洗えるマスク

おすすめの旅行バッグ5選!バッグの選び方も解説

おすすめの旅行バッグ5選!バッグの選び方も解説

旅行は非常に楽しみなイベントのひとつですが、準備のときにバッグに関する悩みを抱える方は少なくありません。

「2泊のスケジュールだけど、荷物を詰められるバッグがない…」「そもそも旅行用のバッグでどうやって選んだらよいの?」。

今回はこのような疑問、悩みを抱える方に向けて旅行バッグに関するお役立ち情報やおすすめの旅行バッグをご紹介します。

目次

旅行バッグの選び方

おすすめの旅行バッグというのは1人、1人がバッグに求める要望などによって大きく異なります。

そこでまずは旅行バッグの基本的な選び方をさまざまな角度から解説します。

宿泊数・滞在日数

旅行は現地のホテルや旅館に宿泊するスケジュールを組むのが一般的です。

そして宿泊を伴うということは、衣類や下着なども複数枚用意する必要があります(※宿泊数や滞在日数による)。

このようなケースでは、スーパーへ買い物に行くときのような小さなエコバッグなどでは容量不足になることは明らかです。

よって旅行用バッグを購入するときは、一般的なサイズよりもひと回りほど大きなバッグを選択するのが基本です。

しかし、注意点としては旅行用バッグはただ大きければよいというわけではなく、宿泊日数や滞在日数に合わせたサイズを選択する必要があります。

以下に宿泊数や滞在日数ごとの目安となるバッグの容量を記載しましたのでご覧ください。

宿泊日数・滞在日数 バッグの容量
1泊2日 10L~19L
2泊3日~3泊4日 20L~39L
4泊5日以上 40L~

一般的に旅行用のバッグを選ぶときは、「1日10L」の容量を意識しておくと好ましいといわれています。

よって旅行のスケジュールが1泊の場合は10L以上、2泊~3泊なら20L~30L、4泊以上なら40L以上の容量を目安にしてバッグを選ぶとよいでしょう。

もちろん上記の容量はあくまでも目安ですので、旅行に持っていく荷物の量なども考慮しながら選ぶことをおすすめします。

種類・タイプ

一口に旅行バッグといってもその種類やタイプはさまざまです。

以下に旅行用バッグとしても扱われることが多いバッグの種類、タイプをまとめましたのでご覧ください。

バッグの種類・タイプ 主な特徴
バックパック(リュック) 国内、海外旅行の際に旅行道具を持ち運びするリュックのことを指す(背中に担ぐため、両手を自由に使えるのがメリット)
キャリーバッグ(スーツケース) 取っ手を引っ張って荷物を運べるバッグであり、旅行用バッグでは定番タイプのひとつ
ボストンバッグ キャリーバッグと同様、旅行では最も使用される頻度が多いバッグであり、底辺部のマチ幅が広い手提げタイプが一般的
ショルダーバッグ(観光、街歩き用) 肩にかけて持ち運ぶバッグのことであり、旅行では食べ歩きや観光の際に役立つことが多い
トートバッグ(観光、街歩き用) 持ち手が2本ある手提げタイプのバッグであり、ショルダーバッグと同様、旅行では街歩き用やお土産などの買い物用として使われる傾向にある

旅行用のバッグは慣れている人だとキャリーバッグやボストンバッグをメイン、ショルダーバッグやトートバッグをサブとして持っていく傾向にあります。

またその使い方ですが、メインのキャリバッグやボストンバッグには衣類や下着などを入れ、サブのショルダーバッグやトートバッグはお土産を買うときや街を散策するときに重宝するケースが多いです。

ちなみにボストンバッグはトートバッグと同じように手に持って運ぶタイプが一般的ですが、近年は肩から背負えるショルダーストラップ付きのものも増加傾向にあります。

よって腕への負担を軽くしたり、両手を自由に使ったりしたいという方は上記のようなタイプのボストンバッグを検討するとよいでしょう。

ブランド

旅行用バッグはさまざまなメーカー、ブランドが製造や販売を手掛けています。

各メーカーやブランドによって機能や使いやすさは大きく異なるため、荷物で過度な負担をかけたくないという方は、旅行用バッグの製造に力を入れているブランドをチェックしておくとよいでしょう。

一例ですが耐久性や強度に優れた素材が使われているバッグを選ぶ、悪天候でも気持ちよく使用できるように防水性や撥水加工が施されたバッグを選ぶ、小物類もきれいに入れられるようにポケット数が多いバッグを選ぶなどが挙げられます。

また旅行用バッグを手掛けるメーカー、ブランドの中には小さなアイテムを収納できるポーチやハンドバッグを付属品として提供しているところもあります。

特に女性の場合はメイク用品、日焼け止めグッズ、ドライヤーやヘアアイロンなど小型の荷物が多くなることが予想されます。

このようなときにポーチやハンドバッグが付属品として付いてくると、小物類を収納するためのバッグを購入する手間も省けます。

デザイン

前述のように旅行バッグは現地で活動しやすいように機能性を重視することが大切。

それと同時に意識しておきたいのがバッグの見た目、デザインです。

旅行用バッグも一般的なバッグと同じようにさまざまなデザインをあしらったタイプがあります。

旅行バッグを購入するときはバッグのデザインと、宿泊するホテルや旅行先の雰囲気に合ったものを選ぶとよいでしょう。

一例ですが1泊数万円もする高級ホテルなどに泊まるときに、学生の部活動などで使うエナメルバッグや普段の買い物用で使用する薄い生地のエコバッグを持っていくのはあまりおすすめできません。

デザインや見た目を軽視したバッグ選びは、旅行先などで友人や知人からも「ちょっとダサいかも…」「旅先の雰囲気に合っていない…」といった感情を持たれる可能性もあります。

このような理由から旅行バッグを選ぶときは、機能性に加えてデザインや見た目も意識しておくようにしましょう。

特に若年層世代や女性の場合は「かっこいい」「かわいい」「おしゃれ」といったイメージを与えられるデザインがあしらわれたバッグを購入することをおすすめします。

またちょっと背伸びして上品、大人といった雰囲気を演出したい場合は本革製のバッグも検討しておくとよいでしょう(※ただし本革素材のバッグは価格も高いため、ムリをする必要はなし)。

おすすめの旅行バッグ5選~ボストンバッグ~

ここからはおすすめの旅行バッグをご紹介します。

今回は旅行用バッグとしてはメインで使用することが多いボストンバッグのおすすめ製品を5つまとめましたのでご覧ください。

【クレドラン(CLEDRAN)】PARE BOSTON

by:cledran.com

使用素材 ナイロンコットン
サイズ 縦25㎝×横28㎝×マチ17㎝
重量 約500g

おしゃれさと機能性を兼ね備えた革製品の製造、販売を手掛けるクレドラン(CLEDRAN)は日本発のブランド。

PARE BOSTONはふっくらとしたシルエットがかわいらしいバッグです。

また本製品はマチが18㎝と広く、かつファスナーが大きく開くため、荷物が多くなりがちな女性にもおすすめできるといえるでしょう。

バッグ内部にはそれぞれサイズが異なる3つのミニポケットが付いていますので、スマホや小銭入れといった小物類も簡単収納することができます。

ボストンバッグとしては軽量の500gという重量も非力な女性にとっては嬉しいポイント。

付属品としてオリジナルのポーチと収納袋も付いてきます。

【ブリックス(BRIC'S)】X-トラベル ボストンバッグ マチポケット付き 25L

by:brics.it

使用素材 ナイロン/レザー
サイズ 縦24㎝×横46㎝×マチ22㎝
重量 780g

ブリックス(BRIC'S)は、機能性に優れたバッグから旅行用のスーツケースまで幅広い製品を展開するイタリアのトラベルバッグブランドです。

本製品はX-トラベルシリーズのひとつとなっており、PVCコーティングによる撥水加工が施されているのが大きな特徴です。

外側は耐久性に優れ、お手入れが簡単にできるサテン加工ナイロン製となっています。

またフロントにはファスナー式の2つのポケットが付いているため、収納力も心配する必要はありません。

内側にはパッド入りの収納スペースも備わっているため、衝撃に弱いiPadなどの端末も安心して持ち運べるのが大きな魅力です。

【オロビアンコ(orobianco)】ORB001 ボストンバッグ

by:sacsbar.com

使用素材 ナイロン/PVC/革
サイズ 縦32㎝×横47㎝×マチ23㎝
重量 約842g

ジャコモ・ヴァレンティーニが1996年にイタリアで立ち上げたブランドとなるオロビアンコ(orobianco)。

ORB001 ボストンバッグはゴルフをやる方向けに製造されたタイプですが、実は旅行シーンに適した機能性も兼ね備えています。

外側には3つのポケットが付いていますが、このうちのひとつはシューズを入れられる設計になっています。

よって現地で靴を履き替えたい、軽いサンダルで行動したいといった方には非常に適した仕様になっているといえるでしょう。

もちろん内側にも2つのポケットが付いていますので、小物類もムリなく収納可能です。

素材はナイロンが中心となっていますが装飾に牛革を使用しているため、機能性に加えて高級感もプラスされています。

【フェリージ(Felisi)】P3/DS

by:felisi.net

使用素材 ナイロン/レザー
サイズ 縦32㎝×横48㎝×マチ25㎝
重量

1973年にイタリアで産声を上げた、バッグ中心のブランドとなるフェリージ(Felisi)。

「レザー×ナイロン」の組み合わせがフェリージ製品の最大の特徴となります。

本製品のP3/DSもフェリージ特有のシルクのような光を持つナイロン素材と、イタリアのトスカーナに古くから伝わる伝統製法によって造られた革素材を用いています。

収納力は見た目以上に高く、かつ開口を4方に開くことができるため、中身の確認などもスムーズに行うことができます。

また大容量でありながらメインの素材はナイロンですので、軽量化されているのも大きな魅力です。

2泊~3泊ほどの旅行であれば本製品ひとつで十分といえるでしょう。

【ハーシェルサプライ(Herschel Supply)】Novel Duffle 10026-00055-OS

by:amazon

使用素材 ポリエステル/合成皮革
サイズ 縦29㎝×横52㎝×マチ28㎝
重量 910g

ハーシェルサプライ(Herschel Supply)は、カナダのバンクーバー地方で誕生したブランドです。

デザインなどは非常にシンプルでありながら、クラシカルな雰囲気とストリート的な雰囲気を融合させたおしゃれな製品が目立ちます。

本製品はショルダーストラップ付きのため、肩掛けと手持ちの2WAYで使用することができます。

また本体のサイド側にはメイン収納部から独立したシューズポケットを配置。

容量も約50Lとなっていますので、3泊~4泊ほどの旅行でも十分な活躍が期待できます。

素材は耐久性も考慮して、通常より厚めのポリエステルが使用されています。

まとめ

今回は旅行バッグの選び方やおすすめの旅行バッグ(ボストンバッグ)をご紹介しました。

旅行は宿泊を伴うことが多いため、一般的には容量や収納力を意識して選ぶことが大切です。

ただし容量や収納力ばかりを意識してしまうと機能性やデザインなどで満足できないバッグを購入してしまう危険性が高まります。

よって旅行バッグを購入するときは複数のポイントを細かくチェックしておくことが大切です。

また旅先で荷物の不安を解消したいという方は、サブ的な形でトートバッグやショルダーバッグなどの持参も検討しておきましょう。

TMIXではちょっとしたお出かけなどで重宝するトートバッグやショルダーバッグ、ポーチなどに、あなただけのオリジナルデザインを施すことができます。

プロが無料でデザインをサポートするサービスも提供中ですので、デザインやイラストが苦手な方もInstagramのスクショなどを送るだけでオリジナルバッグの制作が可能です。

現在旅行用バッグをお探しの方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

TMIXでオリジナルトートバッグをプリントする

おすすめの旅行バッグ5選!バッグの選び方も解説に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧