漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

そうえいば、「カットソー」ってどんな服だっけ??

そうえいば、「カットソー」ってどんな服だっけ??

いつも気になってたんですが、「カットソー」って一体何者?? どの種類の洋服のことをカットソーと呼ぶのか、、、色んなお店やネットショッピングをしていて分からなくなったので、ちょっと調べてみることにしました。

きっとあなたの知恵袋も膨らむはず。しばしお付き合いください!

目次

カットソーとは?

いきなり結論を言いますと、

「カットソー」とは、ニット素材(編物系)の生地を 裁断(cut)・縫製(sew)して作られる衣服の総称

を指すそうです。図で説明しますと

カットソーとは

つまり、ニット素材の編み物生地をカット(裁断)して、ミシンなどで縫って(縫製して)作られた洋服のことですね。予想外にシンプルでした。

編み物と織物の違い

ところで、さきほどのカットソーのお話しで出てきた「編み物」と「織物」の違いをご存知ですか?
こちらの図をご覧ください。

編み物と織物

「編み物」は、長い1本の糸でいくつもの輪っかに、輪をかけて繋いでいって作られたものです。縦横に収縮性が高く、通気性が良く、セーターなどの編み物はこういった編み方になっています。欠点としては、虫食いや引っかけて少し穴が空いただけで、輪がほどけていき、ほころびが大きくなってしまうことです。

「織物」とは、縦の糸と横の糸を交差させ織り込んだ生地です。織物は、丈夫で破けにくいのですが縦横方向に伸縮性があまりなく、通気性が低く、シワになり易いのが特徴です。シーツやワイシャツなどもこの織り方の生地です。平織り、綾織など織り方の違いはこちらのサイト(C.A.B)で詳しく説明がしてあるので暇があれば読んでみてください。

どんな服がカットソーって呼ばれているの?

実は、「ポロシャツ」や「タンクトップ」や「キャミソール」、さらには「スウェット(上下)」、「パーカー」、「Tシャツ」、「セーター」、「カーディガン」もカットソーに該当するそうです!!!マジか!

ほとんどカットソー

もう、洋服のほとんど全部カットソーやん。。。

カットソーに該当しない服は?

カットソーに該当しない代表の服は、最初から服の形に編まれる衣類を「ニット」と呼びカットソーと区別しているそうです。でも生地は同じ「編み物」なんですよねぇ。不思議。

他にもたとえば、ある企業では、縫製工場を「布帛(ふはく)、カットソー、ニット、レザー、毛皮、その他」の6つに分類しているそうです。確かに、レザーはレザーって言いますもんね。その他 ってなんだろ?

まとめ

いかがでしたか?普段、なんとなく理解していたカットソーという単語も蓋を開ければ「結局、ほとんどの洋服がカットソーじゃん」ってオチになりましたが、ファッションを理解するには柔軟性が重要ですよね(^^)

そうそう、今あなたが着ているTシャツもカットソーなんです♪ 私達はカットソーを着て、遊んで、寝る生活をしています。そう思うととても身近で親しみやすいですね。 

TMIXで取り扱う商品のほとんどはカットソー、オリジナルTシャツもカットソー。細かいことは気にせず、オリジナルのカットソーを作って、着て、楽しみましょう!

 

今すぐ作ってみる!

そうえいば、「カットソー」ってどんな服だっけ??に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧