漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

捨てる前に試して!洗っても臭いタオルをよみがえらせる方法

捨てる前に試して!洗っても臭いタオルをよみがえらせる方法

お風呂あがり。洗濯したてのふんわりおひさまのかおりがするタオルで体をつつみたい!しかし、顔をうずめた瞬間、生乾きのようないやーな臭いにがっかりしたことはありませんか?

しっかり洗って十分に乾かしたはずなのに、なぜか臭いタオルってありますよね。洗っても洗っても臭い・・・一度ついたタオルの臭いはなぜかなかなかとれません。

「お気に入りのタオルだったけど、もう臭いがとれないし雑巾にして捨てちゃおうかな・・・」

そう思ったあなた、ちょっと待ってください。

タオルの臭いが洗ってもとれないのには原因があります。臭いをとって、清潔なタオルに蘇らせる方法があります。この記事では、タオルの臭いの原因と臭いを落とすための方法を解説します。臭いが気になって使えないタオルがある人は、ぜひ試してみてください。

目次

タオルの臭いの原因

タオルの臭いの原因

タオルの臭いの原因は、主に3つあると言われています。3つの原因について説明します。

タオルに潜む雑菌

みなさんの手や体には、皮脂や皮膚、角質がありますよね。いくらきれいに手や体を洗っても、水気をふきとったタオルの中で雑菌が繁殖していきます。雑菌は水分を好むので、湿っていたり、水気があるところで繁殖していきます。特に、タオルの臭いの原因と考えられているのは、「モラクセラ菌」という常在菌です。皮脂などを好んで繁殖し、「4M3H」というニオイ物質を発生して悪臭を放ちます。

洗濯槽のカビ

何度洗濯したり、強力な漂白剤を使っても、洗濯槽がカビていると意味がありません。洗濯槽の中は汚れがたまりやすく、湿気も多いため臭いがつきやすい状態となっていることが考えられます。

タオルに残った汚れ

一見汚れが落ちたように見えるタオル。きれいに洗ったと思ったタオルでも、繊維の間に、目に見えない汚れが残っている場合があります。その汚れが原因となって臭いを発している可能性があります。

タオルの臭いをとる方法

タオルの臭いをとる方法

タオルの臭いの原因を探った上で、タオルの臭いをとる方法を考えてみましょう。タオルの臭いを取る方法がいくつかあるのでご紹介していきます。

①熱湯消毒(60度以上)

臭いの原因「モラクセラ菌」は熱に弱い特徴があります。この、「熱に弱い」特性を利用しましょう。60度以上のお湯に20分以上つけると死滅します。お湯に浸している間、蓋をするなどして温度が下がらないようにしましょう。また、浸け置きが終わったらすぐに洗濯しないと、また菌が繁殖するので注意が必要です。

②コインランドリーを利用する

コインランドリーは家庭用より高温で洗濯するので、臭いがとれる場合があります。臭いが気になっているタオルをまとめてコインランドリーで洗濯してみると変わる可能性があります。

③漂白する

酸素系漂白剤は、粉末タイプが弱アルカリ性、液体タイプが弱酸性の性質を持っています。粉末タイプの方が高い除菌力を持つ傾向にあります。潜んでいる雑菌の多くは酸性のため、弱アルカリ性の働きで中和する粉末タイプの酸素系漂白剤で除菌しましょう。塩素系漂白剤はアルカリ性の性質を持ちますが、生地を傷めたり、色落ちしたりする可能性があるので酸素系漂白剤をおすすめします。また、重曹に浸け置きする方法もあります。重曹には臭いを吸収する性質があります。

④アイロンをかける

少し手間がかかりますが、脱水後の濡れたタオルにアイロンの熱を加えるという方法もあります。ただし、タオルがアイロンをかけてもよい生地かどうか確認をしてからおこないましょう。

タオルに臭いがつくのを防ぐには?

タオルに臭いがつくのを防ぐには?

ついてしまった臭いを消す方法をご紹介しましたが、そもそも臭いがつかないような対策をとっておくことも大切です。日頃の洗濯方法のちょっとした心がけで臭いがつきにくくなります。ここでは、タオルの臭いがつきにくくなるポイントを説明します。

①洗濯機に入れる量は8分目

貯まった洗濯物を一気に洗濯したくなりますが、これはよくありません。洗濯槽に入れる量は、多くても8分目程度に。詰め込みすぎると洗い残し、すすぎ残しが生じ、臭いの原因に。家族が多いとなかなか大変ですが、できるだけこまめに洗濯することを心がけましょう。

②タオル使用後は広げて乾かしておく

お風呂等でタオルを使用した後、できるだけ広げて乾かしておきましょう。使用後にすぐに洗濯する場合はOKですが、しない場合には湿ったまま放置しないようにしましょう。湿ったままにしておく時間が長ければ長いほど、菌の繁殖につながります。

③洗剤・柔軟剤は適正量に。

洗剤が多い方がきれいになる感じがしますが、それは間違いです。量が多すぎると洗い残しの原因になるので、適正量にしましょう。また、柔軟剤も使いすぎには注意が必要です。柔軟剤をタオルに使うと、タオル本来の吸水性を損なったり、パイルが抜けやすくなる原因になることもあります。使う頻度や量には気をつけることが、タオルをきれいに長持ちさせる秘訣です。

④干す前に上下に振る

タオルにはパイルというものがあり、そのパイルが、タオルのやわらかさに関係しています。洗濯後すぐは、パイルがぺたっと倒れている状態です。そのまま干すと、乾かした後も倒れたままでごわごわする原因となります。干す前にパイルを起こすと、乾いたときにふんわりとした仕上がりになります。臭いとは直接関係がないかもしれませんが、タオルを長持ちさせるコツとして紹介します。

⑤洗濯槽の掃除をする

洗濯槽の汚れは、思ったよりひどい場合があります。洗濯槽クリーナー等で定期的に洗浄し、清潔な状態を保っておくことが大切です。また、選択後に毎回水分をふきっとっておくと洗濯槽がカビにくくなります。

⑥残り湯を使わない

節水のため、お風呂の残り湯を使用している方も多いのではないでしょうか。しかし、残念ながら、タオルの臭いを防ぐという観点からみると残り湯の利用はおすすめできません。残り湯は皮脂などで汚れています。家族が多い場合はなおさらです。そして時間がたつにつれ菌が増殖していきます。その残り湯で洗濯をすれば、洗濯物に臭いがつく可能性が高くなります。

⑦アルコールスプレーを使う

洗濯後のタオルにアルコールスプレーを吹きかける方法があります。アルコールは揮発するので、お子さんが使うタオルにも安心して使うことができます。アルコール成分によってタオルの色が変色する可能性もあるので、一度端の方で試してみることをおすすめします。

タオルの乾かし方

タオルの乾かし方

洗濯物が乾くまでに時間がかかると、菌が繁殖してしまいます。できるだけ早く乾くように干すことが大切です。

干し方のコツは、単純なことですが、間隔を空けて、風通しがよくなるように干すことです。1番よいのは、日中に屋外で陰干しをすることです。天日干しで乾かす方がよさそうに感じるかもしれません。しかし、直射日光に当てると水分が飛びすぎたり、紫外線がタオルの繊維を傷めて、硬くなってしまう場合があります。タオルを長持ちさせたいのであれば、風通しの良いところで陰干しをしましょう。夜は湿度が高くて乾きにくいので、できれば日中の時間帯に干すのがベストです。

また、止む終えなく部屋干しをしている家庭もありますよね。部屋干しの場合、除湿機やエアコン、扇風機なので空気の流れをよくしておきましょう。また、ハンガーや洗濯バサミで、空気と触れる面をできるだけ多くしておくことも、タオル早く乾かすコツなので工夫してみましょう。

タオルの買い替えどきは?

タオルの買い替えどきは?

タオルの臭いを取る方法をご紹介しました。タオルは、丁寧に使えば、気持ちよく長く使うことができます。しかし、試したけれど、どうしてもタオルの臭いがとれないという場合は、タオルの買い替えどきかもしれません。タオルは消耗品なので、定期的に買い換える必要があります。黒ずみや黄ばみ、ほつれもでてきたら買い替えも検討しましょう。

TMIXのオリジナルタオルは臭いが着きにくく長持ち!

TMIXのオリジナルタオルは臭いが着きにくく長持ち!

TMIXでは、ハンドタオルからマフラータオルバスタオルまで、サイズの異なるタオルをご用意していますので、幼稚園通園用のお手拭きタオルから結婚プレゼントのペアバスタオルまで、用途に合ったさまざまなオリジナルタオルを作ることができます。 デザインだけでなく、肌触りのよい、ふんわりとしたタオルとなっています。全面プリント両面プリントの場合、ポリエステル100%のタオルとなっています。乾性が高いのが特徴で、洗濯を繰り返しても傷みにくい耐久性が高い生地です。防菌加工もしてあり、臭いがつきにくいタオルとなっています。また、枠ありプリントの場合、綿100%のタオルとなっています。やわらかい肌触りで身につけていても心地よい肌触りとなっています。吸水性が高く、水に強いので洗濯して、使い回しができます。デザイン+使い心地もよいタオルをぜひお試しください。

TMIXでオリジナルタオルを作ってみる

まとめ

いかがでしたでしょうか。洗っても臭いがとれないお気に入りのタオル、捨てる前にぜひ一度除菌をしてふんわりいい匂いのタオルに蘇らせみませんか。また、洗濯に対するちょっとしたひと手間も習慣化してみると、タオルが長持ちして気持ちよく使うことができるのでぜひ試してみてください。

捨てる前に試して!洗っても臭いタオルをよみがえらせる方法に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧