他にはないスタイルで働き方を再考する、オリジナルポロシャツの新しい活用方法

他にはないスタイルで働き方を再考する、オリジナルポロシャツの新しい活用方法

「関わってくださる皆様に、これまでにない価値を提供したい。」

そうした思いをカタチにするために掲げたスローガン、”「つくる」をつくる”。他にはないスタイルで、立地に合った空間を演出し、人が住みたい部屋をつくる。

そんな住宅のリフォームやリノベーションなどを手掛けるBranchPoint Management(ブランチポイントマネジメント)さんに、従業員の新しいユニフォームとして、オリジナルTシャツプリントTMIXのオリジナルポロシャツを選んで頂いた理由などについてお話しを伺いました。

目次

  1. いつかはライン入りのポロシャツを
  2. オリジナルポロシャツはイメージしていた通りの仕上がり!
  3. オリジナルポロシャツが会話のきっかけに
  4. オリジナルポロシャツの作成にご利用いただいたアイテム

いつかはライン入りのポロシャツを

― まずは、御社のサービスについてお教え下さい。

永見 達郎 氏(以下、永見):2011年4月に設立し、住宅のリフォームやリノベーション賃貸管理者、管理会社さまのアウトソーシング先として入居者の退去時の立ち会いから次の入居者様が入るまでの現状回復業務を年間5,000件程、 主に東京都内・千葉・埼玉・神奈川のエリアで行っております。

リアルな工事を行っているので業務面はアナログでFAXでのやり取りが多く、我々のパートナーである職人さんやオーナーさん、入居者さんを含め家に携わる方達をテクノロジーを活用して非効率な部分を改善していくという取り組みに今力を入れています。
これらは改善出来る領域が大きく、選択肢も多いのでもっとスムーズに繋げられるよう最適なソリューションを提供し、生み出していきたいです。
例えば、最近ではLINEを使ったスケジュール管理などを試みています。

―  ユニフォーム(制服)として、オリジナルポロシャツを導入することになったきっかけをお教え頂けないでしょうか?

永見:以前から仕事に対するモチベーションを上げて、チームとの一体感を作るきっかけになればという思いがありました。
弊社では夏と冬で一般的な作業着を着て作業を行っていたのですが、まずは夏用の作業着として現場作業チーム向けにユニフォームとしてオリジナルポロシャツを作りました。
実際に出来上がったポロシャツを見て、営業チームの「欲しい!」と言い出し、営業チームでも用意することになりましたが(笑)
営業は、お客様にお会いする機会が多いのでネイビーのポロシャツで清潔感や爽やかさを意識して作っています。現場作業チームは、ブラックのポロシャツにロゴを入れてデザインしました。 内勤はホワイトです。

営業チームのオリジナルポロシャツは、ネイビーで

現場作業の職人さんにしっかりと正しく仕事ぶりに対するフィードバックを伝えるために、ポロシャツには分かりやすいよう上司(現場監督)にはライン入りのポロシャツを、部下にはライン無しのラインポロシャツを着てもらっています。
デザインは同じですが、ポロシャツの種類を変えています。

上長のポロシャツを見て、いつかはライン入りのポロシャツを着たいなと思ってもらえると本望です。

オリジナルポロシャツはイメージしていた通りの仕上がり!

― オリジナルTシャツには様々なサービスがありますが、TMIXを選んで頂いた理由をお教えください。

永見:実際にTMIXのデザインエディタを使ってみたのですが、ツールの出来が非常に素晴らしかったんです!

オリジナルTシャツを作れるサービスは町にあるようなスポーツショップでも作ろうと思えば出来ますが、画像データをアップロードするだけでイメージをすぐに確認出来たり、写真や星のイラストなどを入れて色々なデザインを試すことが簡単に出来て正直驚きました。

サイズ感やバランス感を確認しやすく、少量で1枚から作れるのと同じデザインでサイズ追加が楽に出来るのが特に良かったですね。

白いオリジナル ポロシャツは内勤のスタッフが着用

― TMIXを使って頂いた感想(要望、気付いた点、気になった点、良かった点など)をお聞かせください。

永見:要望としましては、カートに入れる際、サイズ以外に同時にカラー追加も出来ると嬉しいです。気付いた点は、デザインを作っているときなのですが、ポロシャツのサイズ(SとLなど)によってデザインのサイズやバランスが変わってしまわないか、どの位置に印刷されるかが気になりました。Sサイズだとデザインが小さくなり過ぎないかなと。後は、手元に届くまで印刷の質感が気になりました。すぐに剥がれてしまわないか、ゴムのようなベッタリしたようなものだとイメージと違うので。

― 貴重なご意見ありがとうございます。
永見:良かった点は、先ほど申し上げたデザインツールが使いやすかったところと早く手元に届くところが良かったです。届くまでに途中経過がメールで送られて来て安心しました。
届いた宅配袋もオシャレで、一着一着丁寧にビニール袋に入っていて良かったです。気になっていた印刷の質感もくっきりしていてゴムのようにベッタリしておらずイメージしていた通りのものでした!

オリジナルポロシャツが会話のきっかけに

― オリジナルポロシャツを主にどういった機会にご利用いただいていますか?

永見:営業チームは職場でもお客様とお会いするときに着用しています。現場作業チームも現場でお客様とお会いする機会があるので常に着ています。Tシャツだとだらしなくなることもありますが、その点ポロシャツだと衿もあって着やすいですね。

― オリジナルポロシャツを着ることによって周りに何か変化がありましたか?

永見:同じデザインのものを着ていると会話のきっかけになりますし、コミュニケーションツールにもなるので雰囲気が良くなった感じがします。もちろん弊社の代表も着ています!

現場作業チームの声
 
Tさま
「汗模様が出ないのでいいですね!不潔な感じを与えないし。」
 
Mさま
「そのまま通勤でも着れるのが楽でいいです。それに、ポロシャツが名刺代わりにもなりますので。」
 
― 御社の今後の展開やお知らせしたいことなどをお願いします。

永見:我々の仕事は現場ありきということもあり現場の品質を上げたり、作業に携わるところの効率を上げるといった所で既存の会社さまがやっていないことを追求し、効率を上げ、抜本的な改革を行っていきます。住まいに関わる領域でツールをづくりを行い、これまでにないものを高い品質で提供したいです。

オリジナルポロシャツを制服とすることにより、動きやすく仕事のフットワークも身軽に

また、現場でITリテラシーの壁が大きいので、スケジュール調整(職人、お客様、会社との三者間)などコミュニケーションの利便性が上げられるようなITの導入を進めて行きたいと考えています。

オリジナルポロシャツの作成にご利用いただいたアイテム

プリントがすっきり映える、ジュニアサイズからメンズの大きいサイズ5Lまで揃っている 定番ポロシャツ と、衿・袖口に施された2本ラインが特徴的な ラインポロシャツ の2種類です。

ブランチポイントさんは、ラインポロシャツを上司だと分かるようにと工夫をされていたのがとても印象的でした。

TMIXでは、上記の他にもライトドライポロシャツライトポロシャツ と合わせて全4種類のオリジナルポロシャツをご用意しておりますのでぜひご覧ください!

取材協力

BranchPoint Management(ブランチポイントマネジメント)
http://bpm-gr.co.jp/

永見 達郎さん

他にはないスタイルで働き方を再考する、オリジナルポロシャツの新しい活用方法に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧