漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

タオルのサイズを知ればシーンにピッタリの満足できるタオルが見つかる!

タオルのサイズを知ればシーンにピッタリの満足できるタオルが見つかる!

タオルと一言で言っても、実に様々なサイズがあります。

日常的に良く使用をするものからイベントで見かける少し特別なものなど思いつくだけでもたくさんのものがあるのでしょう。

サイズを把握すると選び方や目的に合ったものを生活の中に取り入れていただきやすくなります。

目次

タオルのサイズについて

まずは、小さいものですとハンカチやハンドタイプのものになります。

ハンカチはポケットの中にも入れられるものが多いので男女問わずに使用がしやすいでしょう。

ハンドタイプはハンカチと比べると少し大きめではありますがバッグに入るサイズ感となっています。

今では、一般的な薄手のハンカチは持たずにタオルを使用するという方も増えているようです。

また、ちょっとしたプレゼントとしても人気のタイプでオシャレに可愛くラッピングされたものも人気です。

具体的なサイズ感ですが、ハンカチタイプですと20×20センチ~25×25センチが一般的です。

ハンドタイプは30×30センチが一般的でしょう。

次におしぼりタイプです。

卓上を拭いたりということが目的のものとなっています。

濡らして使用をすることを前提に作られているのが多いでしょう。

サイズは28×34センチ~28×42センチが一般的です。

全体的に薄手のものが多い傾向もあります。

次に最も日常使用が多いというのがフェイスタイプです。

洗面台から浴室さらにはトイレにも使用をするサイズ感のために需要が大きいタオルです。

一般的なサイズ感としては24×35センチ~30×90センチと意外と幅広いものです。

タオルハンガーにかけられるような大きさになっているものが多いでしょう。

少し変わったものとしてはマフラータオル・スポーツタオルというものがあります。

顔の汗を拭くのに使用をされるのですが、その際に「肩にかけて使用ができるサイズ」というのがこのタイプの特徴なのです。

ライブなどで使用をするものというとイメージもつきやすいかもしれません。

サイズも特徴的で、20×100センチから20×130センチと細長くまさしくマフラーのようなサイズ感なのです。

そして、お風呂上がりの必需品といっても過言ではないのが「バスタオル」でしょう。

身体の水分をふき取るために使用をするタイプとなります。

赤ちゃんの沐浴後のおくるみ代わりとして使用をすることもあるでしょう。

一般的なサイズは、50から70×100センチ~140センチとなっています。

大判タイプであれば75~100・130×200センチ程度で、シーツやタオルケットのように使用ができます。

もちろん、メーカーなどによっても多少大きさの差があります。

素材について

サイズ同様に選び方の基準となるのが素材でしょう。

素材も多様化していますが、最も多いものが綿素材です。

一般的なタオルのイメージともいえるでしょう。

ふんわりと柔らかいのが特徴で、手触りも抜群です。

水に強いので洗濯にも強く、長い間愛用できるというのも大きな魅力です。

生産地によって綿の特性が異なりますので、比較をしてみると良いかもしれません。

リネンも人気があります。

リネンとは麻のことを言うのですが、吸水性が良く薄めの素材感なので、収納もしやすいという特徴があります。

ループ網になっていませんから、毛落ちの心配もありません。

汚れが落ちやすいという魅力もありますので、扱いやすい素材とも言えるでしょう。

そして、ガーゼです。

ガーゼは肌触りもよく、通気性、吸水性から速乾性、さらには伸縮性と様々な魅力がある素材です。

ベビー用のタオル類に使用をされていることが多いのもこうした魅力があるからなのです。

それから、化学繊維もあります。

化学繊維というとあまり良くないイメージがあるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

マイクロファイバータオルは吸水性に優れていて、プール後に使用する際などに最適とされています。

さらにはアクリル・ナイロン素材も軽くて持ち運びがしやすく、乾きやすいので旅行に持っていくにもピッタリでしょう。

素材の特徴を知ると、より生活シーンや用途、そして自分の好みに合わせたものを選んでいただけます。

タオルと価格について

いくつかを比較すると、目に付くのが価格差ではないでしょうか。

一見すると「高いほど良い」という印象も受けるかもしれません。

たしかに、お値段が張るほど良質な素材を使用しているという場合もありますが、必ずしも高ければ良いというわけではありません。

ブランド製品ですとどうしても高くなりやすいのです。

価格ばかりではなく、目的に沿ったものを選ぶのも大切なことと言えます。

価格で選ぶのではなく、いくつかのポイントを押さえていただくのがオススメです。

例えば「縫製」です。

周囲の縫製部分がしっかりしているものは良質の印です。

そして、品質表示がしっかりとタグでつけられているもの、毛足が整っているものが良いものとされています。

お子様に使用をしたいという方や肌が弱い方は、蛍光剤や吸収剤を使用していないオーガニック製品を選んでいただくのも良いでしょう。

納得できるタオルを作るという方法について

デパートやショッピングモール等でも簡単に購入ができるタオルではありますが、とことん自分の好きなものを追求してみるのもオススメです。

それは「自分でタオルを作る」という方法です。

専門店に足を運んで依頼をするという方法もありますが、より簡単で多くの方に取り入れていただきやすいのが、インターネット上でデザインから発注までを行うことが可能な「TMIX」で作成するという方法です。

様々なアイテムが用意されており、もちろんタオルもたくさんの種類や印刷方法などが用意されています。

個人的に発注をするのであれば、ある程度まとまった枚数をお願いしないといけないのでは?という不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、TMIXは1枚からでも発注可能なのです。

即日配送に対応しているものもありますし、さらには銀行振り込み若しくはクレジットカード決済を選択していただくと、送料無料で手元に届けてもらえます。

まとまった枚数をという方であればさらにお得で、「ドンドン割り」が適用されます。

これは、枚数を頼むほどに割引率が高くなるというサービスなのです。

デザイン方法も簡単で、自らがお気に入りの写真やイラストをアップロードしたり、イラストレーターやフォトショップのデータを送るだけなのです。

といっても、デザインに自信がないということもあるでしょう。

そうした場合は、TMIXに在籍しているプロに依頼をするのはいかがでしょうか。

何と無料でデザインをサポートしてくれるのです。

例えば、画像を加工してくれるサポートは透過処理から拡大処理などを施してくれますし、手書きでデザインを起こしてくれるといった本格的なサービスも無料で受けられるのです。

デザインや加工を依頼するという場合、最短で5日営業日以内となっていますのでその点は理解したうえで作成をしましょう。

どうしても急いでいるというのであれば別途料金を支払えば即日対応も可能となります。

ワンポイントから全面・両面プリントと対応幅も広いので納得のいく仕上がりも求めていただけるでしょう。

作成時のサイズ展開について

TMIXでは、フェイス・ハンド・ハンカチ・バス・スポーツ・マフラーと様々なサイズが用意されています。

素材もポリエステル・綿と用意されており、さらには製品によってはカラー展開も5色となってます。

目的に合わせたものを選んでいただきたいと思います。

一度のご注文でいくつかのサイズを作成注文していただくことも、もちろん可能となっています。

もしサイズ選びやデザインに悩んだら、サポートを受けてみるのが良いでしょう。

対人電話対応からメール対応、さらにはAIオペレーターサポートシステムも導入されていますので、気軽に問い合わせてみてください。

目的に合わせてタオルのサイズを選ぶ

目的に合わせてタオルのサイズを考えると適切な種類選択ができます。

粗品や参加者に配るアイテムとして用意しやすいのがハンドタイプです。

手をふくのはもちろんですが、布巾としても使用ができるので受け取った側は利用しやすいのです。

用意する側においても、ストックをしておいても場所を取りにくいサイズ感でもあります。

持ち歩きたいという方にもおススメです。

ノベルティや物販として人気が高いのがフェイスタイプやマフラータイプです。

プリントがしやすいサイズ感であることや安定的な需要の高さが魅力でしょう。

日常的に最も使用頻度が高いので利便性に優れています。

バスタオルやスポーツタオルは高級感を演出することがしやすいタイプです。

ですので、ギフトや記念品としてピッタリで、入浴の際に使用をしたいという目的であれば1枚は欲しいタイプでもあります。

こうして、目的とサイズを関連付けて考えると最も適切なものが選べるのです。

人気拡大中のミニバスタオル

一般的なバスタオルよりも小さめでフェイスタオルよりも少し大きい。

そんなミニバスタオルが人気になりつつあります。

サイズですがだいたい40×100センチ程度のもので、ビッグフェイスタオルと呼ぶこともあるようです。

バスタオルは洗濯をしても乾きにくいし場所を取るから使いたくない。

そのような方にピッタリのサイズ感なのです。

フェイスタオルで身体を拭くのは少し物足りないという方にもおススメできます。

各種メーカーなどから販売されていますので、お好みのものを見つけると良いでしょう。

日本最大のタオル産地である今治タオルと人気ショップコラボの製品は6種類のカラーバリエーションが用意されています。

ポルトガル生まれの高級メーカー「アビス アンド ハビデコール」からも販売されています。

徹底された品質管理とデザインそして素材にたいするこだわりがある製品でドバイの7つ星ホテルでも使用されているものになります。

お値段は7000円とお高めではありますが納得の使い心地です。

高級と言えば国内ブランドである「ヒポポタマス」は海外からも注目を集めています。

オーガニック素材なので赤ちゃんでも安心して使用できるでしょう。

色鮮やかで個性的な色合わせが刺激的です。

まずは使いやすいかどうかを確かめたい!という方はコスパの良いものから購入するのも良いかもしれません。

1枚500円という激安価格でミニバスタオルが販売されています。

購入制限(1人あたり2枚まで)がありますがお試しであれば問題ないでしょう。

雑貨類の鉄板ブランドともなった無印良品からも出ています。

サイズは34×110センチと若干細長いタイプで薄手ではありますがリーズナブルで使いやすいと評判です。

カラー展開も5色ありますのでお好みの色を見つけられるでしょう。

安さばかりではなくデザイン性や機能性に対する評価が高いニトリからも販売されています。

幅が少し狭めの35×120センチではありますがカラー展開が10色と多くコスパも抜群です。

機能性といえば、ガーゼ素材を使用したものもあります。

薄いのでかさばらず片づけやすく赤ちゃんにも使いやすいでしょう。

洗濯をしてもすぐに乾くので衛生のもポイントです。

47×110センチでかわいらしいデザインカラーが11種類用意されているEMIネットショップというオンライン専門の店舗で購入可能です。

またマイクロファイバーを使用したタオルもあり、速乾性は抜群でジムやスポーツ時に1枚用意しておいても良いかもしれません。

化学繊維が気になるという方はマイクロコットンという素材のものを選ぶと良いでしょう。

お値段はマイクロファイバーよりは高めになりますがナチュラル派の方は満足度が高いでしょう。

メーカーによってサイズは異なりますので購入時に確認をして目的やシーンに合わせて選んでみましょう。

選ぶとき買うときはサイズに注目

色やデザイン、ブランドといったものに注目しがちではありますが、サイズに目を向けることによって使い勝手はもちろんのこと、収納のしやすさもアップします。

毎日使うものだからこそ、目的に合わせたサイズ選びをしましょう。

プレゼントをするという場合やオリジナルを作るという際にもポイントにしてください。

知識がすこしあるだけで変わってくることがたくさん出てくる事でしょう。

弊社、TMIXではハンカチタオルやフェイスタオル、バスタオルまで様々なサイズのタオルをご用意!

オリジナルのデザインをプリントして世界に一つだけのタオルを作ってみませんか?

TMIXでオリジナルデザインのタオルを作る

タオルのサイズを知ればシーンにピッタリの満足できるタオルが見つかる!に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧