即日アイテム30%OFFクーポン配布中!!

贈り物には意味がある!タオルをプレゼントする際の意味や選び方をご紹介

贈り物には意味がある!タオルをプレゼントする際の意味や選び方をご紹介

親しい友人や家族の誕生日プレゼントに、結婚式や出産のお祝いに、怪我や病気になってしまった友人や、退院した知人に……。このように、私たちは1年間で何回か、人にプレゼントを贈る機会があると思います。しかしプレゼントを選ぶ際、なにを贈れば喜んでもらえるのかわからず、困った経験がある人も多くいるのではないでしょうか。

贈り物に困った……そんなときは、タオルのプレゼントがおすすめです。

「プレゼントタオルの選び方は?」

「タオルっていつでもプレゼントしてもいいの?」

この記事では、上記のような疑問を持っている人に向けて、プレゼントタオルに込められた意味や、おすすめの選び方、送らないほうがよいシーンなどをご紹介します。

それでは順番に見ていきましょう。

目次

タオルはプレゼントに最適

タオルはプレゼントに最適

冒頭でも触れたように、タオルはプレゼントに最適なアイテムです。タオルは選ぶ側も楽しく、また実用的なためプレゼントされる側も嬉しいからです。

その理由は?

タオルがプレゼントに最適なのは、タオルには「悪いことは続かない」という言葉が込められているからです。なぜそう言われるかというと、それはタオルそのものに理由がありました。

タオルはご存知の通り、消耗品ですよね。毎日使えば数ヶ月、長持ちしても数年で、新しいものと交換します。アイテムとして長くは続かない。つまり、そこから転じて「悪いことは続かない」と言われるようになったのです。

ちなみに、ハンカチやネクタイなどのように、肌に身につけるものには「勤勉でありましょう」という意味があります。ストイックでかっこいい意味のように感じられますが、状況によっては語気の強いメッセージになります。そのため、上司や目上の人に送るのには不向きだと考えられています。

しかし、身につける布類よりも優しく、無難なメッセージが込められているタオルであれば、相手の気分を害すことなくプレゼントできるでしょう。

タオルのプレゼントを贈るシチュエーション例

タオルのプレゼントを贈るシチュエーション例

次に、ぜひタオルを贈ってみたいシチュエーションをいくつかご紹介します。

もちろん、贈る相手の好みやほしがっているものを知っているのなら、そちらを渡さない理由はありません。しかし、「贈らなければいけないけどなにを贈ればいいのかわからない」と悩んでいる人がいれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

誕生日プレゼント

あたたかいメッセージが込められているタオルは、友人や知人の誕生日プレゼントにピッタリです。タオルはデザインやブランドが豊富に展開されているため、相手の好みに合わせて選びやすいところがいいですよね。また、先輩社員や上司へのプレゼントにするのもよいでしょう。

結婚祝いのプレゼント

結婚式と言えば、新郎新婦が結ばれる日。そんな素晴らしい日のお祝いにも、タオルはピッタリなのです。「運命の赤い糸」をご存知でしょうか。いつか結ばれる男女は足首を赤い糸で結ばれている、という伝承です。タオルは糸で織りますから、その「運命の赤い糸」を連想させる、オシャレかつ縁起の良い贈り物と言えるでしょう。

快気祝いや退院祝いのプレゼント

タオルは、怪我や病気をしてしまった知人・友人の退院祝いや、お見舞いに来てくれた人にお返しとして贈る快気祝いにもピッタリです。

通常快気祝いには、「嫌なことを水に流す」としてシャンプーなどのアイテムが選ばれます。しかし、タオルの「悪いことは続かない」の意味に注目して、あえてタオルを贈るのもおすすめです。

タオルを贈らない方がいいシチュエーションとは

タオルを贈らない方がいいシチュエーションとは

次にタオルを贈らない方がよいシチュエーションを2つご紹介します。

先ほどもご紹介した通り、花言葉と同じようにタオルを含め贈り物には意味があります。そのため状況によっては失礼にあたることもあるので、気をつけてくださいね。

上司に小さいタオルを贈るのはNG

タオルと一口に言っても、大きさはさまざまです。フェイスタオルやバスタオル、ハンカチタオルなど、種類によって名前も分けられています。

そのなかで、ハンカチタオルのように小さいタオルを上司に贈るのは推奨されません。記事のはじめでも記しましたが、身につけられる布類には「勤勉に頑張ってください」という意味が込められているからです。このメッセージは、目下の者が言うとやや厚かましく、無礼なイメージを与えるので避けたほうが無難です。

結婚式の引き出物に白いタオルはNG

結婚式などの祝いの場でも、白いタオルはNGです。お葬式などやお通夜のシーンを想像してみてください。白いタオルは亡くなった人の顔に被せる布を連想してしまうので、新郎新婦の晴れ舞台である結婚式には不向きなのです。

そのため贈るときはデザインや色彩が豊かなものを選びましょう。

それ以外はほとんどの場合でOK

上記のシチュエーション以外でしたら、ほとんどの場合でタオルをプレゼントして大丈夫。タオルは消耗品ですから、「貰って困る」「いらない」と思う人のほうが稀です。しかし、タオルと言っても、なにを贈ってもよいわけではありません。安すぎるタオルは触り心地がイマイチですし、派手過ぎるフェイスタオルは外で使うのをためらいます。

タオルを贈るときは、贈る相手や利用シーンに合わせて最適なアイテムを選ぶように心掛けましょう。

贈る相手に合わせて素材やデザインを考えよう

贈る相手に合わせて素材やデザインを考えよう

誰にでも贈れる万能プレゼント候補のタオルですが、贈る相手に合わせて最適な選び方というものがあります。ここでは、タオル選びのコツについてご紹介します。

男性にスポーツタオルを

はじめに、男性に贈るタオルの選び方をご紹介します。もちろん例外もありますが、男性のなかには会社内のサークルスポーツに参加したり、アウトドア趣味を持っていたりする人が多い傾向にあります。また女性にくらべて汗をかきやすい人が多く、スタイリッシュなデザインが好まれる傾向にありますよね。

そのため、男性へ贈るタオルは実用性に優れたものや、スポーツタオルを選ぶとよいでしょう。ブラックやブルー、グレーカラーのタオルはとくに、普段使いしやすいですよね。素材は、吸収性を重視するならマイクロファイバー素材がよいでしょう。有名なスポーツブランドのタオルはスタイリッシュなロゴやマークがあしらわれているものも多くあり、喜んでもらえると思います。

女性にはかわいいデザインのものを

その一方で、女性には可愛らしいデザインのものや、色調が華やかなものが喜ばれる傾向にあります。その人の普段のコーディネートに合ったハンカチや、見るだけで気分が安らぐようなものがよさそうです。実際に購入するときは、雑貨屋さんなどで販売されているようなプレゼントタオルセットがおすすめ。手触りのよいフワフワのタオルや、敏感肌にも優しい天然素材のものも、きっと喜ばれます。

ベビー・キッズには肌に優しいコットンのものを

出産祝いや入学祝いなどでタオルを贈るときは、受け取る側の子どもたちが安心して使えるようなタオルがおすすめです。オーガニックコットンのタオルやガーゼタオルは、吸水性に優れており、かつ子どもの繊細な肌を傷つけない自然素材などでおすすめです。近年では、デザイン豊かなコットンタオルも多く販売されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

オリジナルタオルを贈るのもgood!

タオルのプレゼントは、市販の既製品を選ぶのもよいですが、オリジナルアイテムを贈るのもおすすめです。学生時代からの幼なじみや大好きな恋人など、特別な人に自分とおそろいのアイテムを贈るときっと喜んでもらえます。

オリジナルタオルは、友だちとの記念写真やイラストなどを用いて作ることも可能です。タオル製作はオリジナルグッズ印刷会社を通して、個人で簡単に行えますので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

オリジナルタオルを作るならTMIX

オリジナルプリントの『TMIX』では、オリジナルタオルの製作をお受けしております。タオルは1枚から、自身の好きなイラストや写真を用いて簡単に製作できますよ。

TMIXのウェブサイト上では、専用のデザインエディタを使って簡単にテキストやスタンプをデザインすることができます。そのため、PhotoshopやIllustratorに代表される画像編集ソフトを持っていない人、デザインにあまり自信がない人でも直感的にオシャレなロゴや絵柄を作れるのでおすすめです。

また、TMIXでは、どのオリジナルタオルもすべて1枚から、かつ低価格で印刷可能です。たとえばオリジナルハンドタオルの場合、アイテム代とプリント代のコミコミ価格で、1枚1,290円(税抜)から作ることができますよ。オリジナルグッズと言うと製作に何万円もかかるような気がしてしまいますが、実は意外とリーズナブルなのです。

TMIXではオリジナルタオル以外にも、Tシャツやパーカー、マスクなども製作可能なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

TMIXでオリジナルタオルを作ってみる

贈り物には意味がある!タオルをプレゼントする際の意味や選び方をご紹介に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧