ビジネスで使えるトートバッグとは?6つの選び方を徹底解説

ビジネスで使えるトートバッグとは?6つの選び方を徹底解説

たっぷり収納できて、耐久性の高いトートバッグはビジネスでも使えます。しかし、いくつかのポイントに気をつけなければ、だらしない印象になってしまうのです。記事では、ビジネストートバッグの選び方からオリジナルデザインをプリントすべき理由などを解説します。ぜひ最後まで読んで、あなたに合ったビジネストートバッグを選べるようになってください。

目次

トートバッグはビジネスシーンでも大活躍!

トートバッグはビジネスシーンでも大活躍!

トートバッグは日常生活で活用されることがほとんどですが、ビジネスシーンで活用するのもおすすめです。その理由は、トートバッグは収納スペースが広々としており、中の物を取り出しやすく、重い荷物にも耐えられる耐久性があるからです。

もちろん、男性もトートバッグをビジネスシーンで活用していただけます。

ビジネスバッグは毎日のように使うからこそ、最適なものを選ぶべきです。正しいビジネスバッグを選べば、通勤がぐっと楽になり、あなたをよりプロフェッショナルに見せてくれるでしょう。

なによりトートバッグは汎用性が高いのが魅力です。一般的なビジネスバッグだと、休日やちょっとした買い物には使いづらいですよね。一方、トートバッグなら日常生活からビジネスまで、あらゆるシーンで活用できます。

ビジネスで使えるトートバッグを選ぶ6つのポイント

ビジネスで使えるトートバッグを選ぶ6つのポイント

ビジネスで使うトートバッグを選ぶ際、いくつかのポイントに注目しなければいけません。例えば、商談の場にポップなデザインのトートバッグで現れては、相手に良い印象を与えられないでしょう。ここからは、デザインや使いやすさなどの面から、ビジネスで使えるトートバッグの選び方を解説します。

1:ビジネスにふさわしいデザイン

最も重要なポイントが、トートバッグのデザインです。ビジネスにふさわしくないデザインだと、プロフェッショナルな印象を出せません。

ビジネスにふさわしいデザインと言っても、業界によって異なります。

例えば、アパレル関係の仕事をしているのなら、人目を惹くおしゃれなデザインでもいいかもしれません。

一方、営業など様々な顧客と出会う仕事なら、シンプルで落ち着いたデザインのトートバッグがいいでしょう。

つまり、あなたの職種にふさわしいデザインのトートバッグを選ぶ必要があります。ビジネスの場においては、トートバッグさえも与える印象に影響を及ぼすのです。

もしデザインが分からなければ、同僚のカバンデザインや各ブランドのバッグを参考にするのがおすすめです。

2:素材の特徴を把握しよう

トートバッグは素材によって、耐久性や印象が変わります。一般的に使われる素材はキャンバスです。キャンバスは麻などを荒く織った生地で、とにかく耐久性に優れています。シンプルなので、ビジネスシーンにも最適です。そのほかの素材の特徴を簡単に紹介します。

綿

綿素材

薄手の素材なので、持ち運びに便利です。その特徴を生かし、セカンドバッグとして活用される方もいます。

デニム

デニム素材

耐久性とデザイン性に優れたのがデニム素材のトートバッグです。使うたびに程よく色落ちするので、あなた好みのトートバッグを作れます。

ナイロン

ナイロン素材

ナイロンはビジネスバッグによく使用されている素材です。軽量で汚れや傷もつきにくく、しわになりにくいのが人気の理由。

革素材

あらゆるビジネスシーンに調和するのが革のトートバッグです。高級感あふれ、耐久性も抜群なので、大人のトートバッグにぴったり。ただし、少しばかり値段が張り、お手入れが難しいのがデメリットです。

3:区切りは本当に必要?

トートバッグの中身タイプは主に、オープンスペースと区切りで分けられたものの2種類があります。「区切りはあるほうが良い」と思われがちですが、実はそうでもありません。

例えば、多くの書類や文房具を持ち運ぶなら、中が区切られたトートバッグのほうが良いかもしれません。もしそうでないのなら、区切りのないオープンスペースのトートバッグが、収納の柔軟性があるのでおすすめです。

まずは普段持ち運ぶものを確認してみましょう。そうすることで、最適な中のデザインが判明します。ただ、基本的には区切りのないトートバッグがおすすめです。トートバッグの魅力の一つは、柔軟に持ち物を収納できることです。

区切りがないことで、中が散らかるのが不安なら、ポーチなどで小物類をまとめるといいでしょう。

4:収納量は要チェック!

トートバッグをビジネス目的で使うのなら、Lサイズを選ぶのがおすすめです。Lサイズなら、ノートパソコンや書類もすっぽりと入ります。また、一泊程度の出張にも十分対応できる収納量は魅力的です。

トートバッグならではのメリットは、たっぷりした収納スペースです。キャンバスや綿素材なら、トートバッグの重みもほとんど感じません。仕事にも、休日にも使いたいのなら、Lサイズを選ぶようにしましょう。

5:肩にかけられるタイプのトートバッグを選ぶ

良いビジネスバッグとは、手と肩で持ち運べるものです。肩にかけられるトートバッグを選ぶことで、重い荷物を楽に運べれば、名刺交換などにもスムーズに対応できます。持ち手が短いトートバッグは意外に多いので、長めのものを選ぶようにしましょう。目安としては、18㎝以上のものがおすすめです。

6:自立できるトートバッグがいいかも

多くのトートバッグは床に置いたとき、ぺたりと倒れてしまいます。この状態だと、トートバッグは自立していません。

ビジネスシーンにおいて、床に倒れたトートバッグはスマートな印象を与えません。しかし、トートバッグは柔らかな素材で制作されることが多いので、自立するトートバッグは少ないです。

そこでおすすめしたいのが、自分でカバンの底板をつけること。底板はアマゾンなどで販売されており、簡単に自立できるトートバッグを作れます。もしくは、「カバンの骨」という商品もおすすめです。

ビジネス用ならオリジナルトートバッグを作るべき3つの理由

ビジネス用ならオリジナルトートバッグを作るべき3つの理由

ビジネスシーンで使われることを想定して制作されたトートバッグは少ないです。そのため、ビジネストートバッグ選びは難航するかもしれません。そこでおすすめしたいのが、オリジナルデザインを加えたトートバッグを制作することです。ここからは、その理由を説明します。

1:オリジナルデザインをプリントできる

ビジネストートバッグのほとんどは、無地のデザインです。無地だからこそ、ビジネスシーンでも合いますが、正直なところ少し味気がないですよね。

オリジナルトートバッグ制作なら、あなたが好きなデザインをプリントできます。お気に入りの写真やイラストをそのままプリントしたり、自分で一からデザインを作ることも可能。

デザインが重要なビジネストートバッグだからこそ、おしゃれで一目置かれるオリジナルデザインを加えませんか。

2:意外と制作料は安い

オリジナルトートバックの制作費用は高額になりがちと思われています。しかし、普通にトートバッグを購入した場合と大差ありません。

TMIXの定番キャンバストートバッグLサイズだと、片面プリントで2,990円(税抜き)です。おそらく、想像されてた以上に安いのではないでしょうか。手ごろな価格で、世界に一つだけのビジネストートバッグを作れるのは大きな魅力です。

3:毎日の通勤が楽しみになる

ビジネストートバッグにおいて、機能性と同じくらい重要なのが、使っていてワクワクできること。どんなに機能性に優れていても、愛着がわかなければ、そのトートバッグを長く使うことはないでしょう。

その点、自分でデザイン制作したオリジナルトートバッグは使うのが待ち遠しくなるはずです。たっぷり愛着もわくので、いつまでも大切に使うことができるでしょう。

まとめ

ビジネストートバッグ選びの重要なポイントをもう一度おさらいしましょう。

・落ち着いた色合いやデザインのトートバッグにする

・サイズや収納量は持ちも歩くものを考慮して決める

・肩にかけられるタイプだと楽でスマート

もしビジネストートバッグ選びで迷ったら、オリジナルトートバッグを制作するのを検討してください。オリジナルトートバッグなら、あなた好みのデザインのビジネストートバッグが制作できますよ。

オリジナルトートバッグの作成ならTMIX

TMIXでは、キャンバスやデニム素材などのトートバッグを取り揃えています。キャンバストートの場合は、全12種類ものカラーを用意しているので、あなたの好みや職場にあったものを見つけられるはずです。

豊富なスタンプやフォントのある無料のデザインエディタを使えば、初めての方でもおしゃれなデザインを作れます。興味のある方は、無料のデザインエディタでデザイン制作だけでも試してみてください。

TMIXでオリジナルトートバッグを作ってみる


「ビジネスで使えるトートバッグとは?6つの選び方を徹底解説」に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧