漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

【サーモボトル】保温保冷効果があるボトルはこれ!各社のボトルを徹底検証【比較】

【サーモボトル】保温保冷効果があるボトルはこれ!各社のボトルを徹底検証【比較】

アウトドアや職場でのデスクワークなど、このところではマイボトルを持ち歩く人が増えています。

コンビニなどで気軽に購入できるペットボトルの清涼飲料やコーヒー類ですが、入れ物の海洋プラスチック汚染などが取りざたされるようになり、購入を控える動きも出ています。

ただ、唯一の欠点はマイボトルの保温・保冷能力です。

タイムリーに冷たいものや温かいものが購入できる昨今だからこそ、機能や性能で優れているサーモボトルが求められています。

おすすめのサーモボトルを、比較を含めて検証していきましょう。

目次

サーモボトルとは

サーモボトルとは、ステンレスなどでできた真空二重構造の水筒です。

真空構造になっていることや、フタにパッキンがついていることで温度を長時間保つことができます。

温かいものや冷たい飲みものを持ち歩きたいときに便利です。

500mlほどの容量が一般的ですが、持ち歩く際に「重たい」ということにもつながるようです。

最近では140mlという缶コーヒー並みのデミタスサイズのサーモボトルもありますので、気軽に持てるボトルも増えています。

なぜサーモボトルが注目されているの?

どうしてサーモボトルの存在が注目されるようになったのでしょうか。

いくつかの理由があるので、考えていきましょう。

①ごみを減らしエコにつながる

海洋プラスチック問題という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ゴミのポイ捨てによって海に流れたプラスチックごみが原因となり海洋生物の生態系を崩していることが問題となっています。

ペットボトルを減らしマイボトルを持ち歩くことが、事実上のエコにつながります。

飲み終えた後のペットボトルの処遇に困ることもありませんし、マイボトルは洗えば繰り返し使えます。

②自分の好きな飲み物をいつでも携帯できる

コンビニいつでも気軽にペットボトル飲料やコーヒーが購入できます。

もちろん冷たいものや温かいものまで温度も自由に選べますが、自宅で入れるコーヒーには劣ってしまうと感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

サーモボトルに思い思いの飲み物を入れて持ち歩けばいつでもどこでも、おうちカフェを楽しめます。

③家計の節約になる

コンビニでペットボトル飲料を毎日購入すれば、かなりの出費になります。

これをサーモボトルに置きかえて、マイボトル生活を遂行すればかなりの節約になります。

サーモボトル本体は高額なものもありますが、数か月後にはボトル代の支出も取り戻せます。

サーモボトルに欠かせない機能とは

では、マイボトルとしてサーモボトル導入を検討したい人に向けて、サーモボトルに欠かせない機能を紹介します。

こういったポイントを抑えるとたくさんある品物の中から自分に合ったサーモボトルが見つかるのではないでしょうか。

軽量であること

ステンレス二重構造のボトルというとどうしても重たくなってしまいます。

容量も多ければそれだけ重量物になってしまうことも念頭に入れましょう。

軽量であることはもちろん、容量はどれくらいなのかを検討しておくと、持ち歩きやすいかどうかを検討できます。

軽さを求める場合は、350ml前後の容量でサーモボトルを探すことをおすすめします。

スリムボトルであること

バッグの中に収まることがサーモボトルに対する第一要件ではないでしょうか。

スリムタイプのボトルであれば、バッグの隙間に収めることができますし、バッグの中のペットボトルホルダーに入れて置けるメリットもあります。

女性が持ちやすいという点でもスリムであることは見逃せません。

長時間保温保冷効果があること

サーモボトルの基本的機能は保温保冷効果です。

入れた飲み物を長時間冷たいまま、温かいままで保てると嬉しいですね。

目安として、6時間程度の保温効果があれば、仕事の時間などは温かい飲み物などを楽しめます。

氷を入れておけば、保冷効果も抜群です。

洗練されたデザインであること

単純に「飲み物を入れておく水筒」であったとしても、おしゃれなデザイン、洗練されたボトルだとうれしいですね。

サーモボトルに入るものはリフレッシュ要素も含まれています。

自分の持ち物としてテンションを上げていけるデザインのものであるとよいでしょう。

洗いやすく清潔を保てること

一番外せない要素は、洗いやすいことではないでしょうか。

テフロン加工されたボトルで防汚機能があるものや、フタの分解が簡単できれいに洗えるものを中心に選びましょう。

雑菌が繁殖すると、飲み物のにおいや味は変化します。

そのため、都度きれいに洗えるものを選ぶことが大切です。

おすすめのサーモボトル10選

ここからは、今欲しいサーモボトルのおすすめを10本ご紹介します。

お近くのアウトドア用品店やスーパーなどで購入できますので、お気に入りの商品を探してみてはいかがでしょうか。

①真空スイッチバック0.47L(STANLAY)

直のみできるワンプッシュ式のボトルです。

片手で取り扱えるので、忙しいデスクワークのお供やドライブにも最適です。

長時間保温保冷に優れていますし、大きな氷が入る広口ボトルですので、洗いやすさも抜群。

食洗器も使えるから、頑固な汚れもしっかり落とせます。

カラビナなどを使えばバッグにつなげられ、落とす・なくすといった心配も防げます。

錆にも強いので長く使えるところもよいですね。

②ホット&コールドワン0.5L(SIGG)

ジルコニウムを練りこんで真空効果が高めているほか、熱反射性を高める銅コーティングも施されているので、熱いものを熱いままで飲めるサーモボトルです。

洗練されたデザインはドイツのグッドデザインにも輝いた実績を持っています。

シンプルなものが大好きな人であれば、ずっと持ち歩きたいボトルになることでしょう。

カラーリングも多いので、色合いによっては男性が持てるところもおすすめポイントです。

③ステンレスボトルFFX-501(THERMOS)

「山専用ボトル」と銘打ったサーモボトル。

熱湯を入れた6時間後でも77度という高温をキープできる質実剛健なボトルです。

底カバーを採用し、衝撃に強い構造を誇っています。

また、ダブルスクリュー栓の採用で、保温効果を高めるほか洗い物がしやすい配慮もなされているので、散歩やツーリングなどに連れていけます。

重量が心配されますが、このボトルは280gと超軽量設計。

飲み物をたっぷり入れても持ち運びに困ることがありません。

④ミニボトル(前畑)

サーモボトルといっても小さなサイズのボトルです。

飲みきりサイズのボトルが欲しいという人に選ばれています。

女性向けのカラーリングが多く、バッグにすっぽり収まるところも支持されています。

こちらのミニボトルは、容量の違うペアボトルのセットでの取り扱いもあるので、メインボトルとサブボトルというようにそれぞれに異なる飲み物を入れて2本持ち歩きすることも一案です。

⑤16ozワイドマウス(Hydro Flask)

ロゴがかわいいステンレス製のサーモボトルです。

原色に近いカラーリングが施されているので、子供のための持ち物としてもおすすめです。

さびにくく洗いやすい18/8ステンレスを採用しているので、長い間使えるボトルとして知られています。

ネーミングにもある通り、広口なので氷もたっぷり入ります、またアクセサリー類も豊富なので、自分が飲みやすいようにカスタマイズできるところもポイントです。

⑥ステンレスミニボトルMCY-A050(タイガー)

オフィスシーンでも邪魔にならないシンプルデザインのサーモボトルです。

大人が持ち歩ける落ち着いた雰囲気のカラーボトルですので、幅広い世代に支持されています。

魔法瓶メーカーとして歩んできたタイガー魔法瓶の製品だから保温保冷能力は抜群。

仕事中に温かいまま、冷たいままの飲み物を楽しめるメリットがあります。

スーパーマーケットなどでも取り扱っていることが多いので、気軽に購入できるサーモボトルです。

⑦インスレートTKPro16oz(Klean Kanteen)

アウトドアのためにつくられたサーモボトルです。

流線形のデザインはそれだけでクリーンカンティーンのものとわかる洗練されたもの。

使われている素材は、ステンレスとシリコンだけだから、雑菌の繁殖がしにくく洗いやすいのも魅力です。

金属の味が飲み物に移りにくいところも特筆すべき点で、最初から最後までおいしいままの飲み物を楽しめます。

⑧ステンレスマグSM-JF48(象印)

ビジネス用のマイボトルを意識したシンプルなデザインのサーモボトルです。

男性、女性問わず持ち歩けるシンプルなスリム設計のボトルとカラーバリエーションだから、贈り物としても選ばれています。

真空層を1mmと薄くしているため軽量化がかなっています。

通勤時に「重くて持ち歩くのが嫌」ということもありません。

象印の商品だからこその保温保冷力は、仕事中にずっと同じ温度で飲み物を飲みたいという人におすすめです。

⑨フォルテックスリムマグボトルRH1261(和平フレイズ)

安価なサーモボトルを探しているという人におすすめのサーモボトルです。

スリムタイプの持ち運びしやすいサーモボトルです。

蓋にはシリコーンゴムを採用しているので滑り止め効果があります。

蓋を開けたときに飲み物をこぼしてしまったということもありません。

200mlと飲みきりサイズのボトルからそろっているので、いくつか持ち歩きたい人にもおすすめです。

⑩アルパインサーモボトル0.5L(mont-bell)

キャンプギアを扱うモンベルのサーモボトルです。

中栓に断熱材を入れ、さらに保温効果を高めています。

手袋をしたままでも開けやすい構造をしているので、寒い冬や夜間に飲みたい場合でも便利に使えます。

モンベルは、アウトドア専門店などで取り扱いがあるので、欲しいときに探せるメリットがあります。

質実剛健なサーモボトルが欲しいという人にはおすすめです。

オリジナルサーモボトルはTMIXでも作れます!

おしゃれなサーモボトルが欲しい、アウトドアブランドの質実剛健なものよりも、自分のこだわりをサーモボトルに反映させたいという場合、TMIXでオリジナルサーモボトルづくりをおすすめします。

オリジナルグッズ販売会社のTMIXでも、シルク印刷ができるサーモボトルの取り扱いがあります。

オリジナルイラストをプリントできる

オリジナルイラストやロゴタイプをプリントできます。

自分のオリジナルイラストはもちろんのこと、お店のロゴをプリントしたノベルティやオリジナルグッズとして商用販売することも一案です。

TMIXの印刷は表現力に優れているので、繊細なイラストもきれいに仕上げてくれます。

発色もきれいですよ。

デザイナーによるデザイン起こしサービスがある

ロゴデザインなど自分ではどうしてもできない、イメージを形に起こせないという場合は、TMIXのデザイナーに相談をしてみましょう。

イメージから印刷できるまでのロゴデザインへ形づくってもらえます。

画像を印刷レイアウトしてもらえることもあるので、相談をしてみることをおすすめします。

機能的なボトルがある

TMIXでは、スリムタイプのサーモボトルから、スープボトルまで機能的なボトルラインナップをそろえています。

カラーラインナップもしっかりそろっていますので、自分のイメージにさらに近い形でボトルを作ることが可能です。

ステンレス製のサーモボトルは高額になりそうなイメージがありますが、TMIXで取り扱うサーモボトルは安価です。

シルクプリントの代金を見ても、その価格の安さに驚くことでしょう。

まずは見積もりを依頼してみましょう。

10個以上作る場合におすすめ

シルクプリントかつ曲面印刷となるサーモボトルは、最小ロットは10個からとなっています。

クラスやクラブの中でシェアするほか、お店のノベルティとして作成することもよいでしょう。

TMIXでは、作るほどお得になる「ドンドン割」というシステムを導入しています。

たくさん作ると単価が安くなるので、大量発注を検討するならTMIXも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

納期も短いのが便利

TMIXのシルクプリントは製版の時間と費用が掛かるので、納品までに若干時間を要しますが、納品までの時間は比較的短いのがポイントです。

オリジナルデータ入稿なら最長でも3営業日程度。

デザインサポートを受けた場合でも2週間程度で納品となりますので、急に品物が必要になった場合でも安心ではないでしょうか。

機能的なサーモボトルを持ち歩こう

サーモボトルの利点や、保温保冷効果に優れたサーモボトルのおすすめなどを紹介してまいりました。

機能的なサーモボトルがあれば、仕事中のティーブレイクや通勤・通学時間のお供として便利に使えます。

大好きな飲み物を入れて毎日持ち歩いてみてはいかがでしょうか。

TMIXでオリジナルボトルを作ってみる

【サーモボトル】保温保冷効果があるボトルはこれ!各社のボトルを徹底検証【比較】に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧