金婚式に贈りたいおすすめプレゼント5選!金額の目安も解説

金婚式に贈りたいおすすめプレゼント5選!金額の目安も解説

人生の中で大切なイベントといえば結婚式やお子さんの誕生や入学といったそれぞれの節目があります。

ご夫婦にとっては結婚記念日が当てはまりますが、その中でも金婚式では特別に考え、ちょっとしたお祝いをするご家族も多いです。

そんな金婚式にお祝いを送ってあげたいけれど、どんな物が喜ばれるんだろう?と迷ってしまう事、ありませんか?

金婚式について知っておきたい豆知識を含め、おすすめしたい金婚式でのプレゼントアイテムをご紹介していきますので、ご両親や祖父母など、大切な人が金婚式を迎える際には参考にしてみてください!

目次

結婚記念日の節目ごとに名前がついています

結婚記念日は「〇周年」という形でお祝いしますが、よく知られているのは金婚式や銀婚式、後はダイヤモンド婚式あたりでしょうか。

実は他にも以下のような結婚記念日がたくさんあります。

結婚記念日の一覧

1周年

紙婚式

2周年

綿婚式

3周年

革婚式

4周年

花実婚式

5周年

木婚式

6周年

鉄婚式

7周年

銅婚式

8周年

ゴム婚式

9周年

陶器婚式

10周年

錫(すず)・アルミ婚式

11周年

鋼鉄婚式

12周年

絹・麻婚式

13周年

レース婚式

14周年

象牙婚式

15周年

水晶婚式 

20周年

磁器婚式

25周年

銀婚式

30周年

真珠婚式

35周年

珊瑚婚式

40周年

ルビー婚式

45周年

サファイア婚式

50周年

金婚式

55周年

エメラルド婚式 

60周年

ダイヤモンド婚式

1年刻みで記念日があり、15周年以降は5年ごとに記念日があります。

よく見てみると1周年から名前がついているのがわかりますね。

徐々に年数を重ねていくにつれて金属類に変わり、貴金属類や宝石に使われる天然石の名前がついていきます。

年を重ねていくごとにご夫婦の絆や結束が強くなっていく状況を表していく呼び名になっているのがわかります。

金婚式は結婚50年目の節目に当たります。

結婚記念日の発祥ともいわれているイギリスでは、25周年に当たる銀婚式以降、夫婦で贈り物をしあう習慣があります。

例えば金婚式の場合は、金の指輪をはじめとしたゴールドのアクセサリーを贈ったり、ゴールドの食器を贈るといった方法でお祝いします。

日本でもゴールドのアクセサリーや金の盃などを贈るご家庭や、親しい人や家族と一緒にお祝いをするといった傾向が多く見られます。

金婚式は50年という長い年月。

歴史で考えれば半世紀に当たりますよね。

そのため、一生に一度といっても良い大事な節目ともいえます。

一緒にお祝いできるという事はとても喜ばしいイベントとなるでしょう。

金婚式が行われるようになったのは明治以降から!

この金婚式、いつから始まったのかというと、イギリスからの発祥で、日本では明治時代に知られるようになりました。

明治天皇が明治27年に銀婚式に当たる結婚25周年の記念に「大婚二十五年祝典」としての祝典が行われたのがきっかけです。

この祝典以降、結婚記念日としての銀婚式が知られるようになりました。

そして大きな節目ともいえる50年目の金婚式も知られるようになり、一般家庭でも節目の結婚記念日のお祝いをする習慣が増えてきたのです。

金婚式のお祝いで喜ばれるプレゼント5選

金婚式のお祝いで喜ばれるプレゼント5選

ゴールドといえば、輝かしい金属、そして豊かさも意味している金婚式。

基本的に海外では夫から妻へ贈り物をするという例が多いのですが、日本ではお互いにプレゼントを贈り合ったり、家族がお祝いとしてプレゼントをしてお祝いするケースも多く見られます。

せっかくだから喜ばれる贈り物をしてあげたいと思いますよね。

金婚式のお祝いにおすすめのプレゼントをご紹介していきます。

花を贈る

お祝いの気持ちを伝えやすいのはお花なので、もし何を贈ったら良いだろう?と迷った時におすすめです。

お花を贈る際に意識しておきたいのは、花言葉。

後で送られた花言葉を調べてみたら良くない内容だった・・・という失礼が無い様に事前にチェックしておきましょう。

・バラ「真実の愛」

・カーネーション「感謝」

・ひまわり(小輪のみ)「憧れ」「あなただけを見つめている」

・ガーベラ「希望」

・ストック「愛の絆」「豊かな愛」

などがありますので、参考にしてみてください。

注意したい点として、ひまわりの大輪は別の花言葉で「偽りの愛」「偽金持ち」と失礼な花言葉になってしまうので避けてください。

花の種類を選ぶ際には、ご夫婦が気に入られているお花を選ぶのも良いでしょう。

もし、迷った際には金婚式を意識した黄色いお花をベースに選ぶ選択肢もあります。

旦那さんが奥様にプレゼントする時には、記念日の年数に合わせて作られた花束を贈ると喜ばれます。

金婚式の記念として永く残しておきたいというようであれば、プリザーブドフラワーもおすすめです。

バラ50本花束 フラワーギフト

参照:楽天 バラ50本花束 フラワーギフト

参照:楽天 バラ50本花束 フラワーギフト

旅行に招待する

旅行が好きなご夫婦におすすめです。

いつも頑張ってきたご夫婦にゆっくり水入らずで過ごしてもらうという意味で旅行券をプレゼントするのも良いでしょう。

大手旅行会社では、その旅行会社で利用できる旅行券が販売されているので、購入して渡すと、後でご夫婦で好きな場所に旅行出来ます。

旅行券のプレゼントをする場合は、2人での1泊分でかかる2~3万円×日数あたりで計算して送ると良いです。

家族全員で思い出を作りたいという方向で検討するのであれば、ご夫婦を招待する流れで家族旅行するという例もあります。

JTBえらべるギフト『たびもの撰華』

参照:ギフトモール JTBえらべるギフト『たびもの撰華』

参照:ギフトモール JTBえらべるギフト『たびもの撰華』

食器類をプレゼントする

ご夫婦ペアで使える食器類も喜ばれます。

・グラス

・湯呑み

・マグカップ

・夫婦箸

など

お酒を楽しむ機会が多い様であればワイングラス、お茶を飲む機会が多いご夫婦には夫婦湯呑み、コーヒーをこよなく愛して淹れる機会が多いご夫婦ならマグカップ、そして、毎日食事をする時に使えるお箸といった具合に、食器類は普段使いしてもらえるという点も魅力です。

江戸切子ぐい飲み

参照:楽天 江戸切子ぐい飲み

参照:楽天 江戸切子ぐい飲み

湯呑み 名入れ

参照:楽天 天然木 名入れ 夫婦湯呑み ギフト

参照:楽天 天然木 名入れ 夫婦湯呑み ギフト

金品やカタログギフト

お祝いの品選びに困った場合や、好みがわからないという場合、ご夫婦に好きなものを選んでもらうという方法もあります。

お祝いとしてお金を包んでお渡しするのも良いですし、カタログギフトをお送りするというのもいいですね。

カタログギフトを贈る場合は、厳選されたお酒やグルメも好みに合わせて選ぶ事が出来ます。

他にも雑貨ギフトに加え、最近では体験型の商品が入っているものがあります。

カタログの内容を確認して幅広い選択肢があるタイプを選ぶと喜ばれるでしょう。

ソムリエおすすめプレミアムカタログギフト

ソムリエおすすめプレミアムカタログギフト

参照:楽天 プレミアムカタログギフト

メッセージギフト

最近では、日ごろの感謝の気持ちを込めたお祝いメッセージギフトを発注して作成してもらうという形でプレゼントを贈る人も増えています。

額縁に入って送られてくるので、飾っていつでも金婚式の時を思い出すことが出来るのもいいですよね。

名前入り家族ポエム

参照:楽天 【1~8人用】名前入り家族ポエム

参照:楽天 【1~8人用】名前入り家族ポエム

名前詩

参照:楽天 名前詩Mサイズ(1人~2人用)

参照:楽天 名前詩Mサイズ(1人~2人用)

気持ちが伝わる!手作りプレゼントもおすすめです!

気持ちが伝わる!手作りプレゼントもおすすめです!

お孫さんたちがいる場合、是非、お孫さんたちからもプレゼントを贈ってあげてください。

身近なもので作れる手作りプレゼントで構いません。

お孫さんからの気持ちが伝わるのでとても喜んでもらえます。

とはいえ、何を贈ろうか?何を作ろうか?と迷った時には、メッセージカードやイラストを描いた色紙がおすすめです。

日頃の感謝の気持ちを書いたカードやボードは飾っていつでも見る事が出来ます。

似顔絵もおすすめです。

「あの時似顔絵書いてくれたよね!」と後々良い思い出にもなります。

お孫さんが作った似顔絵イラストやメッセージ、先ほどメッセージギフトでご紹介したように額に入れて飾れるようにした状態にして贈るのも喜ばれます。

金婚式のお祝いの金額目安ってどのくらい?

金婚式のお祝いをする時にどのくらいの予算ですが、一般的にご両親にプレゼントをするという目安では1万円前後が多く見られます。

金婚式の場合、ある意味ご夫婦にとって一生に一度のお祝いにもなりますので、3万円~5万円程度の予算で検討する場合も多いようです。

家族内でお金を出し合って予算を充実させる例も多くあります。

まとめ:オリジナルグッズで心に残るプレゼントもおすすめ!

まとめ:オリジナルグッズで心に残るプレゼントもおすすめ!

ここで一つおすすめしたいのがオリジナルグッズを作成してプレゼントする選択肢です。

例えば、ご両親の金婚式のお祝いの気持ちを込めたイラストやメッセージをお祝いする家族で作成します。

代表してお孫さんが作っても良いですね。

書いたイラストやメッセージを元にオリジナルグッズを作成すると他には売っていない、オンリーワンのアイテムを作ってプレゼントする事が出来ます。

例えばこんな一例を参考にしてみてください。

・家族でデザインしたTシャツ

・お子さん、もしくはお孫さんオリジナルデザイントートバッグを作って渡す

・ペアのマグカップをデザインして作る

・お孫さんがデザインしたキーホルダーを作って、お孫さんからのプレゼントとして渡す

オリジナルグッズは他とは違うプレゼントを作れるメリットがあります。

Tシャツの場合は、家族分作成して全員で着て記念写真を撮るのも楽しい思い出が残るのでおすすめです。

ここ最近では、1点から少ないロットでも作成できるサービスも登場しています。

家族の大切な思い出をオリジナルグッズとして作成したい!そんな時は弊社のTMIXを利用してみてください。

TMIXでは、オリジナルデザインのTシャツをはじめとして、バッグやエプロン、キーホルダー、マグカップやタンブラー、ブランケット等、多くのアイテムにオリジナルデザインをプリントしてオリジナルグッズを作ることが出来ます。

金婚式の場合はマグカップあたりが人気です。

オリジナルグッズの作成は簡単に出来るように、選んだアイテムのページから専用のデザインエディタを使って手軽にデザインできます!

  1. 商品ページにある「今すぐ作る」「このアイテムで作る」ボタンを押す
  2. デザインしたイラストや写真データをアップロードする
  3. 文字やスタンプ装飾も簡単!
  4. デザインが完成したら発注

と簡単に操作できるようになっており、1点から作成可能。

送料も、支払いをクレジット支払いか銀行振込にすれば無料ですし、印刷の際のカラー数が増えても一定価格なのが好評です。

納期も最短3営業日と早いので、他では手に入らないプレゼントを贈ってあげたい!と思ったら、オリジナルグッズ作成にチャレンジしてみてください。

TMIXでオリジナルグッズを作ってみる

金婚式に贈りたいおすすめプレゼント5選!金額の目安も解説に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧