【70歳古希祝い】感謝の気持ちを伝えるプレゼント7選

【70歳古希祝い】感謝の気持ちを伝えるプレゼント7選

大切なおじいちゃん、おばあちゃん、もしくはお父さん、お母さん、お世話になった親戚や親族も70歳。めでたく古希を迎えることができて、家族でお祝いをしたい。でも、古希のお祝いってどんなふうにしたらいいいの?そもそも、古希ってどんな意味があるの?還暦の祝いほど一般的ではない古希のお祝い。この記事では、古希のお祝いについてや、おすすめのプレゼントをご紹介していきます。

目次

古希とは?

古希とは、70歳の節目で行う長寿祝いのことです。中国の唐時代の詩人、杜甫の詩『曲江』にある「人生七十古来稀なり(古くから、七十年生きる人は稀である)」という一説に由来しています。数え年で70歳を迎える年、つまり満年齢で69歳を迎える年に行うのが一般的です。しかし、近年は人生の節目におけるお祝い事を満年齢で行う方も増えており、家族や親族が集まりやすい年を選んで行うのも良いでしょう。

古希祝いの食事会は、誕生日の前後や敬老の日、誕生日を迎える年のお正月にお祝いするのが一般的です。還暦祝いでは赤いちゃんちゃんこや頭巾、座布団などを贈りますが、古希をお祝いする色は紫色です。これは、紫色が陰陽五行において最も位の高い色であることに由来しています。

古希のお祝いはいつ?

古希のお祝いはいつ?

古希のお祝いは、お正月にすることもあれば、本人の誕生日にすることもあります。また、敬老の日などに行う場合もあります。

古希のお祝いを行う時期、お祝いを渡すタイミングには、決まったルールはありません。家族や親族のあいだで、都合のいい日時を相談してお祝いの日を決めましょう。お祝いの品はその日に持っていき、直接本人に渡すのがおすすめです。

古希祝いの相場

古希祝いの相場は、住む地域や贈る相手との親しさの度合いによって変わります。
また、結婚祝いのような社会的なお祝いというより、家族で行うお祝いですので、家庭の状況で相場も代わります。一般的な相場としては、

両親       10,000~100,000円

祖父母   10,000~30,000円

親戚       5,000円~20,000円

その他   5,000円~10,000円

古希祝いのマナー

古希祝いの贈り物には、紅白の蝶結びの水引に、のし付きのかけ紙を使います。表書きは「祝古希」や「御祝」「寿」などが適しています。

名前には、贈り主の名前を記します。夫婦で贈る場合は、夫の姓名を右側に記し、左側に妻の名前を書き添えます。兄弟や姉妹の場合は、兄や姉の姓名を右側に、弟妹の姓名を左側に書きましょう。また、「子供一同」などとすることもできます。

金封を贈る場合も基本的にはこれと同様で、紅白もしくは金銀の蝶結びに、のし付きの金封を使います。記名もかけ紙と同様に記します。

古希祝いの内祝い・お返し

古希祝いは基本的にお返しは不要とされています。

家族がお祝いをしてくれた場合は「ありがとう」の言葉が一番でしょう。

家族以外の親戚・知人が祝宴を開いてくれた場合や、お祝いをもらった場合は考慮が必要です。

最近では、お返しが不要とされるお祝いでも、内祝いをする人が多くなっているからです。

以前に同様のお祝いをして相手からお返しがなかったという場合を除き、内祝いをした方が礼にかなっているという印象を与えることがあります。内祝いをする場合は、紅白まんじゅうなどの祝い菓子・赤飯・菓子折りや、「寿」などの長寿の一文字が入ったふくさなどを配ります。金額としては、お祝い金の1/3~1/2程度。

数千円~1万円位で用意する方が多くなっています。

お返しをしない場合もお礼状を出したり、電話をかけたりしてお礼の言葉は伝えるようにしましょう。

古希祝いのプレゼントの選び方

古希祝いのプレゼントの選び方

古希祝いの定番は、紫色の物です。昔は、紫は高貴な色で、身分の高い人しか身に着けることができませんでした。その高貴な色を贈ることで、長寿を祝い、尊敬の意を表すというのが紫に込められた意味です。最近ではこのような意味合いは薄れたものの、紫の小物類やアクセサリー、花束などは定番の贈り物となっています。

そのほか、お酒やバッグ、電化製品など、古希祝いの贈り物には、決まりはありません。古希祝いを贈る相手は、多くの場合、自分の両親などの近しい相手ですから、好みやライフスタイルもよくわかっているはずです。相手に合わせて喜ばれる物を選びましょう。

また、古希は長寿のお祝いですが、平均年齢が高まっている現在に、必要以上にお年寄り扱いされることを快く思わない人もいます。近年の70歳はまだまだアクティブです。古希祝いを人生のセカンドステージと捉え、新しい門出を祝福する気持ちでお祝いするといいでしょう。家族旅行や体験ギフトなども、

最近では、親族が集まる機会も減りました。古希を迎えた喜びを、ホームパーティーでお祝いしたり、レストランでお祝いをしたりするのも、素敵な思い出となり、これからを生きる活力を与えることができるでしょう。古希を迎えた人が喜び、次の節目まで元気に暮らしていこうと思えるようなお祝いを目指しましょう。

また、古希のお祝いで避けたいものは、「死」を連想させるくし(苦・死)やハンカチ(手布→てぎれ→別れ)は縁起が悪いものです。た、女性の古希祝いで注意するべきは「クシ」です。その名の通り、「苦」や「死」を連想させる点、さらに「クシ」の歯が欠けることは縁起が悪いという点で避けるべきです。「老い」を連想させるもの、年齢を意識させるものはタブーとなりますので、老眼鏡などの贈り物は注意が必要です。

古希祝いにおすすめのプレゼント7選

紫の洋服

紫の洋服

ちゃんちゃんこといえば、還暦の赤いちゃんちゃんこを連想しがちですが、「古希」においてはこちらのような紫のちゃんちゃんこを贈る風習があります。これは還暦の風習から発展したもので、今やちゃんちゃんこは長寿祝い定番の「縁起がいいもの」と認識されているようです。イベント好きの方にならぴったりかもしれません。
一度しかない「古希」ですから、この機会に是非一度着てもらい、親戚や家族一同で記念撮影をするのはいかがでしょうか。また、年より扱いを嫌う方には、紫色のシャツやセーターといった上着をプレゼントするのも良いでしょう。落ち着いた色合いである紫は、洋服にも取り入れやすい色のひとつです。

紫色のデザインの食器

紫色のデザインの食器

普段から利用する湯飲みやグラス、マグカップを使ってほしい。古希祝い用の食器の多くは紫色を使っているため、上品なデザインになっています。他にも、縁起物であるフクロウや富士山が書かれたデザインのものもあり、バリエーション豊かです。送る相手の好みに合わせたデザインのものを選んでみてはいかがでしょうか。

古希を機に、新しい気持ちで楽しい食事の時間となることでしょう。

もし、お酒を嗜むお父さまの場合は、お酒とお猪口をセットで渡すと喜ばれますね。

アメジストのアクセサリー

アメジストのアクセサリー

綺麗な紫色が輝いて品のある印象のアメジスト。上品で高級感あふれるデザインのものが多く、おしゃれに美しく年を重ねた女性にぴったりのプレゼントです。ブローチやピアス、指輪など、予算や送る相手の好みに合わせて選ぶようにしましょう。あなたの気持ちが伝わる素敵なギフトになることでしょう。

お酒

お酒

お酒が好きな方には嬉しいプレゼント。お酒のプレゼントは贈る時にはサプライズ感があり、古希祝いに来てくれた人と一緒に楽しむことができるためお祝いムードをより高めることができます。日本酒や焼酎、ワインなど好みに合わせて選ぶことが可能です。

お店によって、古希祝い用に紫色を用いたものをお酒を用意している場合があります。日本酒や焼酎のボトルが紫色になっているため、古希祝いのプレゼントとして渡しやすいです。お店によっては包装も紫色に統一してくれるため、古希祝いの贈り物としてぴったりです。

また、ラベルに名入れをすれば、さらに特別感を演出できます。ラベルに自分の名前やオリジナルのメッセージ、記念日などが書かれていることに驚かれる方は多く、飲み終わった後も記念品として手元に残して楽しむ方が多いです。

お花

お花

飾るだけでお部屋が明るく、華やかになるお花。
美しいフラワーギフトは、年齢を問わず誰からも喜ばれるプレゼントのひとつです。
古希のお祝いには、紫を基調とした、季節を感じられるブーケやアレンジメントを贈ってみては?
イキイキと輝くお花は、あなたのまっすぐな気持ちをお相手に伝えます。また、記念となるブレゼントだからこそ、長持ちするお花をと考えているのなら、ドライフラワーやブリザードフラワーを用いたアレンジメントも。ナチュラル雑貨が好きな女性におすすめです。実用性とインテリア性を兼ね備え、お祝いにも大人気のアイテムとなっています。

旅行

旅行

70歳にもなると、物より思い出がほしい、なんてことも。食事やホテルなどをすべて手配し、旅行に誘うことも素敵なプレゼントになります。日程を調整して一緒に旅行に出掛ければ、家族で過ごす時間や経験がかけがえのない思い出となることでしょう。古希祝いの家族旅行で特に人気があるのが温泉旅行です。のんびり温泉を楽しんだり、おいしい食事を楽しんだり、温泉街で食べ歩きを楽しんだりと楽しみ方が多くあります。古希を迎える頃には体調に不安を感じている方も少なくありませんので、近場の温泉地を選ぶのがおすすめ。

旅館によっては長寿祝いプランを用意している場合もあり、プロに写真撮影をしてもらったり、ちゃんちゃんこをレンタルできたりとさまざまな特典があります。旅行地への移動距離やプラン、料金などを比較しながら旅行の計画を立てましょう。

オリジナルデザインのギフト

オリジナルデザインのギフト

大切な方の古希を祝うプレゼント。既製品もいいけれど、自分でデザインした、世界で1つだけのオリジナルギフトもおすすめです。家族の思いをこめた、世界に1つだけのプレゼントなら喜ばれること間違いなしです。お孫さんがデザインしたイラストや似顔絵も、嬉しいものの1つですね。

オリジナルデザインのマグカップや洋服、タオルを作るなら、TMIXがおすすめです。

TMIXはフォトショップなどの専用ソフトがなくても無料専用エディタで誰でも簡単にデザインが作りことができます。スマホからでもすぐにデザインを作ることができます。
オリジナルデザインですが、1個~注文することができるのも大きな魅力です。さらに、オーダーメイドで作れるのに注文してからなんと3営業日で発送可能で、急なイベントやプレゼントにも利用することができます。

古希を祝う気持ちを伝えるプレゼントとして、オリジナルデザインの物を作る場合は、ぜひTMIXをお試しください。

TMIXでオリジナルギフトを作ってみる

【70歳古希祝い】感謝の気持ちを伝えるプレゼント7選に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧