Tシャツは何色が似合う?Tシャツの色選びのポイントを徹底解説

Tシャツは何色が似合う?Tシャツの色選びのポイントを徹底解説

新しくTシャツを購入する時、Tシャツの色選びに悩んだことはありませんか?新しい色を選んでみたいが挑戦できずに、無難な白と黒色ばかり選んでしまう・・・
Tシャツは、今や普段着からおしゃれ着まで、さまざまなシーンで活躍するアイテムです。また、Tシャツの色の選び方によって顔映りが良くなり若々しく見える効果があります。
今回は色選びに悩むあなたの似合うTシャツが何色か、おしゃれに着こなす選び方のポイントを解説します。タイプ別カラーTシャツのコーディネートも紹介しますので、ぜひ最後までお読みくださいね。

目次

Tシャツをスタイル良く着こなすポイント

Tシャツをスタイル良く着こなすポイント

Tシャツは、誰もが気軽に着れるアイテム。しかし、選び方1つでカッコよく着こなしたりダサく見えたりしてしまうことも。この章では、サイズやデザインの選び方のポイントを解説します。

自分の体に合ったサイズの選び方

Tシャツを選ぶときに基本となるのが「サイズ」「デザイン」「色」になります。いくら、デザインや色があなたの好みにぴったり合っていても、サイズが体に合わなければどんなに頑張ってもおしゃれに着こなせないでしょう。
自分の体に合ったサイズの選び方は次の3点が必要になります。
●身幅
●袖丈
●着丈
それぞれについて、解説します。

身幅とはTシャツの胴回りのサイズ

Tシャツのサイズ表記には、右脇から左脇までを直線で結んだ長さが表示されています。自分の身幅を図るときは、胸囲ををメジャーで測り、その長さを半分にした長さを計算します。
自分の体に合ったサイズは、計測した自分の身幅から10センチほどゆとりがあるのがおすすめ。それより小さくても着れますが、体にピッタリしすぎると動きにくく、また大きすぎてもガバガバで野暮ったく見えるでしょう。

袖丈は袖の長さ

自分の袖丈のサイズは、肩の付け根から測定します。袖丈は、半そで長そでとありますが、自分の好きな長さを選べばよいでしょう。
しかし、長そでのTシャツを選ぶ場合は、長すぎるとだらしなく見えてしまいます。肩から手首のくびれのところまで測り、プラス3cmから5cmが適用サイズです。

着丈は裾の長さ

Tシャツの着丈は、襟後ろから端までの裾の長さを表し、着こなしに一番影響します。自分のサイズを測るときは、首の起点から腰骨まで垂直にメジャーで測ります。目安としては、ウエストのベルトが隠れる程度、自分のサイズに5cmプラスが一番ベストです。

おすすめはシンプルな無地のTシャツ

無地のTシャツは、ファッションアイテムのスタンダードとして、人気がありシンプルで誰にでも似合うデザインです。低価格でカジュアルな無地のTシャツから、こだわりのあるブランドで高級感が漂うTシャツも存在します。
また、無地のTシャツは使い勝手も良く、スッキリした印象で清潔感も生まれ、好感度もアップするでしょう。それでは、パーソナルカラー診断であなたに合ったカラーTシャツの選び方を紹介します。

パーソナルカラー診断であなたに合った色の選び方

パーソナルカラー診断であなたに合った色の選び方

パーソナルカラー診断とは、生まれつきの肌や髪、目・唇・頬色などを参考にして、似合う色のタイプを四季にあわせて4種に分類する理論のことです。黄色味のあるイエローベースと青味のあるブルーベースの2種類の種類に分かれ、「スプリング」「サマー」「オータム」「ウィンター」の4つのグループに分かれます。
また、色相・明度・彩度に基づいて共通の要素がある色同士をグループに分けました。自分に似合う色を選ぶことで、見た目の印象がガラリと変わり、顔色が良く見えたり若々しく見られたり、自分をよく見せるメリットがあります。
それでは、4つのパーソナルカラー診断について詳しく紹介しますので、自分に合った色をチェックしてみて下さい。

パーソナルカラー春タイプ①スプリング(イエローベース)

パーソナルカラーの分類では、色相「イエローベース」明度「ライト」彩度「ヴィヴィット」の色を集めたのが春タイプ【スプリング】です。スプリングは、春のイメージで活発でキュート・若々しい印象を与えます。瞳の色は柔らかなブラウン系で、肌の色は健康的なアイボリータイプが似合います。
似合う色は、再度の高い鮮やかな色で、ビタミンカラーの「オレンジ・イエロー」やベースカラーの「アイボリー・キャメル・ウォームグレー」です。

パーソナルカラー夏タイプ②サマー

パーソナルカラーの分類では、色相「ブルーベース」明度「ライト」彩度「ソフト」の色を集めたのが【サマータイプ】です。上品でしっとりとした、ソフトな印象。瞳はソフトな黒色で、肌はきめ細かい色白なタイプが似合うでしょう。
似合う色は優しいパステルカラーで、「水色・ラベンダー」や明るい「ネイビー・ミントグリーン・スモーキーカラー」です。

パーソナルカラー秋タイプ③オータム

パーソナルカラーの分類では、色相「イエローベース」明度「ディープ」彩度「ソフト」の色を集めたのが秋タイプ【オータム】です。大人っぽく凛とした落ち着いたシックな印象で、瞳は深みのある濃い色、ハリのあるつや肌でボリュームあるナチュラルな髪のタイプが似合います。
「マスタード・レンガ色」のような暖色系、深みのある「オレンジ・イエロー」「グリーン」ベースカラーの「ベージュ・ブラウン・カーキ」などが似合う色です。

パーソナルカラー冬タイプ④ウィンター

パーソナルカラーの分類では、色相「ブルーベース」明度「ディープ」彩度「ヴィヴィット」の色を集めたのが冬タイプ【ウィンター】です。洗練されたシャープな雰囲気で、瞳は白目と黒目がはっきりしており、腰があってつややかな黒髪のタイプが似合うでしょう。
赤や「エメラルドグリーン・ロイヤルブルー」ベースカラーの「ネイビー・スノーホワイト・ブラック」ビビットカラーの「チャコールグレー」などが似合う色です。

タイプ別カラーTシャツコーデ4選

タイプ別カラーTシャツコーデ4選

ここからは、パーソナルカラー診断を利用して、タイプ別カラーTシャツコーデを四季別に4つ選んでみました。

スプリングタイプは温かみのある明るいタイプ

活発で若々しい感じのスプリングタイプは、アイボリーで温かさを表しています。ボトムスは同系色を持ってきましたが、春らしい明るい色も合うでしょう。
Tシャツに明るい色を持ってくることで、顔色も良くなり親しみやすい雰囲気を醸し出します。

サマータイプは爽やかで透明感のある印象に

サマータイプは、ブルーベースでくすみのあるカラーがおすすめです。明るいブルーのTシャツで爽やかで透明感のある印象を与えます。
ボトムスは、明るいベージュを持ってきましたが、ブラックを合わせてもおしゃれに決まるでしょう。

オータムタイプは大人っぽくシックな雰囲気で

オータムタイプは、暖色系の中でも落ち着いたイメージが似合います。Tシャツは、ブラウンカーキで自然をイメージさせるアースカラー。ボトムスも同系色の物を選びました。
大人っぽく決めたい人におすすめのコーディネートです。

ウインタータイプは深みのある洗練されたイメージ

ウインタータイプは、深みのあるはっきりした色合いが似合うタイプで、ブラックのようなシックのカラーがおすすめです。こちらは、黒のTシャツにボトムスはベージュ系をチョイス。カジュアルなスタイルの中にも洗練されたおしゃれ感が漂います。
シャープな中にも柔らかさを出したい人におすすめのコーディネートです。

Tシャツのカラーが豊富なTMIXでオリジナルTシャツ!

Tシャツのカラーが豊富なTMIXでオリジナルTシャツ!

TMIX(ティーミックス)では自分でデザインしたロゴやイラストで思い出に残るオリジナルのTシャツを作るお手伝いをしています。Tシャツの種類も100以上あり、色の数もとても豊富です。

TMIXのデザインエディタで簡単デザイン

TMIXのデザインエディタで簡単デザイン

TMIX(ティーミックス)には独自の「デザインエディタ」というものがあります。PhotoshopやIllustratorといった専用のデザインツールがなくても、サイト上でパソコン・スマートフォンから簡単にデザインができてしまいます。お気に入りの写真や画像のアップロード、テキストも自由に入れられ、スタンプも豊富に用意しております。思い通りのデザインが直感的に作成できるのが魅力です。

デザインサポートでプロのデザインに

デザインサポートでプロのデザインに

ご自分のデザインに自信のない場合は「デザインサポート」をご利用いただければ、プロによってイメージに近いデザインに仕上げることもできます。デザインのイメージはあるけど上手にできないと思ったら、ぜひお試しください。

TMIXでオリジナルTシャツを作ってみる

まとめ

今回は、何色のTシャツが似合うのか、おしゃれに着こなす選び方のポイントをサイズからパーソナルカラー診断まで解説しました。似合うカラーは、あなたのありのままの姿から判断できます。今では、インターネットなどで簡単に調べられるので試してみてはいかがでしょうか?
Tシャツは、今や普段着からおしゃれ着まで、さまざまなシーンで活躍するアイテム。また、カラーTシャツの選び方によって、顔映りが明るくなり親しみやすく見える効果がありますよ。
あなたが今以上素敵に見栄えするTシャツの色の選んで、ワンランク上のおしゃれを楽しみましょう。


「Tシャツは何色が似合う?Tシャツの色選びのポイントを徹底解説」に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧