オリジナルタオルを激安価格で手頃に作るには?

オリジナルタオルを激安価格で手頃に作るには?

目次

オリジナルタオルを激安価格で手頃に作るには?

オリジナルタオルを作りたいけど少しでも価格を抑えたい、でも安っぽい感じがするオリジナルタオルは作りたくないと思ってはいないでしょか。 そこで、オリジナルタオルの価格が決まるポイントを解説していきます。大体がこの要素で価格が決まってきます。大事だと思うポイントには予算をかけ、こだわっていないポイントで価格を抑えるのが最も賢く、満足のいくオリジナルタオルを作ることができます。

オリジナルタオルの価格を決めるポイント

オリジナルタオルの価格を決めるポイント

1.オリジナルタオルの種類と生地の厚み

オリジナルタオルの元となるタオルの種類によって価格が変わってきます。大きいサイズのバスタオルと小さいサイズのハンドタオルだと後者の小さいサイズのハンドタオルのほうが安くなります。また、タオルの厚みで価格が変わり、薄いほど価格が少し安くなります。丈夫なタオルを求めている場合は厚めのタオルを、軽いタオルを求めていたり生地の厚みにこだわりのない方は生地が薄めのタオルを選ぶのがおすすめです。

1.オリジナルタオルの種類と生地の厚み

2.印刷する面積

タオルにプリントする面積によっても価格は変わってきます。一般的にはプリントする面積が大きいほど価格が高くなり、プリントする面積が小さくなればその分価格は抑えられます。TMIXのオリジナルタオルの場合、印刷範囲がありますが、それぞれ印刷可能な範囲いっぱいにデザインをしても面積が大きくなることによって料金が上がることはありません。 ※お見積もり必須のシルクスクリーンプリントの場合は、プリントする大きさにより料金が異なる場合があります。詳細はお見積もりをお願いします。シルクスクリーンプリントは1色で100枚以上からお申し込みが可能です。

3.印刷の方法(単色・フルカラー)

印刷の方法は、一般的にインクジェット・昇華転写(フルカラー印刷)、シルクスクリーン印刷(単色×色数)が選べます。インクジェットや昇華転写のフルカラー印刷は、印刷する色ごとに版を作る必要がないため、タオル1枚だけのご注文やカラー写真を使ったり、色を何色使っても料金は変わりません。そのため、小枚数をご希望のお客様や、あるいは色を何色も使いたい、写真をプリントしたいといった場合はインクジェット・昇華転写プリントがお安くなる可能性があります。また、10枚から割引が適用され最大半額になるドンドン割をご用意しています。逆に、100枚以上や、利用する色数が1色など少ない場合はシルクスクリーンプリントの方がお安くなる可能性があります。シルクスクリーンプリントの場合お見積もりが必須となるため、ご希望のお客様はこちらからお見積もり下さい。

3.印刷の方法(単色・フルカラー)

4.制作する枚数

オリジナルタオルは、制作する枚数が多いほど1枚あたりの価格が下がります。商品やデザインがバラバラでも、どんな組み合わせでも10枚から割引が適用されるドンドン割は、最大50%OFFの割引が適用され大変お得です(※シルクプリントなど一部対象外)。シルクプリントの場合、版を作成して同一デザインを大量にプリントするのに向く印刷方法なので、100枚以上など枚数が多いほど、タオル1枚あたりの版代をおさえて安くご購入いただけます。イベントやノベルティ等、ある程度の枚数が必要になる場合は、できるだけまとめてシルクプリントで注文するのがお得です。 いきなり大量の枚数を注文するのが不安な場合は、無料のお見積りからお気軽にご相談ください。

タオルの種類

タオルの種類

マフラータオル

マフラータオルという名前自体にあまり馴染みがない方もいらっしゃるかと思います。よくテレビでプロ野球やサッカーの観客席でチーム名やチームの柄、色、ロゴが入ったタオルを掲げているのを目にしたことがあるかと思います。それがマフラータオルです。マフラータオルは細長くできていて1メートル前後の長さがあり、幅は約20cm~25cmほどと短いのが特徴です。名前に「マフラー」と付いているだけに首元に巻いて結ぶこともでき、巻いておけば両手が空くので持ち運びも楽になります。また、防寒対策として首元に巻いたり、暑い時期は汗拭きやタオルを水で濡らして首周りを冷やせば熱中症対策としても使うことができます。細長いマフラータオルでこそできることです。活用シーンもスポーツの応援やコンサート、旅行や登山などのアクティブシーンで大活躍します。

フェイスタオル

フェイスタオルは名前の通り顔を拭くタオルのことです。生活の中で最も多く使われていて、持っている枚数も一番多いタオルかと思います。フェイスタオルのサイズは多少の前後はありますが、長さが約85cm、幅が35cmほどのタオルです。素材も綿が多いイメージですが、様々な素材が使われており、表と裏で素材が違うものや、マイクロファイバーやポリエステルなどの化学繊維を使用したフェイスタオルも多くあります。使用用途も様々で、顔を拭くのはもちろんのこと、手や汗を拭いたり、旅行などの外出先に持っていったりなど様々なシーンで活用いただける使い勝手のいい万能なタオルです。最近ではフェイスタオルはコンパクトで場所を撮らないので、バスタオルの代わりに使われることもあります。生活での使用以外にも、結婚祝いや出産祝いなどのお祝いごとで贈り物としても人気が高いのがフェイスタオルです。

スポーツタオル

スポーツタオルとはその名の通り、スポーツで汗をかいたときに拭くタオルのことです。サイズがフェイスタオルより少し大きめにできており、長さが約110cm、幅が約40cmほどとなっています。マフラータオルとフェイスタオルの中間ぐらいの大きさです。 特徴としてスポーツ時に使用できるよう、肩にかけることができる長さをもっていることと、汗を拭くために吸水性の高い素材が使われています。素材は天然素材の綿やポリエステル、マイクロファイバーなどの化学繊維を使用したスポーツタオルが出ております。スポーツ以外にも屋外でのスポーツ観戦やイベント時、畳めばコンパクトになるので旅行などでカバンに入れて持っていったりなど様々な場面で活躍します。汗を拭く用途以外にも、熱中症や日焼け対策で水に濡らして首にかけたり、頭の上に載せたりすることもできます。また、普段の生活でも吸水性が高いタオルなので活用できるシーンも多いです。バスタオル比べてコンパクトなのでバスタオルとして使われたり、フェイスタオルより長さがあるので、お風呂上がりに頭に巻いて髪の毛のタオルドライにも使用することができます。

ハンドタオル

ハンドタオルはコンパクトなので普段持ち歩いている方も多いのではないでしょうか。ハンドタオルのサイズは正方形に近いものが多く、約15cm~35cm四方ほどなので畳んでポケットにもしまっておける大きさです。ハンドタオルも吸水性が高い綿やマイクロファイバーなどの素材が使われております。 同じ用途で布地の「ハンカチ」がありますが、ハンカチとハンドタオルの違いとして、ハンカチの方が薄くできております。素材もワイシャツに使われているオックスフォードやブロード素材が多く使われていて、フォーマルな場面で使用するために作られています。また、使われている素材から吸水性がハンドタオルと比べて少し弱いところがあります。 ハンドタオルの活躍の場はやはり外出時に多いです。カバンやポケットにしまっておけるのでコンパクトに持ち運びができかさばりません。吸水性が高いのでさっと取り出して汗や手を拭いたりできるのが嬉しいポイントです。現在ではビジネスシーンでも活用できるようにデザインがシンプルなものやファッションブランドや高級ブランドからも発売がされています。

バスタオル

バスタオルはお風呂やシャワーの後に体や髪の毛など全身を拭くための大きなサイズのタオルのことです。フェイスタオル同様に毎日の生活の中でよく使われているタオルかと思います。特徴としてはサイズが大きいのはもちろんのこと、吸水性も高いです。バスタオルのサイズは幅が約60cm、長さが約120cm前後のものが多いですが、最近ではバスタオルを少し大きくしたサイズも出ており、「大判バスタオル」などの商品名で売られるようになりました。大判バスタオルはご家庭での使用以外にもプールや海水浴で体を保温したり、砂浜に敷いたりなどの用途でも使われています。 バスタオルはご自身で使われることも多いですが、生活の中でよく使われることから、結婚祝いや出産祝いなどのお祝いごとでの贈り物としても人気が高いです。

タオルの生地と特徴

タオルの生地と特徴

タオルにも色んな種類があるように、同じタオルでも使われている生地は様々あります。使われている生地でタオルの吸水性や肌触りが大きく変わってきます。そこで、タオルに使われている生地の特徴をそれぞれ解説していきます。タオルを購入される際は、好みや使用用途に合った生地のタオルを選んでみてください。また、既に使っているタオルの生地を確認してみると使い方も変わるかもしれません。ぜひ、参考にしてみてください。

パイル生地

市販で売っているタオルで最も多いのがこのパイル生地を使用したタオルです。パイルとは織り方の一つで、毛先の一本一本の糸に無数の輪っかをくぐらせているループ状に織った生地のことをいいます。ループ状になっている部分がふわりとした弾力と柔らかさをだしてくれます。肌に触れる面積が多いので、水分を素早く吸収してくれます。吸水性の高さ、肌触りの良さが特徴の生地です。もう一つの特徴としてはキャラクターなどがプリントされているものがなく、ロゴなどの刺繍や柄をパイル生地で織り込んだものがほとんどでシンプルなデザインが多いです。 吸水性、肌触りの良さというタオル本来の性能を発揮してくれるため、市販のシンプルなデザインのタオルに多く使われている生地となります。

シャーリング生地

シャーリング生地とは上記のパイル生地のループ状になっている部分を均一にカットして表面を滑らかにした生地です。特徴として表がシャーリング生地、裏がパイル生地と組み合わせて使用されていることが多いことです。また、シャーリング生地はパイルを均一にカットしているので触り心地が良く高級感もでます。この肌触りの良さが気に入っている方も多いかと思います。 それでは何故パイル生地と組み合わせて使われているのか。それはプリントのしやすさにあります。凸凹したパイル生地だとプリントした際にムラができやすいからです。シャーリング生地はフラットにカットされているので、複雑なデザインでも綺麗にプリントすることができるのです。シャーリング生地は吸水性が少し弱いところがありますが、裏面をパイル生地にすることでその点をカバーしているのです。市販で売られているキャラクターなどがプリントされている部分がシャーリング生地で何もプリントされていない面がパイル生地となっています。気にして見てみると生地の違いに気づくかと思います。

ガーゼ生地

ガーゼ生地とは綿をあら目に平織りにし、素材が持つ天然の色を漂白して真っ白にしたもの生地です。通気性が良く、速乾性に優れ、天然素材である綿のふわりとした柔らかい肌触りが特徴です。耐久性も高く、繰り返しの洗濯でも繊維がスレたり破れにくい特徴ももっています。ガーゼ生地を使ったタオルは様々な種類があり、ハンドタオルサイズのコンパクトなものからバスタオルサイズの大きなものまであります。使い始めは素材である綿の油分が残っていて、水を弾いてしまい吸水性が弱いところがあります。何度か洗濯をすれば油分が取れて吸水性がだんだんと出てきますのでご安心ください。カーゼ生地は季節を問わず使うことができるので、赤ちゃんがいるご家庭や敏感肌の方へおすすめできる生地です。

ワッフル生地

ワッフル生地とはお菓子のワッフルに似た四角いマスがたくさんある凸凹した生地のことです。「ワッフル織り」という織り方で作られた生地です。凸凹した部分が立体的で生地に厚みがあるのが特徴です。ワッフル生地は表面に出ている部分のみが体に当たるので肌触りがさらりとしています。吸水性、速乾性に優れた生地なので、汗を拭いても張り付かず、素早く吸収し、早く乾いてくれる優れものです。耐久性は素材によるところが大きいです。ワッフル生地の素材は綿かリネンを使用したものが多いです。リネンは耐久性が高い素材で水に濡れると繊維が強くなっていく性質があります。綿は肌触りがよく、通気性にも優れています。耐久性を重視するとリネン、肌触りを重視すると綿がよいです。 贈り物にも最適で、高級タオルで知られる今治タオルでもワッフル生地が採用されています。ワッフル生地を使ったタオルの種類もバスタオルやフェイスタオル、ハンドタオルまで様々です。

マイクロファイバー生地

マイクロファイバー生地とは主にナイロンとポリエステルの化学繊維を使用した合成繊維の生地です。特徴としてマイクロファイバー生地は他の生地に比べて非常に細い繊維でできており、その細さは髪の毛の100分の1以下となっています。この細かな繊維により、柔らかく肌触りがとても良いです。また、繊維の表面がギザギザしており、その隙間から水分を吸収していることから吸水性が高く、速乾性にも優れた生地です。軽くて温かいというのもあり、着る毛布やブランケットなどにも使われています。タオルの種類も豊富でフェイスタオルからバスタオルまで様々な種類のタオルの生地で使われています。しかし、弱点もあります。マイクロファイバー生地は繊維の表面がギザギザしていることから柔らかいものを傷つけやすい性質があるところです。そのため、敏感肌の方やお子さまへの使用は控えたほうがいいです。また、熱にも弱いので乾かす際は直射日光にあてないように日陰で乾かすように注意が必要です。マイクロファイバー生地のタオルを選ぶ際は、ナイロンとポリエステルの比率を見ると良いです。速乾性と価格(コスパ)を重視するとポリエステル、耐久性と肌触りを重視するとナイロンの比率が多いのを選ぶのがポイントです。

サテン生地

サテン生地とは繻子織(しゅすおり)という織り方で作られた生地のことを指します。特徴は生地が滑らかでツルッとした触り心地です。光沢があり、風合いもよいため高級感があります。サテン生地はあくまで織り方での生地なので使われている素材は天然素材から化学繊維まで様々です。 サテン生地はタオルとしての弱点があり普段使いにあまり向いていません。その理由が、織り方の問題で吸水性が弱く、耐久性も低く熱にも弱いからです。綿などの吸水性の高い素材を使用しているものであれば、素材の力でその点は多少クリアされます。耐久性はどうしても他の生地に比べて低いので取り扱いに注意が必要で、普段使いのタオルとしてはあまりおすすめできない生地です。普段使いではなく、高級感があるので贈り物に適しています。贈り物に適している素材は肌触りが良く、柔らかい綿100%素材です。サテン生地を使ったタオルでは高級感あふれるギフトセットなど箱にきちんと入った状態で売られているものも多くあります。

新しいタオルの使い始めについて

新しいタオルの使い始めについて

新しいタオルを贈り物としてもらったり購入したあと、そのまますぐに使い始めたりしていないでしょうか?新品のバスタオルなのに吸水性が悪かったり、ゴワつくなどの経験があるかもしれません。そこで、新品のタオルの使い始めについて解説していきたいと思います。

まず、新しいタオルには綺麗にみえるように糊(のり)が付いています。この糊が原因で吸水性が悪かったり、ゴワついた感じがしてしまうのです。また、工場から出荷された際に製造過程で細かなホコリなどが付着していることがあります。糊とホコリを最初に取り除くことが使い始めのタオルを快適に使うのに必要なのです。取り除くには使用前に「洗濯」を必ずするようにしましょう。

新しいタオルの洗濯にはコツがあります。
一つ目に、一度に色んな衣服などと一緒にせずにタオルのみで洗うことです。一緒にしてしまうと他の衣服などと洗濯槽の中で摩擦が発生してしまいタオルを傷めてしまうからです。
二つ目に新品のタオルには柔軟剤の使用は控えてください。柔軟剤は繊維を柔らかくしてくれますが、元々新品のタオルは繊維自体が柔らかいので更に柔らかくしてしまうと繊維がほつれやすくなり、毛玉や毛が抜け落ちる原因となるからです。最初の2~3回ぐらいは水洗いで十分柔らかくなります。
三つ目に洗濯したあとはシワをしっかり伸ばして干すのですが、干し過ぎないことがコツです。タオルを干して取り込んだときに、タオルがゴワゴワに固くなっていたことはありませんか?これは干し過ぎによりタオル内の水分が完全に抜けてしまっているからです。タオルにはある程度の水分が必要なので、干し過ぎに注意してもらえればふわふわの状態で使用することができます。

タオルの寿命と交換時期

タオルの寿命と交換時期

皆さんはタオルはどのくらいの頻度で交換していますか?タオルは消耗品なので、使っていればどこかで必ず寿命がきます。タオルの種類や使い方、使用頻度によっていつが交換時期なのかはそれぞれです。そのために、タオルがどうなったら寿命なのか知っておくと交換するタイミングが分かるかと思います。

まず、タオルの寿命と言われているのが洗濯回数が30回を迎えたときです。ホテルなどでは30回洗濯したタオルは交換するように定められているところが多いところからです。これは30回の洗濯をしたときのタオルは肌触りが悪くなり、吸水性も落ちるためです。ただし、これはホテルのようにタオルの質が完全に良い状態で使い続けたい場合なので、ご家庭の場合は100回ほど洗濯してもさほど問題はありません。

次にタオルがどのようになったら寿命なのか紹介します。寿命が近づくと兆候がでてきますのでわかりやすいかと思いますのでその時が交換の時期だと判断してもらえればと思います。
交換時期の判断となるタオルの状態ですが、「ゴワついて肌触りが悪い」「嫌な臭いが洗濯しても取れない」「吸水性が悪くなった」「赤っぽく変色をしている」この4点が挙げられます。最初の3つに関しては意味が分かりやすいかと思いますが「赤っぽく変色をしている」というのが何故なのか分かりづらいかと思います。「赤っぽく変色をしている」兆候が見られた際は、これはカビが発生する一歩手前の状態です。更に使い続けると黒いカビが点々と発生してきます。カビが発生する前に交換しないと肌荒れやニキビなどの原因となるからです。以上の4点をタオルの交換時期と覚えてもらえればと思います。

オリジナルタオルのプリント手法

インクジェットプリント

インクジェットプリント

C(Cyan:シアン)M(Magenta:マゼンタ)Y(Yellow:イエロー)K(ブラック)と、下地用のホワイトインクで色を表現するプリント方法です。 高解像度の写真などの複雑なデザインでも鮮明に再現することができます。 大量生産に使用する版の製作やインクの調合といった余分な作業やコストがかからないので、1枚から色数無制限のフルカラーでお得にプリントができ、さらに通常3営業日、最短即日発送が可能です。綿素材のタオルがこちらのインクジェットプリントとなります。 印刷範囲には制限があり、タオルの端付近にはプリントはできません。また、バスタオル、フェイスタオル、マフラータオルはタオルの左右にプリント可能ですが、中央にはプリント不可となります。

シルクスクリーンプリント

シルクスクリーンプリント

シルクスクリーンプリントは、1色ごとに版を作成してインクで刷るプリント方法です。 堅牢度が高く洗濯にも強いので、アパレル製品などの多くはこのシルクスクリーンプリントが採用されています。 同じデザインであれば、同じ版を使って費用を抑えることができるので、安く大量に作りたい方におすすめのプリント方法です。 タオルのシルクスクリーンプリントは1色で100枚以上ご注文の方限定のプリント手法となります。お客様のデザインや印刷位置ごとに価格が変わるため、個別にお見積もりとなり、お時間もかかりますが、色数が少ない場合価格を抑えられると同時に非常に堅牢度が高くなります。ご希望のお客様はこちらからお見積もりをお願いします。

昇華転写プリント

昇華転写プリント

あらかじめ専用の紙にデザインを印刷し、印刷物を熱で気化しポリエステルの生地にデザインを染めこませるプリント方法です。 インクが生地に染み込むため、発色性がとても良く、生地と一体化したような美しい仕上りになります。 耐久性が非常に強いので、洗濯で簡単に剥がれてしまう心配がありません。 ポリエステル素材のタオル、全面プリント対応のタオルはこちらのプリント方法となります。インクジェットプリント同様、TMIXのデザインエディタからデザインしご注文いただいた場合に自動で適用され、1枚から色数無制限のフルカラーでお得にプリントができ、さらに通常3営業日、最短即日発送が可能です。

オリジナル刺繍

オリジナル刺繍

お客様がご用意したお店のロゴ、会社のロゴ、チームのロゴ、オリジナルキャラクターなどのロゴやお名前などをオリジナル刺繍で作れるサービスです。 長年の実績で培われた技術力と丁寧な刺繍加工で高品質なオリジナル刺繍をご提供いたします。 文字の刺繍は弊社指定の書体(47種類)、大きさ、全46色の刺繍糸からお選びいただけます。ロゴの刺繍は平面の綺麗な画像データ(JPG、PNG、GIF)さえあれば作成可能です。 オリジナル刺繍は10枚以上ご注文の方限定となります。ご希望のお客様はこちらからお申し込みをお願いします。

TMIXでオリジナルタオルを作ってみませんか?

TMIXでオリジナルタオルを作ってみませんか?

TMIX(ティーミックス)では専用のデザインツールがなくてもオリジナルデザインが簡単に作れる「デザインエディター」をご用意しております。写真や画像のアップロード、テキストやスタンプを組み合わせて直感的にデザインを作成することができてしまいます!Web上でPC・スマートフォンからデザインが可能です。自分だけのお気に入りとなるオリジナルタオルをこの機会に作ってみませんか?1枚から作ることができますよ♪

TMIXでオリジナルタオルを作ってみる


「オリジナルタオルを激安価格で手頃に作るには?」に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧