今すぐデザインする

ポロシャツの生地・素材の種類や選び方

ポロシャツの生地・素材の種類や選び方

クールビズが主流になってきている今、オフィスカジュアルな服装としてポロシャツコーデが男性に人気です。今年の夏こそ、ポロシャツをカッコよく着こなしたいアナタ!オシャレには自信があるけれども、もっとポロシャツを楽しみたいアナタ!

ポロシャツをシーンに合わせて上手に選べるようになるためにも、ポロシャツ素材や生地をまずは知ることから始めてみましょう。「どれも似たようなデザインで嫌だな」と思っているようであれば、素材の違いが分かるようになると、オリジナルポロシャツを作る際にも役立ちますよ!

目次

  1. ポロシャツの生地・素材の種類と特徴
  2. TMIXで扱っているポロシャツと生地の紹介
  3. ポロシャツ男子の貴方!オリジナルデザインのポロシャツを作成してみませんか?
  4. まとめ

ポロシャツの生地・素材の種類と特徴

ここでは、ポロシャツの生地・素材の種類と特徴をご紹介します。また、生地・素材ごとに、どんなシーンでの活用がおススメかについてもご紹介しますので、ライフスタイルに合わせたポロシャツ選びに役立ててみて下さいね。

ポロシャツの素材

・綿

肌触りが非常に良く、吸湿性・放湿性に優れているので、ポロシャツ素材として断トツの人気を誇ります。

→ オフィス、カジュアル使いに最適

・ポリエステル

強度が非常に強く、弾力性が高いので、生地にハリ・艶感が出るのが特徴です。吸湿性が低いので汗をかいてもスグに乾く素材としてスポーツシーンでよく役立てられる素材です。シワになりにくく、洗濯にも強いので、綿と混合させて使用されることもあります。

→ スポーツなどアクティブなシーンで最適

・混紡繊維

コットンとポリエステルの良いところ取りの素材です。吸湿性・通気性・速乾性・洗濯強度・形状維持などの機能を兼ね備えています。
→ オフィス、カジュアル使いに最適

ポロシャツの生地

~ オフィス向き ~

・天竺

表面は肌触りがよくサラリとした見た目で、裏面はやや粗い感じに見えます。表縦方向より、横に伸びる適度な伸縮性があるのでフィット感に優れ、Tシャツや肌着などで主流の編み方になっています。軽くて薄い生地に仕上がります。
→ 横への伸縮性があるので、スポーツなど激しく体を動かくシーンには向きません。着心地、伸縮性、通気性、表面の見た目に優れているので、オフィスシーン・日常使いに最適です。ジャケットに合わせてもドレッシーに決まります。オシャレな貴方におススメです。

・鹿の子

表目と裏目を入れ替えた編み方をしたりするので、網目が凸凹にしあがり、その模様がまるで鹿の背中模様のように見えることから「鹿の子」と言われるようになりました。天竺編みに比べると伸縮性はありますが、横方向への伸びはいま一つです。型くずれがしにくく、長く着られる編み方と言えます。また、凸凹とした仕上がりにより、肌への接着面積が少なくなるため、通気性に優れています。
→ 型崩れさせたくない、通気性の良さを重視したい夏場におススメ。オフィスシーンにも◎。

・交編鹿の子

通常の鹿の子編みの裏側に吸汗速乾性に優れたポリエステル糸を使用した編み方。綿糸を縦横に編みこむ「交編」を用いるので、さらさらとした爽やかな着心地になります。
→ 汗かきの方、夏のオフィスシーンに最適。

・フライス

天竺素材に似ていますが、たて綿が強い印象で、天竺に比べて伸縮性があります。
→ サラリとした見た目なので、オフィスカジュアルに合わせるジャケットにも似合います。

~カジュアル向き~

・ハニカムメッシュ

蜂の巣のような立体的な構造のメッシュ素材になっていることから、「ハニカムメッシュ」と呼ばれています。外側は凸状なので通気性に優れ、汗をかいてもベタつかず、着心地の良さを保ってくれて、シワになりにくいのも特徴です。
→ スポーツシーンにおすすめ。

・ポリエステルメッシュ

ポリエステル100%仕様で、薄く、速乾性に優れた素材です。細かい凸凹やスケ感は、見た目も手触りも爽やかです。
→ 夏場やスポーツシーンに最適。

・ダブルフェイス

生地を2枚重ねて使用している生地です。内側と外側で柄を変えることができ、オシャレなポロシャツで良くみる生地になっています。
→ カジュアルな日常使いに最適。生地に厚みがあるので夏場の使用は厳しいかも?!

TMIXで扱っているポロシャツと生地の紹介

オリジナルポロシャツが作れるTMIXでは、全4種、各11~14色のバリエーションポロシャツをご用意しています。

1.ライトポロシャツ

ライトポロシャツ

素材は綿35%、ポリエステル65%で「交編鹿の子」編みを採用。肌側に吸汗性に優れたポリエステル糸を使用し、外側は凸状で表面積が大きいので、吸収した汗をすばやく乾かします。鹿の子編みがベースなので型崩れにも強いです。
→ 薄めの生地なので夏場に最適です。サラリとした見た目なので、カジュアル使い向きです。

2定番ポロシャツ

定番ポロシャツ

素材は綿65%、ポリエステル35%で「交編鹿の子」編みを採用。綿の使用比率が高く、ライトポロシャツに比べると生地に厚みが出ます。肌側に吸汗性に優れたポリエステル糸を使用し、外側は凸状で表面積が大きいので、吸収した汗をすばやく乾かします。鹿の子編みがベースなので型崩れにも強いです。
→ ライトポロシャツに比べると形状安定力もあり、オフィス・カジュアルシーンのどちらにも最適です。

3ライトドライポロシャツ

ライトドライポロシャツ

ポリエステル100%のメッシュ生地です。ベタつく汗を素早く吸収し、水分を繊維内にこもらせることなく即座に発散する速乾性に優れたポリエステル糸のメッシュ生地を採用しています。紫外線カット(紫外線遮蔽率90%)機能を兼ね備え、通気性抜群の上、汗をかいてもベタつかずシワになりにくいのが特徴です。
→ あらゆるスポーツシーンや夏場の日常使いにおススメです。

4ラインポロシャツ

ラインポロシャツ

定番ポロシャツと同じ生地を採用しています。唯一の違いは、衿、袖口に施された2本のラインです。このポロシャツは、アパレルメーカーなどが自社のオリジナルポロシャツの作成に使用することもあるくらい、信頼性&デザイン性の高い品です。
→ ビジネス・カジュアルシーンのどちらにも使えます。オシャレな貴方におススメ!

ポロシャツ男子の貴方!オリジナルデザインのポロシャツを作成してみませんか?

「既製品のポロシャツだと、どれもありきたりのデザインでつまらないな」なんて思うことはありませんか?そんな貴方にはオリジナルポロシャツの作成がおススメです!

例えば、さり気なく胸元に自分の好きな言葉をオシャレなフォントで入れたり、自分だけのロゴを作成して配置してみたりしても素敵です。ワンポイントになりオシャレ度が増すこと間違いなしです!

I am boy

オリジナルポロシャツだから、会話の種にもなりそうですよね。スタンプやフォントも充実しているので、デザインが苦手な方でも簡単にデザインできますよ。

まとめ

ポロシャツの生地や素材によって、質感や肌触りがまったく違うものになってきます。ご自身の着こなしに似合ったポロシャツを手に入れるためにも、ぜひ参考にしてみて下さいね。

既製品のポロシャツに飽きてきたら、オリジナルポロシャツの作成を検討してみても良いかも知れません。土台となる生地・素材の違いは仕上がりに大きな影響を与えますから、必ずチェックしたいですね。本記事がポロシャツをもっと楽しむためのお役にたてたならば嬉しく思います。

ポロシャツの生地・素材の種類や選び方に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧