実は簡単!初心者でもできる刺繍のやり方を徹底解説!

実は簡単!初心者でもできる刺繍のやり方を徹底解説!

刺繍といえば1人でコツコツ、ゆっくりした時間が楽しめる大人趣味の一つです。

シンプルな衣類や小物にちょっと刺繍を施せば華やかな雰囲気になるので特に女性なら気分も上がりますよね。 

これから刺繍を始めたいと考えているけど、一体何から始めたら良いか分からない・・と悩む方も多いのではないでしょうか? 

そこで今回は、これから始める人に向けて刺繡の基本をご紹介していきます。

オリジナルTシャツTMIXでは、オリジナルの刺繍(ネームロゴ)、ワッペンの作成を行っております。ご希望の方はこちらからお申込みください。 オリジナル刺繍サービスの詳細を今すぐ見る

目次

 

そもそも刺繍とは

ざっくばらんに知っているという方は多いと思いますが、一般的に糸と針を使って布などに装飾する技術を刺繍といいます。手作業で行うためとても手間がかかりますが、立体的なアートが魅力で熱狂的にハマってしまう人も多くいらっしゃいます。

初めての刺繡に必要なもの

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

み や こさん(@miyaako38)がシェアした投稿 -

まず必要な道具を集めます。ネット通販でも購入できますが、初めてであれば近所の手芸屋さんに行って店員さんに確認しながら購入することをおすすめします。

刺繍針

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アイアイさん(@aiaijyarashi)がシェアした投稿 -

刺繍針の種類には先が尖った「フランス針」と、キャンパス地を刺繍する際に使用する先が丸い「クロスステッチ針」が定番で使われています。普通の布に刺繍する場合など基本的には「フランス針」を使用しましょう。
糸を通す穴が狭いものや広いものと数種類ありますが、刺繍を施す際は糸を何本束ねるかによって太さを調整し、それを「3本どり」「5本どり」といったように呼びます。そして、この束ねた太さが通る針を適宜使用していきます。

刺繍糸

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

青木美海さん(@nuishigotomea_nui)がシェアした投稿 -

刺繍糸は太さによって番号が振られていて、基準となる番号は「25番」です。販売店によって置かれている色が違うので、お気に入りの色が売っているお店を見つけると良いでしょう。
また、最近ではお手軽と100円均一の刺繍糸が話題ですが、光沢感や質感が質素な印象なので作品つくりにはおすすめできません。しかし練習用には最適なので、練習する場合は100円均一のものでも十分ですよ。

刺繍枠

刺繍を施しやすいように布をピンっと張らせる道具が刺繍枠です。小学生の家庭科の授業で一度は見たことがあるという方も多いのではないでしょうか?刺繍する部分を中心となるように枠をはめて適宜動かしながら使用していきます。

ハサミ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

maho ☺︎さん(@marblemacaron)がシェアした投稿 -

ハサミは布を切るものと糸を切るものそれぞれ用意すると良いでしょう。先の鋭い切れやすいものを選びます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はるさん(@hal_handicraft)がシェアした投稿 -

刺繍用の布にも様々な種類がありますが、布目がしっかり詰まっていてやや厚めの伸縮しない布が刺繍しやすい布であり、一般的に「綿」や布目が斜めになっていることが特徴の「ツイル」という生地が刺繍用としてもっとも適しています。

図案を写す道具

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ria's я∞мさん(@ria0706)がシェアした投稿 -

図面を布に写して刺繍を施していきますが、その時に使える便利なアイテムとして重宝するのが「チャコシート」!印などを書く際に定番として使われているチャコペンがシートになったもの。このチャコシートを引いて上から図面をなぞれば図案がズレることなくあっという間に布に描くことが出来ますよ。

初心者でもできる基本ステッチ&簡単モチーフ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

和了agariさん(@moguno_moguno)がシェアした投稿 -

基本中の基本ランニングステッチ。ステッチが一定の間隔を保つように刺し進めていく縫い方です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

針と糸さん(@neula_ja_lanka)がシェアした投稿 -

裁縫の返し縫いと同じ要領で刺し進める方法がバックステッチ。こちらも基本のステッチです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

natsueさん(@natsue_m)がシェアした投稿 -

範囲を埋めていくステッチは、サテンステッチ。ポイントは刺す方向を揃えることです。縦なら縦、横なら全て横といったように同じ方向で刺し進めていくと綺麗な出来栄えになります。

デザインに迷ったら刺繍キットを利用する手も!

出典元:rakuten.co.jp

初心者用の刺繍キットなら教材のような説明書付きで、基本縫い最大23ステッチが練習できます!

基本のランニングステッチやバックステッチの他に、ちょっと難易度を上げればポコっと糸が飛び出したフレンチノットステッチ、チェーンのような形を表現するチェーンステッチなどがあります。

早速刺繡に挑戦してみよう!

刺繍は、縫い方でまったく見え方が異なるのでやり甲斐もあり、大掛かりな作品が完成したときは言葉にできないほどの達成感で満たされます。また、刺繍キットは予め図案ができているものもたくさん販売されているので、どんどん利用していきましょう。
ぜひ今回紹介した道具を参考にしていただき、充実な刺繍ライフを始めてみてくださいね。
 

オリジナルTシャツTMIXでは、オリジナルの刺繍(ネームロゴ)、ワッペンの作成を行っております。ご希望の方はこちらからお申込みください。 オリジナル刺繍サービスの詳細を今すぐ見る

オリジナル刺繍を作ってみる!

実は簡単!初心者でもできる刺繍のやり方を徹底解説!に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧