなか見つからない・・・。やっと見つかったかと思ったら、まわりがTシャツだらけになってしまっていたなんてことも。
また、一見キレイに収納できたと思っても、何度か出し入れするうちに、収納したTシャツがグチャグチャに・・・。いざ着ようと思ったらシワだらけになっていたなんてこともありますよね。Tシャツを収納する上で重要なのは、いかにキレイに、省スペースに、そして見やすく収納するかということ。
そこで今回は、Tシャツを収納する上で気を付けたいポイントについてまとめてみました。これを読めば、キレイかつ省スペースにTシャツが収納できるようになり、目的のTシャツがすぐに見つけられるようになりますよ。

目次

まずはたたみ方から

まずはたたみ方から

Tシャツを収納する上でまず大切なのが、いかにシワの無いキレイな状態を保つかということ。そのためには、たたみ方が重要となってきます。
とはいえ、お店で陳列されているようなたたみ方は現実的ではありません。あのような方法は、同じものを積み重ねる分には効率が良いですが、いろいろな種類のものを収納するには向きません。スペースも多く取ってしまいますし、何より目的のものが探しにくいですよね。そのため、ここでは家庭でTシャツを収納する際のオススメのたたみ方を2種類ご紹介していきます。

オススメ①:デザインが見えるようにたたむ

オススメ①:デザインが見えるようにたたむ

Tシャツを探す際、代表的な目印となるのがそのデザイン。大半のデザインは胸元に入っているので、その部分がしっかり見えるようにたたむことで、スムーズに見つけることができるようになります。かといって、お店のようなたたみ方で平積みしてしまうと、せっかくのデザインが見えなくなってしまいます。
ポイントは、平積みではなく縦に積めるよう、Tシャツが自立するようにたたむこと。以下の手順を参考に、是非実際にたたんでみてください。

手順1 左右を内側に折り、全体を三つ折りにする

まずは平らなところにTシャツを、後ろを表にして置きます。そして首元の端と肩線の中間あたりを目安にし、左右の肩から裾部分を内側に折り込みます。
このとき、折り込んだ後の横幅が収納する際の単位となりますので、それぞれが均一になるように意識しましょう。また、収納する引き出しなどの横幅に応じて調整してあげることで、より無駄なく収納できるようになります。

手順2 上下を二つに折り、その後更に三つ折りにする

続いて、身頃を真ん中で上下に折り、首元部分と裾部分を重ね合わせます。その後、それを更に縦に三つ折りします。このとき、胸元にデザインがある場合には、そのデザインがしっかり見えるよう折ってあげるのがポイントです。三つ折りにした後、軽く全体をたたいてあげれば完成。壁などに立てかけた状態で縦向きに置いてみて、フニャッと潰れずに自立するようなら準備は万端です。

オススメ②:くるくる丸めてたたむ

オススメ②:くるくる丸めてたたむ

Tシャツを丸めてたたむことで、少ないスペースでも効率的に収納することができるようになります。また、1つを取っても他が崩れることが無いので、キレイな状態を維持するという点でも効果的です。外出時に持って行ったり、旅行の荷物にしたりする場合にもオススメですよ。

手順1 裾を折り返し、左右に三つ折りにする

まずは平らなところに、前側を表にしてTシャツを置きます。続いて裾の部分を5cmくらいを目安に折り、その後先ほどと同様に左右の肩から裾部分を折り込んで三つ折りにします。

手順2 首元の方からクルクルと巻いていく

続いて、Tシャツの上下をひっくり返し、首元から裾にかけてクルクルと巻いていきます。このとき、手で撫でつけながら巻いていくことで、余計なシワが付かず、実際に使う際にキレイな状態が維持できるようになります。

手順3 折り返した裾部分で全体を包み込む

端までクルクルと巻き終えたら、最初に折り返した裾部分を引き出し、丸まったロール状の部分を包み込みます。裾部分で全体が覆われ、筒状になれば完成。縦に置いてみて自立するようなら準備は万端です。

Tシャツの収納方法

Tシャツの収納方法

以上の2つのたたみ方がマスターできたら、手持ちのTシャツを同じ方法でたたんでいき、早速収納してみましょう。①と②どちらの方法を使うかはお好みですが、デザイン重視で探したい場合には①、色重視で探したい場合には②を選んであげると効率良く収納できますよ。

平置きで重ねるのはNG

平置きで重ねるのはNG

お店で陳列されているTシャツは、大抵平置きで積み重ねられていますよね。このような置き方は、お店で見る分にはきちんと整理されていてキレイに見えますが、家庭での収納方法としてはあまりオススメできません。というのも、買い物するときのように一番上に乗っているものを取る分には問題ないものの、二番目以降を取る場合には、上のものを一度手に取る必要があり、その結果どうしても崩れや乱れが生じてしまうからです。

オススメは立てて収納する「縦積み」

オススメは立てて収納する「縦積み」

家庭での収納の場合には、立てて収納する「縦積み」がオススメです。平積みと違って、すべてのTシャツが上から見えるので、目的のものがすぐに見つかって時短になります。また、1つを取っても全体が崩れにくいので、収納が乱れにくいというメリットもあります。先ほどご紹介した2種類のたたみ方を使って、是非実践してみてください。
しかし、縦積みの場合でも、一定量以上のTシャツを収納するとなると収納が乱れてしまうことがあります。それを防ぐためには、以下の2点がポイントとなります。

ポイント①:仕切りをつける

縦積みのTシャツがドミノ倒しのように崩れてしまう場合には、間に仕切りを付けるのがオススメです。そうすることで間からTシャツを取っていっても崩れにくくなるだけでなく、色や柄などのデザインごとにTシャツをまとめられるというメリットもあります。

ポイント②:小さめの収納ボックスを使う

衣装ケースやクローゼットの引き出しなどに直接入れるのではなく、小さめの収納ボックスに小分けに入れていくのもオススメです。引き出しの中に複数の収納ボックスを入れて仕分けするもよし、引き出しを使わずに収納ボックスだけを重ねて収納するもよしと、場面やニーズに応じて様々に応用ができますよ。

ハンガーラックにかけて収納するのもオススメ

ハンガーラックにかけて収納するのもオススメ

「たたむのが苦手で面倒・・・」
「たたむとシワが付くのが嫌・・・」
そんな風に思う人は、Tシャツをハンガーにかけて収納するのも手段の一つです。ハンガーにかけておけばデザインなどは一目瞭然ですし、たたみジワも付かないため、取ってすぐに着用することができます。収納スペースに余裕のある人は取り入れてみましょう。とはいえ、長時間ハンガーにかけたままにしておくと、首元や肩などが型崩れしてしまうこともあるので注意。
ハンガー収納をする場合には、滑り止めが付いているハンガーや、肩の部分に丸みがあるハンガーを選ぶことで、お気に入りのTシャツが型崩れしないように気を配るようにしましょう。

オリジナルTシャツを作るなら、TMIXにお任せ!

オリジナルTシャツを作るなら、TMIXにお任せ!

収納の仕方を見直したらスペースに余裕ができて、新しいTシャツが欲しくなってきますよね。せっかくTシャツを新調するなら、世界に1つだけのオリジナルTシャツを作ってみませんか?
TMIX(ティーミックス)では、お好みの写真やデザインを入れたオリジナルTシャツを1枚から作成可能です。ライトウェイトなものからヘビーウェイトなものまで、首元の形状やカラーバリエーションも豊富に取り揃えているため、お好みにピッタリの一着を選んで頂けます。オリジナルTシャツの作成に興味のある方は、是非TMIXにご相談ください!

TMIXでオリジナルTシャツを作ってみる

TMIXおすすめのオリジナルTシャツ

定番Tシャツ

定番Tシャツ

TMIX一番人気のTシャツになります。耐久性、着心地ともにこだわったTシャツです。生地の厚みは5.6ozとしっかりとした厚みがあり、襟(えり)・肩・裾(すそ)・袖部分には二重縫製仕末が施されているため長年愛用できる強い耐久性をもっています。素材は綿100%なので肌触りが優しく、通気性も良いため着心地も抜群です!カラー数も豊富に取り揃えております。シルエットはオーソドックスのため老若男女様々な方に着ていただきやすいTシャツとなっております。

定番Tシャツはこちら

即日スポーツドライTシャツ

即日スポーツドライTシャツ

こちらの即日スポーツドライTシャツは午前9時までにご注文いただければ当日に発送が可能なTシャツです。急なスポーツイベントが迫ってきているときなどにおすすめです。素材にはメッシュポリエステル100%を使用しております。綿の2倍以上(当社比)の速乾性能をもち素早く肌から汗を吸収し乾燥させるので、常に快適な着心地を得ることができます。ポリエステル独特のざらざら感をなくすため、肌に触れる裏面はソフトになるよう工夫がされています。正に汗をかくアクティブシーンに最適なTシャツとなっております。

即日スポーツドライTシャツはこちら

ハイクオリティTシャツ

ハイクオリティTシャツ

縮まない・伸びない・型崩れしないの3拍子を兼ね備えたTシャツです。ハイクオリティTシャツは糸からこだわっており、上質な「コーマ糸」を使用しています。コーマ糸とは、短い未熟部分をコーミングで取り除き、長い繊維だけを均一に揃えた糸のこと。通常の糸に比べて耐久性が非常に高いです。素材は綿100%(一部カラーを除く)を使用しているので着心地も抜群です!カラーも豊富なのでご自身の好みに合った色を探してみてください♪日常着から企業ユニフォームまで様々な用途で使用できるハイクオリティTシャツでぜひオリジナルTシャツを作ってみてください!

ハイクオリティTシャツはこちら

まとめ

いかがでしたか?Tシャツを収納する上で重要なのは、「キレイな状態を維持できること」、「省スペースであること」、そして「見つけやすいこと」の3点です。これらすべてが満たせれば言うことはありませんが、より重視するものに合わせた収納方法を選んであげることが重要です。
今回ご紹介した方法を参考に、是非自分にあった収納方法を見つけてみてください。


「Tシャツをキレイに収納!省スペース、見やすい収納方法を紹介」に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧