オリジナルマグカップを激安価格で手頃に作るには?

オリジナルマグカップを激安価格で手頃に作るには?

目次

オリジナルマグカップを激安価格で手頃に作るには?

オリジナルマグカップを作りたいけど少しでも価格を抑えたい、でも安っぽいデザインのオリジナルマグカップは作りたくないと思ってはいないでしょか。 そこで、オリジナルマグカップの価格が決まるポイントを解説していきます。大体がこの要素で価格が決まってきます。大事だと思うポイントには予算をかけ、こだわっていないポイントで価格を抑えるのが最も賢く、満足のいくオリジナルマグカップを作ることができます。

オリジナルマグカップの価格を決めるポイント

オリジナルマグカップの価格を決めるポイント

1.オリジナルマグカップの素材と形

オリジナルマグカップの元となるマグカップの素材で価格が変わってきます。素材には磁器、陶器、ストーンウェアがございますが、3番目のストーンウェアを素材としたマグカップが少し安くなります。また、形はシンプルなものほど少し安くなり、通常とは変わった形状をした取っ手や飲み口などが加わると高くなる傾向です。元となるマグカップのデザインにとくにこだわっていなければ価格を抑えるにはシンプルな形をしたマグカップをおすすめします。

2.印刷する面積

マグカップにプリントする面積によっても価格は変わってきます。一般的にはプリントする面積が大きいほど価格が高くなり、プリントする面積が小さくなればその分価格は抑えられます。TMIXのオリジナルマグカップの場合、印刷範囲がありますが、それぞれ印刷可能な範囲いっぱいにデザインをしても面積が大きくなることによって料金が上がることはありません。 ※お見積もり必須のシルクスクリーンプリントの場合は、プリントする大きさにより料金が異なる場合があります。詳細はお見積もりをお願いします。シルクスクリーンプリントは1色で10点以上からお申し込み可能です。

印刷する面積

3.印刷の方法(単色・フルカラー)

印刷の方法は、一般的に昇華転写(フルカラー印刷)、シルクスクリーン印刷(単色×色数)が選べます。昇華転写のフルカラー印刷は、印刷する色ごとに版を作る必要がないため、マグカップル1点だけのご注文やカラー写真を使ったり、色を何色使っても料金は変わりません。そのため、小数ご希望のお客様や、あるいは色を何色も使いたい、写真をプリントしたいといった場合は昇華転写プリントがお安くなる可能性があります。また、10点から割引が適用され最大半額になるドンドン割をご用意しています。逆に、10点以上や、利用する色数が1色など少ない場合はシルクスクリーンプリントの方がお安くなる可能性があります。シルクスクリーンプリントの場合お見積もりが必須となるため、ご希望のお客様はこちらからお見積もり下さい。

印刷の方法(単色・フルカラー)

4.制作する点数

オリジナルマグカップは、制作する点数が多いほど1点あたりの価格が下がります。商品やデザインがバラバラでも、どんな組み合わせでも10点から割引が適用されるドンドン割は、最大50%OFFの割引が適用され大変お得です(※シルクプリントなど一部対象外)。シルクプリントの場合、版を作成して同一デザインを大量にプリントするのに向く印刷方法なので、10点以上で色数が1色のみなど点数が多くと色数が少ないほど、マグカップ1点あたりの版代をおさえて安くご購入いただけます。イベントやノベルティ等、ある程度の点数が必要になる場合は、できるだけまとめてシルクプリントで注文するのがお得です。 いきなり大量の点数を注文するのが不安な場合は、無料のお見積りからお気軽にご相談ください。

マグカップの素材と特徴

マグカップの素材と特徴

陶器

陶器の特徴は原料となるものが土とガラス質を含む鉱物を混ぜている粘土を使用していますが、土の割合が多いのが特徴です。土を多く使っているので重厚感があり、自然独特の雰囲気が感じられるのも陶器ならではです。代表的なブランドで美濃焼や備前焼などがあります。同じ土ではありますが、土地土地の土の有機成分が異なるため粘土自体の色がそれぞれで、焼き上がりの風合いや色も土によって変わってきます。焼き方も磁器に比べて低温で焼くため吸水性があります。そのため汚れが少々付きやすい点があります。使い込むうちに新品のときとは違う表情をみせてくれるところがあります。伝熱性が低く、温かい飲み物が冷めにくいという特徴があります。

磁器

磁器の原料となるものが陶器と同様に土とガラス質を含む鉱物を混ぜている粘土を使用していますが、鉱物の割合が多いのが特徴です。有機物をほとんど含まないので粘土自体が白く、磁器素材の食器やマグカップは白色のものになります。粒子が細かいので丈夫で軽く薄く、焼き上がりが半ガラス質なので水を全く吸い込みません。そのため、汚れがつきにくいです。磁器は「石物」とも言われているだけにガラスみたいな透明感と滑らかさがあります。電子レンジや食洗機に対応しているのがこの磁器素材のものになります。代表的なブランドでは有田焼や瀬戸焼などがあります。陶器に比べて伝熱性が高いので熱い飲み物が冷めやすいところがあります。

ストーンウェア

ストーンウェアとは陶器と磁器の中間に位置する素材で日本では「炻器」と呼ばれる素材です。使われている原料にはアルカリ成分、鉄分が多く含まれた粘土を使用しています。陶器と磁器のいいとこ取りをした素材で陶器に近い雰囲気があり、吸水性がなく、軽くて耐久性が高いのが特徴です。吸水性がないので汚れがこびりつきにくい素材です。伝熱性が陶器よりも劣るところがあります。シンプルなデザインのものが多く、陶器に似た風合いがあるのと、軽くて丈夫なことからここ最近でストーンウェアを使った食器やマグカップなど人気があります。食洗機や電子レンジも対応している素材です。

ステンレス

ステンレス素材の特徴はなんといっても、保温・保冷性能が高いところです。軽くて丈夫なのでご家庭での利用はもちろんのこと、アウトドアなどで屋外で使用したりするのにもとても便利です。また、ステンレス素材のマグカップでは真空二重構造のものがおすすめです。真空二重構造のステンレスマグカップは冷たい飲み物を入れても結露がなく、熱い飲み物を入れても持つところが熱くならないのも特徴です。サイズも豊富にあり、デザインもステンレスならではのスタイリッシュさがあります。この便利さとデザインから、名前を彫刻したり、ロゴなどをプリントをプリントして最近では贈り物としても人気があります。お手入れも楽で、食器用洗剤で洗うだけで十分です。取り扱いには注意があり、電子レンジと食洗機が使えないことと、つけ置きがサビの原因になるのでしないように注意してください。

チタン

チタン素材の特徴はステンレスと同様に熱伝導率が低いので保温・保冷性能が優秀で軽くてとても丈夫です。本来、チタンはステンレスに比べると重い素材なのですが、チタンがとても丈夫なことから、薄く加工することができるのでステンレスと同等かステンレス以下と軽量となっております。価格はチタンの方が少々割高です。チタンマグカップはシングル構造のものであれば直火に当てることができます。直火に当てる場合はシングル構造を、保温・保冷効果を求めるのであれば二重構造をおすすめします。用途によって使い分ける方も多くいらっしゃいます。お手入れも食器用洗剤で洗うだけで十分です。ステンレス同様にチタンも電子レンジと食洗機が使えません。

マグカップを選ぶときのポイント

マグカップを選ぶときのポイント

マグカップを購入する際に皆さんはどのように選んでいますか?自分用としてや大切な方への贈り物として選ぶときがありますが、どのようにマグカップを選んだらいいかわからない方もいるかと思います。選び方もデザインを重視したり、重さだったりそれぞれかと思います。ここではマグカップを選ぶ際のポイントをそれぞれ紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

デザイン

マグカップを選ぶときにデザインを重視する方も多いのではないでしょうか?自分用として使う場合はやはりご自身が愛着の湧くデザインを選ぶのが一番です。また、他の食器類と同じデザインにすると統一感がでておすすめです。シンプルなデザインが好みの方は形にこだわって無地のマグカップや色や柄付きのマグカップだと贈り物して今人気の北欧マグカップがおすすめです。 大切な方への贈り物や誕生日プレゼントなどには、有名ブランドのマグカップやどこにもないオリジナルデザインのマグカップが喜ばれます。

容量

マグカップは容量(サイズ)が様々あります。多く飲み物を入れたい場合やお仕事のデスクで使用するときは容量が大きいものをおすすめします。飲み物を消費したあと新しく入れ直す手間を省くためです。エスプレッソみたいにたくさんの量を飲まないときや、使用するスペースが限られている場合は小さい容量が良いかと思います。大きいサイズの容量だと400ml~500ml前後、小さいサイズだと300ml前後がおすすめです。このように、使用する目的に合った容量を選ぶのが重要です。

素材

マグカップの素材によって見た目やデザイン、耐久性、洗いやすさなど素材によって特徴があります。陶器、磁器素材のマグカップが一番種類が多く販売されているのでデザインや形などを選ぶ楽しさがあります。陶器は保温性が高く、土が多い原料なのでシンプルなデザインで土独特の風合いを楽しめます。使い込んでいくと違った表情に変わる経年変化が楽しめるのも陶器ならではです。磁器素材は白をベースにしたマグカップになり、耐久性も高く光沢があるので見た目の高級感もあります。ここ最近ではストーンウェアもデザインはシンプルながら、陶器と磁器の良いとこ取りの素材なので人気があります。それぞれの素材の特徴を理解して選ぶのが重要です。

機能

マグカップを選ぶ際のポイントで機能性も大事かと思います。特に普段使いだと、電子レンジや食洗機に対応したものが嬉しい方が多いはずです。電子レンジ対応だと温め直せるのが嬉しいですよね。市販で売られているマグカップには電子レンジ、食洗機対応などシールなどで記載があるものがありますので、その部分を確認してから購入するのが良いです。電子レンジ不可のマグカップの特徴で分かりやすいのが金色で絵が書かれたもので、金彩がほどこされたものになります。 中にはとにかく軽く、保温・保冷効果が高いマグカップを求めている方も多いと思います。そんなときはステンレスやチタン素材のマグカップがおすすめです。お手入れも楽なので、電子レンジのない屋外などの環境や冷えた状態を長くキープしたいときには特におすすめできます。

取っ手

マグカップを選ぶときに取手の部分を気にされたことはありますか?取っ手にもシンプルな形状のものから、デザイン性のある取っ手など様々あります。取手の部分はマグカップを持つのに重要な部分となります。持ったときに安定感がないと飲み物をこぼしたり、マグカップを落とす原因になるからです。使う方の手に合った取っ手を選ぶ必要があります。それでは、どのような取っ手であれば安定するのかというと、取っ手に指が2~3本入ることです。長さだと約5、6cmほどです。指1本だと何も入っていない状態であれば安定して持つことができますが、飲み物が入ると重くなるので不安定になります。マグカップを購入する際はご自身の指に合った大きさの取っ手を選ぶようにしてみてください。

重さ

マグカップの重さも選ぶ際に重要となってきます。お店で手にとった時に重いと感じてしまった場合はご自身に合っていない可能性があります。そこに飲み物を加えるので更に重くなり、飲みにくさを感じてしまいます。逆に軽すぎると不安定で、ちょっと触れただけで倒れてしまい、飲み物をこぼす原因になります。会社のデスクなどでこのようなことが起きてしまうと大変ですよね。重さは中身が入っていない状態で約300グラムほどがちょうどいい重さです。お店で買う時に重さが記載されていないときもあるので店員さんに聞いてみてください。安定感のある重さのマグカップを選ぶことが長く愛用するために重要になります。

マグカップのお手入れ方法

マグカップのお手入れ方法

マグカップを使っていると、茶渋などの汚れが付いてしまい簡単に落ちないことってありませんか?普段使っているときのお手入れで頑固な汚れを予防することができます。そこで普段できるマグカップのお手入れ方法を紹介していきます。

マグカップのお手入れ方法ですが、茶渋などの汚れを目にした時に思い浮かぶ方法として漂白剤につけることではないでしょうか。確かにこの方法で汚れを落とすことができますが、マグカップ一つに漂白剤につけるのはおっくうだったり、強い刺激と臭いがあるので、できれば漂白剤の使用は避けたい方もいるかと思います。シンプルなお手入れ方法ですが、使うたびに綺麗に洗うことです。コマ目に洗うことで汚れを防止することができます。スポンジを使って洗っても落ちきらない汚れがあるときは、100均でも手に入る「メラミンスポンジ」で落とすのが効果的です。まんべんなく擦ると意外とメラミンスポンジが茶色くなっていることがあります。目に見えていなくても汚れがあったことになるので、コマ目に行えば頑固な汚れを予防できます。あとは、食器用洗剤で軽く洗い、乾かすだけです。

使わなくなったマグカップの活用法

使わなくなったマグカップの活用法

マグカップが好きで集めていたり、贈り物でもらったりなど色んなマグカップを持っているかと思いますが、たくさんありすぎて使っていなかったり収納場所に困ったことはないでしょうか?マグカップは飲み物を入れる以外にも様々な活用方法があります。実用的な活用方法を紹介していきたいと思います。

まず、インテリアとして使う方法です。インテリアといってもただ置くだけではありません。マグカップは小さな植物の植木鉢として使うことができます。サボテンなどの小さく、少量の水やりで枯れにくい植物であればマグカップは植木鉢として最適です。飾る場所も家の中だけではなく、ベランダに飾るのもおしゃれでおすすめです。

次にペン立てやスマホスタンド、スピーカーの替わりとして使う方法です。マグカップは重量があるので安定性があり倒れにくく、高さがそこまでないのでペン立てやスマホスタンドには最適です。また、マグカップをスマホのスピーカー替わりとして使えるのは、スマホを一周囲う形になるのとマグカップの素材が音に反響するためスピーカーとして活用できるのです。デスクに置けばおしゃれなペン立て、スマホスタンドやスピーカーの替わりとして使うことができます。怪我しない程度の多少のヒビが入っていても使うことができるので、愛着があって中々捨てることができないマグカップにも活用できるおすすめの方法です。

オリジナルマグカップのプリント手法

昇華転写プリント

昇華転写プリント

あらかじめ専用の紙にデザインを印刷し、印刷物を熱で気化しマグカップにデザインを染めこませるプリント方法です。 インクがマグカップに馴染むため、発色性がとても良く、素材と一体化したような美しい仕上りになります。 耐久性が非常に強いので、洗っても簡単に剥がれてしまう心配がありません。 マグカップへのプリントはこちらの昇華転写プリントとなります。TMIXのデザインエディタからデザインしご注文いただいた場合に自動で適用され、1点から色数無制限のフルカラーでお得にプリントができ、さらに通常3営業日発送が可能です。

シルクスクリーンプリント

シルクスクリーンプリント

シルクスクリーンプリントは、1色ごとに版を作成してインクで刷るプリント方法です。 堅牢度が高く洗濯にも強いので、アパレル製品などの多くはこのシルクスクリーンプリントが採用されています。 同じデザインであれば、同じ版を使って費用を抑えることができるので、安く大量に作りたい方におすすめのプリント方法です。 マグカップのシルクスクリーンプリントは1色で10点以上ご注文の方限定のプリント手法となります。お客様のデザインや印刷位置ごとに価格が変わるため、個別にお見積もりとなり、お時間もかかりますが、色数が少ない場合価格を抑えられると同時に非常に堅牢度が高くなります。ご希望のお客様はこちらからお見積もりをお願いします。

TMIXでお得にオリジナルマグカップを作成!

TMIXでお得にオリジナルマグカップを作成!

TMIXならオリジナルマグカップがお得に作成できる「あわせ買い割」があります。Tシャツやパーカーなどと一緒にご購入いただければオリジナルマグカップが30%OFFでご購入いただけます!また、ご購入点数が10点以上の場合は「ドンドン割」が適用されます。どんな組み合わせでも10点から割引が適用され、割引率は最大50%OFFに!この機会に愛着の湧くオリジナルマグカップをお得に作成してみてはいかがでしょうか?

TMIXでオリジナルマグカップを作ってみる


「オリジナルマグカップを激安価格で手頃に作るには?」に属する関連記事

マグカップ・ボトル人気ランキング!

記事のカテゴリ一覧