漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

オリジナルグッズの作り方。手作りよりも業者がおすすめ!その理由を解説

オリジナルグッズの作り方。手作りよりも業者がおすすめ!その理由を解説

オリジナルグッズは自分で作るほか、業者に頼んで作る方法があります。どちらを選ぼうかと迷うと思いますが、結論から言うと、業者でオリジナルグッズを作るのがおすすめです。業者に頼めば、時間と労力をかけずに、高クオリティのオリジナルグッズを作成できます。記事では、オリジナルグッズを自分/業者で作るメリット・デメリット、業者の選び方などを解説します。

目次

オリジナルグッズとは?どうやって作れる?

オリジナルグッズってどうやって作るの?

オリジナルグッズとは、自分で制作する世界に一つだけのグッズのことです。自分でデザインしたオリジナルTシャツや企業のノベルティグッズ、物販用グッズなどがオリジナルグッズに挙げられます。

オリジナルグッズを作る方法は2つ。

1つ目は、自分でイチから作る方法です。デザイン制作から材料購入、制作まで全て自分で行います。

2つ目が、プロの業者に依頼して作る方法です。業者が取り扱いアイテムにプリントから包装までしてくれます。あなたがするべきなのは、基本的にデザイン制作だけです。

 

では、自分で作るのと業者にお願いするのはどちらがいいのでしょうか?どちらの方法もメリット・デメリットがあり、それらを理解したうえで、あなたに合った方法を選べるようになりましょう。

 

次の項からは、2つの方法のメリット・デメリットを解説します。

オリジナルグッズを自分で作るメリット・デメリット

オリジナルグッズを自分で作るメリット・デメリット

自分でオリジナルグッズを作るメリットは、安くて自由にオリジナルグッズを制作できること。一方、時間や労力がかかる割には、プロのクオリティに仕上げるには難しいなどのデメリットもあります。

メリット1:費用を抑えられる

自分でオリジナルグッズを制作する際、かかる費用は材料費だけ。一方、業者に依頼した場合、少なくとも材料費と印刷代はかかります。さらに業者によっては、版代や配送料なども追加されるでしょう。同じアイテムでオリジナルグッズを制作するのなら、自分で作った方が費用はぐっと割安になります。

メリット2:あらゆるものをオリジナルグッズにできる

業者では自由にオリジナルグッズを制作できません。どういうことかと言うと、業者は取り扱っているアイテムでのみ、オリジナルグッズを制作できるからです。例えば、オリジナルベビー服を作りたくとも、業者がベビー服を扱っていないければ、作れないということ。

その点、自分でなら何でもオリジナルグッズにできます。印刷も好きな部分にできるので、自由度は極めて高いです。

デメリット1:本格的なプリントはできない

やはり自分で制作したオリジナルグッズは、少しばかりクオリティが落ちてしまいます。特に、デザインをプリントする場合は、品質の差が顕著になります。白い縁取りが残ったり、すぐにプリントが剥がれたりするでしょう。市販の商品のような、高品質のオリジナルグッズを作るのは難しいです。

デメリット2:大きな時間と労力がかかる

作成するアイテムにもよりますが、自分でのオリジナルグッズ制作は、とにかく時間がかかります。比較的簡単に行えるオリジナルTシャツでも、デザイン制作とプリントをするだけで半日はかかるでしょう。材料の買いそろえなども考慮すると、トータル製作時間は大きなものとなります。

自分でオリジナルグッズを制作するデメリットを一言で言うなら、時間と労力がかかる割に、高クオリティの作品を作るのが難しいということです。

デメリット3:費用が高くなる可能性も十分にある

基本的に、自分でオリジナルグッズを作れば、費用は安く収まります。しかし、例外がひとつだけあるのです。それが10枚以上の大量生産するとき。

業者の中には、大量生産するほど単価が安くなる割引制度を用意しているところがあります。例えば、TMIXは最大で一枚当たりの費用が半額になるのです。

そのため、大量制作する予定なら、業者に頼んだ方が時間的にも、経済的にもお得です。

オリジナルグッズを業者で作るメリット・デメリット

オリジナルグッズを業者で作るメリット・デメリット

オリジナルグッズを業者で作る最大のメリットは、簡単に市販と同じ品質のオリジナルグッズを作れること。一方、好きなところに自由にプリントできないのはデメリットとなります。

メリット1:市販と同じ高品質のオリジナルグッズを作れる

オリジナルグッズ制作業者は、専門の機械を使ってプリントをします。プリントの種類もいくつか用意してあり、プリントの仕上がりは素晴らしい品質となるでしょう。

例えば、TMIXではアパレル業界が使うプリント品質の工場で、オリジナルアイテム制作に取り組んでいます。そのため、市販の洋服と同じクオリティのオリジナルグッズが作れるのです。

メリット2:時間と労力がかからない

業者に依頼を頼んだ場合、あなたがするべきことは、プリントするデザインを作るだけです。アイテムを探す必要も、自分でデザインをプリントする必要も、商品を包装する必要もありません。早い方だと、15分もあればオリジナルグッズの制作を完成されています。この手軽さは大きな魅力だと思います。

メリット3:お手頃価格で大量生産できる

先にも簡単に述べましたが、10個以上のオリジナルグッズを制作するなら、業者に依頼する方がお得になります。

例えば、オリジナルTシャツ一枚の制作を業者に頼んだ場合、値段は2,490円だとしましょう。それが大量注文した場合、一枚当たりの値段が半額の1,245円になるのです。

一枚1,245円なら、自分で作るよりもずっとお得ですよね。

メリット4:すぐに販売できる状態で到着する

オリジナルグッズを販売しようと考えている人もいるでしょう。販売目的の場合、オリジナルグッズを包装しなければいけません。しかし、包装はとても時間のかかる作業。業者に依頼すれば、オリジナルグッズが包装された状態で届くので、包装作業の手間が省けるのです。

デメリット1:値段だけ見るとやや高め

オリジナルグッズを業者に依頼した際、少なくともアイテム代と印刷費用の2つはかかります。そのため、自分で制作するよりも、費用は高くなるでしょう。

しかし、値段には出ない時間や労力、失敗リスク、クオリティを考慮してみるとどうでしょうか?おそらく高いと感じる人は少ないはずです。むしろ、お手頃価格と思われる人の方が多いでしょう。

デメリット2:業者によっては小口対応していない

業者によっては、5枚や10枚からといった具合に、最低注文数を定めているところがあります。そのような業者では、個人用のオリジナルグッズの制作はできません。

デメリット3:プリント範囲が限られている

業者に依頼する最大のデメリットは、好きな位置にデザインプリントができないということです。例えば、オリジナルTシャツを制作する場合、シャツの前面や裏面、もしくは全面にデザインプリントすることは基本的に可能です。

しかし業者によっては、肩や袖にワンポイントとしてデザインを入れるのはできません。プリント範囲は業者によって大きく異なります。そのため、業者選びの際は、必ずプリント範囲をチェックしてください。

場合によっては、自分でオリジナルグッズを作る必要性が生じるかもしれません。

オリジナルグッズは業者に依頼するのがおすすめ

オリジナルグッズは業者に依頼するのがおすすめ

メリット・デメリットを見てきましたが、結論から言うと、オリジナルグッズは業者に依頼するのがおすすめです。もちろん、自分で制作した方がいい場合もあります。例えば、業者が制作したいアイテムを取り扱っていなかったり、希望の位置にプリントできなかったりする場合です。

しかし、そうでないなら業者に依頼した方が賢明です。その一番の理由は、高品質のオリジナルグッズを制作できるから。せっかくなら、プリント品質が良くて、長持ちするオリジナルグッズを作りたいはずです。そんなオリジナルグッズを作れるのは、業者に依頼した場合だけ。

値段だけを考えて、自分でオリジナルグッズ制作をするのは失敗のもと。値段も大切ですが、かかる時間や労力、品質なども考慮してから選ぶようにしてください。

オリジナルグッズ作成依頼をする業者を選ぶ3つのポイント

オリジナルグッズ作成依頼をする業者を選ぶ3つのポイント

オリジナルグッズ制作を手掛ける業者は数多くあります。その中から、優良業者を見つけるのは至難の業と思われがち。しかし、これから紹介する3つのポイントを意識するだけで、お得に高品質のオリジナルグッズ制作をしてくれる業者を見つけられるようになります。

1:デザインエディタは簡単に使えて、スタンプやフォントは豊富?

業者でオリジナルグッズを制作する場合、デザインエディタと呼ばれる無料ツールでデザイン制作を行います。そして、デザインエディタの機能性により、仕上がりは大きく変わるのです。

各業者のデザインエディタを比較する際、フォントとスタンプ数、デザインテンプレートの有無を確認しましょう。そういった機能性が豊富なほど、あなたの理想とするデザイン実現の可能性が高まります。

2:版代不要のフルカラー対応がベスト!

業者比較をする際、値段システムは必ず確認しましょう。アイテムと印刷代だけ見ると安くても、総支払額はかなり高くなることがあります。その理由は、印刷のカラー数や版代がかかっているからです。

費用を抑えたいなら、料金体系がシンプルな業者を選ぶのがおすすめ。具体的には、色の追加料金がかからず、版代不要の業者を選びましょう。特に版代は高額費用になる原因。版代の有無で、トータル料金は約1万円も変わります。

3:大量注文なら割引制度のある業者を選ぼう

物販やイベント、ノベルティグッズなどで大量にオリジナルグッズを作るのなら、割引制度のある業者を選ぶようにしましょう。

ある意味で、割引制度は業者の誠実さを示します。発注数が多いほど、業者は低コストでオリジナルグッズ制作ができるのです。割引制度は、大量生産で浮いたお金をサービス利用者に還元しているということ。

割引制度があるのとないのでは、トータルで数万円も変わりますよ。

まとめ

オリジナルグッズは自分でも作れますが、品質や時間などを考慮すると、業者に頼むのがおすすめです。業者によっては、自分で作るのと同じくらいお得に、それでいて高品質のオリジナルグッズの制作ができますよ。

もし業者選びに迷ったら、ぜひTMIXをご検討ください。フルカラー対応で版代不要、注文数に応じて割引率が高くなる制度を用意しているので、お得に制作いただけるはずです。取り扱いアイテム数が多く、ウェブエディタの機能も豊富なので、ぜひ一度公式サイトを確認してみてください。

TMIXでオリジナルグッズを作ってみる

オリジナルグッズの作り方。手作りよりも業者がおすすめ!その理由を解説に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧