漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

大切なスマホが割れるのを防ぐ!ハードケースとソフトケースの特徴を解説!

大切なスマホが割れるのを防ぐ!ハードケースとソフトケースの特徴を解説!

スマートフォンに傷がついたり割れないようにする対策として、スマホケースを利用していると思いますが、色々と探してみるとソフトケースとハードケースがある事に気が付きます。
それぞれ使っている素材によって強みがあったり弱点があるので、どの素材でのケースを選べばよいのか、迷いますよね。
今回はスマホケースのソフトケースとハードケースの特徴についてご紹介していきます。

目次

ハードケースのメリット

ハードケースのメリット

スマホケースのハードケースで一般的に販売されているのはポリカーボネート素材のものです。
ポリカーボネートはプラスティックの仲間に分類されています。

衝撃には強い

エンジニアリングプラスチックとも呼ばれ、いくつかあるプラスチックの中でも最高の耐衝撃性を持ち合わせているといわれているほど。
その衝撃耐性の強さは一般的によく見かけるアクリル樹脂やポリエチレンに比べて50倍ほどの違いがあり、ガラスと比較すると200倍近くもの強い耐性があるため、防弾アイテムの材料としても採用されています。

透明度が高い

ガラスと同じレベルでの透明性があるので、カメラのレンズにも使われています。

燃えにくい

ポリカーボネートはプラスティックの種類ではありますが、自己消火性がある素材です。
仮に燃え移ったとしても、燃え広がらないといった特徴も兼ね備えています。

紫外線にも強い

ポリカーボネートは紫外線による影響も受けにくいので、使用していくうちに紫外線で劣化するという心配はありません。

加工もしやすい

ポリカーボネートの素材は、射出成形や押出成形・真空成形・ブロー成形・熱溶解積層法(3Dプリンタの製法)など、様々な加工方法にも対応できる素材です。
そのため、スマホケースにも加工しやすいという特徴があります。

ハードケースにあるデメリット

ポリカーボネートのメリットを見ているととても優れた特徴が多いのでパーフェクトに見えてしまいがちですが、以下のようなデメリットもあります。

キズはつきやすい

衝撃耐性が強いものの、キズが入りやすいという特徴があります。
先程、衝撃耐性で比較していたアクリルよりもキズは入りやすいといわれています。
もし仮にキズがきっかけでひびが入ってしまった場合は強度が落ちてしまう可能性はあります。

▼薬剤には弱い

他にも有機溶剤や界面活性剤には弱いので、薬剤による影響でひび割れや変形の原因となってしまう場合もあります。

ソフトケースのメリット

ソフトケースのメリット

ソフトケースのスマホケースではシリコン製やTPU製の素材が利用されています。
シリコン製はシリコンゴムを使用したスマホケースになり、TPU素材はプラスティックとシリコン素材の中間的な素材です。
熱可塑性ポリウレタンと呼ばれており、いずれの素材も柔軟性があります。

着脱しやすい

ハードタイプのスマホケースを着脱する時に「割れないかな?」とヒヤヒヤしながら着脱した経験、ありませんか?
ソフトケースは柔軟性があるのでスマホケースの着脱がしやすいというメリットがあります。

形が豊富

シリコン製のスマホケースでは、キャラクターなどの形にするなど、通常のスマホ型以外の違う形のスマホケースも登場しています。

傷が入りにくい

シリコン素材、TPU素材共にソフトケース素材は柔軟性があるのでキズが入りにくいです。

衝撃吸収能力がある

シリコン素材、TPU素材共、柔軟性があるため衝撃吸収能力にも優れています。
ケース自体の破損もしにくいです。

滑り落ちにくい

シリコン素材の場合は滑り止め的な働きもするので、滑り落ちにくい特徴もあります。
机の上や手から滑り落ちてしまうといったトラブルの予防に役立ちます。

TPUは汚れにくい

TPU素材はシリコンに比べると若干硬さがあり、粘着性もあまりないので、汚れやほこりがつきにくい特徴があります。
お手入れしやすいです。

ソフトケースのデメリット

ソフトケースはメリットもありますが、メリットゆえのデメリットを見ていくとやや多いように感じます。

シリコンが外れやすい

シリコン製のスマホケースは柔軟性がありすぎてケースが外れてしまうという事もあります。

シリコンは取り出しにくい

シリコン製のスマホケースを使っている人の経験談では、急いでスマホを出している時に出しにくいという意見もあります。
シリコン製のケースは滑りにくい特徴があるためにカバンや机、ポケットにひっかかりやすく、スムーズに取り出しにくいです。

シリコンは汚れが付きやすい

シリコン製のケースは汚れやほこりがつきやすいのでお手入れが面倒に感じませんか?
ホコリがあまりにも目立つ点が気になり、早々にケースを変えてしまったという経験をお持ちの方もいるはずです。
一旦拭いてカバンに入れたけど、カバンの中のゴミやホコリがついてしまい、再び出した時に汚れていたという話もよく聞きます。

TPUは熱に弱い

TPUは優れた素材というイメージがありますが、熱に弱いという特徴があります。
熱により変形しやすいです。

TPUは薬品にも弱い

除光液でやシンナーといった化学薬品によって変色を起こしやすいです。

TPUは紫外線にも弱い

TPUは紫外線による影響で黄色く変色しやすいです。
長時間、屋外での使用をする人や、ジョギングの際にスマホを持ちながら走るという人の場合、ある程度使っていくと黄色く変色しやすい傾向があります。

トータル的にハードケースの方がおすすめ

ソフトケースとハードケースを見比べてみると、ソフトケースもメリットがあるのですが、デメリットに感じる部分も多いですよね。

シリコン素材は滑り落ちにくいし個性的な形があるけど、汚れが付きやすいし取り出しにくい。

TPU素材は汚れはつきにくいけど紫外線で黄色くなる事を考えるとすぐに買い替えないといけないし、熱に弱い点はスマホ自体に熱を持った時にどこまで耐えられるのだろう?と心配になります。

一方、ハードケースのポリカーボネートであれば、傷が入らないようにして薬品とかにも注意して使えば熱にも強いし耐久性もあります。
そして衝撃耐性が強い事を考えるとスマホ自体が割れるといった心配もなく使う事が出来ます。

弊社のTMIXでもスマホケースで人気があるのがポリカーボネート製です。
以下のような理由で選ばれています。

クリアタイプのスマホケースが作れる

ポリカーボネートのガラスとほぼ同等といえる透明性を生かしたデザイン、そしてオリジナルのスマホケースを作ることが出来ます。
スマホの本体カラーも生かしたデザインを考えるのって結構楽しいです!
クリア感を生かしたデザインで作成して使っていてもポリカーボネートであれば紫外線劣化で黄色くなってしまうという心配もなしです!

きれいな仕上がり!

ポリカーボネートを使用したスマホケースはプリント加工しやすいという特徴があります。
キレイでクオリティの高いスマホケースを作る事も可能です。

強いのに安い!

先程もご紹介している通り、ポリカーボネート製のスマホケースは衝撃耐性に優れているので長く使うことが出来ます。
しかも制外線の影響もないから黄色くなってしまう事もありません。
そんな強さがあるのに安価でスマホケースの作成が出来るという点は高く評価されています。
ちなみに、TMIXでポリカーボネート製のスマホケースは、利用している機種により価格の違いがありますが、1個840円※から作成可能です。
※iPhoneの場合

ホワイトプリントも人気

クリアケースなのでホワイトプリントを利用したデザインというのもとてもスタイリッシュな仕上がりに。

スマホ本体の良い部分も生かしたデザインを考える事もできる!

例えばスマホケースを使わない人も一部いらっしゃるのですが、その理由の一つに「iPhoneのデザインを隠したくないから」という方も。
ポリカーボネートのクリアケースタイプなら、デザイン次第ではiPhoneの本体デザインを隠すことなくオリジナルのスマホケースを作る事も可能。
これならスマホ本体も守ることが出来ますね!

まとめ:自分の利用用途で選ぶスマホケース

自分の利用用途で選ぶスマホケース

ソフトケース、ハードケースのメリット、デメリットを見ているとそれぞれの違いがありました。
「ものにぶつけやすい」「落としやすい」「ジョギング中に持っていて吹っ飛ばしてしまった」など、スマホの利用状況によって悩みがあると思います。
これらの特徴を理解した上でスマホケースを選ぶと、あなたのスマートフォンを割れない様に守ってくれる頼もしいアイテムになると思います。

どうせ割れないスマホケースを使うならお気に入りのデザインを見つけたいですよね。
そんな時に弊社のTMIXを利用してみてください。
TMIXでは自分のオリジナルスマホケースを1個から作れるところが魅力。
しかも注文してから納品目安が3日と早い点も便利です。
デザインが決められない時もデザインも簡単に行える「デザインエディタ」があるから便利。
「今すぐデザインする」ボタンを押して簡単操作で作成可能。
誰でも簡単に発注でき、他の人とは違うデザインのオリジナルスマホケースが作れますので、お試しください。

TMIXでオリジナルスマホケースを作ってみる

大切なスマホが割れるのを防ぐ!ハードケースとソフトケースの特徴を解説!に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧