漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

マグカップは保温できるものが便利な理由とオリジナル作成の方法

マグカップは保温できるものが便利な理由とオリジナル作成の方法

目次

マグカップは保温機能付きが便利

マグカップは、保温マグカップが便利で人気です。

保温機能により、飲み物の温度が変わりにくいので、冷たいままや温かいまま長時間キープできます。

せっかくお茶を入れても、急に用事が入ることも多く、すぐに飲めるとは限りません。

また自分で入れたことを忘れてしまい、飲み頃を逃がしてしまうケースもあるでしょう。

せっかくお茶を入れたのに、温度がすぐに変わってしまうのではがっかりです。

しかし、保温マグカップは、今までの悩みをスッキリ解消してくれます。

特に、冬場や夏場など、飲みものの温度が気になる時期には役立つことでしょう。

一般的なマグカップしか使ったことがない人は、初めて保温マグカップを使ったとき、その性能にびっくりするものです。

保温マグカップの構造と仕組みを理解しよう

保温マグカップは、ほとんどが真空断熱構造になっています。

マグカップの外側と内側の素材の間に、真空層を作ることによって断熱効果を生み出しているのです。

この真空断熱構造により、マグカップに注いだ飲みものの温度が外側に伝わりにくく、また、外側の温度もマグカップの内側に伝わりにくくなっています。

そのため、熱々のままもしくは冷たいまま長時間キープできるのが特徴です。

一般的なマグカップは真空断熱構造を持っていないので、飲みものの温度がすぐに冷めてしまいます。

そのほかにも、熱い飲みものを入れると外側が熱くなり過ぎて持ちにくい、冷たい飲みものを入れると外側に水滴が発生してビショビショになることなどもデメリットです。

こうした問題を解決したいのなら、真空断熱構造を持った保温マグカップがおすすめです。

保温マグカップなら、今まで使いづらいと感じた点がクリアできるのでお茶の時間がより楽しみになることでしょう。

飲みもののおいしさにこだわるなら保温マグカップがおすすめ

飲みもののおいしさにこだわりたい人にも、保温マグカップがピッタリです。

保温マグカップに入れると、長時間飲み頃の温度をキープできるからです。

飲みものの種類によって、一番おいしく飲める温度が異なります。

一般的なマグカップでは、入れた瞬間はよいものの、すぐに飲み頃を過ぎてしまいます。

しかし、保温マグカップに注げば、長時間飲み頃をキープできるので、好きなタイミングでおいしい状態のまま口に運ぶことができます。

大好きな飲みものを仕事が開始するときに入れておき、一息ついて飲もうとしたときにも、飲み頃のままなのでおいしくいただくことができます。

これなら、飲みもののおいしさにこだわりがある人も満足できることでしょう。

忙しい人にこそ保温マグカップが便利な理由

普段仕事や家事で忙しい人こそ、保温マグカップが便利でおすすめです。

保温マグカップなら、お茶を入れる手間を減らすことができるからです。

いくらお茶を飲むのが好きでも、何度も入れていると時間や手間がかかってしまいます。

しかし、保温マグカップを使えば、長時間飲みものの温度をキープできるので、お茶を入れ直す回数がグンと減ります。

特に、上司のチェックが厳しい職場では、お茶を入れに行くのも気が引けてしまうものです。

そんなときでも、保温マグカップがあればヒヤヒヤしながらお茶を入れに行かずに済みます。

いつでもおいしくお茶が飲めるだけでなく、職場のストレスも軽減できるので一石二鳥といえるでしょう。

保温マグカップはアウトドアでも大活躍

保温マグカップは、アウトドアでも大活躍します。

特におすすめは、フタ付きのマグカップです。

フタ付きのマグカップなら、飲みものの温度が変わりづらいだけでなく、アウトドアでうっかりこぼしてしまう心配がありません。

また、ゴミやホコリが入りづらいのもメリットでしょう。

暑い季節なら、屋外でも氷を入れた冷たい飲みものを長く楽しむことができます。

寒い季節でも、熱々の飲みものを飲みながら体が冷えるのを防ぐことができて便利です。

保温マグカップは、アウトドアでの楽しさを広げてくれるだけでなく、体調管理にもバッチリ役立つはずです。

実際に、アウトドアグッズの人気メーカーでは、保温マグカップのラインナップが充実しています。

アウトドアライフを楽しんでいる人は、すでに保温マグカップを上手に活用しているので見習うとよいでしょう。

お気に入りのブランドやデザインのものを選べば、アウトドアライフがより一層楽しくなります。

保温マグカップを選ぶなら容量も重視しよう

保温マグカップを選ぶときは、容量もチェックしてください。

保温マグカップの容量が少な過ぎたり多過ぎたりすると、使いづらいものです。

たとえば、こまめにお茶を入れる人なら200mlでも十分でしょう。

1回に飲み干すことができる量なので、たくさん飲まない人にもおすすめです。

350ml程度の容量があれば、長時間デスクに向かっている人も満足できます。

350mlあれば、市販の小さなペットボトル程度で、多過ぎず少な過ぎずちょうどよい容量です。

容量選びに迷ったら、350mlにしておくとよいでしょう。

忙しくてなかなかお茶を入れにいくことができない、200mlでは少な過ぎるといった人にも向きます。

午前と午後で、それぞれ1回ずつお茶を飲むといた人にも重宝するはずです。

飲みものをたくさん飲む、アウトドアで使いこなしたい、といった場合に向くのが450ml以上の大容量タイプです。

外回りなどで長時間持ち歩きする、夏場で冷たいものをたっぷり飲みたいといったニーズにも対応できます。

ただし、大容量のマグカップは種類が限られるので、気に入ったものを見かけたら早めに購入しておきましょう。

形状にこだわって選ぶ方法もある

保温マグカップが多くの人に普及するにつれ、形状もさまざまなバリエーションが登場しています。

最近では、より安定性が高い形状のものが人気です。

というのは、仕事中にうっかり倒して飲みものをこぼしてしまっては困るからです。

特にパソコンなどは、飲みものがかかると故障する原因になるので十分に注意してください。

高さがあって細い形状のタンブラー型の保温マグカップはとてもオシャレですが、安定感がなく倒れやすいのがデメリットです。

特に、パソコン仕事のお供に置いておきたいという場合は気を付けましょう。

飲みものをこぼしては困るシーンでは、安定感がある下部が丸いタイプのものがおすすめです。

もちろん、タンブラー型のマグカップを使っても構いません。

ただし、転倒対策は十分に行いましょう。

うっかり転倒させて飲みものをこぼさないようにするには、持ち主の心がけが大切です。

一番よいのは、手が届く範囲に保温マグカップを置かないことです。

もしくは、フタ付きで、転倒対策がきちんとしているものを選びましょう。

今人気でおすすめの保温マグカップ5選

サーモスの真空断熱マグカップJCP-280Cは、人気メーカーであるサーモス製のフタ付き保温マグカップです。

保温力と安定感に定評があり、倒れにくい形状をしているのでオフィスでの使用にもおすすめです。

本体カラーもカカオブラウンをはじめ、シックな3色展開となっており、オシャレに使いこなしたい人からも好評を得ています。

アスベルの真空断熱マグカップMG-S330Nは、ホコリが侵入しにくいスライド式のフタを採用しているため、アウトドアにもおすすめの保温マグカップです。

気になるカラー展開は、パールホワイトやシャンパンゴールドなど落ち着いたセレクトで、男性からも使いやすいと人気です。

容量も330mlとちょうどよいサイズなのも、魅力的です。

また、フタやパッキンを外して丸洗いできるので、衛生的に使うことができます。

アイリスオーヤマの保温マグカップCD-2WT380は、2種類のフタが付属しているのが特徴です。

フタをしたまま飲めるタイプと、フタを外して飲むタイプの2種類から、好みやシチュエーションに合わせて使い分けることができます。

安定感のある丸みを帯びた形状や、フタを簡単に本体から取り外しできる点など、実用性が高いのも人気の秘密です。

380mlと多めの容量で、飲みものをたっぷり飲みたい人のニーズにもマッチします。

ハリオのフタ付き保温マグカップSMF-300-GRは広口の形状が特徴で、コーヒーのドリッパーを本体に乗せて使えるので便利です。

グレーとブラックのシックで落ち着いた2色展開と、優れた質感と安定感で幅広い世代から人気を集めています。

300mlと手頃なサイズで、女性が使うのにもちょうどよいでしょう。

安定感の高い形状と、こぼれにくいフタの設計で実用性の高さでも定評があります。

bottlebottleの保温マグカップB2C01167-1JPは、460mlの大容量でアウトドアに持っていくのにも重宝します。

高品質なステンレスを採用し、広い開口部とお手入れのしやすさが大きな魅力で、衛生的に使いたい人にも安心です。

フタが透明なので、飲みものの残量が分かりやすいことも大きな特徴です。

その為、飲みものを追加するタイミングが一目で判断できます。

シンプルなデザインなので、男性がオフィスで使うのにもピッタリです。

保温マグカップはオリジナル作成もできる

保温マグカップは、オリジナル作成もできることをご存じでしょうか。

たとえば、シンプルな保温マグカップに、オリジナルデザインを印刷することで簡単に作成できます。

印刷するデザインをアレンジすれば、オリジナル性の高いマグカップを無限に作成できるのでおすすめです。

今は、保温マグカップに自分の好きな文字や画像を入れてオリジナル作成できる業者もあります。

せっかくなら、自分だけのオリジナルデザインで作成してみるとよいでしょう。

市販の保温マグカップも素敵なデザインがたくさんありますが、大量生産されていれば誰かと同じものになってしまうのは避けることができません。

店頭で一目ぼれして買ったものでも、もしかしたら会社の同僚も同じものを持っているかもしれないのです。

もしも、あまり気の合わない人とおそろいだ分かったら、気に入って購入したはずの保温マグカップも色あせてしまうことでしょう。

その点、オリジナル作成すれば、完全に自分だけの保温マグカップに仕上がるのでほかの人と被ることもなく安心です。

思い通りのデザインで保温マグカップを作成するコツ

思い通りのデザインで保温マグカップを作成するには、たくさんの実例を見ることが大切です。

なるべくたくさんの実例を見ているうちに、理想の仕上がりをイメージしやすくなるでしょう。

市販品で気に入ったデザインがあれば、参考にするのもおすすめです。

百貨店のマグカップ売り場や、お気に入りの雑貨店などを回ってみましょう。

また、業者に相談して、サンプルを見せてもらうのもよい方法です。

親切な業者なら、過去の実例サンプルを見せながら、アドバイスしてもらえます。

たとえば、TMIXでも画像の背景を透過するサービスや、手書きのデザインをデータ化するサービスを行っています。

オリジナルデザインの保温マグカップを簡単に作るためのサポートが整っているので、利用してみるとよいでしょう。

オリジナルの保温マグカップはプレゼントにも最適

オリジナルの保温マグカップは、気の利いたプレゼントにも最適です。

気の置けない友達に、友情の証としてプレゼントしてみてもよいでしょう。

母の日や父の日・敬老の日などにも、喜ばれるプレゼントになります。

そのほかにも、結婚祝いや出産祝いなど、お祝いごとに贈るのもおすすめです。

保温マグカップは実用性が高いことから、もらった人に使ってもらいやすいのがメリットです。

贈る相手が好むデザインを考えて作成したオリジナルマグカップは、お店では絶対に買うことができない付加価値があります。

大切な相手に心のこもったプレゼントをしたいのなら、オリジナルデザインの保温マグカップを候補に入れてみてください。

コーヒー豆や紅茶パックなどと一緒に贈るのも、素敵です。

お気に入りの保温マグカップで日常を楽しもう

お気に入りの保温マグカップを手に入れたら、どんどん活用しましょう。

使い込むほどに愛着がわいて、日常が楽しくなります。

ちょっとしたことでも、楽しんだ人のほうが幸せになります。

オリジナルの保温マグカップは、そのサポートをしてくれます。

恋人や家族とおそろいで作成すれば、楽しさも喜びも倍増します。

お気に入りの保温マグカップで楽しいお茶タイムを過ごし、幸せな時間を噛みしめてください。

マグカップは保温できるものが便利な理由とオリジナル作成の方法に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧