漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

マグカップに名前を入れて作ればプレゼントや記念品にピッタリ

マグカップに名前を入れて作ればプレゼントや記念品にピッタリ

目次

名前を入れたマグカップはよい記念品になる

ちょっとした記念品をお探しなら、名前を入れたマグカップがおすすめです。

自分の名入りマグカップは、それだけで特別感があります。

皆さんも、市販品のマグカップに自分のイニシャルが使われているだけでも、購買意欲をそそられることがあるはずです。

それだけ、自分の名前というものは特別なのです。

名前入りのマグカップは、多くの人から記念品として好評です。

マグカップなら、普段から使用できるので実用性が高い点も喜ばれる理由です。

記念品でも、タンスの肥やしになってしまうものより、普段から使える物のほうがよいでしょう。

その点、マグカップなら十分に合格点を得ているといえます。

また、マグカップなら名前入りで作成しても、コストがかからない点もメリットでしょう。

予算を抑えることができるので、大量に作成したい場合にも助かります。

自分の名前が入ったマグカップは愛着がわく

オリジナルのマグカップでも、自分の名前が入ったものは愛着がわくものです。

たとえば、家族それぞれに名前を入れたマグカップを用意するのもよいでしょう。

小さな子どもでも、自分の名前を入れたマグカップなら、喜んで使ってもらえます。

マグカップの正しい使い方を教えたり、歯磨きのときに使わせたりすれば、自分の持ちものだと認識できます。

自分の名前を覚えさえるのにも効果的なので、試してみるとよいでしょう。

また、家族のマグカップをズラッと並べると、幸せな気持ちになります。

毎朝、それぞれの名前が入ったマグカップを使えば、とても豊かな気持ちと幸せな時間を感じることでしょう。

家族が増えた記念に新調するのも素敵です。

一緒に撮影した写真と共に、家族の名入りマグカップを飾れば、たちまち家族の思い出コーナーができあがります。

サークル仲間や同窓会の記念品としても喜ばれる

名入れマグカップは、サークル仲間や同窓会の記念品としても喜ばれます。

おそろいのマグカップを持つだけでも一体感がありますが、さらにそれぞれの名前を入れることで、特別感が生まれます。

自分もメンバーの一員として認められた気持ちになるので、もらった人はとてもうれしく感じるものです。

サークルがオリジナルで使っているモチーフを使用して、それぞれの名前を入れて作成するのもよいでしょう。

同窓会の記念に作成するのなら、母校に許可を得て校章を入れるのもよいものです。

名入れだけでなく、思い入れのあるモチーフを一緒にデザインすれば、この上ない記念品に仕上がります。

結婚祝いにも結婚式の引き出物にもおすすめ

名入れマグカップは、もうすぐ結婚する2人への結婚祝いにもおすすめです。

新しく家族となる2人に対して、おそろいのマグカップを贈れば、とても喜んでもらえるでしょう。

おそろいの名入れマグカップを使えば、夫婦としての喜びを実感できるからです。

また、マグカップは実用性が高いので、そのまま愛用してもらえる可能性が高くなります。

せっかくプレゼントしたのに使ってもらえないのでは、残念な気持ちになってしまいます。

また、結婚式の引き出物として名入れマグカップを作成するのもよいでしょう。

結婚式の引き出物として作成する場合は、2人の結婚記念品であると同時に、参列してくれた人への感謝の気持ちを込めることが大切です。

2人の写真を大きく使ったり、本名を大きく名入れしてしまうと、もらった人が使いどころに困ってしまうのでやめましょう。

自分たちの結婚記念品だから、デザインも自分たちのセンスで決めてよいだろうと考えるのも分かりますが、後々までセンスが悪いと思われても困ります。

たとえば、マグカップの下部にイニシャルだけををシンプルに名入れしたり、洗練されたモチーフと共にアレンジしてデザインすれば、センスよく仕上がります。

引き出物としてもらった人も、使いやすいと喜んでくれるはずです。

せっかく2人の結婚記念品として作成するのですから、実際に使ってもらえるような素敵なデザインを考えてみてください。

子どもの成長記念や家族の歩みを記念して作るのもよい

名入れマグカップは、子どもの成長や家族の歩みを記念して作るのもおすすめです。

たとえば、子どもに自分の名前を手書きさせてデータ化し、マグカップに印刷する方法も考えてみてください。

誕生日を迎えるたびに作っていけば、文字の変化と共に子どもの成長をひしひしと感じられるでしょう。

また、家族全員で名前を入れて同様に作るのもよい方法です。

家族みんなで集合写真を撮影した画像とそれぞれの名前を入れて作れば、よい思い出になります。

子どもが成長して独立したり結婚したりしても、家族の思い出の品として残り続けます。

記念写真だけでなく、一緒に名入れマグカップを作ることも考えてみてください。

子どもの成長記念にしても、家族の歩み記念しにしても、なるべく手書きで名入れするほうがおすすめです。

手書きのほうが味わいがあるだけでなく、よりオリジナル性が高まるからです。

手書きの文字は、ほかの人が真似しようとしてもまったく別物になります。

大切な記念品として、世界にたった一つのオリジナルマグカップにするためにも、名入れは手書きをおすすめします。

大量に作成するときは納期の確認も忘れないこと

名入れマグカップを大量に作成するときは、納期の確認も忘れないで行ってください。

数個程度なら、1回に発注しても納期にはほとんど影響がないでしょう。

しかし、1回に数十個以上必要になる場合は、業者とよく相談して納期を設定することが大切です。

特に、納期ギリギリで発注した場合は、注意しましょう。

業者で何かトラブルがあれば、名入れマグカップが間に合わないこともあります。

名入れマグカップを大量に作成するときは、必要になる日から逆算して、余裕を持って発注してください。

やむを得ず納期が厳しくなってしまった場合は、業者に相談して短納期で作成できるかどうか調整しましょう。

名入れするならマグカップの種類にもこだわってみよう

さて、マグカップに名入れするのなら、マグカップの種類にもこだわってみるとよいでしょう。

名入れは、一般的な陶器製のマグカップ以外にも、今人気の真空断熱マグカップも可能です。

市販のものと比べると、シンプルな形状のマグカップになるのは否定できません。

しかし、ごくシンプルな形状のマグカップだからこそ、オリジナルデザインが映えるともいえます。

陶器製のマグカップにも真空断熱マグカップにも、それぞれにメリットとデメリットがあります。

どちらで作成するとよいのか、じっくり考えてみてください。

迷ったら、両方の種類で作ってみるのもおすすめです。

まったく同じデザインでオーダーしても、マグカップの種類が異なれば、随分印象が変わります。

それに、2種類あれば使い分けもできて重宝することでしょう。

あえて2種類オーダーして、2個1セットにしてプレゼントするのも気が利いています。

オリジナルの名入れマグカップ作成は簡単にできる

オリジナルの名入れマグカップの作成は、意外と簡単にできることをご存じでしょうか。

たとえば、市販のシンプルなマグカップに手書きで名前を入れるだけでも、立派なオリジナル作品ができあがります。

陶器やガラスなどに直接書けるペンもあるので、手書きデザインが得意な人は検討してみるとよいでしょう。

直接手書きでデザインするのが不安な人や、よりキレイに仕上げたいといった人は、マグカップに名前を印刷して入れる方法がおすすめです。

業者にデザインを提出して仕様を決めるだけで、驚くほど簡単に仕上がるので便利です。

シンプルに名前だけを入れてもよいですし、画像をフルカラーで印刷して名入れすることも可能なので、デザインの幅が無限に広がるのもメリットです。

自作のデザインでキレイに仕上がったマグカップなら、長く愛用したいと思うに違いありません。

せっかく名入れマグカップを作成するのなら、自分だけのオリジナルデザインを考えてみるとよいでしょう。

名入れマグカップをオシャレに仕上げるコツ

名入れマグカップをオシャレに仕上げるには、欲張り過ぎないことがコツです。

あれもこれもとデザインに詰め込むと、ゴチャゴチャし過ぎて肝心の名前部分が目立ちません。

もちろん、名前はさりげなく入れてあればよいという人もいるでしょう。

しかし、せっかく名前を入れるのなら、センスよく主張させてみましょう。

多くの有名メーカーでは、自社製品に名入れサービスを行っています。

名入れサービスは、結婚式の引き出物や記念品、大切な人へのプレゼント用に根強い需要があるからです。

では、実際にどんなデザインなのかと見てみると、名入れ部分はごくシンプルであることが分かるでしょう。

元のマグカップのデザインと調和を図り、かつ、名入れ部分を嫌味なく目立たせるには、バランス感覚が必要です。

単に文字を大きくし過ぎてもいけません。

かといって、小さ過ぎても意味がないので、ベストなバランスで配置できるようにアレンジしてみましょう。

名入れの文字色をどうするかも考える

名入れの文字色も、重要なポイントです。

文字は、文字色によっても随分印象が異なるからです。

文字色を指定できるのなら、好きな色を選んでもよいでしょう。

赤色は、情熱や愛情を想像させる色なので、結婚記念の名入れマグカップにもおすすめです。

本来なら、赤色は絶交の意味を持つので、文章に使用するときは注意しなさいと言われます。

しかし、あくまでもマグカップのデザインとしてなら、赤色を指定しても問題ありません。

お祝い用に名入れマグカップを作成するのなら、金色や銀色を指定できることもあります。

金色や銀色や豊かさを表す色でもあり、少量使えばデザインのポイントとなってとても映えるのもメリットです。

青色や紺色は、名前のインパクトを強め、かつ理知的な印象を与えます。

シンプルかつ上品にまとめたいのなら、青色や紺色を指定するとよいでしょう。

同様に、濃い緑色も落ち着いた印象になります。

このように、色によっても名前の印象が変わり、マグカップ全体の印象にも影響を与えます。

文字の色一つで仕上がりが変わってくるので、侮ってはいけません。

素敵なデザインに仕上げるためには情報収集も大切

名入れマグカップを素敵なデザインに仕上げるには、情報収集も大切です。

単に名前を入れるだけでもオリジナルといえばオリジナルなのですが、ここは個性を出してみることをおすすめします。

たとえば、文字のデザインを工夫してみる、お気に入りのモチーフや背景・画像と一緒にアレンジするといった感じです。

何も難しく考えることはありません。

今は、簡単な操作でデザインできるソフトもあるので、試してみてください。

直観で操作できるソフトなら、特に画像ソフトを使用したことがない人でもすぐに使いこなすことができるはずです。

ネットでオリジナルマグカップを作成できる業者の中には、簡単なデザイン作成ツールを無料で使用できることがあります。

たとえば、TMIXでもオリジナルマグカップの作成ができ、デザイン作成ツールを無料で使うことができます。

分かりやすいアイコンや直感で配置できるメニューなど、使いやすいと多くの人から好評です。

デザインソフトの取り扱いに慣れていなくても、簡単に操作できるので気軽に試してみるとよいでしょう。

画像と名入れを組み合わせたいときは作成サポートを利用する

デザインツールを使いこなすには、デザイン元となる画像を準備しておく必要があります。

画像と名入れを組み合わせて作成するのなら、元画像をうまく準備できるかによっても、仕上がりに差が付きます。

まずは、元画像を使いやすい状態にしておくことが肝心です。

たとえば、メインとなる画像の背景を透過処理しておくと、デザインの幅が広がるだけでなく、仕上がりも美しく決まります。

名前と組み合わせるときも、余分な部分がないのでスッキリ見えてデザインが映えます。

ちょっとの違いで仕上がりに大きな差が出るので、ぜひ透過処理を行っておきましょう。

なお、TMIXでも、画像の背景を透過加工するサービスを受けられるので積極的に活用してください。

また、手書きのイラストをデジタル化サービスも利用できます。

手書きイラストのデータ化を依頼すると、簡単にオリジナル性の高いマグカップ作成ができるので、こちらもおすすめです。

手書きで名前を書いても同様にデータ化してもらえます。

皆さんも作成サポートを上手に活用し、すてきな名入れマグカップに仕上げてください。

マグカップに名前を入れて作ればプレゼントや記念品にピッタリに属する関連記事

記事のカテゴリ一覧