靴下が臭い!?その嫌な臭いの原因と対策を徹底解説!

靴下が臭い!?その嫌な臭いの原因と対策を徹底解説!

洗濯をしても臭いがとれない靴下に悩まされたことがある、という経験をした人も多いのではないでしょうか。

自分の足が臭くて靴下に臭いが移ってしまっているのではと悩んでいる人もいるかもしれません。確かに足から靴下へと臭いが移ってしまうこともありますが、他に異なる原因が隠れており靴下が臭くなってしまっているということがほとんどです。

今回はそもそも靴下が嫌な臭いを放ってしまう原因や正しい消臭の方法、匂いを残さないための簡単な対策方法を解説していきます。

また嫌な臭いが残りにくいオリジナルの靴下を作る方法もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

足の臭いの原因とは

足の臭いの原因とは

靴下の嫌な臭いをなくすためには、まず原因となる足の臭いについて知っておかなければいけません。

そこで以下では、靴下の臭いの元となる足の臭いの原因について詳しく解説していきます。

足にある雑菌

長時間靴を履いていると何とも言えない臭いを発してしまう原因として、足にある雑菌が挙げられます。

基本的に足の匂いの主な原因は、足に生息している雑菌(イソ吉草酸)です。

密閉されていて通気性の悪い靴の中では、じめじめしていることもあり足に生息している雑菌が非常に繁殖しやすい環境になってしまっています。

汗や皮膚を餌にして菌が繁殖してしまうことで、足独特の嫌な臭いを発してしまうのです。

爪や足に溜まっている垢

爪や足はなかなかお手入れが行き届かない部位ということもあり、垢がたまってしまっているという人も多いです。

足から出る汗とは異なり、垢というのはそれ自体かなりの臭いを有しているので、 足の雑菌と合わさるとかなりの異臭を放ってしまいます。

あまり足のお手入れをする機会がないという人は、臭いの原因となっているかもしれないので、できるだけこまめに垢を落とす習慣をつけましょう。

加齢臭・疲労臭

年齢を重ねると加齢臭が気になるという人も多いですが、見過ごしがちなのが疲労臭です。

実は人間の体というのは強烈なストレスを与えられると、血中のアンモニア濃度が上昇するということが分かっています。このアンモニア濃度が上昇すると、体からガスとして臭いが滲み出てしまうため、靴下に独特の臭いが残ってしまう原因にもなるのです。

またこの疲労臭や加齢臭は、食生活が乱れている人が特に発生してしまうとわかっています。

そのため靴下の匂いが突然気になると感じた方は、食生活から改善してみることを検討しても良いかもしれません。

ストレス

ストレスもまた足の臭いと大きく関係してきます。

強烈なストレスを感じたことによって、突然暑くもないのに汗が噴き出してきたという経験がある人も多いのではないでしょうか。

これは「緊張性発汗」といい、運動の時にかく汗と比較するとかなりベタついて嫌な臭いを発するという特徴を有しています。

この緊張性発汗は、特に手や足、脇などからはっせられることが多く、人によっては靴下の臭いの主な原因となっていることも・・・。

またストレスが溜まってしまうことによって、上記で紹介した加齢臭や疲労臭がさらに悪化するという負のスパイラルに突入してしまうので、適切なケアが必要不可欠です。

こんな人は要注意!靴下に臭いがつきやすい人の特徴

こんな人は要注意!靴下に臭いがつきやすい人の特徴

実は靴下に臭いがつきやすい人にはいくつか共通している特徴があるというのはご存知でしょうか。

この特徴に当てはまる人は、他の人よりもより臭いに対してのケアや対策を行わなければいけません。

以下で紹介する靴下に臭いがつきやすい人の特徴が当てはまるのであれば、しっかりとケアを行う習慣をつけるようにしましょう。

足汗をかきやすい人

ここまで簡単に紹介してきたように、足の臭いの主な原因は汗などによって雑菌が繁殖してしまうことにあります。

そのため足汗をかきやすい人は、そうでない人よりも臭いが発生してしまう可能性が高いので注意しましょう。

足汗をかきやすい人は、日頃からしっかりと消臭や殺菌効果のあるスプレーを利用したり、通気性の良い靴下を利用したりするなどして、対策を怠らないようにするのがおすすめです。

密閉度の高い靴を履く機会が多い人

革靴やブーツなど密閉度の高い靴を履く機会が多い人も、足が臭くなってしまう可能性が高いので注意してください。

密閉度が高い靴を履いていると、ほぼ1日汗や垢などが狭い空間に溜まってしまうため、雑菌が繁殖してしまい臭いがきつくなってしまいます。

そのため革靴やブーツなどを履く機会の多い人は、足や靴下に臭いが残ってしまう可能性があるので、消臭などのケアを怠らないようにしましょう。

同じ靴を履く機会の多い人

仕事上革靴やブーツなど同じ靴を履かなければいけないという人も、かなり注意が必要です。

同じ靴を履き回しているとそれだけ雑菌が繁殖してしまう可能性が高くなるので、靴や靴下に臭いが残ってしまいます。

もっともいくつか違う靴を履き回せるようにしておくだけで簡単に対策することができるので、毎日靴を履いているという人は新しい靴を用意しましょう。

靴下の嫌な臭いを消臭する正しいケア

靴下の嫌な臭いを消臭する正しいケア

足が原因で靴下についてしまった嫌な臭いは、正しいケアで対処すると限りなくゼロに近いところ臭いをなくすことができます。

そこで以下では、靴下の嫌な臭いを消臭する正しいケアの方法について解説していくので、臭いが気になっているという人はぜひ参考にしてくださいね。

まずは洗濯前に消臭・殺菌処理をする

嫌な臭いを放っている靴下は、できるだけ早く洗濯をしてしまいたいものですが、まず洗濯をする前に消臭・殺菌処理を行いましょう。

家庭でもできる簡単な消臭・殺菌の方法は以下の通りです。

  • 熱湯に10分程度靴下を漬け込んでおく
  • 消臭・殺菌効果のある洗剤で軽くてもみ洗いをする

そもそも靴下の嫌な臭いの原因は、足で繁殖してしまっている雑菌であるということを上記で詳しく解説してきました。

そのため靴下の嫌な臭いをなくすためには、何よりも消臭・殺菌をすることが重要です。

熱湯に靴下を漬け込んでおくと、余計なものを使わなくても簡単に殺菌処理することができます。また熱処理した靴下を、消臭・殺菌効果ある洗剤で軽くてもみ洗いするとさらに効果的です。

正しい洗濯の方法

熱湯で殺菌した靴下を手もみ洗いしたら、すぐに洗濯機に入れて洗濯してしまいましょう。

どれだけ消臭・殺菌をしたとしても、濡れた状態のままで放置した靴下はまた雑菌が繁殖してしまいます。

そのため使い終わった靴下はできるだけ速やかに洗濯をして、干してしまいましょう。

また洗濯をする際には、できるだけ「殺菌・除菌・抗菌」と書かれている洗剤や柔軟剤を利用するのがおすすめです。

洗濯後はアイロンで熱殺菌を

洗濯をした後には、アイロンをすると熱で残された雑菌を殺すことができます。

特に熱湯消毒などせず洗濯だけしかしないという人は、アイロンをしないと臭いの元となる雑菌が残ってしまう可能性もあるので要注意です。

靴下に嫌な臭いを残さないための簡単な対策方法

靴下に嫌な臭いを残さないための簡単な対策方法

ここまで靴下の嫌な臭いを消臭するための正しいケアを開設してきましたが、そもそも靴下に匂いを残さないための対策をするというのも重要です。

そこで以下では、簡単にできる嫌な臭いを残さないための対策について解説していくので、臭いが気になっているという方は参考にしてください。

足を清潔に保つ

靴下が嫌な臭いを放つのは、足にある雑菌や垢が最大の原因です。

そのため常に足を清潔に保つことが、靴下に嫌な臭いを残さないための1番効果的な対策になります。

足を清潔に保つために日常からできる簡単なケアの方法は、それぞれ以下の通りです。

  • 毎日足をしっかりと洗う
  • 足や爪に垢が残らないように洗う
  • 雑菌のエサとなる足の角質を除去する
  • 足専用の殺菌効果のあるデオドラント剤などを利用する

誰でも簡単にできるケアなので、足の匂いが気になる方はまずはここから始めてみるのがおすすめです。

通気性の良い靴下を選ぶ

靴下に嫌な臭いを残さないためには、通気性の良い靴下を利用しましょう。

足の雑菌が繁殖してしまう原因は、足汗などによって高温多湿の環境が靴の中で作り出されてしまうことにあります。

そのためできるだけ足の汗を残さない通気性の良い靴下を選べば、かなり臭いを抑えることが可能です。例えば、一般的な靴下ではなく「5本指」のものを日常的に履いていると、通気性も良く臭いを改善することができるでしょう。

靴は使ったら消臭・殺菌する

最近ではアルコールを利用して手や指を消毒するという人も多くなりましたが、足のケアまで行なっているという人はほとんどいません。

特に靴は毎日使ったら消臭・殺菌効果のあるスプレーなどを利用すると、かなり臭いを抑えることができます。

目に見えて汚れているというわけではないのでわかりにくいですが、靴の中というのは毎日かなりの雑菌が繁殖する温床となっているのが現実です。

毎日帰宅したら靴をスプレーで消臭・殺菌するという習慣をつけると、靴や靴下に嫌な臭いが残らず快適に過ごすことができるでしょう。

毎日同じ靴を使用することは避ける

靴の中は雑菌が繁殖する温床となっているため、かなり汚い環境であるということをここまでも詳しく解説してきました。

そのためできるだけ毎日同じ靴を使用するということは避けましょう。

毎日同じ靴を使用してしまうと雑菌も繁殖しやすくなってしまい、靴や靴下に臭いが移ってしまう可能性が高いです。

ローテーションできるように複数の靴を用意しておくと、衛生面や靴・靴下の匂いという面でもかなり効果的になります。毎日同じ靴を利用しているという人はいくつかな新しい靴を用意することも検討してみてください。

まとめ

靴下の嫌な臭いの原因は臭いの元となる「雑菌」が、汗や垢などが溜まりやすい靴の中で繁殖してしまうことにあるということがわかりました。

靴下に嫌な臭いを残さないためにも、正しい消臭ケアをするというのも重要ですが、できるだけ臭いを残さないための対策を日常から欠かさないというのも大切なことです。

特に足のケアを怠っているという人も多いので、足を清潔に保ち、その日履いた靴はできるだけ消臭や殺菌をする習慣を身につけてください。

嫌な臭いが残らない!TMIXのオリジナル靴下

嫌な臭いが残らない!TMIXのオリジナル靴下

当社TMIX(ティーミックス)では、嫌な臭いが残りにくい靴下をご用意しております。季節を問わず使うことができるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

靴下には、自分でデザインした好きなロゴや模様を入れることができます。そのため、簡単なプレゼントからイベントでの頒布物にも最適。

「自分のデザイン力に自信がない」
「イラストとかロゴをうまく書くことができない」

このように考えている方でも大丈夫です!TMIXでは、誰でも気軽に利用することができるように専用のエディターツールを用意しています。

簡単に写真や文字の挿入、スタンプを追加するなどの操作ができるので、デザインを楽しみながらオリジナルの靴下を作り上げることができますよ!

デザインしたオリジナルの靴下は、1セットからでもプリントすることができます。まずは1セット靴下をオリジナルで作ってみることに挑戦してみてはいかがですか?

TMIXでオリジナル靴下を作ってみる


「靴下が臭い!?その嫌な臭いの原因と対策を徹底解説!」に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧